髭のプーサン日記

北海道日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
本業の姓名判断は気になることを書いています

日本ハム・大谷 交流戦開幕間に合わない…それも仕方がないでしょう

2017-04-29 07:38:11 | ゴルフ

日本ハム・大谷 交流戦開幕間に合わない…復帰早くても6月


6月であろうと7月であろうと、もとの身体で戻って来るならそれで良い。
大谷がいたなら10連敗はなかったという人も居るが、昨年の15連勝と見事な
逆転優勝は、大谷なくては達成が出来なかったと思う。


今年の打撃不振の要因は昨年の優勝ボケという解説者もいるが、世紀の大逆転
勝利で身も心もすり減らした「ツケ」が回って来たからだろう。
その見本が昨年早い段階から優勝を諦めることになった、オリックスや楽天は
ダメージが残っていないから、4月攻勢をかけることが出来たと思うのが妥当。


なかにはレベルアップを狙ってのフォーム改造を図るも、結果が出ずに苦しん
でいる選手もいるが、それとは違い病気や怪我の場合には、無理を押して出る
ことは選手生命を奪いかねないことなので、今年はじっくりと完治をするまで
見送るべきではないだろうか。
また不安を抱えてのメジャー移籍も、現状では白紙に戻すべき。
田中マー君のように、優勝という結果を出してアメリカに旅立つ。
彼ならきっとそうするであろう。

ということで大谷翔平のメジャー移籍は来年以降となるでしょう(希望的観測)


またWBCに出場した中田も同様に、完治せずに出ているなら、いくら主軸と
言えども休ませて、その期間中にフォーム改造をさせるべきだと。
例年春先は不調で凡打を繰り返すのが常となっている不動の4番だが、この
ままであれば、たとえFA移籍をしても活躍は無理だと思う。
糸井や小谷野のように、他のチームに移って活躍をする選手のように、チーム
の期待に応えられなければ、その後の人生は決して明るいものではないような
気がするのだが......。

今年巨人に移った陽岱鋼は、怪我もあり活躍が出来ない状況のようだが、5年
15億とも言われる契約の重さに、潰されないことを祈るが、中田には同じ轍を
踏んで欲しくはないと心から思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日ハム連敗10で止める~ 中田ようやく今季1号

2017-04-28 02:55:37 | 北海道日本ハムファイターズ

中田が延長V3ラン!日本ハム 連敗10でストップ!

4月27日【Game23/5-18-0】
福岡ソフトバンクホークス 4-5 北海道日本ハムファイターズ
【勝】増井(1-0-2)【負】森(0-1-0)

先発加藤はバンデンハークとの投手戦に持ち込み、7回表にはレアードの4号
HRが飛び出し2-0で勝利投手の権利を有して後を宮西に託しますが.......
8回裏にその宮西が打撃好調の柳田に同点HRを浴びて、試合は振出しに。

連敗街道を突っ走っている日ハムには、嫌な空気が流れますが、打たれた宮西
に代わって登板をした谷元が次打者内川をピッチャーゴロに打ち取って逆転は
何とか防ぎます。
いつもならここで逆転を許して11連敗もあったはずですが、この日は谷元が
よく頑張りました。
9回は同点で守護神増井を注ぎ込みますが、これまで絶不調の松田にライト前
ヒットを許すも、明石をゲッツーに打ち取り延長戦へ。

10回表は先頭打者の卓はショートゴロで1死。
肝心なところでやっぱり打てません。かなりの重症と言えるでしょう。
しかし、続く西川がセンターに打ち返し一塁へ行くも、またまた日ハムにミス
が起こります。
この日2番に入っていた松本がバント失敗。
連敗中の若手はまったくバントが出来ません。

ここでファームの田中監督と林コーチに言っておきます。
鎌ヶ谷では、しっかりと「バントの仕方を教えておけ!」
今年入団の石井は経験の無さから仕方がないとしても、清水、森山、横尾、松本
など連敗中のバント失敗はどれだけあったでしょうか?
勝てない原因はここにもあります。

