きょうも鱒釣り

「きょうも鱒釣り」は故人である芦澤一洋さんの著書です。
この言葉が大好きです。

出雲の国でコギとご馳走(島根MTG) その3ラスト(2017/5/13,14)

2017-05-22 | 釣り

さて、3日目、MTGの本番の日です。

(奥出雲のさらに奥の神秘的な流れ)

昨夜はかなり食べ過ぎたので、ホテルの朝食は少なめです。
松江市内のホテルから、また奥出雲に移動ですが、またまた、カーナビの案内が変でちょっと遠回りでしたが、集合場所には時間前には到着しました。昨夜の前夜祭では、皆さん呑みすぎたようですので、集まったのは集合時間を多少過ぎてからでした。

(集合して釣りの相談)

20名以上のメンバーが集まり分かれて釣りですが、今回は一番ハードな歩くコースで釣りすることにして、案内のSさんと総勢5名で釣り場に向かいました。途中まで車で移動でして、その後は車が通れなくなった林道をしばらく歩いて川におりました。

(奥出雲の森を歩いて奥に)

奥出雲の、さらに奥の山々の緑に包まれた山道を歩くのは、なんとも気持ちがい良いです。やっと川に降りた頃には、結構、良い汗をかきました。
最初のちょっとしたプールには必ず良いコギがいるはずですので、慎重に毛鉤を送り込むと、ガバッと毛鉤に食いついたその瞬間、毛鉤が宙を舞います。
そうです、合わせが早すぎたのです。ちょっとヤマメの釣りばかりしていたので、ゆっくりと毛鉤を咥えるコギ、合わせは超ゆっくりでないとダメなのでした。

(コギに会えました)

交代しながらコギと遊ぶ至福の時間が過ぎていきます。ちょっとたまった流れにはコギがいますが、下流側にいることが多く、細流の流れでは下流側から釣るのは障害物が多くちょっと難しくて、走られてしまうことことが多いです。それでも、流れ出しのところにいるコギを見つけてそこにコギがいることを確認できるだけでも、十分癒されるひと時でした。

(ここのコギの斑紋はこんな感じ)

川辺に咲く草花もなんともいとおしく感じます。

(ショウモンカズラ)

滝を超え、3時間ほどの短い時間の釣りでしたが、太古の昔よりこの流れに住み着いたコギがこうして、今も生き続けていることに感動を覚え、いつまでもこうしてその種が残っていくことを切に願う本当に癒される時を過ごせました。

(帰り道)

釣り上がってきた流れをまた、下って戻りますが、なんとも気持ちが良かったです。
今日は結構、歩きましたね。万歩計を見ると、すでに1万5千歩を超えていましました。
今夜のMTGの宴会は田丸屋さんですが、途中で温泉にのんびり入って汗を流してから向かいました。

(湯村温泉湯乃上館から見える川)

宴会は二十数名での宴会ですが、今夜もご馳走たっぷりで、お腹いっぱいです。

(宴会会場です)

(ご馳走)

(亀の手)

(赤貝(サルボウ貝)
岡山の会員からランディングネット10個の寄付があり、会員みんなでオークションを行って売り上げたお金は、コギの保護のために使ってもらうことで、漁協に寄付をさせていただきました。いつまでもコギが釣れる奥出雲であってほしいですね。

(オークションでランディングネット!)

(デザートの焼バナナとアイスは別腹)


宴会の後は、今夜の宿のログハウスにバスのタクシーで向かいます。
ログハウスでも軽く飲み会をして11時過ぎには就寝ですが、静かで綺麗な星空の下のログハウスの中はちょっと賑やかな夜が過ぎていました。

(ログハウスでも飲み会)

今日は出雲を去る日です。(5/14)
朝はログハウスから出発ですが、そのまま帰る人、観光に向かう人、そして釣り場に向かう人に分かれますので、一応、解散です。

(さわやかな朝)

釣りをする組は昨日の集合場所に集まりましたが、昨日、十分釣りの方は楽しんだので、今日は、キャスティング教室です。駐車場の近くの川で、ロングティペットでのキャスティングの極意をTさんから教わって、お昼です。

(キャスティング教室)

お昼は、出雲の割子蕎麦ですが、仲間が集まったころには、なんと、蕎麦が売り切れてしまったのです。地元の会員からお願いしたところ、そば粉を取りに行ってそばを打ってくれるとのことで、みんなでなんとかそばを食べることができました。

(割子蕎麦)

2時頃には皆さんとお別れして、出雲大社に向かい、大社参りです。
今回の旅の無事のお礼をして、ぜんざいを食べお土産も買って空港に向かいます。

(出雲大社、大祭礼でした)

空港で晩御飯にラーメンをたべ、飛行機でひとっ飛び、自宅には22時には到着ですが、結構疲れましたね。

(出雲縁結び空港のしまねっこ)

今回の出雲の旅、毎日のご馳走でかなり太ったかなと思いましたが、かなり釣りで歩いたので十分運動したためか、体が締まってきた気がします。
なんてことは無いですが、出雲は良いところです。コギがしっかりと生き続ける奥出雲、また来年、行きたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲の国でコギとご馳走(島根MTG) その2(2017/5/12)

2017-05-21 | 釣り

翌朝は、それほど早起きではないですが、ホテルで朝食を軽く取ったら、また、コンビニでお昼を買って、入漁券を買ったら川に向かいます。

(田んぼの中を流れる里川、ウスバシロチョウがいました)

川は里川で、回りでは田植えをしていましたが、何せ車を駐める場所がなかなか見つかりません。やっとちょっとした広場を見つけ車を駐め、少し歩いてまた別れて釣りです。下流側まで歩いて行き、小さな堰堤の下に入って釣り開始です。
堰堤の広い流れでは反応がありませんでしたが、堰堤のすぐ下の沈み石の前に毛鉤を落とすと、勢いよくヤマメが飛びだしましたが、なんとまたしても毛鉤が外れてしまいました。
二度あることは三度ある。川に入ってすぐにバラス癖がついてしまったかもしれませんね。
明日もちょっと心配です。まだ、出雲でちゃんとした渓魚を釣っていませんので、慎重に釣り上がりです。ポイント毎に毛鉤を送り込みますが反応がないまま、またちょっと溜まったポイントです。ここならばと思って毛鉤を送り込むとかかるのはハヤです。
そんなはずはないと思って、もう一度毛鉤を送り込むと、今度はガッチリとヤマメが掛かりました。25,6cmほどのヤマメでちょっと満足です。

(良いヤマメが釣れました)

岸に戻って毛鉤を外すと、ちょっと上流側の川べりに蛇です。。かなり大きなアオダイショウですね。。蛇は苦手なので、いなくなるのを待ちましたが、動きが遅いです。2m位はある大蛇、、ここは奥出雲ですから、ヤマタノオロチかもしれません。
左側から芦が出ている流れに毛鉤を送り込みましたが出ません。もっと思い切って岸際に毛鉤を送り込むと、芦に絡んでしまい、強引に引っ張るとティペットが切れて毛鉤がポトンと流れに落ちました。下流側で構えて回収しようとしたら、ヤマメがガバッと出て、毛鉤を食ってしまいました。。
毛鉤を付け替えて、もう一度流してみましたが、さすがにもう出て来ませんでした。
上流のトスくんが入ったポイントまで来たので、一端上がって車を駐めた所まで戻り、お昼のおむすびを食べ、4人で移動する事とにしました。
さて何所に行ったものか、、明日はMTGの本番ですから、MTG当日にみんなが行く場所では釣りするわけには行かないので、地元のS木さんに聞いてみました。今の川の上流が良いのではとのことで上流に移動です。
Tさんは釣りはもうしないとの事で、3人で一番上流に車を駐め、歩いて下ります。川が小さいので、一番上流側は、Mさんが入り、その下流部に入りました。トスくんは一番下流側です。入ってすぐに、20cm弱のヤマメが釣れました。コギが釣りたかったので、ちょっと残念でしたが、ちょっと良い感じかもしれません。次のポイントでは、20㎝に満たないイワナが掛かり、コギかもしれないと慎重にネットにいれると、それはどうもニッコウイワナの様です。ちょっと残念ですが、考えて見れば今年最初のイワナとの対面でした。
またすぐに20cm弱のイワナが釣れ、その先にちょっと良いポイントがあったので毛鉤を送り込むと、ガバッと出たのは、24,5cmのイワナ、、、と思って良く見ると、これはコギです。やった、コギがやっと釣れました。これでもう今日の釣りは大満足です。

(コギが釣れました、これは丸い斑紋)

早々に川を上がって車を駐めたところに戻ると、Tさんは、新しく買ったロッドの試し振りをしていました。

(ロッドの試し振り)

すぐにトスくんが戻ってくると、トスくんの入った場所は全く良いポイントがなかったとの事だったので、車を駐めた場所の横も良さそうだったので、お勧めしたところ、2匹ほど良いイワナが釣れていました。Mさんも釣り上がって来て、ちょうど近くに来たときに良いコギが釣れて満足気味でした。

(釣り上がってくるMさん)

今日の釣りは、前半の里川で、Tさんは結構大きなヤマメをばらしたそうで、かなり悔しがっていましたが、比較的皆さん釣れたので満足だった気がします。
今日は、島根MTGの前夜際と言う事で、松江の根っこ屋さんで宴会の予定ですから、そこから60Kmほど車で移動して、松江のビジホに移動です。途中、カーナビの案内がちょっと変で遠回りしましたが、無事ホテルに到着、軽くシャワーを浴びて近くの根っこ屋さんに歩いて移動です。

(今夜のご馳走メニュー)

(シャンパンの様な日本酒)

(フォアグラの茶碗蒸しは絶品です)


(デザートも美味しい!)
根っこ屋さんのご馳走は、ちょっとおしゃれで、お酒も滅多に飲めない日本酒です。
ほろ酔い気分になった頃には、地元の踊りの大師範が、安来節などを披露してくれましたが、とても見ごたえがあり大感激です。

(松江の夜は更けていきます)

(沢山呑みました)

一次会が終了すると、二次会は出雲蕎麦を食べに向かいます。今年も橘屋さんで美味しい釜揚げ蕎麦です。みんなで、二階で蕎麦を食べる事にしましたが、その伝統ある店構えからか、Kッシーくんは、一人だけどうしてもカウンターで食べたいと言うので、残してみんなで、2階で釜揚げ蕎麦いただきました。お腹いっぱいでしたが残さず平らげ、さてお勘定して帰るかと言う段になり問題発生です。どうしてもお勘定が合いません。みんな二階でお金を集めたはずなのに、足りません。。。

(釜揚げソバ)

そうです。Kッシーくんはもう先に帰っていていませんでしたが、なんとお金を払わずに先に帰ってしまったのでした。
なんと人騒がせな。。。後で、聞いたら、かなり酔っ払って訳がわからず、お金もないので帰ったとの事でした。。。一言声をかけてくれれば、良いものを全くもって迷惑な奴ですね。
消して悪い奴ではないので憎めませんが、かなりマイペースなので、時々びっくりします。
そんなドタバタもありましたが、2日目も楽しい夜が過ぎていきました。
Kッシーくんは昨夜、帰りに酔っ払って水たまりで転けて、びしょ濡れになって足に傷も作っていましたが、大けがしなくてよかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲の国でコギとご馳走(島根MTG) その1 (2017/5/11~14)

2017-05-19 | 釣り

3年ぶりに出雲のコギに会いにJFFの島根MTGに参加して来ました。
今回は、11日(木)から14日(日)の三泊四日の旅でした。

(羽田から1時間ほどで出雲です)

出発は朝一の飛行機での出発です。
7時25分発なので、羽田には6時半頃には到着したいところです。そうなると、早朝と言う事もあり電車の本数も限られ、リムジンバスを使うのが良いですが、所要時間は、1時間半くらい見ないといけないので、朝5時には出る必要有りです。でも、車で羽田まで行くと早朝でもあり、所要時間40分ほどで半分の時間です。帰りも最終の飛行機で21時頃羽田を出る事になります。駐車料金を調べると、3泊4日だと6千円です。。微妙です。。
でも、釣りの重い荷物を持って電車は疲れる。。と言う事で、車で出発です。
11日は、朝5時に起床、5時半過ぎに出発しましたが、当然渋滞もないので、6時過ぎには羽田に到着しました。P1のパーキングに駐めるつもりでしたが、羽田のパーキングは解りづらくて、結局P2のパーキングに駐めてしまいました。
重い釣り道具が入った荷物を預けてしまうと、ちょっと身軽です。
一緒に行く約束のトスくんもやって来て、軽く朝食を済ませたら、セキュリティチェックです。
今回もまたやってしまいましたが、家の鍵についている小さなキーホルダーのナイフをポケットに入れたままにしていたので、没収されました。以前は、別荷物にしましたが、毎回、引っかかるのと、あまり使わないので、廃棄でお願いしました。。
ちょっと残念ですが、定刻通りに羽田を出発、1時間ほどで、出雲縁結び空港に到着です。

