オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

郵便局の話

2004-12-21 | 生活情報
先日、日本へChristmas&New Yearと転居のお知らせを兼ねたハガキを出した。
海外へは、ハガキ70¢・封書80¢←値上がりしました。
グロッサリーストアのサービスカウンターなどに国内用(37¢)は置いてるが、他は郵便局まで行かないと売っていない。(送料はかかるけど、ネットで注文することもできるUSPS)

こちらの郵便局は日本で表現すると中央郵便局とか南郵便局、そんな感覚・・・
郵便局のマークは画像の青い紙飛行機のようなもの。(ではない)
“Post office”の看板目印を見落とさないように!
クリスマスシーズンに行くと小包の窓口が物凄い行列。。。

“stamp only”の窓口は空いていた。(^_^;)
この際だから200枚くらいまとめて購入した。こちらではカード支払可能。
(後で聞いた話しでは、普段は空いているらしい)

日本にいる頃から、日本の郵便局もそうするべきだと思っていたのが
こっちの家庭用ポストは赤い棒が付いていて、集荷して欲しい郵便物があるときは赤棒を立てる。
集荷後、赤棒は横に戻されている。
このシステムが日本に欲しかった。
ちなみに配達員の人は車に乗ったまま、ポストを開けて郵便物の出し入れをする。
その為、郵便配送車とごみ収集車は右ハンドルなのです。

切手さえ用意しておけば、ポストまで投函しなくても良い。
日本でも配達員に会えば、直接渡してお願いしていたけど、そうそう配達時に会えるものでもない。
「切手も配達員にお願いすれば、お届けしますよ。定形外も持っていきますよ。」とは言ってくれる(個人的にかなりの量を利用していた)けど、やっぱり頼みにくいし『どうせ出掛けたついで』と窓口に並ぶ。

かなりアバウトだと思うのが、配達荷物。
ピンポーンとチャイムが鳴って出ると、小包がぽんと置かれている。
留守の時も同じで帰宅すると、丸見えの大きな小包が玄関先に置かれている。(^_^;)
サインが必要な物は持ち帰ってくれるけど・・・。


アメリカの郵便局 USPS http://www.usps.com/
ネット販売を利用するには登録が必要。
パスワードは大文字と数字を入れた8文字以上などの指定がある。

切手を購入したり、送料を調べたり、写真入のカードを注文できたり、便利なサイトがあるようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« X’mas card | トップ | 対岸に知合いが・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。