ベルママのリハビリ日記  第二章   

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

自分の身体を動かすことに臆病になっていないか。 出来ていたことなのにどうしてしないの。こんなことではいけないと自分に言い聞かせた。

2017-04-29 17:32:54 | リハビリ

    ベッドに腰を掛けていても傷みが少なくなってきた。

着替えも何とか自分で出来るようになっている。

慎重に歩き始めて洗面所に向かう。

洗面台のところに椅子を置いて倒れないようにする。

立っていると腰の痛みに耐えられなくなるので椅子は助かる。

 

自分の身支度が出来ると安心する。

昼食後に長い時間座っていたので一時間くらい横になった。

横になっていても起き上がれなくなったらどうしようと不安が横切る。

 

起き上がれたときの喜び。

今までのような強い痛さがなかった。

こうして一日ごとに傷みが和らいでいくことを実感できるのは幸いです。

 

脳梗塞が再発した3ヶ月前までの状態にだんだん戻っていくことを望む。

今までたくさんのリハビリの先生に教えて貰ったことを思い出していた。

無理をしない身体の動かし方から始めてみた。

 

まず肩甲骨を十分に開く。

ぐーと肩甲骨を開くのはしばらくぶりでした。

怖くて開くことをしていなかった。

気持が良い。

 

座って腰骨を左右にゆっくり動かす。

痛みを感じないで左右にふれる。

 

一瞬、深呼吸をすると傷みが出る。

こんなことなのに痛いなんて悔しいな。

 

上半身を左右にひねる。

ゆっくりひねれば痛くはない。

15度以上後ろに廻せなかった。

怖くてやろうともしなかった。

出来た。

 

上半身の硬直が和らぎ始めているようだ。

三ヶ月前に戻れるのも、もうすぐのような気がしてきた。

希望を持って前に進もう。

(119-28560)

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると励みになります。

応援ありがとうございます。

      

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハビリは目標があると、よ... | トップ | 天候に恵まれたゴールデンウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL