製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

しるべさんご来社♪

2017年04月10日 13時20分02秒 | 御朱印帳

お世話になります、高知製本です。

当社は県内の印刷会社の社長や営業はしょっちゅう来ますが、あと紙屋とか資材関連。ここ数年は県外からもお客さんが来るようになりました。業者だけでなく一般の方も来ます、工場でもくもくと作業するのもしんどいのか、お客さんが来ると嬉しそうにうちの嫁さんが接客して直接御朱印帳を販売しています、もともと名古屋パルコの某ショップ店長だったので接客販売は好きみたいですね。わざわざ県外から来られるお客さんだとお土産を頂いたりもします、ありがたいですね~。瓦煎餅ってこんなに硬いんか!とか、因幡の兎まんじゅううめえ!とか仕事の合間にみんなでおいしくいただいております。ちなみに嫁さんも僕の娘もいちごが大好きです、いちごがくだもので最強らしいです。

さて、先日ですが県外の取引先がわざわざ高知にいらっしゃいました。島根県にある御朱印帳専門店しるべさんです。いつも電話ではご商談させていただいておりますが、しるべの店長さんがご来社です。工場に似合わない風貌の若い素敵な女性の来社におじさんちょっぴり心が弾みます。なんかね、キャピキャピしてます。女子っすよ、女子。イヤッホ~!

もちろん遊びに来たわけではありません、商談です。しるべさんでは当社の御朱印帳をいくつか取り扱っていただいております。それ以外にも工場さながらの商品っていろいろあって(主に企画倒れだったり、諸事情で自社では販売しないものとか)それらお買い得品なんかもご紹介させていただきました。店長さんなので仕入れももちろん担当しているんでしょうが、買い方がマイケルジャクソンみたいで素敵です。「う~ん、こっからここまでのもの、〇〇冊頂戴。」みたいな。すげえ、細々とネット販売している当社なんかと桁が違いますね。それだけ販売力があるという事なんでしょう。うらやましか。

あとは高知と島根とどっちが田舎か、電車は8時で終わりますよとか、飲み屋は何時で終わりますよとか、そもそも人いないっすよとかのわけのわからん田舎自慢も交えながらいろいろとお話をさせていただきました。

「あんた、なんか楽しそうだったわね?」

って後で嫁さんに毒づかれましたが、「そんなことないよ。仕事じゃん。」と言っておきました。今度いちごケーキを買って帰ろうと思います。

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しさの隙間 | トップ | 芳名帳の新作をリリース! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。