児玉時計店 ブログ

時計・メガネ・宝飾・補聴器 取り扱っております。
古い時計の修理もご相談ください。

ドア     2/2

2017-03-11 | 修理
ドア修理の続きです。


裏側にあるガラス押さえもボロボロでした。


辛うじて付いている状態でしたので、すべて交換します。


文字板側のガラスも新規に切り出して取り付けました。


取り付けたガラス押さえを


塗装します。



同じように


文字板側も


塗装して


しっかり取り付きました。


ドア補修完了!!



オーバーホールしたムーブメントをケースに組み込んで、


完成!!


昭和な雰囲気満点のカレンダー付き振り子時計です。

ドア     1/2

2017-03-10 | 修理
修理のご依頼を受けました、

セイコーの一カ月巻き掛時計。

修理前はこのような状態・・・

中のムーブメントも、消耗していたのですが、
ケースがかなり傷んでいました。

使えなくなってからは、倉庫に置いておかれたとのこと。
湿気のある場所だったのか、ドア前面の化粧板が剥がれ、
文字板部分のガラスも無くなっていました。


ドアを外し補修していきます。




新たな化粧板に張り替えます。






ケース本体も綺麗に拭きあげます。

長年の汚れがこんなにこびり付いていました。

次回へつづく・・・

磁気

2017-02-16 | 修理
磁気を帯びてしまった歯車たち。
持ち上げると見事にぶら下がってしまうほど、強い磁気が入っていました。

理科の実験で、永久磁石と鉄の釘なんかを使ったりした記憶があると思いますが、
時計の部品も、強い磁気にさらされると、磁化してしまうのです。
特に機械式の場合、精度に悪影響が出てしまいます。

その磁化してしまった時計がこちら、オーバーホールでお預かりいたしました、
“オリス オートマチック”。
ポインターデイトのクラシカルなモデル。

裏ブタはスケルトン。

作業のためケースから取り出します。

ポインターデイトなので、針が4本重なります。
若干曲がりがあるようなので、修正します。

通常のムーブメントでは日板となるディスクをそのまま生かし、

通常曜板の付く個所へ、ポインターデイト針の付くディスクを取り付ける構造。
これにより、外周のディスクと中心のディスクが連動して回ります。

分解時に、すべてのスチールパーツを脱磁処理しました。

組み上がったムーブメントを、ケースに入れて、

裏ブタを閉めます。

プラスチック風防のため、小キズも磨いて綺麗に。

雰囲気の良い金属バンドをもと通りに取り付け、

完成!!


アセンダ

2017-02-15 | 修理
以前にシチズンから発売されていた“ASCENDA”、
高級ラインの腕時計でした。

お預かりしたこちら、18金のケースで薄型の婦人用。
このようなクラスでも、年数によりメーカーでの修理受け付けは終了してしまいます。
当店の工房にて、オーバーホールさせていただきました。


18金ケースなので錆つくことはないのですが、
ケースが長年の使用により強固に固着していました。
表側からムーブメントを取り出す構造なので、ベゼルを外さなければなりません。
金ケースですので、無理な力はかけられないので、
丁寧に時間をかけて、何とかベゼルの取り外しに成功!!


こびりついていた汚れ。

ベゼル側にも・・・これが接着剤のように固まっていたのでした。

機械を取り出して、オーバーホールします。


駆動トルクの小さいクォーツ式は、油の劣化が止まり等、不具合の原因になります。
穴石に、油かすがこびり付いています。

取り除き、洗浄します。


組み上がって、

完成!!

ケースも磨きあげましたので、綺麗になりました。
やはり高級ライン、シンプルでありながら良い佇まいの時計です。


スプレー

2017-02-13 | 修理
缶スプレーのオイルは、ほとんどのご家庭にあると思います。
そして時計も調子が良くなるだろうと、
このオイルをスプレーしてしまう方がいらっしゃいます。
ところが、これはいけません。
時計は、時計用のオイルが適切な場所に適切な量、注油されて無いと具合が悪いのです。

こちらクォーツ式の大型の掛時計。
お預かりした時から、スプレー式オイル独特のにおいが・・・
お話を伺うと、良かれと思いスプレーしてしまったとのこと。
修理のため、文字板部分をケースから取り出します。

裏側のムーブメント。

そこかしこにオイル溜まりがあり、

木の部分はオイルの海。

機械からも滴っている状態でした。

粘度の低いスプレー式オイルは、入ってはいけないところまで入り込んでしまいます。
ここまで酷いと、この機械はあきらめて、ムーブメント交換します。

対応の新型ムーブメントに交換しました。

長尺時計用の、振り子がゆっくり動く機構は同様です。

DIYも盛んですが、精密機械ですので時計は時計のプロにお任せください。