オレンジの花

「先天性副腎低形成」という難病を背負って生まれてきた愛娘「あーこ」との日常は、ちょっぴり大変で、とっても楽しい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとうございました

2013-04-29 | お知らせ
本日をもちまして、当ブログ「オレンジの花」は
閉鎖することに致しました。

このブログを通して、たくさんの出会いがありました。
ブログを始めた当初は、一人ぼっちで病気のあーこと向き合い、
表向きは、「誰にも同情なんかされたくない」「気の毒だなんて
思って欲しくない」と、強気に振舞っていましたが、
心はいつも内向きで、折れそうで・・・

ブログを始めて、文字ではありましたが自分の気持ちをやっと
ストレートに表現し、みなさんに優しく応援していただき、
時には共感していただき、また時には、見失っていた方向を
こっちだよと導いていただいたり・・・

一時は、このブログにのみ支えられて、一日一日を過ごして
いました。

あーこが幼稚園に入園したころから、少しずつ自立していくのを
感じ、ブログのネタも少なくなり・・
併せて、おなすを授かりパソコンに向かう時間も少なくなりました。

この4月から、あーこは4年生に進級し、週3日、時には4日、
6時間授業になり、帰宅時間が遅くなりました。
そしておなすも幼稚園へ入園しました。
再び私に『独り』の時間がやってきました。

気持ちを新に、またブログを再開しようかと「オレンジの花」を
久々に開きました。
過去の記事を遡って、最初から読み直しました。

途中でもう涙が溢れ、グスグスとティッシュを片手に読み続けました。

入退院を繰り返し、救急外来へ担ぎ込むことも多々あった4歳くらいまでの
記事を読み、あぁ、大変だった。つらかった。と振り返りました。
当時は、その日その局面を乗り切ることで必死過ぎて、「大変」とも
思っていなかった気がします。

発達センターへ通い始めた頃のこと、幼稚園に入園することが決まって
本当に嬉しかったこと。
普通小学校へ入学させるまでの、自分の中の葛藤。

まるで、つい最近の出来事のように感じました。

全てを読み終え、何か更新をしようかと頭を巡らせた時、ハタと
気付きました。
私の中で、このブログはもう役目を終えているのだなぁと・・・
このまま、フェイドアウトとも思いましたが、やはり最後の記事を
UPすることに決めました。

みなさんからのコメントも、一つ一つ読ませていただきました。

ブログ開設当初から、コメントを下さった方々。
リアルお友達、そうでないお友達。
みなさんの一言一言が、私に力を与えてくださいました。

ブログをリンクさせていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

お一人お一人にお礼を申し上げたいところではありますが、あまりにも
たくさんの方になってしまいます・・・

その中でも、特に何と言っても、私を「孤独」の海から救い出し、
たくさんのお友達に引き合わせてくださり、そしてこのブログを
開設するきっかけを作ってくださった「ミユタンママ」さん。

最近はお忙しく、お会いする機会もありませんが、ねえさんには
もう感謝しきれないくらい感謝しています。
一生頭が上がりません・・・

ブログに登場してくださった、お友達のみんなも、本当にありがとう。
これからもどうぞよろしく。

最後に・・・・

あーこの本名は、歩実(あゆみ)と言います。
『実りの多い人生を歩んでもらいたい』と言う願いを込め、
一歩一歩ゆっくりゆっくりと言う、気持ちも込め名付けました。
歩実と、その妹おなす、父ぶん、母私。

私たち家族は、これからも病気と共に、ゆっくりゆっくり人生を
歩んで行きたいと思います。

私たち家族に関わってくださった全ての方々の、ご健勝とご幸運を
切に切に願いつつ、「オレンジの花」の更新を終了したいと思います。

ありがとうございました。また、いつか。

追伸:フェイスブックを始めました。
   興味のある方はご一報を!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加