動物たちのマイホームを探して・・・

犬猫救済の輪にて里親募集している子たちを紹介しています

3/11茨城センター

2016-03-12 | 茨城県動物指導センター
茨城センターはご存じのように
収容動物がない日はほとんどありません。

犬は多い時は1日に10頭も収容されることも。

なついている子、今日もたくさんいました。
しかし、引き出し団体さんは県外が多く
遠い茨城センターには頻繁には来庁できないと思います。
なついていたって、収容がひっきりなしの茨城では
ボランティアさんたちの目に留まることがなければ
長期に残してもらうことは難かしいです。



現状、ほとんどお声がかかっていないそうです。















この子たちは、まとめて放棄だそう。
もう、いい加減にしてほしい。
最低人間たち。

今頃、最低人間はせいせいしているのだろうか。
許せない。






いつも同じこと書いてますが
いつ行っても、首輪をしていて懐いている子
子犬の収容が当然のようにあるのです。


私たちボランティア団体ががんばってばんがって
引き出しても、助けられる頭数は限界があります。
本気で茨城県が取り組むことをしなければ
もうこの現状は変わらないでしょう。


全国の皆様からも茨城のこのひどい現状を少しでも良くなるよう声を届けて下さいませんか

行政が本気で取り組んでくれますように

こちらから、県政に意見・提案することが出来ます。
*私の提案*
http://kouchou.pref.ibaraki.jp/kotyo/hp_iken_announce.php
(郵送も出来るようです。)

※茨城県動物指導センターへの処分しないでのような苦情などの電話はしないよう
 お願いいたします。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご報告があります | トップ | 収容猫の途中報告です »
最近の画像もっと見る

あわせて読む