九州沖縄青年キャラバン

九州沖縄8県を若者たちの声でつなぐ九州沖縄キャラバン。各地の模様を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青年キャラバン終了しました 

2010年04月28日 | Weblog
19日から26日までの8日間。九州沖縄各県を若者の声でつないで渡る九州沖縄青年キャラバン。みなさん後苦労様でした。

途中、熊本県でキャラバンカーが故障してしまい、準備してくれた青年のみなさんに大変ご迷惑をおかけしました。

最後のページです。鳩首沖縄青年キャラバンをふりかえってみます。


18日 沖縄市長選の関係で、沖縄県ではキャラバン日程に先駆けて行動。4・25県民大会成功に向けて、参加をよびかけながら青年の思いを聞くシール投票に取り組みました。


19日 青年キャラバンは、博多駅前の早朝宣伝から始まりました。
普天間基地は無条件撤去を」「政治は私たち国民が、安心して暮らせる世の中を作るためにあるべき。政治や社会の仕組みを変えて青年が生きやすい日本に変えましょう」と呼びかけました。しのだ参院福岡選挙区候補もマイクを握りました。 


19日 佐賀県で行動しました。山口参院差が選挙区候補もマイクで訴え。青年の雇用問題をはじめ、様々な社会問題を取り上げ、「若者が大事にされる社会へ。そのためにも、日本共産党を大きく伸ばしてください」と支持を呼びかけました。



20日 長崎県で行動! アメリカにもものが言え、大企業から献金をもらわない日本共産党だからこそ、雇用問題が解決できます」と訴え。長崎大学前では、「世界では学費無料が当たり前」との訴えに、学生からは「えっ、そうなの」など反応が帰ってきました。堀江県議も参加。


21日 熊本県で行動。佐賀からの移動中、車が2回も故障
到着が送れてしまい、熊本駅前で安達参院熊本選挙区候補との宣伝で終了しました。 


22日 鹿児島県で行動!アメニモマケズ がんばりました!
日本共産党の志位和夫委員長がルース駐日米大使と会談し、普天間基地問題の解決は「移設条件なしの撤去しかありません」と伝えたことなどを紹介。「日本共産党の躍進で平和と雇用・くらしを守ろう」と訴えました。


23日 宮崎県で行動。宣伝と、雇用アンケートもがんばりました。
「人間らしく働きたい――全国青年大集会」へのアンケートで対話が弾みました。党への共感と期待が高まりました。


24日 大分県で行動。別府駅前で赤旗の宣伝紙(22日付 志位委員長ルース米大使と会談)を配っていたら、50代の女性から「日本共産党はえらい!政策がころころ変わらないし、私たち国民の目線で訴えている。応援してます!」と激励。山下参院大分選挙区候補もマイクで訴え。


25日 福岡市で行動。 「政治を前へ」と元気にがんばりました。今日は沖縄の県民大会の日。「福岡にもつい置き基地があります。身近な問題です――」基地問題も訴えました。

26日 福岡県北九州市で行動。県民大会から帰ったばかりの、しのだ参院福岡選挙区候補が大会の報告をしました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

26日 青年キャラバン最終日は福岡県北九州市!

2010年04月27日 | Weblog
 最終日の26日、九州青年キャラバンは北九州市で街頭宣伝・ビラ配布を行いました



 青年後援会「日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク福岡」から8人が参加。同市内の国公私立大学、小倉、門司両駅、ハローワーク(2カ所)の前などで宣伝しました

 ハローワーク八幡では、ほとんどの人がビラを受け取ってくれました。車の窓を開けた人、タバコを吸ってる人が真剣に話しを聞いてました。「青年の声を真摯に受けとめてくれる党だなぁ」としみじみ思いました



 かえるネット福岡の女性(25)は、大学生から「受験・進学・就職。止まれないし、失敗もできない。将来が不安で、自分に自信が持てない」などの声が寄せられていることを紹介。「日本共産党は、社会が青年を温かく育てていく仕組みやルールをつくろうと頑張っています。そんな考え方ができる根本には『国民が主人公』という政治理念があるから」とエールを送りました

 しのだ清参院福岡選挙区候補は旦過市場横での宣伝活動に合流。24日の沖縄県民大会に参加したことを報告し、「いのちと暮らし、平和を守りたいとの願いを国の政治に居けるために頑張ります」と決意を込めました



 旦過橋で、12歳の子どもを持つシングルマザーと対話になりました。「子どもも高齢者も安心できる社会をめざしている共産党だから応接します」と話してくれました。

「私は共産党を応援している。今がチャンスなので頑張ってほしい。民主党政権は子ども手当てより、もっと教育、福祉、医療に予算を使ってほしい。たとえば高齢者に対する国の対策がひどすぎるので、安心して暮らせる社会にしてほしいんです
「保育所も増やしてほしい。学童保育も時間や年齢の制限なく誰でも入れるようにしてほしい。親が働きながら安心して子どもを預けられるようにしてほしい

 日本共産党の基本は、国民が主人公。誰もが安心して暮らせる社会をめざして頑張ってます。応援よろしくお願いします。

◎参加者の感想
・今日はカエルの着ぐるみもいて、笑顔で楽しく行動できました。反応も良かった。「MY訴え」も準備して来ました。しのださんとのコラボレーションもできました

・今日は平日だったこともあり、外にあまり人がいなかったのですが、注目度はすごかった。参加者それぞれがマイクで訴える姿は、市民の目ににどう映ったのか、気になるところ

・青年キャラバンも、沖縄県民大会の「黄色い色で政府にイエローカードを示そう」のように、統一感のあるものがあったらいいなぁ。次回は「MY訴え」をやりたい!

・日本共産党と一緒に政治を変える「かえる君」。子どもから20代の男女まで大人気でした。小倉駅前で合流した大石市議、井上市議の訴えがエネルギーに満ちていておもしろかったです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25日 福岡で行動

2010年04月25日 | Weblog
青年キャラバンも今日と明日で終了です。
がんばっていきましょう!













詳しくは、かえるネット福岡のブログ(こちら⇒)を見てください。

◎参加者の感想
・青年の問題に対して実態に即した形で真剣に取り組んでいるのは日本共産党だけだということをもっとアピールできたらよかったっスね。もう少し、若い層に向けたアピールの方法を考えたほうが良いかも?
なるだけ分かりやすく興味をひく内容をと思うのだが、なかなか難しい。(M・K)

・今日は天気もよく、道行く人の反応も良かった。車の中からや自転車に乗った人、歩行者がたくさん手を振ってくれた。これまでのイメージとは違うポップな宣伝カーが斬新に見えたのではないか。これからも機械があれば、もっと多人数で取り組みたい

・今日は沖縄県民大会だったので、普天間基地問題を訴えた。ちょっと一体感を感じました。福岡にも築城基地がある。身近な問題になっているので、訴えて良かったです。(Y・S)

・少しの間でも宣伝ができて良かった。内容も学生が伝えてほしいと思っている中身だし、弁士がベテランぽくないところがまた良かった。26日は国保について訴えたい。(Y・K)

・今日は写真撮影に専念しました。博多駅筑紫口では、「日本共産党」というフレーズに反応して、わざわざビラを取りに腕を伸ばす人もアリ。西陣パレス前ではビラの受け取り良好!場所柄、プラリバより年齢層が低く、反応があるときは大きなアクションをしてくれるので元気が出る!

・プラリバと博多駅前に参加しました。けっこう注目してくれてる感じでした。プラスターを見ている青年がいた!(M・T)

・共産党には未来がある!(Y・O)

・メンバーが発言しているのを聞きながら、「自分が発言したいことは何だろう?」と考えました。働く問題、青年大集会のことなど訴えたいなぁ。参加できなかったメンバーの就職や労働の問題なども発信していきたいです。(S・Y)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

24日 大分県で行動

2010年04月24日 | Weblog
さあ、青年キャラバンも残すところあとわずか。大分県では5人の若者が乗車。山下候補の奥さんもアナウンスなどガンバリました

キャラバンカーは、別府市コスモピア前、大分パルコ前、明野アクロス前、パークプレイス前(流し)、大分大学旦の原前(流し)、わさだタウン前、フレスポ春日浦前をまわりました。

 元キヤノン労働者の青年は「私たちはモノのように働かされ、モノのように捨てられた」と語り、国会で審議中の労働者派遣法改定案について、「製造業への派遣を全面禁止するなどの抜本改正が必要です」と訴えました

