沖縄県在住、南釣友会の巨魚に挑戦する釣行記です
南釣友会



短い間でしたがこの度、身の回りの多数のご要望で、gooブログから沖縄の地元サイト、てぃーだブログへ引越しという形に成りました。
これからも「南釣友会の釣行期」でよろしくお願いします。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






先日、大城さん、仲村、松っちゃん、私(製作者G)の4人で慶良間へ遠征に行ってまいりました。
私と大城さんは奥武6番、松本くんと仲村くんは5番に渡磯!!
(写真は6番から見た5番)




北西の風と戦いながらフカセを始める大城さん。
私は今回は石物と大物狙い、大量のウニを持参、それをマキマキしながら大物竿の準備に取り掛かる。




大城さん、良型のグルクンをGET!




一方、5番では仲村君が何者かと格闘中!?




良型のヤマトナガイユ~(ツムブリ)




松っちゃんもヒレ~カ~をGET!




またまた6番では私の剛海口白に何やら食い上げるようなアタリが・・・
竿を手持ちに変えアワセを入れると恐ろしい勢いで竿を締めこまれて行く。  ドラグを出しながら竿を立てて対応、底を切っても正体不明の相手は力を緩めない(今までに体験したことの無い強烈な引きでした)




私のやり取りを後ろで見ている大城さんは「タモか?ギャフか?」等と言っているが私はそれどころでは無い。
ようやく浮いてきた魚を確認した大城さんがギャフを手に取りスムーズにランディング!!
正体は11Kgのナポレオンでした。  (記録物のガラサーと思ったのによ~)




その後はアタリも無いまま夕まず目。





夜の大物もアタリ無し・・・・
(夜中の2時頃に仲村君がサメと格闘しているのが見えました)




最終日、朝の一投目、大城さん!




一方、5番ではまたまた仲村くんが何者かと格闘中!?




今度は良型のカツオくんをGET!!
(このカツオ、非常に脂がのっておいしかったです。 トロカツオ?)




松っちゃんは良型のナガイユ~をGET!!




日も上がり、大物狙いは諦めかけていた頃に突然事件は起きた。
潮に穂先が持たれていた大城さんのマークⅡがいきなり海面に突っ込んで行った!?
数々の大物を上げてきた大城さん、冷静に対応、左手で糸を抜きながらリールをマキマキする。  
浮いてきたのは何とガーラ、今年2本目、私はギャフを手に磯の下に下りて行き一発でギャフ打ちに成功!
2人がかりで磯へ上げて喜びの握手を交わした。




その後は私もデカいガラサーを願いつつウニを入れるがアタリ無し・・・竿のそばではガーラが泳いでいるだけ。。





しかし、本当の事件はこれから起きました。
二人で日陰で休んで朝食をとっているとまたまた大城さんのマークⅡにアタリガが・・!?  今度は先ほどのガーラよりも強烈な引き! サイズアップは間違い無しなのだがさすがの大城さんでも1人では苦しそう、すかさず私も加勢に入り糸抜きに掛かる。  それでもヤツの姿はなかなか見えてこない。
途中、根にも潜られたが運良くすぐに出てきた。 そのスキを突き一気に巻き上げる。
ようやく姿を見せたのは何とミ~バイ!?  しかもデカイ!!





格闘の最中、2人ともガーラだと思っていたので驚きは倍増!!
ギャフもキレイに決まり無事ランディング!!
大城さん1人で年間に大物3本、しかも1つはミ~バイ、凄いですね~、やりましたね~、オメデトウゴザイマス

       検量の結果!

 ガーラ 27Kg   ミ~バイ 38Kg
















コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




本日、慶良間の磯で板バネ職人大城さんが今年2本目の大型ガーラを釣りました。




さらに事件も有りましたが、詳しくは、後日、アップします。
(先ほど、遠征から帰ってきたばかりなので・・・)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






仲村、三留、私(製作者G)の3人で伊是名島へ3泊4日の長期遠征に行ってまいりました。



初日に釣れた2Kgオーバーのガラサー(石垣鯛)




続いて三留君のセンスル~!?  (この日の夕飯になりました。)





またまた仲村君のガラサー!! 
この日に初越し~の竿、豪快口白、さっそくみ~ちちゃ~竿になってよかったね~




そろそろ日も暮れてきましたので大物用の撒き餌を作ります。




20Kgのサンマのミンチ!
これを少量づつマキマキしていきます。




撒き餌の効果でさっそくウツボがアタックしてきました!!




結局、ウツボの後は何も触らずに夜釣りは終了。





翌日、私がフカセをしていると横で見ていた仲村君が「底にマギ~(大きい)がいる!?」 私「まーによ~(何処に~)」 仲村君「あね、居るさ~」 私「み~らん(見えない)」 等と言い合っている内に私のフカセの仕掛けに底で何かが食いついた・・ と思ったら一気に沖へ30メートル程糸が出された。 そこでジャンプして現れたのが10Kgぐらいのカマサー(オニカマス)
1分程やり取りをしたがハリスからブレイク!!
カマサーも居なくなりこの後からはグルクンの入れ食いスタート!?
(写真は三留君の45cmオーバーのトカジャ~)




2日目の夕まず目!
夕日が赤く染まってますね~  
嵐が来る前触れ?





結局、この日の夜も不発で終了・・・




翌日・・・
仲村君が小笠原11で活グルクンを泳がせて何かをヒットさせてます。



浮いてきました。




ジャジャ~ン!?
先日、私と格闘したカマサー!!
まだ居たんですね~、こりないヤツですね~、




推定10Kgくらい




最後の夕まず目!




夕日が綺麗なのでついでに「南釣友会Tシャツと夕日」の1ショット


この日も夜釣りは撃沈??




最終日に仲村君が釣り上げた50cmオーバーのババシチュー!!
これが最後で納竿となりました。





仲村君のガラサーの釣果!
1,5Kg~2,5Kgの6枚














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ダイワの尖閣に4点張りの金具が付いてないので自主制作する事にしました。
奄美使用の4点張り金具を見本にまずは5ミリのステンの丸棒を準備、(奄美使用は4ミリ)
丸棒をバイス台にセット!!




Uの字型にみ~じょ~ろ~で(目寸)曲げます。




さらにハンマーで、ちゃ~くるし~(叩きながら)しながら曲げて行きます。
(ハンマーを叩かないと、きれいに曲げ切れませんでした・・・)




出来上がった金具を竿巻き糸で固定していきます。




出来上がり!
とりあえず、プロトタイプという事でマークⅡと尖閣の2種類を作ってみました。
(微妙に曲がりの角度ズレています)
さっそく、週末の遠征でテストしてきます。「楽しみやっさ~!?」








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




     仲村君の釣行です!


今回は1人での釣行です。 その日は午前中に撒き餌やエサ、道具をそろえ昼過ぎに目的地の宜名真に着きました。
しかし、週末ということもありすでに先客が入っていて、第2の予定地、辺戸岬展望台下に行きました。
しかし、ここにも先客が・・・
とりあえず状況を見に行くと右端のポイントが空いていたので、すぐに準備をしてポイントを確保しました。(^0^)
撒き餌をしながらセッティングをし、準備が出来次第、仕掛けをを投入。
エサ釣りをしながら地合いを待っているとなにやら、 モゾモゾ がま100にいらっしゃいました「ウツボちゃん」 こいつを揚げておけばエサの心配は無し。
タイミングを見計らって合わせを入れるがまさかのスッポヌケ~(T_T)
それからもエサの確保も出来ないまま地合いに~!?
仕方が無いので持参したサバとダツをつけて投入!
しかし、地合いにまさかのモゾモゾ~  アワセを入れ無事にGET! 10Kg位のウツボちゃん
地合いも終わり潮が流れ始め、諦めていた時にダツを付けていたがま100にまたもや必殺モゾモゾ~
アワセを入れ巻き上げて磯にブリ揚げると、まさかのミ~バイちゃん!!
その後はアタリも有りませんでした。







辺戸岬展望台の駐車場!




現場(ポイント)までの険しいぃカミソリ岩!!





