試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

モハ101-242+モハ100-235[ツヌ113F] (モハ101-91,モハ100-208 改番)

2016-10-08 21:15:54 | 国鉄/JR101系
上下。

KATO製101系ツヌ113F組成はモハ101-242+モハ100-235竣工を待つだけになった。
共に回着時の組合せとは異なるユニット相手になる。
先ずモハ101-91(元ツヌ118F)を入場させた。


国鉄101系モハ101-91(元ツヌ118F)。

ツヌ118Fではクモハ100-108とユニットを組んでいた。
クモハ100-108はクモハ100-144(ツヌ115F)へ改番され当初からユニット相手が変わる予定だった。
二桁車両番号から三桁車両番号に変わるため印刷消去は余り気を遣わなくていい。
クハ100-85(←クハ100-78)では慎重になりすぎた。
その影響をクハ101-74(←クハ101-75)でも引きずったため日を改め入場させている。

日を開けたお陰で消去の感覚が戻った。
ラプロス(#4000)でほぼ印刷が消えたことを確認できた。
後は均して車両番号の転写を行うだけである。
車両番号の転写ボーダーは下げたまま推移した来た。
モハ101-91はモハ101-242へ改番する。
ここで敢えて転写ボーダーを引き上げ[4]への苦手意識を薄くする。


[[モハ101-][2][4][2]]。

組合せは[モハ101-]+[2]+[4]+2]とした。
形式称号も課題ではあるが[4]の壁を乗り越えるのが優先である。
予想通り[4]は失敗した。
しかし2度の再転写で済んでいる。
やや一位の[2]が離れ気味にはなったが間が抜けて見える程ではない。
バラ数字ながら両側とも一直線に並べられた。
今回は敢えて意識して臨んだが良い結果に至った。




モハ101-242(改番)。

せっかく上手く行った転写だが肝心の全体位置がやや後位寄になってしまった。
製品の[モハ101-91]も後位寄だったが更にずれている。
[4]ばかりに集中したせいかもしれない。
残念ながら同一シートの[モハ101-]を使い切ってしまった。
クハ100-85は形式称号も含めバラ転写を行ったが[4]の収まり具合が勿体ない。
再転写するかは今後の検討課題としたい。

ツヌ113F最終入場車はモハ100-208(元ツヌ118F)になった。
手違いでモハ101-215をモハ101-163へ改番してしまった。
LOT差が無いためモハ101-242と組んでも違和感が生じないのは助かった。


モハ101-208(動力車:元ツヌ118F)。

モハ101-208は再び転写ボーダーを引き下げた。
[4],[7]があれば練習台にしていたが[235]への改番で意識する必要は無いと考えた。
気を付けたのは例によって印刷標記が三方コック蓋に近いことだった。
再生産品は印刷標記が上左右にずれている個体が多いと思う。
下方向にずれた車両は今の所当たっていないがもしかすると存在するかもしれない。
印刷消去は三方コック蓋までマスキングテープで養生し剥離を防いだ。
マスキングテープに近い標記はラプロスが当たりにくいため少し印刷が残る。
テープを剥がした後に別途印刷消去を行った。

インレタは[モハ101-]+[2]+[3]+[5]を組み合わせた。
組数字も残っていたがバラ数字転写を選択している。
ツヌ113Fではクモハ101-180以外バラ数字に拘った。
今まで手を抜く事ばかり考えてきたが今回に限り手間を取っている。
これだけバラ数字転写を繰り返せば標記が大幅に乱れる回数も減るだろう。




モハ100-235([[モハ101-][2][3][5]]:改番)。

モハ100-235では転写ボーダーを元に戻したが破綻無く転写出来たと思う。
モハ101-242と違い標記位置もずれておらず十分合格点を与えられる。
水平方向の位置合わせは大凡のコツを掴んだ。
但し古インレタを用いる場合は数字そのものが傾いている場合があり100%ではない。
間隔は狭いと思える位が自分にはちょうど良かった。
後は[-]との位置関係をどう掴むかである。
ツヌ113Fではバラ数字転写に拘ったが今後はインレタ消化と相談しながら改番する予定である。


モハ101-242+モハ100-235。

元ツヌ118からツヌ115Fへ移動したのは制御電動車だけだった。
そのため再生産品同士でユニットを組めたため組違いは殆ど判らない。
インレタ転写教習になったツヌ113Fは自分にとって鍵を握る編成になるかもしれない。
改番の壁を乗り越えられたか判るのは今後の増備次第だろう。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クハ101-74,クハ100-85[ツヌ1... | TOP | サハ100-99[ツヌ113F] 車体更... »

post a comment

Recent Entries | 国鉄/JR101系