とにかく赤ちゃんが欲しい

妊活もいろいろ。冷え性改善から簡単エクササイズで妊娠・出産するまでの記録ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不妊治療で心も体もボロボロになる前に行う妊活ポイント

2016-12-24 | 日記
「妊活」というのは、妊娠を目的として意欲的に活動をすること。これから先、妊娠が自然に実現することを目標とした身体コンディションづくりや、日常生活を理想的なものにすることになります。
妊娠と出産というものは、タイミングが大事になるわけですが、肝心なタイミングに身体の準備が整っていなければ、子宝に恵まれなくなってしまうという、悪い展開となってしまう例もあるんです。
妊娠期間の中でも妊娠初期においては、葉酸を一定量摂取することが大事だと言われます。妊娠している時に葉酸が足りないと、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などになるリスクがあると言われているようです

このところは、大学生を対象として「妊活講座」なるものが開催されるくらい、妊娠・出産を目的に心と体の用意をしておくことに、人は興味を持っているみたいです。
意識的に身体を温め普段の体温を上げれば、卵子の質が高くなって、排卵がすんなり起こります。その結果として、卵子が老化するのを少しずつ遅らせることが可能になると言えます。
『仕事の見通しがたったら赤ちゃんを産もうかな』などと思った頃になれば、卵子の劣化は進み、数も減るため、普通に妊娠することそのものが、奇跡的な出来事になるという訳です。
妊娠が確認できる「妊娠2~3ケ月」より前に摂るという状態が望ましいとされるので、妊娠の予定があるのなら、早めにきちんと「葉酸」を摂り込むように念頭に置いておきましょう。

良質な眠りであればあるほど、体内の女性ホルモンというのは多量に出ることがわかっています。しかし寝不足は、エストロゲン分泌量を減少させる一因とされています。出来るだけ睡眠を取らなければなりません。
妊活でまず大事なのは、きちんと早寝早起きをして睡眠をきちんととることです。他には冷えは厳禁なので、薄着は絶対にダメです。実は女性って体温が低いと妊娠が難しいんです。
卵子の老化というのは、相当長い月日を要して、じわじわと進行します。ですので、卵子老化が指摘される年になったからと言って、妊娠が全く不可能になるわけではありませんからご安心ください。
運動を習慣づけてそれなりの筋肉を付け、温かい体温の体作りを実践することが必要です。冷え症の改良はそれ程簡単には不可能ですが、時間をかけて妊娠に向く体作りを目標に頑張りましょう。

どの年代の方たちが、どれくらい子供を産んでいるかは、国が公表している数字を確認すると、よく理解できます。昔と今のデータ比較なんかもあって、多くの事が読み取れます。
排卵の仕組みとしては、ホルモンが伝達されることで引き起こされるのですが、冷え症に悩む方で血行が悪い方は、血流に乗ることで届けられるはずの黄体化ホルモンが卵巣に到達せず、排卵が困難になることがあるのだそうです。
忘れて欲しくないのは、「子供を宿した時に葉酸が十分にある」ようにするということ。そのため、「妊娠のひと月前くらいから葉酸を摂取し出す」ということが最適なのです。
冷え性になってしまうと、血流が滑らかではなくなります。それにより、赤ちゃんを妊娠するために重要な子宮とか卵巣に質の良い血液が行かず、必要な栄養や酵素が不足するのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷え性が危険な理由 | トップ | 葉酸不足の次に気をつけなけ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。