(奥出雲の川はよい流れですがヤマメの活性が低い)

今回は、2人でレンタカーを借り、先に来ているTさんとMさんと待ちあわせの雲南まで移動です。今回の旅は、トスくんにお任せです。雲南のお友達Fさん宅で合流し、入漁券を購入し、お昼のおむすびをコンビニで買って川に移動しました。
川は小さい里川でヤマメ狙いですので、2手に別れ、トスくんと2人で下流側に歩いて移動して入渓です。川に降りる場所は限られ、藪を抜けてやっと川に降りると良い感じです。

(毛鉤への反応がなく首をかしげます)

はじめに降りたちょっとしたプールでは反応無し、水量は多めで流れも強いので、毛鉤を大きめに変えてプールへの流れ込みの岩の前に毛鉤を落とすと、結構、良いサイズのヤマメが食いつきました、が、、ちょっとやり取りをしていると岩の中に潜られ、毛鉤が外れてしまいました。残念、、結構良いサイズのヤマメでしたので、この場所は魚影も多く当たりかもしれないと思ったのですが、その後は、一度、ヤマメらしいアタックがあっただけで、殆ど反応無く車近くに到着です。今日は暖かい気温でしたが、川は少し濁りがあり、ハッチは殆ど無く虫が少ないので、ヤマメの活性も上がっていないようです。ちょっとすると、不意に南の空の雲が厚くなり、ちょっと雨が降り出したと思ったら雷です。

(雲行きが怪しくなり、雷もなりました)

一端、川から上がって上流側に移動したトスくんの方に向かうと、蛇(ヤマカガシ)がいました。どうしたものか話をしていると、雨も上がったので、トスくんは先に2人が入った方を攻めてみるの事で、また、下流側に少し戻って釣りしましたが、ヤマメの反応はなく、ハヤが毛鉤に出て来るのみでした。
ちょっとすると、上流に行っていた2人も降りて来ていたようで、キャスティングの練習をしていますが、時折雨が落ちてきます。河原の土手、というか田んぼの土手に腰を下ろして、ちょっと見ていましたが、ロングティペットをたたみ込んでスポットに落とし込み、より長く毛鉤をポイントにとどまらせる練習ですが、流れの速いところでも有効ですね。

(キャス練中です)

なるほど、、とちょっとの時間おしゃべりしたりでしたが、今日はまだ釣っていないので、ちょっと上流側で釣りです。また急に雨が降り出してくると、目の前でヤマメがライズしましたが、毛鉤に出たもののバレてしまって、本日の釣りは完了です。
どうも、ヤマメはいるようですが、今日はあまり浮いた餌は食べてくれないようでした。
釣り終わったら、また雲南まで戻ってビジネスホテルにチェックインし、シャワーを浴びたら今夜の食事です。
タクシーを呼んで、4人でFさんのお店で晩餐です。Fさんのお店は、割烹料理のお店「田丸屋」さんですが、それはもう、美味しいお刺身やら、焼き魚やら、出雲和牛、たっぷり過ぎて食べきれませんし、お酒(あまり飲めないのでノンアルワイン)でお腹いっぱいです。特に海シジミのみそ汁はとても美味しかったです。

(お刺身盛り合わせ)

(タイのかま、目玉を食べてみました)

(出雲和牛のサーロイン)

(出雲和牛の焼肉)

(海シジミ!)