 別府市内では日本共産党の山下かい参院大分選挙区候補が合流し、「若者が夢を持って働ける、お年寄りが安心して暮らせる日本をめざします」と、参院選での躍進を訴えました



 別府駅前で赤旗の宣伝紙(22日付 志位委員長ルース米大使と会談)を配っていたら、50代の女性から声をかけられました。

「今、新党が出てきているけど、政治家が何をやっているかさっぱりわからん!もっとやるべきことが山済みしているのに・・・。それに比べて日本共産党はえらい!政策がころころ変わらないし、私たち国民の目線で訴えている。応援してます!」

 大分パルコ前でも、自転車に乗った40代の女性から、「応援してます。がんばってくださいネ」のお言葉



 明野アクロスタウンに向かう途中の信号で停車し、手を振っていると、車の中から「がんばれー」と家族中で手を振って応援していただきました。
 
 とてもうれしくなりました

 すべての地域で、車上で訴えをしていると足を止め熱心に聞き入ってくれる人が何人もいました。みなさんありがとうございました

◎参加者の感想
・初めてキャラバンカーに乗りました。人数が少なかったので、次回はたくさんの仲間と一緒に乗り込んで、やりたいです

・アナウンスをやりました。でも、内容が前の原稿とあまり変わらなかったかも・・・。次は早めにキャラバン日程を教えてもらって、きっちり下準備をして参加したいです

・私は青年じゃありませんが、青年キャラバンに参加しました。わさだタウンで反応が多かったようです。青年が多く参加できるよう、援助したいです

・青年キャラバンに乗るのは2回目。別府市商店街から始まって5箇所で宣伝をしましたが、どこでも良い反応でした。宣伝氏を配っていると、自ら近寄ってきて受け取り、「応援してます。がんばって!」と激励の声をいただきました。とても充実した一日でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23日宮崎で行動 午後からは雇用アンケートでがんばるぞ!

2010年04月23日 | Weblog
さて、23日も後半戦。
馬場洋光参院宮崎選挙区候補も合流しました。さぁ出発



 ハローワーク宮崎前で馬場候補は、大企業のためこんだ過剰な内部留保をはきださせ、雇用を創出させること、そのさい雇用は正規にさせることを訴え。

 そのためにも「財界にたいして腰抜けの民主党や自民党ではこの改革はできない。企業献金とは無縁の日本共産党をのばしてほしい」と訴えました。



 まわりでは、ハローワーク来られたみなさんに「雇用アンケート」をお願いしました。

 東京でひらかれる「人間らしく働きたい――全国青年大集会」へのアンケートで対話が弾みました。党への共感と期待が高まりました。

 24日は、キャラバンカーは大分県をまわります

◎参加者の感想
・青年キャラバンカーで宣伝したのは初めてで、すごく緊張しました。でも、とても勉強になり、楽しかったです。いい経験になりました。まわりの人たちも真剣に話を聞いてくれてうれしかった。それだけ、「自公政権」「民主党」の政治に期待をしていないのだなぁと思いました。

・有権者は選挙にもっと関心を持って、国民の代表である国会議員を真剣に選ぶようにしてほしい。テレビ報道で国会議員のイメージができているから、若い人たちは特に関心がなさそうでした。「誰を代表に選ばないといけないのか」を、自分のこととして考えてほしい。

・ハローワーク前で対話したとき、『これだ!』と思った。一方的に訴えるより、対話のほうがやはり楽しい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23日 宮崎で行動中 ハローワーク前から訴えました!

2010年04月23日 | Weblog
ハローワーク前に到着!



次は宮田さんからのうったえをご紹介します
『私が共産党を応援する理由をお訴えさせていただきます。民主党も自民党も学歴社会。共産党は学歴に関係なく、社会を変えたいと思う人は誰でも参加できます。
 共産党は国民のくらしを真剣に考えてくれています。私は今まで政治には関心がありませんでした。でも、くらしのことを考えたら、自分達で変えていかないといけないと思い、この春入党しました』

ハローワーク前宣伝の感想です!

「給料をあげてほしい。でも、まわってくる仕事自体が減ってる」(23歳、建設関係でアルバイトをしている男性)

「高校を中退し、仕事を探しにきました。自分は、何がやりたいのかも分からない。とりあえず、なんでもいいから仕事がしたいと思うけど、仕事はないですね」(21歳、男性)

しかし、どこにいっても人がいない…
街はガランとしてますね。

次は大学前で宣伝します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23日 宮崎で行動中 イオン前から宣伝!

