あしたはきっと特撮日和

かめ吉の特撮レビューです!
野球ブログ「あしたはきっとやってくるさ!」もよろしく

第16話 「怪談・牛神男」

2007-01-20 00:06:52 | ウルトラマンエース
牛神超獣 カウラ 登場
画像
画像

夏の怪奇シリーズ第2弾はご覧の皆様の協力でお送りします。
画像

牛窓観光協会
法事にかこつけて強制的に送還休暇をとらされた吉村隊員。
画像

故郷の岡山に帰省することになった。
新幹線で乗り合わせた東京から来た旅人・高井(蟹江敬三)。
いわゆるヒッピーの姿で「ディスカバージャパン!」。
時代を感じますなあ。

無理矢理同行した高井を吉村は牛のはなぐりの供養塔に案内する。
画像

「祟り」とか全然信じない高井ははなぐりをひとつ持って帰ってしまう。
怪しい僧形の男(ヤプール?)が呪いをかけると・・・。
腕にはめていたはなぐりが締まってとれなくなった。
その腕には牛の体毛が生えてきていた。
夜中に目を覚ますと角が生えている。
画像

狂ったように暴れる高井。蟹江さんいい味出してますなあ。
次の日の朝にはまともに二足歩行ができなくなっていた。
庭のハッパをうまそうに喰ったり、牛に呼ばれたり「牛化」している。
画像

そして、顔全体が牛となり「牛神男」に。
画像

「超獣カウラになれ!」の声で巨大化。
画像

超獣出現に出撃するTAC。合流した吉村。
市街地で牛肉を食う人間を襲っていたカウラ。
吉村の姿を見つけたとたん追いかけはじめる。
吉村は石組みの古墳の中に逃げ込む。
どうにも手が出せないカウラもそばにドシンと座って動かない。
画像

おそらく吉村に助けを求めていたと私は思っていますが。
どうにも動けないTACは国民宿舎・牛窓荘へ。
そこで吉村の母からここまでの事情を知った竜隊長。
「牛神の呪いか・・・。」
そして、一夜が明けた。
おいっ、吉村隊員は放置プレイかいっ!

カウラへの攻撃を開始するTAC。
オリーブオイルが流れ出したら牛窓は火の海になる。
そう言われていたにもかかわらずオイルは流出。
隊長は無言。・・・そりゃないぜぇ。
攻撃はそのまま続行される。
そして、北斗と南のリングが光った。ひさびさの掛け声!
ウルトラターッチ!

エースと相対するカウラ。一方的に攻撃された後、笑いと共に。
意味不明の攻撃 1
画像

意味不明の攻撃 2
画像

エースを幻惑して(されんなよっ!)意味のある攻撃。
画像

なんとか逃げ出してきた吉村「右腕のはなぐりに呪いが集まっている」。
エースはカウラのはなぐりを蹴り上げて右手から外す。
画像

そして、光線でカウラの鼻に装着。
画像

一気におとなしくなったカウラによしよし。
画像

そして、リフトアップ!
画像

投げ落とすとカウラは人間・高井の姿に戻った。
高井は牛窓に残ってオリーブ園で仕事をすることになった。
画像

やっぱ一生懸命働かなくちゃいかんということですな。
供養してある場所(観光地もね)から勝手にモノを持ってきてはいけません。
祟りがありますよぉ~。
これってはなぐり持っていく観光客に注意を促すための話ですか?
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第16話 「大怪鳥テロチル... | トップ | 第17話 「1/8計画」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この回も最高でした (ゆりえ)
2010-03-07 16:17:49
この回は吉村隊員の私服姿とスーツ姿が一気に二つ見れてとても最高でした私はもう最高でした。吉村隊員にはピンクのシャツ姿もスーツ姿も似合うなぁとおもいます。山中隊員にもピンクのシャツ姿が似合いそうだと思います。それにしても吉村隊員のスーツ姿はとてもかっこよかったです。吉村隊員って温厚で思いやりがあって、頭脳明晰で冷静で優しくてとてもおとなしく寛容な性格に見えます。山中隊員は温厚で厳しくて冷静な性格で今野隊員は温厚で落ち着いた性格です
私服は難しい (かめ吉)
2010-03-08 09:46:17
第21話では山中隊員の「伝説の私服(チ●ピラ)」が見られますが、隊服がほとんどの隊員たちの私服はなかなか難しいですね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
蟹江敬三 (のぞみの部屋)
蟹江敬三蟹江 敬三(かにえ けいぞう、本名同じ、1944年10月28日-)は、昭和後期・平成期(1970年代~)の俳優。来歴・人物東京都立新宿高等学校卒業。劇団青俳を経て、演出家蜷川幸雄らと「現代人劇場」(1968~71)、「櫻社」(1972~74)を旗揚げす...