続 ヒノキになれない

四季の花々に見とれたり、スポーツバイクでメタボに抵抗する様を

写真を中心に俳句を加えて、緩いブログを綴ります。 

東京駅・芍薬

2017-05-17 16:16:32 | 花草木
東京ゲートブリッジの帰りに、東京駅に立ち寄る。

復旧工事で新しくなった東京駅を見たいがために。















丸の内中央口から出てみると、そこには生まれ変わっても、昔ながらの重厚な東京駅の姿が。

色合いは、新しさが窺われるけど、正に歴史ある東京駅の姿の綺麗さに圧倒されます。

立派に再建された姿と、新しくなっても古きを抱え込んでる歴史が感じられます。











駅前広場は、まだ工事中でした。


写真を撮ってると、民俗学をやってるという老齢者が、東京駅のウンチクを語りかけてきます。

左右対称のように見えるが、右左の窓の数が違うから、非対称なのだとか。

真ん中の造りは、お相撲さんで、頭はちょんまげで、不知火型の土俵入りを表してるとか。

真ん中には、横綱があり、垂れ下がってるのは化粧まわしだとか、そのようにも見える。

もう40年ぶりに訪れた丸の内のビル群も、変わってしまったが懐かしい。

帰りに駅弁祭りの案内のある駅弁屋さんで、夕食用に近江牛弁当を買い求め、京浜東北線で上野へ出る。

上野からは常磐線で北千住、東武日光線で出発駅南栗橋駅に戻る。








帰り道、栗橋町の道端で、紅白の芍薬が咲いてました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ゲートブリッジ | トップ | 彩の森公園・カルミア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。