公星ハウジングのハムスターブログ

日々の出来事を綴っていきます!

鳥取砂丘と砂の美術館

2017-05-05 13:10:29 | 日記
   首都高・東名・新東名・伊勢湾岸・新名神・名神・中国道・鳥取自動車道を、
  途中SAで休憩しながら走り続けて約10時間、
  鳥取砂丘「砂の美術館」に到着。
  
  「砂の美術館」入口
  
   (布がかけられた作品。見られなくて残念

   館内に入ると、正面に砂の彫刻家19人とプロジューサーの写真が、
  目に飛び込んできました。
  
   隣には、「砂像とは」水で固めた砂の塊を彫る彫刻です・・・と解説が。
  これには衝撃を受けました。
  「砂の中に接着剤を入れて固めてから彫る」と、思っていたので、驚きです。

   繊細でありながら、圧倒的なスケールの砂像の世界へ、 
  アメリカの文化~映画産業~
  

  アメリカンライフ
   

   アメリカのスポーツ
   

   アメリカの音楽
   

   アメリカの文学「アンクルトムの小屋」
   

   南北戦争とリンカーン
    

   アメリカ独立宣言
   

   デラウエア川を渡るワシントン
   

   ネイティブアメリカン
   

   アメリカの動物たち
   

   ゴールドラッシュ
   

   西部開拓時代
   

   ニューヨークの摩天楼
   

   発明と工業の発展
   

   繁栄と世界進出
   

   宇宙開発
   

   アメリカの美術
   

   展望広場に行く途中にも「ハワイ」の彫刻が、
   
   写真なので、繊細さと迫力が伝わらないのが、とても残念です。

       
   初日の目的地、鳥取砂丘に。
  学生の時に来た砂丘より、広くなった感じ。
   

   雨上がりなので、らくだやハングライダー・
  パラグライダーの姿は見られませんでしたが、
  砂が湿って歩きやすく、頂上まで行ってきました。
  結構いい運動になりました。 
   

   友達と来た時のことを思い出しながら、
  馬の背、頂上(赤い矢印)から眺めた景色。 
   
       海に向かって左側の景色            右側に見えた景色

   風紋・砂廉が見られなかったのは、とても残念でしたが、 
  素晴らしい芸術、砂の彫刻に感動しました。  
   
      当社のHPはこちらです 
    http://kosei-hs.jp/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ぶらり癒しの一人散策 | トップ | 浦富海岸と山陰海岸ジオパーク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。