2010年04月23日 | Weblog
さてさて。
都城のイオンにつきました。
ダイエーよりは人が多いけど…


次は渡辺君の演説をご紹介します!

 『私達若者は働きたくても働く場所がない。大企業はこの間、内部留保を溜め込んできました。これは、労働者の血と汗です。
 この内部留保を労働者に還元し、正社員が当たり前の社会を目指すために私は頑張ります』



 次の場所はー…ハローワーク前です。
 求職者のみなさーん、夢と希望のたっぷりつまったキャラバンカーがそちらに向かいますよ〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23日 宮崎県で行動

2010年04月23日 | Weblog
 今日は宮崎で青年キャラバンスタートです。
 元気いっぱい頑張ってきまーす

 まず最初は、都城ダイエー前で宣伝しました。



りさちゃんのMYうったえをご紹介します
 小泉政権のときは、『これで政治がかわる!』と大多数の人が自民党に投票しましたが、その結果、国民全体が生活困難になりだしました。民主党も良いことをいってるような感じだけど。実際自民党とあまり変わらない
 私は、日本共産党の発行する『しんぶん赤旗』をよみ、共産党以外の政党は全部企業献金をもらっていることを知りました。それに、他の政党はその時その時で意見がコロコロ変わるけど、共産党だけが意見がぶれません。
だから私は共産党を応援するんです』

次の宣伝場所はイオンです。

◎本日の予定
11:30〜 イオン前(日南線)
12:00〜 南九大周辺
12:30〜 ダイエー前
16:00〜 宮崎ハローワーク
16:30〜 カリーノ前
17:00〜 宮交前
17:30〜 花山手タイヨー前
18:00〜 宮崎駅前
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

22日 鹿児島で行動 外国人から「どの政党より中身がある話」

2010年04月22日 | Weblog
 今日はあいにくの雨模様。
 でも、がんばって鹿児島市内をまわりました!

  OPSIA、鹿児島大学、フレスポ、、ハローワーク前、アイムビル、港大通公園、ドルフィンポート、中央公園、アイムビル、鹿児島中央駅三井住友銀行前など12カ所で宣伝。

、まつざき真琴県議、大園たつや鹿児島市議、山口広延民青同盟鹿児島県委員長、小柴健介同副委員長らがマイクを握りました。

 山口さんらは、日本共産党の志位和夫委員長がルース駐日米大使と会談し、普天間基地問題の解決は「移設条件なしの撤去しかありません」と伝えたことなどを紹介。「日本共産党の躍進で平和と雇用・くらしを守ろう」と訴えました。

 この会談を掲載した「しんぶん赤旗」(22日付)を道行く人々に手渡しました。


三井住友銀行前で宣伝!


アイムビル前です!


フレスポ前です!


◎今日の感想 
・鹿児島大学前で昼休み宣伝をしたら、ものすごく反応が良かった。 学生がたくさん手を振ってくれました。

・やっぱり普天間基地の問題は関心が高い!たくさんの人が話しを聞いてくれました

・志位さんとルース大使の記事の新聞を配ったら、ほぼ全部受け取ってくれました

・天文館で、「市内でレストランを経営している」というイギリスの青年が足を止め、「どの政党よりも中身のある話でよかった」と激励してくれました。。

・タクシー運転手の反応がとてもよかったです。自民党の事務所の前では、みんな出てきて聞いてました。

・移動中、アナウンスの訴えにも車からのクラクションなどたくさんの反応が寄せられました。高校生からお年寄りまで、「がんばれ!」と言ってくれてうれしかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

21日 トラブルに負けないぞ! 熊本駅前で行動

2010年04月22日 | Weblog
 21日は熊本市で元気に行動!・・・だったのですが、キャラバンカーが途中で故障してしまいました。
 もともと車検を控えていた車体だったので、連続のキャラバン行動で無理が出たのか!?

 工場で応急修理をして熊本に向うも、また・・・。トホホです。

 ようやく到着し、熊本駅前で元気に宣伝行動をおこないました。安達安人熊本選挙区候補も駆けつけました



22日は鹿児島で行動です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加