keygoodjp 評判

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

以下の詳細情報をご覧ください

2014-02-12 15:24:52 | 日記
人気の大手通販ショップのoffice pro 2013 価格を比較。office pro 2013 通販で一番安い店を探すならこのページからoffice pro 2013 日本語ダウンロード版格安価格、office pro 2013 激安価格を一覧で掲載しています。このページでの最安値も一目瞭然。このhttp://www.keygoodjp.com販売店なら、office pro 2013激安販売もうなずけます。
Microsoft Office 2013 プログラムのライセンス認証を行う

ほとんどの場合、ライセンス認証は、Office のインストール時に通知なくバックグラウンドで実行されます。インターネットに接続されている場合、インストール時にライセンス認証ウィザードは表示されません。

ご購入された製品の種類に応じて、以下の詳細情報をご覧ください。

Office 365 Home Premium
サブスクリプション製品である Office 365 Home Premium では、ライセンス認証が自動的に行われます。プロダクト キーも必要ありません。インストール済みの内容を確認するには、Office プログラムで [ファイル]、[アカウント] をクリックします。ここから [自分のアカウントを管理] をクリックすると、アカウントを管理できます。

Office 2013 (単一 PC 向け)
単一 PC 向けの Office (Office Home and Student 2013、Office Home and Business 2013、Office Professional 2013) を初めてインストールするとき、または同じ PC に再インストールする場合は、インターネットに接続されていればライセンス認証が自動的に行われます (インストール時にライセンス認証ウィザードは表示されません)。インストール時にインターネットに接続されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが表示されます。

インストール プロセスを開始するには、プロダクト キーが必要です。プロダクト キーに問題がある場合や、プロダクト キーがどこにあるか知りたい場合は、「Office 2013 のプロダクト キーを確認する」をご覧ください。

別の PC にインストールする場合、またはハードウェアが大幅に変更された同じ PC にインストールする場合は、インストールの完了後にライセンス認証ウィザードが 1 回表示されます。オンライン ライセンス認証が有効になっている場合は、ライセンス認証が失敗するため、電話ライセンス認証センターに問い合わせる必要があります。電話番号は、ライセンス認証ウィザードの手順 2 に表示されます。ライセンス認証ウィザードを表示するには、Office プログラムで [ファイル]、[アカウント] の順にクリックします。Office プログラムのライセンス認証が完了していない場合は、プログラムを起動するたびにライセンス認証ウィザードが表示されます。keygoodjp.com

最初の PC が故障したためにライセンスを移行する必要がある場合は、新しい PC で Office のインストールとライセンス認証を実行できますが、ライセンス認証センターに電話してライセンスの移行が必要である旨をお伝えいただく必要があります。電話番号は、ライセンス認証ウィザードの手順 2 に表示されます。

最初の PC に元のインストールを残したままで新しい PC へのインストールを試みると、問題が発生します。ライセンス認証センターで新しい PC に対する Office 製品のライセンス認証が実行されると、元の PC 上で製品が "無効化" されるため、元の PC でライセンス認証ウィザードが表示されるようになります。この問題を解決するには、どちらの PC で Office を使用するかを選び、もう一方の PC から Office をアンインストールします。keygoodjp 評判
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。