KTOOONZ BLOG

ktooonzのオシラセBLOGです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

植物園

2015-10-05 00:53:38 | オシラセ

 

コミックブログの方で新連載開始です。

 

昨日終わりました「パンキーシャベクリ~ノ」の続きです。

 

漫画のストーリー自体とは関係ないのですけど、

今回は、私が大好きな施設が背景としてちょろっと出てきます。

東京でも勿論、旅先にもあると、時間が許すのなら大抵行きます。

 

それは植物園、特に温室のです。

 

生まれて初めて描きますが、漫画で必要でなければ、、

いくら好きでも絵にはしなかったように思います。

 

そういう物は沢山あります。

パソコン、エンゼルパイ、水道の蛇口、スクーター、マネキン人形、

自転車、螺旋階段、パッチワークのスカート、満員電車、トイレなどなど・・・

 

漫画のシーン必要なければ描かなかったのではないかと思える物、これからも大いに現れる事でしょう。

 

舞台が植物園だという必然性は無いのに何故か出したかったのですけどね。

 

大好きな植物園が描けるなんて嬉しいです。でも大変です・・・

 

画像はバニー・パッチ(ペインレインより)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画『PainRain』の「パンキーシャベクリ~ノ」終わり

2015-10-04 00:43:48 | オシラセ

 

KTOOONZ*COMIXの漫画、一つの話が終わりました。

 

この機会に読んでいただけましたら幸いです。

 

まとめて読めば・・・ちょっとマシかも。まだまだ導入部、何だか良くわからないと思いますけど。

 

今回のお話は、かなり長い方で、ほとんどただ座って喋っているだけ・・・という漫画。

 

他人のおしゃべりを聞きながら、

彼らの過去に何があって、一体どういう人たちなのかを

色々想像しながら読んでいただけたら・・・と願っています。

 

「え?そう思ってたの?」と、

作者の私も驚く想像をしている方もいらっしゃったので、それも嬉しい事です。

それはやがて明らかになりつつ・・・やっぱり違っていたり・・・と見せて反対だったり、

そもそも実は・・・え!そうなっちゃうの?何でどうして???

そうか!納得!どうして!?!わけがわからないよ!!!

な~んて事もあるかもしれません。

 

『ペインレイン』は、ダムタウンという街の変化に人々が巻き込まれ、影響されつつ、

様々な経験をしながらも特に意味もなく生きていく・・・

街も人も変化し、消えて現れ、同じものは二度と現れないが、かつて見たようなものもあり、

やがては物語の中にも物語が生まれていく・・・ただそれだけの話です。

 

起こる事を断片的に描いているだけなので、

作者が何が言いたいのかを明確に求めてしまうと混乱するかもしれません。

世界の、人間にとっての捉えようの無さを描いている気でもいるので、

「塞翁が馬」みたいな認識を長いスパンで静かにやっている感じでしょうか。

 

ですから、全ては読む方の自由です。

こういう事かな・・・などと、イメージやテーマを想像して、楽しんでいただきたいです。

 

 

この漫画の誕生時、背景となる母体も、矛盾というわけのわからなさを生きていました。

 

傷心、旅先NYのコンドミニアムで、

悲しすぎて、もう限度を超えてしまった空っぽの心に風が吹き抜けるかのような中、

突然紙の束を買ってきて、あっけらかんとした幸せと共に・・・

ネームして一気に作った「ペインレイン」です。

 

運命を変える何の術もないので、何もせずできず、ただただ悲しみと共にいて、

歩いて、人と会って、遊んで、笑って、食べて、ビール飲んで、おしっこ沢山して、贅沢して、下着までお洒落して、無駄使いして、絵を観て、挑発して、怖がらないで、自信に溢れて、セクシーで、クールで、ダサくて、楽しんで、一つの愛を失って、溢れる愛と共にいて、

英語なんかメチャメチャでも何も気にしないで、ちっとも困らないで、

素敵なコンドミニアムの部屋で我ながらバカバカしいネームと絵を夢中で描いて、

アーティストビザ取ってNYで気ままに暮らしたいなーとか調子よく思ってたりもして・・・

 

心も肉体もマナーも美しすぎる、聖人か天使みたいな黒人ゲイのお兄さん笑顔の眩し過ぎさに心がビビッて一瞬閉じてしまった事と、

通り雨の移動中、笑顔で目が合った雨宿り中のレゲエ兄さんに差し出されたマリファナを、頂かなかった事だけは、今も少し残念。

 

そんな涙の雨と笑いの矛盾と混乱の中にあって一気にネームをした漫画です。

 

 

人の心が気にする事なんか、我が身と所有物への心配程度に過ぎないように思える・・・

それが作用する時、人は得られる「世界への拒絶」と共に、己が心と思考と感情に閉じ込められてしまう割の合わなさ。

ミジメ。暗すぎる。あんまりミジメで愚かでせせこましくて逆に愛おし過ぎて笑える。

 

エデンの園から追放されたんじゃなくて、穴でも掘って入ってそう思っているだけなんじゃないの?

