Doin' It Myself ~猫たちと暮らす家~

「猫たちと暮らしながらも、素敵なインテリアを実現!」
という夢に向かって奮闘中のDIY素人主婦です。

障害を持つ猫と暮らす

2017-05-17 | 猫たち
今日はとうとう『くったん』について話してみようと思います。
ドキドキ。
大変申し訳ないですが、長いです。


くったんと出会ったのは2004年、たぶん9月に入ってからかな。
ネットの里親サイトで見つけました。
「歩けない、障害を持つ猫」として。
ちょうど
「猫を助けたい!」「私にできることがあるはず!」
という思いで里親サイトを見てたので
「この子は私しか面倒を見れる人はいない」
とある種の『使命』みたいなものを感じました。
それに、くったんが生まれた(そのとき住んでいた)のが千葉県柏市。
柏は昔仕事で行ってたところで、親しみがあったんです。
それに電車で30分と近かった。
メールで元親さんと何度も会話をして
我が家に来てもらって、
いっぱい安心してもらって、
そしてくったんはうちの子になりました♪

↓うちに来て間もないころのくったん


「歩けない」とは聞いていましたが
自力でも他力でも立ち上がることもできない。
股関節、膝、足首の関節が固まってて曲げることができない状態でした。
これは先天性のものです。
↓座ってもこんな状態


おまけに軽い知的障害がありました。
知的障害って言うのかな?
反射神経がとにかく鈍い。
トイレとかは分かるんです。
↓ちゃんとトイレで用を足します。


あとは、首が座らない。
もう、頭がゆらゆら、ゆらゆらしてしまうんです。
なので、ごはんも介助してあげないと上手く食べられない。
↓旦那の介助



2歳になったころの8月には
てんかんにまでなってしまいました。
土曜日の夜10時半すぎ。
いつも行っている獣医さんに電話しても出てもらえず
車で15~20分くらいの夜間もやっている動物病院に連れて行きました。
頼りない若い獣医さんだったな~。

それから天国へ行くまでずっと抗てんかん薬のフェノバールを
毎日2回飲ませてました。
あ!忘れてはならないのが
毎日2~3時間置きに寝返りをさせてました。
これは寝たきりの子(猫でも犬でも人間でも)には重要です。
くったんも毎日2~3時間置きに寝返りをさせてました。
夜中の3時だろうが、朝5時だろうが。
ついでにそのころ旦那の帰宅は午前様が普通でした。
でも爆睡してるときは起こせないので
またちょっと時間を空けてくったんが起きてるタイミングで寝返り。
ちょっと寝て起きて時計見てくったんを寝返りさせるってのを
毎晩ですね~。


夏の暑いときは
脳圧が上がりやすいので
↓冷たい枕をやったり。


他にも、凍らせたペットボトルを頭付近に置いたりもしてたかな。
ゴザやペット用アルミ板も使ってた。


↓馬鹿2人(中年くんとお婆ば)がくったんを踏むのでガードを置いたり。



↓チビ2人に甘えられて重くてちょっと困ってるくったん




↓歩けないくったんはこうして移動する



障害を持つ子を受け入れるというのは
正直それなりの覚悟が要ります。
私も、いつかストレスでおかしくなるんじゃないかって
自分が怖かったくらいストレスが貯まりました。
でも、くったんは私の人生で一番愛した子です。
愛しても愛しても足りないくらいに。


いやー、
くったんと過ごした6年5か月を1回で書くのは無理がありますね~。
とりあえず大まかに
くったんってこういう子だよって知ってもらえれば
幸いです。


ではっ!


~くったんマム~

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫の特殊能力?! | トップ | やんちゃくんはみんなのヒーロー »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よちこ)
2017-05-17 15:13:40
障害を持ったくったんのお世話を
6年以上も 献身的にされて愛情を注がれた
くったんマムさんの優しさに
心を打たれました
私は 正直障害のある子を
ここまでお世話出来る自信ありません
マムさんは ほんとうに綺麗で優しく
そして強い心をお持ちなんだなって思いました
くったん 大事に育ててもらって良かったね
ほんとに良かったね
ちびっこに甘えられて困ってるくったん
とっても可愛いです
こんにちは (撫子)
2017-05-17 15:49:41
くったんのあどけない、穏やかな表情に癒やされました
愛されている事が分かっている子の表情ですね(^^)

小さい頃、私の娘がひどい熱性けいれんをおこす子で、くったんと
同じお薬を飲んでいました
猫も人も同じ薬なのね(^^)

くったんは障害があっても、
幸せな猫生だったん
じゃないでしょうか(^^)
よちこさんへ (くったんマム)
2017-05-17 16:28:20
綺麗なだなんて!おほほほ
まー、心は外見よりは綺麗かも!

最初からこうだったらきっと「あー、私には無理」って
私も思ったかもしれません。(でもやると思うけど(^^)
徐々にいろいろ問題が出てきて、その都度その都度工夫してって感じなので、大変でしたが、それほどでもなかったかな。それよりもくったんといれた幸せの方がはるかに大きかったですよ(^^

ついでに、ちびっこの白い方は中年くんです。
撫子さんへ (くったんマム)
2017-05-17 16:33:04
娘さん、大変でしたね(T_T 今は大丈夫でしょうか?
フェノバールを飲んでたんですね。
猫にとっては結構キツめの抗てんかん薬みたいです。
猫に使ってる薬は人間のと同じ(なものが多い?)みたいです。
前に獣医さんから聞きました。
量が少ないだけだったかな?
人間も猫も同じ哺乳類ですものね(^^

くったんちゃんは、幸せだったね♪ (鳶助)
2017-05-17 17:42:59
もちろん、なでちゃんも♪

以前、脳障害があるって聞いてたけど、ここまで酷かったとは ……
猫好きでも、なかなか障害があると敬遠されちゃうのに、その度その度考えて、世話をしてもらったくったんちゃん、ほんとに幸せ♪
なでちゃんも同じ♪
頭が下がるとしか、言い様がない!
鳶助さんへ (くったんマム)
2017-05-17 18:01:13
やっぱり酷いのね(^_^;)
ずっと一緒だったから「くったんはこれが普通」ってなってました。
なので、なでちゃんはくったんに比べれば全然手のかからない子でしたね。肝臓さえ悪くなければもっと長生きできたのに(T ^ T)

でもくったんもなでちゃんも最高に可愛いです♪
守ってあげたい病ですね、私(^_^;)
Unknown (CHAR)
2017-05-18 06:12:16
マムさん…お名前の由来の「くったん」のこと、過去のブログのどこか見逃したかなぁって気になっていました。

6年以上。重い障がい。可愛がっていた子が徐々にこうなったならまだしも、初めから…。後肢麻痺だけでなく四肢麻痺。
そして理解のあるご家族。

本当に 驚きと感銘のポイントだらけです。マムさんの愛情と経験の深さを改めて感じます。3分間、どんな気持ちで動画を撮っておられたのか…「がんばれっ!」なのか、「くったん、よいしょ〜、よいしょ〜^ ^」だったのか…
哀れみだけでは乗り越えられない時間だったでしょう。しっかり向き合って、通じ合って過ごされたんでしょうね。

最近、餌やりをして7年目の「耳カット地域猫ペア」の片方が姿を見せなくなりまして。(ボランティア意識はあまりなく、来るから絶やさずあげていた。縄張りなのか その2匹のみ。小さな窓越しのお付き合いですが、大好きな子たち。)その子を探したいのがきっかけで、 渋谷区から始まり、全国の色んな方々の活動?をネットなどで知るようになりました。

飼い主のいない子について、いろんなかたちがあると思いますが、改めて 感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです!
CHARさんへ (くったんマム)
2017-05-18 12:08:46
くったんがこうやって頑張って這ってるときは、
いつも「頑張れ!」って応援してました。
いつも寝たきりだと血流が悪くなるし、筋力もなくなるので、助けたいと思っても見守っていましたね。
この時は3分間もかけて頑張りましたが、全くやらないときも多々ありました(^_^;) そういうときは無理強いしませんでしたけどね。

外で暮らす子は突然来なくなったりしますよね。
うちの周りにいる子たちもそうです。
縄張りを変えたり、亡くなったりと色々あるようです。
姿を見せなくなった子、早く戻って来てくれると良いですね。

ボランティアさんの人たちには本当に素晴らしいです♪その方々の負担が少しでも減るように(つまりは可哀想な子たちが減るように)何とかしないとですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL