児玉時計店 ブログ

時計・メガネ・宝飾・補聴器 取り扱っております。
古い時計の修理もご相談ください。

青文字板     2/2

2017-05-23 | 修理
“青文字板”その二。
ムーブメントに取り掛かります。


特にテンプ周りに問題がありました。


ヒゲゼンマイ、天輪ぞれぞれに不具合があるので、
受けから外します。


更にテンプとヒゲゼンマイを分離します。


外端カーブが崩れています。
ひげ持ちの部分が狭くなっていますので、緩急針の位置によってヒゲに偏りが出てしまいます。


外端カーブを成形し直し、取り付けた時にヒゲの中心とテンプの中心が一致するようにします。


天輪には、振れが過大に生じていましたので水平に修正します。

ヒゲの内端、水平も直して組み込みます。

その他、機械止めネジが折れていました。
純正部品が見つかりましたので、取り付けます。



仕上がったムーブを、ケースに入れて、

ベルトを取り付け完成!!

動き出すことにより、想いも引き継がれる時計となりました。