おきつプレーパーク

被災地の一日も早い復興を深くお祈り申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

2012年01月06日 | 生活



photo:南イタリアの洞窟住居群の街、マテーラの夜 <2011.06 撮影畑拓> 

かつてこの周辺は「キリストが見捨てた」と言われる程、
荒れた貧しい地域だったようです。

日中は猛暑のため街に人影は見えませんが、シエスタが終わった夕刻になると、
バルコニーや家の前、街の広場に人が現れはじめ、家族や友人、恋人同士何をするでもなく
暮れてゆく景色を楽しんでいました。 

昨年は日本にとって大きな転機となる出来事がたたみ掛ける様に起き、
改めて幸せとは何かを考え直した年でした。

そんな折り、夕暮れに鐘の音を聴きながら気のおけない仲間と一日の終わりを過ごす、
素朴なマテーラの人々の穏やかな時間が、とても贅沢に感じられました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスト

2011年11月18日 | 生活
テスト投稿です
----
猿の惑星鑑賞中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい生活

2011年05月15日 | 生活
ご無沙汰しております

3月から近所の工務店で住宅建築の仕事をパートではじめました

職場へ行っている日も家にいても、仕事のことばかりめまぐるしい日々です。

でも、、、働くって素晴らしい・・・カモ



それでもGWは、きちんと暦どおりにお休みをいただく事になり、

仙台にいるおかん(←という名のお友達。お母さんではないのよ)を頼って

夫婦で東北へ行ってまいりました。

 By HataTaku
( 倒れた桜の木 花が咲いていた。)



3日間で 仙台市 → 石巻市 → 気仙沼市 → 陸前高田市 →大船渡市 へ行きました。

それぞれの被災地の景色のすさまじさに、帰ってからもしばらく頭がぼうっとしました。





海も見えない場所から

瓦礫の山だけがどこまでも広がっていて、

電柱も信号もビルもない大きな空がぽっかりあいている。

自衛隊の動かす重機の音だけが遠くで響いていて、人の姿が見えない。

灌水した食品加工工場の街はヘドロと魚の腐った匂いにカラスが群がる。

どうすることも出来なかった恐ろしさを、ぐちゃぐちゃの自転車から感じました。



一昨年、「日本の集落」という取材で訪れた石巻市の二つの集落にも行ってみました。

どちらの集落もほぼ壊滅状態で、みなさん避難生活をおくっていらっしゃいました。

天然スレート石葺きの家並みはすべて無くなり、瓦礫の中にたくさんのスレートが落ちていました。



何がしたい?何ができる? 何かしたい。何かできる?何かできる。




この破壊的な景色から復興していく姿を、

時には参加しながらお手伝いしながら

ずっと見続けていこうと思います。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます

2011年01月06日 | 生活

.


本年もよろしくお願いいたします 


年末から元旦まで静岡に帰省していました。やっぱり静岡落ち着く 

元旦の朝は清水の実家で新年の朝食

   夜は毎年恒例、旦那さんの友だち宅で新年会

2日は旦那さん実家でみんなで新年会

美味しいご馳走に、体重を気にしつつもシアワセ~な食い正月でした。

このままではまっしぐら・・・ブヒ






昨年は、ほぼ受験勉強で終わった一年でした。
家族のバックアップの甲斐あって、(やっと)一級建築士合格しました~
人一倍時間をかけてしまいましたが、振り返れば勉強も楽しかった。振り返ればですが・・



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

飯能祭り H2010.11.07

2010年11月23日 | 生活



毎年11月の第1土日、ここ飯能市ではお祭りが行なわれます。

近所には秩父の夜祭りという、全国でも有数の大きなお祭りがあるためか

飯能市のお祭りはそれほど有名ではありませんが、

各まちごとの山車が計11台もでて、通りに並ぶ姿はなかなか見応えがあります。






また地元のその盛り上がりといったら、小さな街中のいたるところで、

「飯能ってこんなに人がいましたっけ?」っていうくらい老若男女ちびっこまでびっしり!

熱気むんむん大騒ぎです














そんな中、私も今年は縁あってお祭りに参加することになりました。




・・・・。

ピエロ・・・・っぽい恰好で

なぜピエロかって?



それは夏のはじめ頃でした

飯能市育ちの友だちに「祭りに参加したい!!」とお願いしたところ、

飯能祭りには祭りを見に来た人に案内する人や場所がいないので

案内人をしようという事になり、

きがついたら秋、ピエロをやることになりました(なんでやねん




近隣の大学生もピエロ参加することになり、当日はお祭りのイベント案内をしながらお祭り満喫しました。

子どもに近づくと、かなり怯え&泣かれました。写真見て納得 でもたのしかった~


夜は夫婦でみこしも担ぎました。担いでいるのは巨大太鼓をのせた『太鼓みこし』というものです。




太鼓みこしと山車の引き合わせ:上右写真、下左写真


飯能祭りは小さなまちのお祭りですが、かなり熱いおまつりです。

祭りの数ヶ月前から、各まちではお囃子の笛や太鼓の練習の音がながれ、

当日に近づくにつれ、その練習の音にも熱がこもります。

お祭り当日は、小学生低学年から中学高校と地元の子ども達が

本気で参加している姿にも出会えますよ



All Photo by HataTaku




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

敬 老

2010年07月28日 | 生活

 

いや~毎日暑いですね

言うまいとしていても、ついつい

掃除機かけては暑い。。洗濯もの干してはあづい。。







ネパール旅行の後半3日は、首都カトマンズ観光でした。

ネパールの首都カトマンズには

世界遺産登録されている寺院や史跡が7つもあります。すごい!