松本はバントを失敗しますが、3番コンスケは好調を維持し選球眼は抜群です。
1死1-2塁としてこの日先取点に絡む久々のヒットを打っている中田翔の登場
となりました。
その中田がぁ~カウント1-1から打った打球は、左中間スタンドへ今季初HRが
飛び出すのですから、SBも日ハムも予想外のまさかの3ランだったと思います。
野球は何が起こるか分からないものと痛感しました。



5-2で迎えた10回裏は増井が続投をしますが、先頭打者本多にヒットを許し
上林には2ベースで5-3に。

やはりピリッとしません。

ノーアウトで中村は三振に打ち取るも、2番今宮にはタイムリーを許し5-4。
しかし何とか3番柳田と4番内川を三振とセカンドフライに打ち取り、ヒヤヒヤの
連敗脱出劇でしたが、やはり思うのは打撃陣のミスのない攻撃と中継ぎ、抑えの
整備でしょう。

昨日も書いたようにいかに先発が頑張っても、中継ぎ陣と抑えが不安定では、
またもや連敗が続くでしょう。
抑えのマーティンが戻らない限り後ろの投手陣は不安がいっぱいです。

この日のMVPは先制HRのレアードと7回を無得点に抑えた加藤投手、そして中田翔
でしょうね。



続く楽天戦は連敗をしないよう頑張ってください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議現象~放言の大臣はみんな名前が「不幸を呼ぶ文字」に

2017-04-27 14:34:05 | 姓名判断

このところ安倍政権は、失言と不祥事(不倫&政治資金の不正流用)などなど
話題に欠かないトラブルが続出しています。

その方々の名前を見てみると思わぬ共通点が見られるのですが、九占舎のお客様
はきっとお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

姓名判断の九占舎HPでは、名前に使うと「不幸を呼ぶ文字」を例として書いて
いますが、TVの報道を見て次々と出て来る名前は、偶然なのか~不幸・不運~を
呼ぶ文字をそれぞれの政治家が使っていました。
それにしても偶然とはいえ、あまりにも出来過ぎではないでしょうか。

まず法務大臣失格と野党から烙印を押された金田法相ですが、名前は金田年さん。
1949年10月4日生まれ秋田県選出議員ですが、地元での人気は余りないようです。

野党が辞任要求 金田法相“バカ丸出し”ルーツと地元の評判

良くは知らない政治家ですが・・・勝が付く人すべてとは言いませんが、東大卒には
恐れ入りました(笑)

次にあげるのはつい先日「学芸員はがん」信じられない暴言を吐いたされた、地方創
生担当相の山本三さん(1948年8月8日生福岡10区)だが、この方も東大卒です。
この時代の東大卒は赤いちゃんちゃんこを着ると急激に老化が始まるのでしょうか。

さて続いての登場は今月2度目の失言(暴言ですね)をしてしまい、昨日復興相を
辞任することになった今村弘さんです。
1947年1月5日 生佐賀2区選出議員だそうですが、この方も東大卒だそうですから
東京大学出の官僚、代議士は、母校の品位を汚すために大臣を目指し失敗をして
しまう流れにあるようです。


これらの3氏は次の選挙は年齢から言っても不出馬かと思いますが、次々とHPに記した
文字の人が話題となる例は珍しいことです。
ついでに書きますが、前回このブログでも書いた中川俊議員も父親の中川秀さん
も「直」は良くないとされていますし、今も所在不明の中川氏とフォーカスをされた
不倫相手とされている一年生議員の前川
氏の「恵」も一字名でもあることから、
本来は問題ありです。

あ、私は恵子だから、病気や怪我が多いんだ。

私は幸恵だから、不幸の波が押し寄せるんだ。

その様な人は姓名判断の九占舎のホームページをご覧ください。
いまは良くてもいずれは、大きな波乱に見舞われる運命にあるのかも知れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

