カモシカ
退職後主に夫婦で野山を歩いた記録です 表紙の写真は劔山を次郎笈から

  写真をクイックして下さい、大きく表示します




2016年9月25日(日)

紀伊半島南部は秋雨前線の影響で雨模様が続きそうなので近畿中部の山岩湧山897.1m)に登ることにした。

登山口手前に駐車し800mほど歩き四季彩館の手前でannyonさんにばったり出逢いました、annyonさんとは数年前に大峰の行者環避難小屋前で会ってお話して以来です、

その後ブログやヤマレコでコメント等のお付き合いでしたが会うのは2度目です。

今日はヤマレコ仲間と朝の内山野草を見に岩湧山に登り昼から四季彩館で山談義の予定ですが、ご一緒しないかとのお誘いを受け、一緒に歩くことにした。

花に詳しい方々と歩いて説明を受け写真を撮りと楽しい山歩きとなり、四季彩館では今まで会ったことがなかったがお互いコメント等していた仲間と会い、楽しい一日となりました。

 

 

総歩行距離:   7.0Km

総所要時間:  7時間47分 (うち四季彩館での休憩等3時間10分)

累計高低差:   +682m -670m

 

登山口です

道端には沢山のシュウカイドウが群生しています

四季彩館手前で遭ったannyonさんに花巡りと昼からここで行われる「勝手に森のカフェ(月に一度)」に誘われました

annyonさんとこの3人、合計6人で登ることにした。4人は山野草には相当な知識を持っていまして勉強させて頂きました。

最初は杉檜中を登ります

ダイヤモンドトレイルに合流、ここまででも皆さんの目は道端の小さな花を探しつつ歩いていました、ここから右手に尾根道を登るのがル-トですが、今回はアケボノソウの群落を見るため少し下の林道を歩くことになりました。

ネットでいつも見る岩湧山山頂直下です

ここでブログでコメントを交わしている「熊取のおっちゃん」に出逢いました、annyonさんと一緒でなかったらすれ違うだけでお互い気が付かなかったでしょう

神戸、淡路島、明石海峡大橋が見れました、写真中央に肉眼では白い橋がはっきりと。

花を探して散策

熊取のおっちゃんと初めての顔合わせで写真の取り合い

大峰山脈の八経ヶ岳、弥山(中央)、右手に釈迦ヶ岳

頂上で

頂上辺はススキ原です、もう少しすると穂が銀色に輝くでしょう

頂上広場で

関空とその向こうは淡路島

ススキをかき分けて進みます

もうすぐ四季彩館です、お疲れの♀カモシカと元気いっぱいのannyonさん

四季彩館のテラスで花談義

四季彩館玄関で記念撮影

シュウカイドウ

セトウチホトトギス

アケボノシュスラン

ミカエリソウ

ナンバンハコベ

ミズヒキソウ

ヤマタバコ(??)

アキチョウジ

ツルニンジン

ツリフネソウ

ツリフネソウ

ゲンノショウコ

アケボノソウ

ヒヨドリバナ

ナギナタコウジ

ミソソバ (??)

ツルニンジン

フシグロ

マツムシソウ

マツムシソウ

ワレモコウ

ハバヤマボクチ

 テイショウソウ

サネカズラ

ほんじつの高低図

 



コメント ( 4 )


« 前ページ