 

悲しみや怒りや恨み、人生の不条理、人の心はそれらを悪い物として拒絶したがるシステムのようだけど

もし、悲しみが完全に開かれていれば、もう悲しみそのものでしかないくらいただ悲しければ、

別の言い方をすれば、単にごちゃごちゃ考えたり良い悪いの評価を付け加えてさへいなければ、

それすらも幸せというか・・・つまり、幸不幸の観念、人が個人所有できる思考や心を超えるか離れてしまうのかな・・・

その時、溢れる悲しみに涙する最中に、だからこそ悲しむ人はいない。

 

個人でそれを所有できないのなら、それを所有している個人はいないから。

私が今ヴィトンの鞄を持っていないのなら、ヴィトンの鞄を持つ私が今何処にもあり得ないのと同じ事・・・

 

なんてね・・・後で真面目に思考して理屈と観念を作ってみたり・・・で、バカバカしくなってまた笑えて来る。

ああもう勝手にしやがれ!知った事じゃない!

ほっとけ!うっちゃっとけ!御心のままに。

きっと、全ては等しく、尊くてバカバカしい。

 

 

話変わって、時々「何で「ペインオブレイン」でないの?」と聞かれますが、

自分でもそうは思いますけど、そうなるとただの英語の題名になってしまうからです。

英語を話す人の方が、「別に英語圏の人が作った漫画じゃないから」と

逆に気にしないでくれる事もあります。

 

 

画像は「パンキーシャベクリーノ」よりバニーとブレイン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペインレインの事

2015-09-21 17:21:57 | オシラセ

 

 

超久しぶりにコミックブログの連載を再開致しました。

「PainRain」の「パンキーシャベクリ~ノ」の続きです。

このままラストまで一気に行きます。

2週間くらいで終了ですが、既に続きも準備しております。

 

「PainRain」は10年くらい前に、私が突然ラフを描き出した漫画で、すごく長い話です。

50年くらいに渡る話です。

 

何故か3話から始まっています。過去に何が起こったか判らない状態で話が進みますので、

読者も「判らない」を保ちながら読まなくてはならず、読み手の気長さも必要になってしまいますね。

一話と2話は、現在のキャラクターたちが若いころの話で、3話の途中に組み込んでアップします。

 

今は、落ちぶれたギャングの話ですが、後には全然違う、ホームドラマや恋愛性愛、

鬱病や子供の家出話もあります。

お話は全てできていて、ラフが6割完成しています。

どのように発表したら良いか、形式はどうするか?

凄く迷って思考錯誤をして、アップを始めるのに数年、

途中何度も休んでいて、現在全7話の内、一話分の一部のみ公開中です。

はっきり言って、漫画の形式そのものが特殊な上に、

まだどういう話なのかも良くわからないほんのさわりですが、

今の長いエピソードがもうすぐ終わって、次の短いエピソードの次あたりから、物語が動き始めます。

 

今アップしている「パンキーシャベクリ~ノ」は多分、全ての話の中でもっともダラダラしている展開なので、

その後はもう少し普通に進むとは思います。

 

一日一枚で全く休まずに連続してアップしても、その前に死んじゃったりしないかなと思ってるくらいです。

さすがにそれは私も嫌ですから、とにかく、その一枚だけは、他の創作と仕事をしながらでも、

今後はもっと真剣にキープしていきたいです。

 

普通の漫画の形式にすれば、もっと早く進むと思うのですけど・・・何でこんな事になっているのか?

私にも良くわかりませんね・・・

 

どんなに頑張っても一日7時間、これだけ描いたところで、加工も含めたら5枚が良い処です。

他の制作や仕事と両立ですと、非常にきついものがあります。

 

以前は、もう少し絵を描くのが早く、アニメーションを作っていた時には、

数時間で30枚くらいは毎日描いていました。

勿論、そのくらい描けなければ、個人で手描きアニメなんてできません。

それで一本5分程度の作品に半年~一年くらいかかります。

 

その内、今の絵や形式でも作画がもっと早くなるかもしれませんし、

もっと早く仕上げる良い方法を生み出せるかもしれません。

形式が変わるかもしれませんし、

自主製作でもアシスタントさんが雇えるようになるかもしれませんし、

テクノロジーの進歩で何かが変わるかもしれません。

(フルデジタルも考えています。今は作画は鉛筆です。加工に結構時間がかかります。)

 

とにかく、前向きに願いつつ、一日一枚だけは、他の作業と両立でやっていきます。

途中で私が死んじゃったら、正直、今の私は辛いと思っていますので。

 

話が大分溜まってきたら、キックスターターなんかで募る事も考えてはいますが、

(仕事を減らして、アシスタントさんが入れられればどんどん進みますので)

今の時点で、まだどういう話なの?という感じですので、

とりあえず、コンスタンスにアップして、話がある程度進んでまとまったら何が適切か考えようと思っています。

 

商業制作もそろそろ復帰しないと、自主制作すらキープしにくくなりますが、

商業が忙しすぎると、自主はできなくなるし、難しい処ですね。

 

ですが、とにかく運命次第、それに伴う自分の動き次第ですので、前向きに安心して進めます。

 

KTOOONZのやっている事は変すぎるように思いますが、

真剣にやっていれば、漫画の神様がお目をかけてくれる事を信じて。

 

画像はキャラクター、ウィニー。「PainRain」より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミックブログを再開しました。

2015-09-16 17:13:03 | オシラセ

 

 

 

お久しぶりです。

 

さらにお久しぶりにコミックブログの連載を再開致しました。

「PainRain」の「パンキーシャベクリーノ」の続きです。

このままラストまで一気に行きます。

3週間弱くらいで終了ですが、既に続きも準備しております。

 

キャラクター紹介もアップしました。

 

(画像は関係ありません、別の漫画です)

 

続きが読みたいと伝えに来てくださった方、励ましてくださった方々、

特に今回コメントで、私にきっかけを作ってくださった方、本当にありがとうございました。

 

言い訳にはなりませんが、あまりに放置しすぎて、逆に再開のタイミングを失っておりました。

思い返してみれば、昨年の暮れからは特に、いつでも連載開始ができたのですが・・・

 

 

現在、複数の作品を準備制作しておりますが、

一部は、どこで発表するべきかを探しておりました。

厄介なのが、フルカラーで描きたい上に、完全なエロ漫画まではいかないけどエロ表現くらいの作品。

デジタルの仕事は少ない上に、完全な一般向けかアダルトかでないと、作品として公開が難しい傾向があります。

私は大人のウィットのある明るく怪しいエロ系が好きなのですが、需要は少ないかもしれません。

 

オリジナルで、ただ無料公開するだけでも、現在使用中のブログには当然倫理規制がありますので、

雰囲気的には少々違和感があるように思いますが、

超巨大画像サイトの「PIXIV」に現在のアカウントと違う別アカで一部をアップする予定です。

(PIXIVは主にアニメパロディなどの画像がアップされている会員制の画像サイトです。

海外のサイトまで調べたのですが、一番自由に思いました。

18歳以上を対象とした作品の場合、元々完全なオープン公開はできませんので、

会員制サイト上は仕方がないと思います。)

 

そういう物も公開しますので、ご興味ある方は読んでいただけたらと願っております。

本来私は、アングラでクレイジーで不道徳な表現が本領発揮かもしれないと思っています。

清らかで美しく正しい心を描くためには毒が必要だからでもあります。

 

PainRainも他に同じタイプが探しづらい、変わった形式のコミックなので、

自分で発表する場の形から作ってみましたが、

お休みしましたここ二年で、スマホ普及率と画面解像度が益々上がっているので、

次のお話からは、ガラケー対応は止めて、台詞文字の大きさを小さくします。

 

今後もあらゆる事に対して、試行錯誤で行こうと思っております。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

願い

2015-04-28 04:38:20 | 雑記

 

人生、目標目的のような願いが有るような無いような…

 

本当はそんなもの気のせいのようにも思いますが、多分、人間は何の目的も無いのが嫌なのでしょうね。

 

多くの方は自分の子孫を残しますが、それは個人の目的というよりは、生き残る事と同じ、生物としての活動ですよね。

 

それと、好きな仕事、就きたい仕事、やりたい特定の活動というのもあります。

そういうものがあると、自分という個人に、目標や目的もあるような気がします。

 

私は一歳の時から絵を描いていたそうです。

小さい時も物語や絵本を作っていました。

それは私にとって自然だったのでしょうけど、

目標というよりは、ただやっているだけというのがシックリ来ます。

単にそういう人間。それは今も続いています。

それが仕事になってもならなくても、調子が良くてもスランプでも、忙しくても暇でも、

幸せでも苦しくても、

私は何かしら、それなりにそういう事を今日までは続けているようです。

 

唯一目標というか、願いと言えるものがあるとしたら、

10歳過ぎくらいから、「自分とは何なのか?」を知りたかったというか、納得したかったです。

これは当初は大変強い気持ちだったような記憶です。

 

何故そう思ったかというと、

それは私は、私が何なのかを…「しまった!忘れてしまった!」と思った始まりだったのですね。

もし、これが無ければ、知りたい、納得したいなどとは思わなかった事でしょう。

お金や物や仕事や見た目のように、見える実体のあるものではありません。

記憶や内面に比べるものが何もなければ、何が不足している気がするとでも言うのでしょうか。

そして、それはその途端に起ったのか?

かつてあったように思える人生の生彩を無くしたような気がしたのです。

 

別の言い方をすれば、自分も含めた人間たちの多くが大いなる勘違いをしているという、違和感がし続けたのだと思います。

ですから、善悪等の問題ではなく、社会一般や多くの類が信用できない気持ちも強かったです。

 

私は感覚を思い出したくて、本を読んだり、色々な事をやったり行ったりしました。

その時々にもよりますが、多分、自分の創作よりはその願いの方が私にとって上位に属していますし、

私の探し物みたいなものと、仕事や創作生活は、あまり関係ないように思います。

 

こういう話は、人によっては、全くのナンセンスでしょう。

私自身もそう思う時もあります。バカバカしいよね…と。

そちらの方が健康かもしれません。

若い頃は嫌だなと思った事も何度もありました。

私の人生は、こういう願いによって、面倒臭かった処もありますし、

世間一般の幸せとされる事に興味が薄い傾向もあるからです。

 

ですが、こういう事も、絵を描き続けるのと同じで、単にそういう人間なのでしょうね。

どちらも何でこうなのか私も全然解りませんから。

兄弟姉妹、同じ環境で同じ物を食べて育っても個性は違うのです。

 

本を読んだり、人に会いに行けば、言葉で言える答はすぐに手に入れられます。

色々な物がありはしますが、情報自体は何処でも誰にでも開かれて、極めてオープンだからです。

 

「私、自分」というのは、観念上の一つの意識や物の捕え方にすぎないのだと。

 

観念レベルではこれを理解しますし、

確かにそう思った事が子供のころにある、と、思い返してもしっくりも来ます。

思考上の自己像、自己イメージが自分自身なのだと思い込んだ、違和感のある人間たち。

殆どの大人はそうなってしまうなあと、その途端、人と比べて、死を思って苦しむのだなと、

子供の頃に思った記憶があったように振り返ります。

 

頭で考えている自己イメージが私の求める自分では無い事だけは(頭で)納得はしているのですから、

結果、この願いにとっては、なりたい個人や、精神も含めた個人的状態を求めても全く意味がありません。

そうなると、そのためには、個人でするべき事は何もありません。

 

ですが、つい何かやろうとしている時があります。

そんなこと無駄だと思いつつ、どっか個人的な期待をしているのにも気がつきます。

こういうのはイミナイとわかりつつも、何か変わった経験があると、つい喜んでアホかと呆れたり、

情報をもっと欲しいと探していたり、誰か良さそうな人に会ってお話を聞きたくなったり。

 

「必死!」まではいかないテンションだと思いますけど、

もはや無駄だと理解しているつもりの、探し物を覚えて、拘っている時も多いようです。

 

私はそんな事に気がいくよりも、もっと仕事や家事や片づけを一所懸命したい気持ちも強くあるのです。

 

ですが、本当に探している?と聞かれると、それも怪しいですね。

目標も願いも無いと思う方がしっくりもくる時も多いからです。

そういう活動が行われているだけ…とも言えるように思います。

何だか宙ぶらりんの処にいるのでしょうか。

それも良いように思います。

 

色々な思考の段階があると思うので、

誰しも自分の道を行く事が一番良いと思います。

なるようになる…ご縁だけが全てのように思います。

 

超つまらない結論ですね。

 

最近では、つまんないのも大好きなんです。

 

そして、何故かこの、何の劇的性もない、今読んでもつまらない記録を残したかったのです。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加