(デザートも美味しかったです)

でも、最後の〆の焼きおにぎりは美味しいのでいただきました。
そんなこんなで、初日の釣りの方はさっぱりでしたが、出雲の夜はとても豪華で、楽しいい夜を過ごせました。さて、明日は何所に釣りに行ったものか、Fさんに、色々と相談して、明日も、里川でヤマメ狙いをする事にしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年GWその5 ラストイブニング空振り(2017/5/5)

2017-05-08 | 釣り

今日はイブニングだけ川に行ってみました。

(河原のフジの花も咲きました)

GWももう終盤です。今日は車を洗ったり買い物に行ったりして、16時ずぎに川に行ってみました。
太陽が雲に隠れると下流側でライズしましたが、単発のライズでは毛鉤を送り込んでも、出ません。今年はカゲロウの流下が少ないようでライズは続きません。期待したライズもあまりなく、18時を過ぎたころ、これまであまりライズしなかった目の前で2匹くらいライズです。

(下流側でライズです)

慌てて毛鉤を送り込むと、毛鉤にバシャット出たものの掛かりませんでした。その失敗で、ライズは止まってしまいましたが、すぐに、また、ちょっと上流側で、二つ並んでライズです。ちょうど流れ落ちのところだったこともあり、毛鉤を送り込むと、ライズしていたところで流れにティペットが引かれてドラグがかかってしまい、ヤマメが反転するのが見えました。またしてもしくじりました。その後は、警戒してしまったのか、ライズしなくなりました。下にいたヤマメが上流に移動して、またライズしていたのかも知れません。

(日光連山の向こうに日が沈むとチャンス到来のはずが。。)

19時近くなったころ、だいぶ下流の方で、結構大きいのがライズです。ちょっと慌てて下流側に移動していたら、今度は近くでライズ、慌てて毛鉤を送り込んだけど、今度は、上流側でライズです。どうも下流から上流に移動しているようで、その後はライズしなくなりました。もう、暗くなって見えなくなったので終了です。
今日もチャンスをものにできず、惨敗でした。
翌日(5/6)はGW実家ラスト、釣りは無しで、お土産の野菜を買いに行ったり、水を汲みに行ったりで終了です。

(水は尚仁沢はーとらんどで汲みます)

今年はなんだか不調ですね、、、いつもの年よりも、カゲロウの流下が少ない気がします。もしかすると、季節の経過が遅れているのかも知れません。来週は奥出雲にコギを釣りに行く予定なので、しばらくまた、本流に立つことは出来ないのが残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年GWその4 遠方より友来る(2017/5/3,4)

2017-05-07 | 釣り

さて、毎年GWは釣り友達がかわるがわる遊びにやってきますが、今シーズンは、3,4日だけ4人やって来ることになりました。

(さて集合場所で釣り支度です)


朝は、9時に待ち合わせということで、安心していましたが、朝7時頃起きると、どうやら、2人は昨夜ついて近くの道の駅で仮眠中、もう1人は集合場所で待っているとの事です。
コーヒーを入れて待っているとの約束だったので、早々に支度をして出かけました。
すでにYっちとI井さんとA塚さんの3人は来ていたので、コーヒーを入れて一休み。
Hもっちゃんは、ちょっと寝坊して、30分ほど遅れるということだったので、ドローンを飛ばしてみました。
4人そろったので、さてどこで釣りをしたものかということで、まずは、集合場所で釣りです。田植えの時期になって、ダムの放水量も多いので、水位は高く魚の気配はありませんので、早めにお昼を食べに行くことにしました。
お昼は、Yべっちリクエストのとんかつとステーキのお店です。このお店は結構人気で、お昼は11時から開店ですが、11時少し過ぎに行ったら、すでに行列でした。

(ちょっと早めに重い昼食)


ちょっと重いお昼を食べた後は、場所を変えて釣りですが、ちょっとうす曇りなので、良いかもしれないということで、いつものポイントに行ってみました。うす曇りの空の下、川に到着して流れを見るとカゲロウが少し流れ、ライズです。早々に、釣り支度をして川に立つとなんと雲が切れて日が差してしまうとライズは無くなります。

(ライズも無いので対岸に渡ってみました)

それでもうす曇りの空の下では、ライズがたまにあり、そのたびに狙いますが、単発のライズで続かないので、釣れません。何度か毛鉤に出ましたが、結局誰も釣れませんでした。
暗くなって、ヒゲナガを期待しましたが、ヒゲナガもあまり出ず、下流側で一度だけヒゲナガへのライズがあっただけでヒゲナガへの活発なライズも無しでした。

