きちゃったよ~ =「茶々」アメリカン・コッカー・スパニエル=

自称「犬苦手」の私と夫と息子と娘と「茶々と茶々ジュニア」の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

収穫♪

2013-04-20 18:18:13 | Weblog
 去年からもっこうバラを玄関上にアーチ状に加工してきました。(おっとっとが)
 ここ数日の暖かさで一斉に咲き始めました。

 

 そして苺!苗は茶々が逝ってから育てはじめました。
 結構たわわに実ってくれました♪

 

 最初は茶々にお供えです。

 

 そして、収穫とは無関係ですが眠るばくちょんをお楽しみください。

 
 
 
 
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた、放置ですね...

2013-04-16 10:00:42 | Weblog
お久ぶりです。

出先からの投稿なので写真はありませんが、バクちょんは元気です(笑)

苺の収穫も進んでますので近いうちにご紹介したいなぁと思ってます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ、めそめそしちゃうけど。

2013-02-02 19:21:39 | Weblog
 昨日(2月1日)の朝日新聞に掲載されていた三谷幸喜さんのコラムを
 読んで夫婦でめそめそしていたら、フェルト人形の茶々が我が家に帰って
 きてくれました。

 

 作っていただいた方から「ちくちく茶々さん」と呼んでいただきました。
 写真とエピソードを送らせていただいて、茶々の毛を縫いこんでいただいたり
 やりとりをして作っていただきました。

 

 お供え用のお皿と陶器のワンコは陶芸教室で自分で作りました。

 

 茶々コーナーがまたにぎやかになりました。
 おっとっとも私もまだときどきめそめそしちゃいますが、「ちくちく茶々さん」
 のおかげで元気になれそうです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お散歩<海編>

2013-01-25 23:54:05 | Weblog
 麦(バク)は海に連れていったことがなかったことを思い出し、
 おっとっとと娘が海岸にお散歩に連れていきました。

 

 楽しくかけっこをしてたはずがなんか食べてる...。
 砂食べてる...。
 普通はたべないっすよ。砂。
 
 
 お水を飲ませると大量の砂が出てきたらしい...。
 嗚呼、ばくちょん。お腹すいても砂はたべないで..。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2013-01-12 12:05:21 | Weblog
 新しい年になりました。
 仕事も始まり新年の気分ももう薄れちゃいましたね。

 年末には麦を連れて茶々の写真も一緒に熊本に行って来ました。
 (思いつきで出かけちゃいました..。)

 思えば茶々と旅行は行ってなくて、わんこ的に嬉しいかどうかわかりませんが
 少しでも思い出は多い方がいいなとの思いから旅行に踏み切りました。

 とても良い宿でスタッフの方が皆麦を可愛がってくださりうれしかったです。

 宿のロビーにて。
(旅館のブログにも掲載いただきました)http://www.kunosato.jp/
 

 SAの広場にて。
 

 お父さんと麦(バク)と空と熊本城!
 

 泊った部屋には露天風呂と内湯、ミニドックランが付いてまして、
 とてもゴージャスでした♪
 今年もう一度11月にメモリアルで行きたいなぁと思ってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

茶々とのこと

2012-12-14 23:52:04 | Weblog
昨日で一カ月が過ぎました。

日常の様々な場面で茶々がいつもしていた行動が思い出され涙がこみ上げます。

9月の初旬ころからフードを食べるのに時間がかかり始めていました。
「歯が痛いのかな?」位に思ったものの、おやつはがりがり噛んでいたので
好みが変わったのかと、フードを変えたりしましたが、食べるのは初めの内
だけで、すぐに同じ状態に戻りました。

2週間ほど経ったころにさすがにおかしいと思いいつもの獣医へ連れて行った
ものの、「お腹まわりが大きくなってるし、体重も増えてるねぇ。太っただけじゃない?」
あまり食べないと伝えたにも関わらず上記のような返答に多少「?」とは思った
もののあまり疑うこともせず、散歩の距離を増やしたりしてました。

