旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

図太さ、という事 チベットにて

2017年12月12日 | 仕入れ旅


そのオバちゃんと出会ったのは、
ラサ旧市街の茶屋だった

観光客など一人もいない、
地元民がたむろする小さな茶屋で、
僕はチベット人に混じり、
バター茶を飲んでいた

貧困層でもなく、
巡礼者でもない、
明らかな地元民の風態の、
小太りで、
悪徳な大福のような顔のそのおばちゃんは、
ゆったりと茶屋に入ってきた

そして、おもむろに周りに茶をせがみ、
狭い店内を歩き回り、
茶屋にいるチベット人達に
お金もせがんだ

そして、僕の前に立ち、
金か茶をおごれ、という
図太い素振りを見せた

なんでやねん、と思ったが、
僕はバター茶を奢ってやった

そして、僕の前の席にドカッと座ったオバちゃんの手に持った
マニ車が僕の目に入った

「ババァ、それ、売れや」

僕は言った

人生初の提案だっただろう僕の提案に、
おばちゃんは全く動じる事なく応じた

僕は提示されたお金を渡し、
マニ車を手にしたが、
もっと金くれ、と言う
ここまでは、まぁ、当たり前の展開だが、
そのオバちゃんは、
茶もお代わりをくれと、
言うのだ

インドや各地で喜捨をせがまれる事には慣れているが、
僕はその図太すぎる肝っ玉と態度に笑いを覚え、
僕は、バター茶をボトルごと奢ってやった


そのマニ車は、どうという事ない
普通すぎるマニ車で、
今思えば、
何故、僕が欲しがったのか分からない

いつもは選びに選ぶ仕入れをしてるが、
何故か、その普通のマニ車を
迷いもなく買った

何万回、いやそれ以上も
回されたであろうそのマニ車は、
僕にとって、
時には必要となる、
「図太さ」を
思い出させる物になった


コメント

ラサ バルコルにて

2017年11月30日 | 仕入れ旅

ラサに着いたら、まずはバルコルに行くだろう。
チベットに興味がある誰もが知る、大聖地ジョカン寺の周りを囲む八角形の巡礼路である。

バルコルには昼夜、多くの巡礼者や地元民が行き交うのを目に出来る。




革のチュパ(民族衣装)にハットがシビれる。
ローカルの親父さん。
革のチュパを着るている人は東チベットやネパールでは目にしない。





ジョカン寺の前。
多くの人が五体投地で祈る。





バルコル。
昼間は多くの人で大賑わい。
通行方向は、チベット仏教上、お約束の時計回り。





路地裏のバター屋さん

コメント

チベット自治区ラサに到着 おすすめ宿

2017年11月29日 | 仕入れ旅

成都から二時間ほどのフライトでラサに到着。

チベットは憧れ、いつかは行ってみたい、という人も多いとは思うが、
実は、距離的にみても、それほど遠い異国ではない。
僕にとっては、今やチベットは、沖縄に行くより身近に感じる。

空港に迎えに来ていたガイド(自治区はガイドをつけなくてはいけない)
と合流し、ラサ旧市街へ。

空港から旧市街へは、車で1時間ちょっとくらい。

ラサには宿はたくさんあるが、
中心地のバルコル周辺(ジョカン寺近辺)が観光にも便利で、雰囲気も良く、
宿泊するのであれば、バルコルから近い宿をとるのがおすすめだ。

僕は、バルコルの南東の角にある宿に泊まる。


一泊200元(約3500円)以上するが、
部屋は広く快適で、チベット調の雰囲気が良い建物で、何より、バルコルの目の前にあるので、アクセスが最高だ。

この宿は、ドミトリーもあるようで、40元(700円ほど)だったかで泊まれる。
また、周辺にも宿は点在する。
外国人が泊まれる宿は限られているが、探せば、もっと安い宿も、高いホテルもあるだろう。
因に、チベット自治区、特にラサ中心地の宿は、意外に高い。


宿に行く目印だが、バルコルはジョカン寺を囲むように八角形の道になっていて、
その南東の角、タルチョが重なった高い棒のすぐそばの角の道を入ってすぐ右側だ。


このタルチョの束の奥にある小道を左側にはいる。


小道を入った右手が宿の入口。
一番近い車が入れる旧市街の外の道から入ってくると、奥から入ってくるような感じになる。


宿には中庭があって快適。
食事もできる。


さて、ラサは3000m以上の高地なので、いきなり動くと高山病になる場合もあるので、
ゆっくりするとしよう。


コメント

チベット仕入れ。成都到着。いつもの宿へ。

2017年11月16日 | 仕入れ旅

成都に到着。
成都の空港は深夜1時過ぎの到着でも人が多く安心で、
街中も深夜まで人がいる。





そして、いつも宿、ミセスパンダホテルへ。
空港から宿まで50元(900円)ほど。
成都には沢山ホテルがあるが、この宿は長距離バス停の横で便利かつ、
街中にもアクセスが良く、チベットパーミットも取れる上、
英語が堪能な親切なスタッフも揃っているので、成都滞在時の定宿にしている。


因みに、ミセスパンダは、シーズンによって部屋の値段は違うが、
ドミで30元(約550円)、シャワーはシェアのトイレ付きダブルベッドルームで100〜120元(約2200円)ほど。
部屋へ広く清潔でシャワールームも綺麗なので、
成都のおすすめの宿だ。


4〜5ヶ月ぶりの成都の街は、シェア自転車で溢れかえり、
キャッシュレスでの支払いが当たり前になっていた。

さて、宿のマネージャーから事前に申請してもらっておいた
チベットのパーミットを受け取り、
明日、ラサへ飛ぶ。

コメント

チベットのラサへ向かう。まず成都へ。

2017年11月15日 | 仕入れ旅



チベットのラサへ行く。
なので、まずは中国の成都へ、いつもの四川航空で向かう。
成田から成都は、サーチャージ込み込みで飛行機代は往復19000円。
いつものように、乗客は中国人オンリー。
成都行きの四川航空のチェックインは、毎度、みんな早くから並ぶので、3時間前に行くのが良い。
コメント