公星ハウジングのハムスターブログ

日々の出来事を綴っていきます!

「江戸東京博物館」で学びと体験!

2018-11-09 15:58:36 | 日記
   チケットを買って6階に行くと、幅原寸大の「日本橋」が目に入る。
   
  
   橋を渡ると、壮大なジオラマ模型の「江戸ゾーン」があり、
  中央に「寛永の町人地」。
  備え付けの双眼鏡で、表情や服装、髪型等、
  建物の細部まで見ることが出来、精巧な作りに、
  当時の町の様子が伝わってきます。
   

   左に「寛永の大名屋敷」(松平伊予守忠昌の上屋敷)
     
       (写真右側。豪華絢爛の門)
   
   裏から見た大名屋敷。
  (広いですね。管理が大変?)
   

   右には「江戸城本丸」のミニチュアがあります。
  本丸御殿(表・奥)。本丸御殿(大奥)。天守閣。
  二の丸御殿。精緻に作られています。
   
 
   大名のお姫様が乗っていたお籠
   
   記念撮影が出来るお籠に入って見ましたが、
  思っていたよりもゆったり座れました。

   5階に下りると、「町の暮らし」。棟割長屋が再現され、
  江戸指物
   
   
   寺子屋
  年齢もバラバラの子供たちが読み・書き・計算を学に来ていました。
   
  
   産婆さんが取り上げた赤ちゃんと、喜びの家庭。
  洗い張り屋もありました。
  共同で使った洗濯場・トイレ・風呂・ゴミ置き場等があり、
  当時の生活がわかります。

   纏を持ち上げて振ることも出来、
  屋台蕎麦屋・魚売の天秤・千両箱は担いで重さを体験出来ます。
     

   三井越後屋(今の三越)。
  訪問販売から、対面売りに変えた大きな店舗。
  お客の出入りで賑やかです。
   

   隅田川に架かる両国橋と、屋形船、のどかな風景ですね。
   
   
   美しい歌舞伎の舞台を再現しています。
  今にも演じそうな、リアルな作り。
  外国人に一番人気のスポットだそうです。
   

   庶民の娯楽、歌舞伎が開演されそうな、立派な芝居小屋。
   

   東京ゾーンでは、モダンな「朝野新聞社」の前にある、
  人力車・自転車に乗って、記念写真を撮っているカップル、
  学生の姿もありました。
   

   こちらも見所満載ですが、疲れたので、軽く見て後は、
  次回の楽しみに・・・。
  
   平日なので空いているかと思いましたが、
  小学校(長野県から来た)や中学校・高等学校の団体さん・
  外国人も多く入館されているのには驚きました。

   江戸東京の文化や歴史を学び・体験をし、
  江戸時代にタイムスリップした「江戸東京博物館」。
  楽しかったです

      当社のHPはこちらです
   http://kosei-hs.jp/index.html
コメント

亀戸天神の菊まつり

2018-11-02 15:41:08 | 日記
   亀戸天神の「菊まつり」に行きましたが、
  全体にまだ早く、色とりどりの花が見せる、
  晴れ舞台への身支度中でした。
   

   「亀戸天神菊まつり」は、菊人形のような華やかさはないけれど、
  なんといっても見ごたえは、ダブルスカイツリーですが・・・
  
   (第30回菊まつりの、素晴らしいスカイツリーをイメージして行ったのですが、)
            
   
   今回は、一部咲で残念なことに
   
   
   でも、緑のスカイツリーと東京スカイツリーをバックに、
  七五三を祝う参拝客の微笑ましい家族や、ご夫婦、友達・・・が、
  記念写真を撮っていました。
   

   亀戸天神の太鼓橋をイメージした作品
   

   だるま・扇をモチーフにした「やよい会」の作品
   

   唯一満開のコーナー。
  子供のように丹精込めて育てた、自慢の優雅な姿
   

   菊まつり開催中は、
  菊の即売会。
   
         (即売の菊)

   11日には「出世鯉の放流」があります。
      流石、学問の神様ですね。

   15日は「七五三祝祭」

   18日は、「菊まつりコンサート」が行われます。
  
   今回(1日)は早すぎたので、満開の頃合を見て、
  菊の芸術をゆっくりと鑑賞しに行きます。

       当社のHPはこちらです
   http://kosei-hs.jp/index.html
コメント

孫は注文のプロ?