きっとこのころには腹水がたまりはじめ、本来ならステロイドの服用と栄養
補給と安静が必要だったはずです。


やはりその後も状態が変わらないため1週間後に再度診てもらったらやっと血液
検査をしてくれて、肝臓の数値がよくないことが分かりました。

漢方薬や、対処療法として吐き止め、下痢止め、抗生物質を処方されましたが
坂道を転げるように容体は悪くなっていきました。

10月の下旬には「もうこの子の体力次第ですね」と言われ、ここでやっと
病院を変えました。しかし2件目の病院ではエコーをしたにも関わらず
(一件目ではエコーもしてもらってませんでした)
「子宮蓄膿症」と診断され、腎機能の回復を待って手術をしようと言われました。

このときは「手術をすれば治る!」と信じて毎日職場を早退して点滴に通って
いました。
しかし、手術の予定が金曜日、土日は入院して術後の様子を診てもらえると
思っていたところ、「土日は診ないルールなので術後は自宅で診てください」
との信じられないセリフ。
術後のケアが大事なはずなのに...。とショックと怒りを覚えこのころ知人
に聞いた大きな動物病院(獣医さんが7名在籍)のサイトへ事情を投稿し
手術予定日の朝に車で1時間半かかる場所でしたが、急きょ年休を取り一人
で茶々を連れていきました。

院長先生が予定していたという4件の手術をずらして、エコー検査、血液検査
顕微鏡での確認、腹水の採取をしてくださり、医学書を紐解きながら、今の
茶々の状態をわかりやすく、論理的に説明して「肝硬変の末期」であると告げて
くださりました。

まだ助かる道があるのではと思う自分と、細胞壁が破壊された赤血球をまのあたり
にして絶望する自分で混乱していました。

それでも出来る限りの治療をと、自分が通える地域の別の病院を紹介いただき
その日の内にその紹介された病院にかかりました。

娘も週末に看病に帰ってきてくれていました。
さすがにもう職場も休めず、でも日中に茶々の容体が急変しひとりで旅立たせる
ことだけはしたくなかったため、入院させることにしました。

夕方早退をして夫と交代で面会に行きました。

入院して2日目には腹水を抜いていただきました。1.5Lも採取されていました。
胃の圧迫が解消されたせいか、その日は持っていったおやつも病院で出して
もらったささみも沢山食べてくれました。とても嬉しかったです。
ひょっとしたらこのまま元気になってくれるかもと期待しました。すごく、すごく。

でも、翌日からは急に元気がなくなりもとの状態に逆戻り。
週末に退院し家で無理やり食事させましたが全く食べてくれませんでした。

週明けに受診しもう一度腹水を抜きましたがこんどは血液も混じって真っ赤
な液体でした。

帰宅してしじみの煮汁入りのご飯を用意しましたが、まったく受け付けず私の
膝によじ登るようにしながらすりよってきました。仔犬のころに歌っていた
子守唄をハミングしながらしばらく抱っこしていました。

その後いつものリビングの入り口に横たわったままで、様子を見ると口を
閉じることも出来なくなっており、ソファのそばに移し添い寝をしながら
夫と夜どおし様子を見ました。
東京にいる息子もスカイプで一緒に見ていました。

朝5:00前。
呼吸が浅く早くなりいよいよかと覚悟しました。
賢く可愛い茶々はちゃんと私たちに最後まで看取らせてくれました。

棺には大好きだった、フードやバナナやお気に入りの毛布、家に咲いていた
色とりどりのすみれを入れてあげました。
少しだけ耳のきれいな毛をもらいました。

小さな、小さな骨壷に入ってしまった茶々はリビングに居ます。

茶々が遺してくれたバクだけは同じ後悔をしないように茶々に死なれて
しまった日に健康診断をしてもらいました。
もう一匹の茶々の息子を飼ってくださっている方にも検査をしていただく
ようお知らせしました。
なぜ肝硬変になってしまったのか原因が不明なため遺伝の可能性を獣医さん
が教えてくれたからです。

茶々に出会えたことは素晴らしいことで、死なれてしまったことは辛いですが、
茶々を家族に迎えたことに後悔はありません。

これからは悔いを残さないようにバクと家族の思い出を増やしていこう
と思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当然ですが、さびしいです。

2012-11-20 15:58:45 | Weblog
やっと、一週間がたちました。

まだまだ、というか、日毎にさびしく感じます。
もちろんバクの存在にはとても慰められておりますが..。

茶々の闘病中にはいろいろなサイトやブログで同じような病気で
がんばってらっしゃる方の記述で勉強させていただきました。

もう少ししたら、茶々の病状や当時の対処についてここに載せてい
きたいと思っております。

少しでも他のワンコの状態の気づきになればと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年と10ヶ月ぶりです。

2012-11-15 14:14:48 | Weblog
本当に久しぶりにブログを見ました。

投稿を中断したころは、正直「飽き」もあり、実母の認知症発症や長男の浪人決定、
自身の転勤等いろいろなことが重なり、しんどい頃でした。

だんだん犬の存在も優先順位が下がりあまり遠出をする余裕も無くなっていました。

09年の11月10日に麦を亡くし、おとといの11月13日にブログの主役である
茶々が死んでしましました。

肝硬変でした。
2ヶ月がんばってくれたのですが、やはりダメでした。

ブログの中で茶々に会えることが辛いのか、嬉しいのか分からない感じです。
でも見にきました。

バクは元気です。
彼の健康管理には細心の注意を払おうと思ってます。

気持ちの整理がつかない状況ですが、ぼちぼち更新できたらと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変身!!

2010-01-24 23:49:51 | Weblog
先週末、無事に二回目の予防接種も終わり今週から本格的に
お散歩デビューのバク。

しかーし、あまりのびびりーな様子に獣医さんも苦笑い。

肉球の毛も顔の毛もボーボーだったので(みみずくですし)とりあえず
顔バリをしてもらいました。


????ん??
だれ??

本当にバクかぁっ?!
だってこんなかったじゃん!!



ああぁ。こんな顔だったのね。知らなくってごめんね、バク...。
面長な顔だろうなぁとは想像してたけどここまでとは。
なんだかちゃんとコッカーでした。

きれいになったのでお洋服も買って、いざお散歩。ちなみに茶々のも買いました。


小一時間のお散歩のあとは..

ぐったり


あんまり似てない親子ですが、これからもよろしくって感じです。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

おそまきながら、謹賀新年。

2010-01-10 23:18:59 | Weblog
皆様。
新年明けましておめでとうございます。
ってか、おそっ...。

新しい年のごあいさつをいただいた、かなさん、おーちゃん、
今年もよろしくお願いします。

kuboteruはクリスマスイブに新型インフルでぶっ倒れ、
同時に実家の母が入院。タミフル服用終了後の翌日から
付き添いの開始で初めて年末年始を病院で過ごす体験を
してしまいました。とほほです。

そんな間にも仔犬は成長しカズは「トム」となってご縁
のあった素敵なご家族の一員となって手元を離れ今は茶々
とバクの2頭になりました。

ワンコはいたって元気です♪


バクは顔の毛がぼーぼーでまるでみみずく...


茶々にはあんまり似てません。
似てるのは旺盛な食欲くらいです。
スヌードすると目がなくなります。

えっと、訂正。スヌードしてなくても目の場所がわかりにくいです...。


そうそう、甘えん坊なところも似てました。近づくと仰向けになって、
なでてのポーズをとります


甘噛みもがっつりです


茶々はときどきバクとけんかしてますが、基本はこんな感じ


今年は仲良し親子をテーマに頑張ります


人間の親子は今週末のセンター試験に向けてリラックスムードでいこうと
思ってます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加