最新の情報

個人の考えで情報に対して意見を発表する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主政権になって貰いたい、公務員改革、削減を真っ先にやってもらいたい。

 | Weblog
中高年層のみ引き下げ=公務員月給、若年層据え置き-賞与0.35カ月減額・人事院(時事通信) - goo ニュース まだ政権を取っていないので、そんなにハヤトチリは出来ないが、手の届く処まで来ているので、もし取れたら、何はさて置いても、公務員の削減は絶対にやってもらいたい。

 これに手を付けないようなら、自民のやり方と全く変わったものではない。兎に角、公務員の削減である。中途採用も見送るべきだ。来春の定期採用は原則中止。採用しなくても、都合の悪い事は一切無い。

 それと同時に事務の電子化、外部委託の出来るものは、全部委託をする。天下りの外郭団体は一切、使わない。天下りの受け皿も全部廃止して貰いたい。現場を見てみろ、公務員が溢れかえっているではないか、末端の出先機関も良く見る事だ。仕事が無いんだ控えまで置いてみなブラブラしている。

 外に出る仕事でゲーセンに行ったり、水商売の所に行って時間を潰すのが常態化しているのだから、こんなに公務員は要らない。民間企業の社員より福利厚生は手厚くされているんだ。この経費だけでも、物凄い金額になる。

 余っているからでクビにすると連合傘下の官公労(今でも官公労かな?)が猛烈に反対する。これを避ける為にも定期採用も見送るのである。仕事がキツクナルと反発するかもしれないが、仕事を公開してやれば良い、文句は言えないはずだ。

 民間企業から比べたら、殿様だよ、仕事ではない、喋りが出来るのが仕事ではない。仕事らしい仕事とはとても思えない。人員を減らすのが一番の特効薬である。絶対に減らして貰いたい。そうしないと、予算で執行する国の仕事も人件費経費で消えてしまうようになるのである。

 折角、政権が交代するのに、ここに手を付けないアホウな事は絶対に避けるべきである。後は政権公約も暫時、実行出来るものからやってもらえば合格点である。内政も外交も、この一点から出発である。必ずやってもらいたい。

  怒り心頭の69歳。
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープには絶対居ない完投投... | トップ | 内輪もめはドンドンやっても... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL