清武建設 福岡で家を建てる。福岡市東区工務店・注文住宅・木の家・建て替え・狭小住宅・ローコスト住宅・低価格オーダー住宅

ローコスト住宅・健康住宅・注文住宅・朝倉市筑前町福岡市東区古賀市福津市大野城市糟屋志免新宮筑紫野市春日市・工務店・設計

福岡市東区美和台3丁目 売地 注文住宅

2014年10月07日 08時57分40秒 | Weblog

 

宅地分譲・販売時のイメージCG

 

 

 ※ H27年9月27日現在、お打合せを重ね、上記デザインになりました。 (エクステリアはイメージです。)

 

 

【東区美和台3丁目注文住宅】

◆平成26年10月6日~ 既存建築物解体開始

平成26年10月中旬  (株)清武建設にて、2区画販売開始 (1区画は予約済み)

平成27年3月22日   販売宅地ご契約 

平成27年9月26日   地鎮祭 (香椎宮にて。)

 

 

平成27年9月30日   地盤調査

 

 平成27年9月30日   敷地状況

 

 

平成27年10月2日   地盤調査解析終了。(杭工事は不要でした。)

 

平成27年10月24日    基礎工事状況

岩盤があり、掘削が困難です。 しかし、地盤が強く、安心です。

 

 

平成27年10月29日    基礎工事状況

ポリフィルム敷き状況

 

平成27年10月29日    基礎配筋工事状況

 

 

平成27年10月31日    基礎配筋工事完了

 

 

 

平成27年11月2日    基礎コンクリート工事状況

 

 

平成27年11月16日    基礎コンクリート完成状況

 

 

平成27年11月20日    土台敷き工事状況(大工工事)

● 鉄筋コンクリート部分(基礎)と、木材(土台)の間に、

木材がコンクリートの水分を吸って腐れないように、

レール状のシートを敷いています。

 

● 木材(土台)は、特に白蟻被害のリスクが高く、あらかじめ、

被害を防ぐ薬品を浸透させた木材を使用しています。

 

● 鉄筋コンクリート部分(基礎)から木材(土台)へボルトを貫通させて、

しっかりと固定し、木造住宅部分と、鉄筋コンクリート基礎部分との地震等による外れを防ぎます。

 

 

 

平成27年11月22日   棟上げ(大工工事)

 

● 10時

8時から作業を開始し、順調に進んでいます。

 

 

● 12時

屋根の一番高い横断する部分を「棟」といいます。「棟」が上がるので、「棟上げ」といいます。

午前中で「棟」が上がり、一安心です。

 

● 12時15分

お施主様、大工さん、瓦職人さん、クレーン運転手、弊社社員、

みんなで昼食をいただきました。

 

● 14時

 

 

● 16時

近年は「合板の野地板」が多いですが、

弊社は、陶器瓦+「杉板の野地板」にこだわっています。

合板よりも、本物の木材の方が数十年単位で考えると、耐久性があります。

 

● 17時

 

 

 

平成27年11月25日   水道管引き込み部分工事(設備工事)

●道路アスファルト下に埋設されている水道管と、

個人の宅地に引き込む水道管は、管径により基本料金、水道加盟金が変わります。

こちらの宅地(宅地引き込み管)は、13mm管が入っていましてが、

蛇口の数が多くなる現在の新築住宅では、20mm管が必要になり、

水道引き込み管径の変更の工事を行っています。

●青い2tトラックに乗り込む赤い帽子の人は、78歳の清武建設会長です。

現場のゴミ片づけを行っています。(見た目は、60代です。)

 

 

 

平成27年11月25日   屋内状況(大工工事)

太い梁が連なっています。

耐力壁(筋かい)も建築基準法をかなり上回る数が入っています。

 

 

 

平成27年12月1日  断熱工事状況

 

 

平成28年1月21日  大工工事完了

石膏ボードを全て貼り終わりました。

 

 

 

平成28年1月21日  屋根状況(太陽光発電・アンテナ設置状況)

 ・昔の瓦は、瓦を屋根に置いているのみの状況で、

固定されておらず、

台風時に飛んでいく事が多かったのですが、

近年の瓦は、一枚一枚がしっかりと強固に固定されています。

 ・太陽光パネルは、新築時に取り付けた方が、防水性能の面でオススメです。

 

 

平成28年2月4日  壁紙工事(パテ処理中)

 

 

平成28年3月21日  駐車場工事開始。

 

 平成28年3月29日  駐車場工事過程。

 

平成28年3月29日  室内状況。

本日は、キズ等がないか、室内をチェックしました。間もなくお引渡しです。

 

 

 

平成28年4月2日  室内状況。

輻射熱暖房(蓄熱式暖房)をカウンター下に設置しました。

安価な深夜電力の時間帯(午後11時から翌日の午前7時までの8時間)で、

内蔵する「レンガ」を温め、

電気代が高くなる時間帯は、「ファン」を回転させる安価な費用のみで、熱を放出します。


快適な輻射熱暖房は、「オイルヒーター」等がありますが、

それらの器具と比較すると、弊社設置の輻射熱暖房(蓄熱式暖房)は、

格段に、光熱費が下がります。

 

 

 

平成28年4月2日  室内状況。

 リビングに接する和室の畳敷きが完了しました。

「ほこり」、「汚れ」が畳に付着しないように、ご入居直前に畳を敷きます。

 

◎お問い合わせ先

不動産・設計部門 : 福岡市東区箱崎7-2-14

倉庫・ご商談分室 : 朝倉郡筑前町栗田957 

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)

電話 0120-01-5040(火・水・定休)

ホームページ http://kiyo.jpn.com/

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡市東区 住宅設計・建築士コ... | トップ | 福岡で家を建てる。【 なぜ建築... »