『5.5畳記』  鴨長葱 著

プチ世捨て人の痛い雑記by人生挫折オンリーの40代屁垂れフリーター

ホっか?フォか?DAY

2017-04-23 07:02:36 | 日記その他


  先月のことですが、ポストに入っていたチラシを見ていたら、「スマフォの~」という所に目が行きました。以前からスマートフォンの略語はスマホじゃなくてスマフォだろ!と思っていましたので、溜飲の下がる思いがしました!?金田一老年も「ジッチャンの名にかけて」これは正しいと思うでしょう!?



  まあ、外国のモノを日本風に作り変えることもまた日本のお家芸ではあるのですがね。スマフォよりもスマホの方が言い易いですからね。チキンで事無かれ主義の私なので無難にまとめてみました、汗。最近は日本のお隣で大事(おおごと)が起きるかもしれない気配がありますね、チキンレースですね、汗汗。フライドチキンは好きですが、自分がフライにされるのは勘弁して欲しいですね、汗汗汗。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は、お茶殻もよく  

2017-04-16 08:36:06 | 庭いじり・植物
 

  毎日食後等に緑茶を飲んでいますが、茶殻を収集所に出さずに庭に撒いています。理由は茶殻は水分量が多くて、清掃工場で焼却する際も、紙などと比べればより多くの燃料が必要ですし、不完全燃焼だと場合によってはダイオキシンなどが発生するかもしれないと思うからです。まあ、気休めかもしれませんが。庭の土にとっても多少は肥料になるでしょう。


  昔は、野菜の皮なども生ゴミとして出さず、肥料にしていましたが、今ではそれをサボっています、汗。昔は生ごみ処理の容器があって、EM菌という菌を投入して発酵させていましたが、容器が壊れてしまいました。毎年生ゴミにいつも大量のアブの幼虫が発生したのを見るのも今ではいい思い出です!?ネットで調べたらどうやらアメリカミズアブというらしいですね。


  今は青菜の根なんかは庭に蒔いたりしています。人参の皮なんかは見栄えが悪いので生ゴミ行きですね、汗。とりあえず、茶殻撒きの習慣については続けていきたいと思っています。




<追記>

  朝鮮半島の情勢がきな臭くなってきました。日本に核ミサイルが発射される日がくるのでしょうか?「はだしのゲン」を読んだ身としては、熱線だけは浴びたくないなぁと思います。ネット情報ですが、熱線は0.3秒から3秒で放射されるとのことで、一旦爆発したら避けられそうもありません。その時は「ギギギ…」と唸るだけです、汗。いち早くミサイル発射の情報を得ることが鍵ですね。それでなるべく頑丈な建物に避難します。地下のある建物がベターです。ミサイル発射のJアラートの警報音を内閣官房のサイトで確認しました。これからはなるべく携帯を身の回りに置いておくようにしたいです。


  北朝鮮の核実験が国連決議違反なのでしょうが、それをもってアメリカが先制攻撃をするのは過剰防衛だし、イラク戦争や先日のシリア攻撃の時と同じように無理があるような気もします。また、アメリカはアメリカで臨界前核実験という核実験もしているようですし。まあ現実社会は「無理を通せば道理が引っ込む」で、無理を通すアメリカに日本が軍事的に守ってもらっているという側面も事実だとは思うのですが…。北朝鮮がアメリカ全土に確実に到達して爆発する核ミサイルを完成させる前に、日本を含んだいろいろな方面に犠牲が出たとしても北朝鮮を潰しておきたいというのがトランプ大統領の本音なのでしょう。実際は難しいでしょうが、平和的に解決されることを祈るばかりです。


  「伝説巨神イデオン発動篇」(当ブログ「レジェンドなアニメ」参照)が見たくなって、DVDを見ました。時代がイデオンに追いついてきた感があります。ガンダムでのブライト艦長にあたるベスという登場人物がいます。もし核ミサイルが発射されたら、ベスが最期につぶやいた「俺たちはやることが全て遅かったのかもしれん…」というセリフを思い出すことになりそうです、汗。


   鴨長葱      「何故我々を巻き込む!?」

  トランプ大統領  「我々も巻き込まれたクチだ」
  金正恩第一書記 「我々も巻き込まれたクチだ」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

群青色の人生

2017-04-09 07:15:59 | 日記その他

  私の好きな色は群青色です。群青色のものが欲しいですが、ごく一般的な青はよく見かけても、群青色のものはなかなか見かけませんね。








  群青色ですが、そのこととは別に「ジャックウルフスキン」というアウトドアグッズブランドが好きです。


  群青色と言えるか微妙ですが、良く見かける紺色の傘よりは明るめです。



  昔はエドウィンの目の覚めるような群青色のジーンズを持っていました。履きつぶしてしまって今はもうないですが。群青色はどちらかという暗めの色ですが、私の人生も暗めです、汗。群青色は深い色とも言いますが、私の人生は浅すぎて、乳幼児でも決して溺れません、汗。まあ、とにかく今後も群青色のものを見掛けたら、手に入れたいと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サンショウ飯

2017-04-02 07:37:36 | 料理・グルメ

  自宅の庭に生えている山椒の木から収穫した実をネギま!風鶏肉の照り焼きにふりかけて食しました。蒲焼のような甘じょっぱい醤油味の食べ物には山椒が合いますね。使用している鶏肉はコカトリスでも、おおにわとりでもなく、ましてや鴨でもありません、汗。残念ながら!?今回も普通にスーパーで購入した鶏のモモ肉です。




  麻婆豆腐です。山椒を大量投入しました。レトルトを使用せず、、豚ひき肉、豆板醤、胡麻ペースト、胡麻油、砂糖、山椒、水溶き片栗粉で調理しました。ウマ―です。


          「したがシビれる!のどかわくゥ!」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コタツの破壊力は明治期の来日英国淑女にも及ぶのでシカ?

2017-03-26 06:51:00 | 読書

  来日した外国人の滞在記を図書館で見掛けたら読むようにしていますが、今回はイザベラ・バードという英国女性旅行作家が日本を旅行した際の滞在記「日本紀行」を読みました。彼女は東京や京都などの大都市も滞在しましたが、北海道など当時は日本人でさえ、よく知らない土地へも出かけたようです。
  その滞在記のなかで、私が興味を持ったのが、コタツについての記述でした。上流階級出身の彼女はレディの教育を受けていたと思いますが、コタツの破壊力には抗えず、その振る舞いはレディから下流階級のそれへ変化してしまったようです。コタツの魅力は世界に通用することが伺い知ることが出来て良かったです。



  日本人は下流階級も親切で礼儀正しいことが記述されています。このことは他の外国人の日本滞在記にも書かれています。古くは戦国時代から今現在まで共通しています。世界的に見ても日本人は親切で礼儀正しいというのは客観的だと言えそうで良かったです(但し私、ちょうそうを除く、汗)。



  奈良に行った時はなんと鹿がせんべいをねだってきたと有ります。明治時代でも鹿せんべいがあったんですね。ネットで調べたら奈良時代から人々によって大切にされていたんですね。農家等は被害を受けて困っていたようですが。
  今回も外国人滞在記を読んだことで日本について知らなかった一面を知ることが出来て良かったです。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加