持ってる男に賭ける時かも

2017-04-27 14:12:04 | 北海道日本ハムファイターズ

斎藤佑 5月2日からのロッテ3連戦で先発も 栗山監督が示唆


やっぱりこうきましたか。

駄目元であっても結果が出たなら、監督には救いとなるでしょう。

この頃(5月2日)には、たとえ14連敗をしていても、怖いものはないので

斉藤も気楽に札幌ドームのマウンドに立てる気がします。

スタメンも大幅に入れ替えありかも知れませんね。

短打打線を組むなら、こんなスタメンもありかと思いますが(笑)

1(6)石井(一)
2(7)松本
3(8)西川
4(9)近藤
5(3)中田
6(5)レアード
7(指)田中(大田)
8(2)大野
9(4)杉谷

勝負にこだわるなら楽天戦からでも組んでみてはどうかと思います。

だって駄目元なんだから。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日ハム10連敗で記録に近づいていますが、脱出の鍵は?

2017-04-27 06:16:55 | 北海道日本ハムファイターズ

ハム12年ぶり10連敗 栗山監督56歳誕生日も流れ変えられず…

4月26日【Game22/4-18-0】
福岡ソフトバンクホークス 4-1 北海道日本ハムファイターズ
【勝】東浜(2-1-0)【S】サファテ(0-0-8)【負】村田(0-1-0)


日ハムも元気がないが、私も2ヵ月続きで元気が出て来ません。
あれだけ開幕を楽しみにしていた私ですが、自分の体調も悪く気力(パワー)も
出ず、日ハム同様にマイナス志向で毎日が過ぎていきます。
同様な日ハムファンは結構多いのではないでしょうか。

昨日の試合も、悲しい誕生日となった栗山監督ですが、”笛吹けど選手は踊らず”
では、この先も真っ暗闇の道を苦悩の選択のなか、栗山監督は進むのかと思うと
気の毒なことだと思います。
始まったすぐに休養宣言など出来ないでしょうから、ここは固い頭を柔らかくし
連敗の解決策を何とか見つけることですね。

もうここまで来たなら、「毒食わば皿までも」と連敗の記録達成をめざせば、凶
転じて吉になるかも知れません。
多くのファンは、昨年の連勝記録前と同様に、多くは望んでいないと思うので、
やりたいように指揮をとるべきでしょう。
まだまだどん底には達していないと思われるので、どこがどん底なのかを確かめ
るのも一手です。
これだけ連敗が続けば、監督の一挙手一投足に注目が集まるでしょうが、ファーム
の試合で初回7失点をした斉藤佑樹投手を使ってみるのも良いかと思います。
斉藤佑樹投手は、誰もがいまは勝てないと思っているでしょうが、「持ってる男」
であれば、まさかの思わぬ展開があるかも知れません。


これまで栗山監督が滅入った表情は何度も見てきましたが、選手もそれにつられて
予想外のミスを犯し、それが原因で選手一同は意気消沈していますが、流れを変え
るのは監督自身の手腕次第です。

体調不良の選手には休養を与え、鎌ヶ谷で調整をさせるなどの方策を取り、かっ
ての稲田選手の代わりが出来る、元気印の杉谷をベンチにいれて、暗いムードを
変えることも必要かとおもいます。
いまの日ハムの選手はおとなし過ぎます。

ここに来ての選手の入れ替えは、即効果は得られないでしょうが、負け癖をなく
すには、いくら投手陣が頑張っても、何度も言うように打てない、守れないでは
勝つことは無理です。
ムードメーカーが必要です。

とくに無気力ともとられかねない、中田翔の守備と打撃は他の選手にも大きな悪
影響を与える存在だけに、怪我が完治をしていないなら休養をさせ、完治をして
いるなら、4番を外し5~6番で気楽に打たせる打順も連敗脱出の鍵になる気が
します。
中田には4番打者としての品位に欠けたファッション(髪形、金のネックレス、
打席でのガム)など目障りな面も多い選手ですが、これは前監督の梨田さんも、
栗山の監督も許して来たこととはいえ、不調に陥った時には、プロの野球人なの
ですから、礼を正しチームの主砲としての品位を保つべきかと思います。
もしも今年でチームを去るなら「飛ぶ鳥跡を濁さず」のことわざを実践して下さい。
何事も一生懸命にやる姿にファンは共鳴し応援をするのですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加