ことばの宝箱

素敵な言葉を集めたら、毎日がキラキラ輝き出して・・・
私の小さな宝箱

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月夜の願い

2008年09月16日 20時27分55秒 | Weblog
月が好きな国がありました。 月の綺麗な夜は、決まって、お城で舞踏会が開かれます。 今夜も、国中から集まった人たちが楽しそうに踊っています。 お姫様は、その様子を見ているだけで、幸せでした。 舞踏会が盛り上がってきた頃、 お姫様は、そうっとお城の外に出て行きます。 輝く月に手を合わせ、国民全ての幸せを願うのでした。 三日月の夜。 お姫様は、嬉しそうに舞踏会の様子を見ていました。 その中に、とても . . . 本文を読む
コメント (8)

花音 (はなおと)

2008年07月27日 00時24分39秒 | Weblog
私は、花火があまり好きじゃない。 小さな頃から、花火の音が怖かった。 音だけ聞いていると、まるで大砲を撃ったようだ。 学生になった今でも、まだ少し怖い。 今年は、学校の盆踊りに友達と行くことになっている。 盆踊りのラストは、もちろん、花火。 どうして、みんな花火が好きなんだろう? 盆踊り当日。 浴衣に着替えて、下駄を鳴らして、盆踊りを楽しんで、 屋台のリンゴ飴を食べて、ヨーヨー釣りをして・・ . . . 本文を読む
コメント (2)

泣き虫カンガルー

2008年07月18日 00時48分35秒 | Weblog
カンガルーはお母さんの袋の中で幸せそうに笑っています。 でも、ほんの少しでも袋の外に出ると、もう大変! 笑顔は、あっという間に泣き顔に変わり、 袋の中に戻れるまで泣き止みません。 カンガルーが小さかった頃は、お母さんも大目に見ていましたが、 体も大きくなり、そろそろ袋の外に出る時期が迫っていました。 「ほらほら、お友達と一緒に遊んでらっしゃい。」 お母さんは、優しく声をかけます。 「今日は、遊ば . . . 本文を読む
コメント

れんげ草とミツバチ

2008年06月21日 23時19分40秒 | Weblog
ミツバチは、歌が得意です。 ブンブンブン♪ れんげ草の間を歌いながら飛んでいきます。 「いつも楽しそうね。」 れんげ草は、ミツバチの歌が大好きです。 「ありがとう。」 ブンブンブン♪ 「どうして、いつもそんなに楽しそうなのかしら?」 れんげ草は、少し恨めしそうに聞きます。 「楽しもう。と決めたから。」 ミツバチの答えは、シンプルでした。 「分かっているけど、出来ないの。  ちょっとしたことで、すぐ . . . 本文を読む
コメント (4)

途中

2008年06月14日 23時51分16秒 | Weblog
この店に来ると、彼は必ずキャラメルマキアートを注文する。 今日も、テーブルにキャラメルマキアートを置いたまま、 音楽雑誌を読んでいる。 「冷めちゃうよ。」 「ああ。」 彼は、いつも半分しか飲まない。 それが彼のルール。 私には中途半端に思えることも、彼の中では完成されている。 ふと浮かんだ質問をそのまま投げかけた。 「坂の途中にいます。上りますか? 下りますか?」 雑誌から目をあげ、彼がちらり . . . 本文を読む
コメント (2)

薔薇のトゲ

2008年05月05日 23時15分34秒 | Weblog
幾重にも重なる美しい花びら、魅力的な甘い香りを持つバラ。 素直に絶賛する声もあれば、妬みや悪口だって、バラには届きます。 バラは、とても繊細で傷つきやすい花です。 醜い言葉たちはトゲとなり、バラの心に突き刺さり、細い体に飛び出ました。 バラは、トゲを振り払うことなく、静かに受け止め続けています。 ある日。 アゲハチョウが、ひらひらとバラの花に止まりました。 とても元気がない様子。 バラには、自分 . . . 本文を読む
コメント (2)

充電中

2008年04月18日 21時28分36秒 | Weblog
僕の大の仲良しは、クマ君です。 いつも一緒に遊んでいます。 僕は、クマ君の秘密も知っています。 実は、クマ君・・・ロボットなんです。 クマ君は、たくさん食べるし、いっぱい笑うし、 転んだら真っ赤な血だって、涙だって出る。 だから、森のみんなは「クマ君がロボット」なんて誰も知らない。 クマ君が誰にも言わないなら、僕だって誰にも言っちゃいけないんだ! これは、僕たちだけの秘密です。 僕は、いつもク . . . 本文を読む
コメント (2)

2008年03月29日 00時36分59秒 | Weblog
我が家のお向かいさんには、とても大きな庭があります。 様々な種類のお花が咲いていて、眺めるのが本当に楽しい。 でも、計画性がないというか、まとまりがないというか・・・ 花や木が、あちこちに散らばっているし、どんどん増えていきます。 「もっと、きれいな庭になると思うんだけどなあ。」 買い物帰り、思わず、心の声が出てしまった。 「豪快で良いじゃない?」 横を歩く夫は、あまり興味がない様子。 「はい、よ . . . 本文を読む
コメント (2)

十年越しの告白

2008年03月22日 23時34分54秒 | Weblog
『10年後 ここで逢いましょう。』 中学の時、読んだ本に書いてあった言葉だ。 中学生の頃、後ろの席の男の子が好きだった。 正直で、爽やかで、面白い子だった。 でも、その頃の私に告白なんて、とても出来なかった。 卒業式の1週間前。 その彼が、自転車置き場に名前を書いたと聞いた。 卒業式当日。 私は、朝一番に学校に行き、彼の名前を探した。 奥から2本目の柱に彼の名前があった。 ドキドキした。 す . . . 本文を読む
コメント (2)

春色カメレオン

2008年03月03日 22時44分56秒 | Weblog
春の色が大好きなカメレオンがいました。 今日は、チューリップの赤色に着替えて、 友達に会いに行きます。 「こんにちは。」 友達の桃の花です。 「ホントに、おめでたい花やな。」 カメレオンは眩しそうに見上げました。 桃の花が、キョトンとしていると、 「鮮やかな桃色は、めでたい色やから、  お前さんは、おめでたい花や。」 カメレオンは付け加えました。 桃の花は、しばらく考えた後、 「うん。いいかも! . . . 本文を読む
コメント (2)