その世界遺産の中には地元の人たちが、

普通に地べたにすわったり、

タバコ吸ったり、商売してたりしてます。

いちいち「ひ~世界遺産なのにタバコの灰を・・・・」とか思いました。

そのかわり、建物ができた昔とわりと近い状況(実際市民が使っている状況)を体感できているのかも・・・・。








ある寺院で、「わしの写真撮ってんか」と言わんばかりに

ポーズを決めるおじいさんがいました。



おじいさん、顔に花咲いてるし、なんかあやしい・・・

外国行く時は、いつも以上に疑い深くなる私は「きづかないふり」をしました。


その時、ネパール人のガイドさんが、

いままでは商売してくる人や寄ってくる人を追い払ってくれてたのに

「いくらか小銭少しでいいのであげてください」って私にいいました。

もちろんガイドさんも渡していました。



そして、おじいさんの耳のピアスを見て、そのピアスの意味を教えてくれました。

日本で言う米寿・白寿みたに、ある一定の節目を迎えるとネパールの老人は

その長生きの記しにピアスの輪の数を増やすそうです。

このおじいさんは3つか4つだったけど、かなりのご長寿さま。

ネパールでは長生きをされているお年寄りを敬う気持ちがとても強く、

ガイドさんはおじいさんのピアスを見て感激していました。

他のネパールの人たちも、おじいさんに話しかけていました。



ガイドさんいわく、それぞれの歳の祝い方が
とても派手。

あるお祝いの年は、孫がお年寄りをかついで家をでる。(慎重にね

また次のお祝いの年は、2階の窓から滑り台で降ろす。お年寄りを。(そ、そ~っとね

さらにまた次のお祝いの年は、大きなカメの中にお年寄りをいれて、
  外からカメをたたき割ってだす。お、お年寄りを(!!

でもこれは、歳をたくさんとってまた生まれ変わったという意味があるんですって。

(※ネパールには多くの部族がいるので、その中の一つのお祝いの仕方かもしれません)



お年寄りは敬いましょう、これ世界共通ですね。








                                            Photo:畑拓

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ネパール回想中

2010年07月16日 | 生活


毎日勉強勉強勉強・・・・もう眠い=

と、ブログ更新している場合じゃないけど

ネパールの写真見て懐かしんでる場合でもないけど





フィリム村の子どもたちは

良く働く。

良く勉強する。(すごーく勉強する)

そして思い切り遊ぶ。

いつも楽しそうでした。



夜、学校の生徒宿舎にお邪魔したとき

みんな懐中電灯の小さな光で勉強してました。

みんな勉強好きだって。

彼らの好きっていう言葉には、

未来があって夢があって、それはそれはまぶしかったです。





日本が抜かれる日も、遠くないなーと感じました。


気合いいれて、午後もがんばるぞ~<


photo by HataTaku
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

窓を開ければ

2010年07月10日 | 生活


ネパール北部 フィリム村 学校にて 
Photo by HataTaku


窓を開ければ、梅雨もまっただなか。

裏山も音をたてるようにモコモコと緑を濃くしています。

梅雨は好きです。というと変人みたいですが、

雨が降っているとよく眠れるし、湿気も多くてお肌に優しいですね


最近は夕方になるとヒグラシがカナカナカナ~と鳴きます。

夜になると、蛙かな?小さな何かがコロコロと鳴いています。


夏もまもなく!!


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょうな

2010年03月04日 | 生活
以前からお世話になっている、近所の岡部材木店さんの土場にお邪魔しました。

(土場:どば=wood yard木材の輸送または保管のために利用する木材の集積場所のこと。ネット情報)

 

この材木店さんの息子さんは、木造伝統工法の大工をやっていた方で、

昨年、棟梁として造った家の上棟式と竣工時に見学させてもらいました。

ちなみにその家造り本がこちら↓↓もちろん金物無しの伝統工法の家

 クリックでAmazonへ



土場で初めて「ちょうな掛け」をみせてもらいました。

写真の道具は「ちょうな」で木材に「ちょうな掛け」という模様をつけているところ。




↑↑これ、「ちょうな

本来は丸太を柱や梁などに成型するために荒削りするための道具で、

ちょうな掛けの模様はその作業のなかでつくものだとか。
超かっこいいですちょうな・・・漢字で書くと「釿」。




触発されてではありませんが、(え?レベルが違う??)

結婚のお祝いにいただいた、ジグソーを使って

夫婦で本棚と机の脚を作りました。たのしー




寒いから室内でやったら、木の粉がぁ

しばらくリビングが木のいい匂いでした





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春はまだかい。

2010年02月24日 | 生活
photo@hata taku


先週、キャンプ場に行ってきました。

寒いのが苦手だから、私は現地でほぼ活動停止。



このところずっと暖かくなったけど

今日は寒くて、明日は暖かい、

あさっては寒くて、その次は暖かい・・・・

もうついていけませんっ!!



とりあえずブログ更新

春や~い。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加