深野神楽保存会のブログ

島根県雲南市吉田町深野で出雲神楽を復活し、次世代へ伝えようと活動中の深野神楽保存会のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かっちゃん 安らかに・・・。

2014-06-05 09:25:35 | 日記
深野神楽が復活する時から共に頑張ってきた、大切な存在だったかっちゃんが昨日の朝亡くなりました。
信じられません。

本日の午後4時から葬儀です。
まだかっちゃんが笑顔で「こんにちは」ってやってきそうです。
この間まで田植えして笑ってたじゃない・・・。
まだまだやってもらいたかった事がいっぱいあったのに・・・。
お願いしたいことがたくさんあったのに・・・。

「八戸」の手名槌役、もう見られないんですね。あの役は誰にも真似出来ない・・・。


それだけでなく、器用なかっちゃんは「清目」をはじめ、「国譲」の恵比寿さん、大黒さんや、「日本武尊」の武尊など、
いろんな役をこなして出演した演目は一番多かったです。
3月の広島の月一の舞が、かっちゃんの最後の舞台になってしまいました。


配役だけでなく、神楽の道具をなんでも作ってくれたし、舞台や音響、配線も神楽会館のお宮まで作ってみんなを驚かせたよね。

これからどうすればいいの?早すぎたよ。

かちゃんの最後の遺作となってしまった、深野神楽の神能記の桐箱。これからも、深野神楽の宝として大切に保管していきます。


かっちゃんがいなくて、斐伊川夕刻かがり火舞も、記念イベントもやっていけるだろかと不安です。
それだけ深野神楽にとって大きい存在でした。
今年のかがり火舞に向けてあれこれ話してたのに。
深野神楽が色々イベントが出来るのは、思いついたことにかっちゃんが「やるか!!」と言ってアイディアや技術を提供して
くれてるからでした。

かっちゃん。空の上で見守っていてね。
かっちゃんの分も頑張って行きます。
安らかに眠ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深野神楽こども教室発表会2014

2014-02-25 15:38:51 | 日記
2月23日(日)田井交流センターにて「深野神楽こども教室」を開催しました。
朝から集まって、舞台づくりのメンバーです。
今回は、大田市から土江子ども神楽団さんにゲストで来てもらうので、幕を借りて舞台も特別使用。


午後、子どもたちが集合しました。
集まって、まずはあいさつから。
「今日は、オリンピック選手のように、練習してきた成果が出し切れるよう精一杯がんばりましょう。」


「清目」が終わり、まずは3,4,5年生の「五行」です。
昨年もでしたが、下の学年と上の学年で2組で「五行」をします。
基本となる四方拝をそれぞれの四方の神様が舞います。


「五行」という演目は陰陽五行説が元になっていて、1年の春夏秋冬が東西南北の神様によって納められようと
しますが、中央の神が現れて、仲間に入れとほしいと言いますが、四方の神は分け与えないと言い争いとなります。


そこへ塩土の翁が現れ、春夏秋冬のうちの土用18日づつを合わせた72日を中央に守らせ、残る72日ずつを四方の
神で守るように治めます。


笛教室の発表です。
1年生から6年生まで11人です。
神楽笛で7種類の神楽の笛を説明しながら吹きました。
それから、動揺や沖縄民謡なども神楽笛で吹きました。


4,5,6年生の「五行」です。
体も舞も大きく、大人のように見えます。
高学年が舞って、小さい子が奏楽。
1年生も一人で太鼓を頑張りました。





続いてはゲストの土江子ども神楽団による、「金山姫銀山勧請」
オリジナルの創作神楽です。
土江さんの子どもの笛に影響されて、深野も子どもの笛教室を始めました。
1年生が上手に笛を吹いています。








続いては、6年生最後の「八俣大蛇」
小学生としての舞はこれが見納めです。
親さんも感慨深く見ておられました。





最後は一人ひとり感想発表です。
みんなしっかりと感想を発表できました。
見に来ておられた校長先生からも褒めていただきました。


6年生4人が卒業していきますが、残ったメンバーでしっかり来年度も引き継いでいきたいです。
そして、深野神楽を引き継いでいってくれると信じてします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発表会まであと少し

2014-02-02 18:03:36 | 日記
まずは、笛教室生の練習です。
1年生から6年生まで11人で練習しています。
2月23日の神楽の発表会では、笛教室生の演奏もあります。
神楽笛で、色んな曲も演奏します。


舞の練習です。
3,4,5年生による「五行」練習です。
五行では、舞の基本の四方拝を練習できます。
先輩たちに負けないように頑張っています。


下の学年が練習中、何も言わないけど自分たちで自主的に練習する5,6年生。
こういう姿が見れると本当に嬉しいです。
これが上手になる秘訣です。


お面をつけて練習です。
つい下を向いてしまいがちです。
こちらは高学年、4,5,6年生の「五行」。
昨年よりだいぶ上手になりました。


先輩の中学2年生が練習を覗いてました。
後輩がどんなふうに舞うか、気になるんですね(^^)


練習終わりは、衣装合わせです。
1年ですっかり大きくなっていて、去年着た衣装は着れません。
来週の練習は、衣装も付けての練習です。
本番まであと3回の練習です。頑張れ!!
"
0">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深野神楽こども教室練習風景

2014-01-25 22:40:39 | 日記




本日の、子どもたちの練習風景です。
発表会に向けて頑張っています。
「五行」はやっぱり楽しそうですね(^O^)

みんなそれぞれに上手になっています。
練習はあと4回。
どれだけ上手になるかな?

感心したのは、ちょっと舞がうまくいかなくて涙が出た後輩に、先輩が「教えてあげるから」と、個人練習の約束をしていたことです。
練習に付き合ってあげて!と言おうと思ってたけど、言わなくてもちゃんと自分達で後輩の面倒をみてあげる。
えらいなあ(#^.^#)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笛教室生大田で演奏

2014-01-20 17:25:05 | 日記
1月18日(土)笛教室生が大田市民会館で開催された、和楽器コンサート「春を呼ぶ調べ」にて演奏してきました。
会場につくと、控室で早速練習。


直ぐにステージでリハーサルでした。


自分たちのリハーサルが終わると、土江子ども神楽団のリハーサルの後、今回のゲスト演奏者の
「こと」さんと一緒に合奏するリハーサルでした。
神楽笛で童謡「ふるさと」を吹いてきた教室生は、合同の演奏の「ふるさと」のために1週間で
篠笛の指を覚えて3年生以上の7人全員で譜面も見ずに合わせることができました。



本番開演です。
昨年の斐伊川夕刻かがり火舞で舞ってもらうはずだった「神祇太鼓((じんぎだいこ)」
残念ながら舞台そででスタンバイしていたため、見ることは出来ませんでした。


笛教室生の本番!!
落ち着いて堂々と演奏できました。


篠笛奏者「こと」ちゃんの演奏をじっと聞いてる子どもたちでした。


最後は、土江子ども神楽の子たちと一緒に「こと」ちゃんと「ふるさと」の合奏。
とっても綺麗でした。


コンサートが終わって、いい顔で記念撮影♪
一緒に笛の演奏をさせていただく機会を与えていただき、関係者の方々に感謝感謝です。


1年ぶりにことちゃんとツーショット!!
いつも着物が似合うね。


こども神楽発表会で、笛発表もします。
入場無料。
是非見に来てください。
土江子ども神楽団さんもゲストで花を添えてくださいます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加