2018-10-26 16:06:26 | 日記
   外食をあまりしない私は、メニューを見て、
  どれを頼もうか?いつも迷っていますが、
  小学生の孫は「カルボナーラ卵抜き、ドリンクバーでお願いします」と
  メニューが頭の中に入っている。
  席を立ち、おしぼりと水を持ってきてくれる。慣れたものだ。
                     

   お寿司屋に行っても、「ハマチ美味しんだよね」と、
  言いながら次々と注文をする。
  私はここでも迷う
             

   中華料理・マクドナルドでも、
  私がメニューを見ている間に、注文を決めている。

   ピザを頼む時も、私の携帯で近くの店を探し、
  宅配ピザを頼んだことにない私は、
  孫の注文をメモして、電話をするが、
  「生地はウルトラクリスピークラスト・
  ジェノベーゼとガーリックマスターのハーフ&ハーフ・
  ・フライドポテトチリガーリック」と
  カタカナ文字の発音に、舌を噛みそうだ。
                 
  
   私たちの時代は、「食事は家で食べるもの」でしたが、
  現代っ子は、外食慣れしているのですね。

      当社のHPはこちらです
   http://kosei-hs.jp/index.html
コメント

稀有な一日

2018-10-19 16:43:21 | 日記
   管理を頼まれている駐車場で、バイクが1台空き、
  2台空き、3台空いてしまいました
     
   「バイク置場空あり」
   
  の看板をつけては強風に剥がされ、
  つけては強風に剥がされ、を繰り返していたある日、
  一日に3台の申し込みがあり、満車になりました。
       
  (滅多にないこと
  そのうちの1台は当日契約が出来、良かったです

   この日の稀な事は、それだけでは終わらなかったのです。
  賃貸物件の借主さん3名様から、退去の連絡が入りました
  1か月前に更新のお知らせをした時には、
  「更新します」と連絡を頂いた方からもです。

   不思議なものですね。
  一日のうちにバイク3台申し込みと、
  退去の連絡が3件あるとは、驚きです。
 
   満車に喜んだり、退去の連絡にがっかりしたりの、
  稀有な一日でした。

      当社のHPはこちらです
   http://kosei-hs.jp/index.html
コメント

築地市場と豊洲市場

2018-10-12 15:08:45 | 日記
   築地市場が閉場し、11日に解体が始まるというので、
  見納めに築地に行ってきました。
  
   築地場外市場商店街入口。
   
   
   場内がなくなっても、買い物、食事をしている人
  の間を通って、ガラガラになった市場へ。
   

   こちらはまだ引越しがまだ終わってないのでしょうか?
  車の出入りがありました。
   
   
   案内図も無くなるのでは?と、「TSUKIJI Market」を撮りました。
   

   今日のコースは、築地から豊洲駅に行き、
  豊洲駅からの距離が分からず、歩いて行けるか心配でしたが、
  ビックサイト行きのバスが来たので、
  コースを変更してイチかバチか度胸を決めて乗車
  新豊洲駅で降ると、豊洲市場470mの案内があったので、
  ホッとしました

   豊洲市場の案内図。
   
   
   正面の建物青果棟(案内図緑)から
    
   
   正面から見ると小さく見えましたが、
  裏に回ってみると、奥行があり大きいです。
   

   途中にゆりかもめ「市場前駅」があり、
  市場と専用の歩行者デッキでつながっています。 
   
  
   豊洲市場の正面左が「管理施設棟」。
   
   
   右側の建物が「水産卸売場棟」(案内図水色)。
  ここでマグロのセリが行われ、見学ができます。
   
      (水産卸売場棟)

   「水産仲卸売場棟」(案内図青)では、魚屋・お寿司屋・・・など、
  業者さんが仕入れをするところになります。
   
    (水産卸売場で仲買人が買い、水産仲卸売場に運ぶの大変ですね)

   親切なガードマンにいろいろ教えてもらいながら、
  豊洲市場を見て回りました。
   
   一般見学は13日(土)明日から出来るので、
  お寿司、和食、中華・・等の飲食店街に行き(水産仲卸売場棟)、
  新鮮で、美味しいお寿司を食べに、
  活気づいた豊洲市場に
  
      当社のHPはこちらです
   http://kosei-hs.jp/index.html
コメント