検量してみると、70センチ6・3キロ有りましたV(^-^)V


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








先日、仕事でも付き合いの有る板金屋さんのN氏に「マル秘のタマンポイントが有る」と誘われてタマン狙いに行って来ました。
この日は、闇夜の大潮、いかにもデカイのが出てきそうな雰囲気だが・・・
私の竿はピクリともしませんでした。

同クラブでは有りませんが、その時に一緒に同行していた方が釣ったガーラ!!
(本人には了解を得て無いので名前は伏せておきます)



  115cm  25kg

仕掛けを見たのですがハリスが16号、ハリもタマン針、完全にタマン狙いで釣れました。(3/0サイズのタイコリールが3分割に割れていました)
本人も大変驚いていました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先日、2週間ぶりに仲本くんと私(製作者G)で山原の磯(灯台下のポイント)へ行ってきました。




さっそく、エサ釣りを始める仲本くん!




この日は台風の余波でけっこう時化てます。うねっております。 デカイのが期待できます。  




持参した、冷凍サバに食いついたウツボ。 ちっちゃいクセにサバを丸飲みしてた(ちなみに針はガマ60号、お腹の中には24号くらいのタマン針が2本入ってた・・・どんだけゆ~く~のがちまや~だば~)
 
 夜釣りのエサ確保に成功!!




ずっと先に見える離れ岩の向かいのポイントに大城さんと屋良さんが昼過ぎから参入!!
(我々の場所は全然魚が浮いてもこないのに大城さんの場所ではグルクンが爆釣してるのが見えた!?)




いよいよお楽しみの夕まず目!!















結局、アタリも無いまま朝・・・・




朝の4時半ごろにガマクエにしがってきた(しがみついてきた)伊勢海老、
この伊勢海老もゆ~く~のがちまや~だね~(よくばりの食いしん坊)







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仲村くんと松本くんの辺戸の釣行です。


昼過ぎに辺戸に着いたが、どのポイントにも人が入っていて仕方無くリーフを1時
間以上も歩いてとある磯に渡った。撒き餌も15キロがやっとで磯に着く頃にはへ
とへと状態




松ちゃんはすぐにスルルーとフカセを始める。




私(仲村)はゆっくり撒き餌を撒きながら竿をセットする。松ちゃんは良い調子みたいだ
。私も餌になる魚を釣り始めるが全く釣れない。
だんだんと周りが暗くなってきた頃にシジャーを1本getすぐに半分にして打ち
込む。しかし最初の地合いが過ぎても当たり無し。松ちゃんは石鯛竿でお土産
をたくさん釣っていた!



次の地合い前に、持参した腐りかけのシジャーに付け直して打ち込む。撒き餌を全
部 撒き、しばらく竿の前に要るとFF・V2・HHに強烈な当たり。キタァーーー必死に左手で糸を手繰り寄せ右手でリールを巻く。最後まで抵抗した後に揚がってきたのは本命のアーラちゃん すぐにギャフを打ち2人がかりで磯に揚げ祝杯のカンパをした。朝になり潮が引くのを待って1時間の道のりをを引っ張りながら帰り・・・




シーランドで検量した結果105センチ25キロでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週の海の日の3連休を使って、私(製作者G)と金城くん、仲本くんのいつもの3名で宜名真の灯台下のポイントに行って来ました。




上に見える灯台からはるばる荷物を担いで崖下りを・・・
(2回、往復して30分くらいかかりました)




先日の台風7号の余波が残ってます・・
うねりがキツいが何とか竿は出せそう。





初日の夕まず目、期待を込めて仲本くんのうしろ姿。
(クチナジや赤魚がチョコチョコ釣れました。)




2日目
激流すぎて、釣りになりません。




がまクエの穂先を絡ませてわじゃんかーしてる(イライラしている)金城くん。




まだまだ絡まってわじゃんかーの金城くん
(うとぅるさよー、あんしな~までわじらんけ~)




2日目の夕まず目
(まだ、激流!!)




3日目
結局、激流は止まらず、早々に引き上げました。
やっぱり、大潮は考え物だね~~









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