(ライズが一段落、ヒゲナガのハッチを期待したけど。。)

釣りの後は、川沿いの温泉に入り、中華料理の店で、晩御飯です。
夜は、実家でみんなで酒盛り、11時頃就寝です。

(中華の晩御飯)

朝はみんな早起きで、モーニングコーヒーでお目覚めです。タケノコご飯で朝ごはんがすんだら、釣りです。

(朝食はタケノコごはん)

最初は、上流域のダム下を見てみましたが、ライズはありません。そんな時は、川治のC&R区間で釣りだ!ということになり、期待を込めて向かました。
でも、なんと、ピーカンの天気で、全くライズ無しです。前回行った時には魚げ結構見えましたが、今回は、ほとんど見えません。

(C&R区間、ライズ無し。。)

今日のお昼はソバを食べようということで、さらに上流の三依地区に移動して、ソバでお昼を食べたら、さらに上流で釣りです。

(やっぱりお昼はソバが良いですね)

橋の上からのぞくとヤマメが見えたので、二手に分かれて釣りです。I井さんとA塚さん、Hもっちゃんの3人を残して、Yっちと二人で、もう少し上流に移動して、釣り始めましたが、一度毛鉤に出たけど釣れいません。

(上流はヤマメの反応薄すぎ。。)

さすがにGWで結構、釣り人が多いようで、川は足跡だらけなので、また、2人でC&R区間に戻ってみました。相変わらず、C&R区間でもライズはありません。そのうち3人の戻ってきて、イブニングは最初に行った、ダム下に行ってみることにして移動です。さすがにGWですね、途中の道は、結構渋滞して、時間もかかりましたが、イブニングタイム前には、到着してポイントに移動してみました。
先にライズ待ちしている一行がいましたが、I井さん、Hもっちゃんの知り合いだったので、ちょっとおしゃべりです。一行は最下流で5人ほどいましたので、上流側でライズ待ちです。ここにはかなり大きなニジマスがいるので、ティペットは太いのに変えて、ライズ待ち。遠くでライズが2回あったので、ライズに向かってみました。次にライズしたら毛鉤を送り込むさんだんですが、ライズしたのは、さらに上流だったのもう少し近づいて待ちましたが、それっきりライズしないので、また、浅瀬に戻りました。

(大きなニジマスが放流されているポイントでライズ待ち。。)

その後は、単発のライズを何度か見ましたが、結局毛鉤を送り込むことなく、終了でした。
GWの釣り友との釣りは、あまり釣れませんでしたが、それでも5人でワイワイガヤガヤと楽しく過ごせました。
やっぱり釣り仲間との釣りは、楽しいものです。ここ数年、一人での釣りがなんとなく寂しい気がしてあまり遠出をしなくなったのは、歳の性かな、いやもっと深いのかも。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2017年GWその3 今日は偵察(2017/5/2)

2017-05-05 | 釣り

GWの釣りも三日目です。今日は釣りメインではなく、明日からくる釣り友達を案内するための下見です。

(良い感じで日光連山が見えます)

10時過ぎにまずは、川を見に行きました。昼は、ライズしていませんね。4か所を見て回りましたが、ハッチは、多少ありますが、ライズは皆無です。

(このポイントもライズはなさそう

下流のポイントでは、モンカゲも出ていましたが、ライズする気配は全くなし。。

(モンカゲです)


(菜の花越しに見る日光連山)

明日はどうしたものかと自宅に帰って、お昼を食べ終わると、おふくろさんが牡丹園に行ってみたいとのことです。明日は釣り友4人が一泊二日で来ますが、朝食にはタケノコご飯を作ってくれるというので、あまり機嫌を損ねるわけにもいきません。なんとなく、牡丹の花は、まだ早い気がしていましたが、もう咲いていると言い張るので、望み通りおやじさんと3人で牡丹園に行くことにしました。
1時間ほどのドライブで、牡丹園に到着すると、なんと、入園料が1人800円、ちょっと高いけど、ここまで来て入らないわけにはいきませんので、入園してみたら、やはり牡丹はほとんど咲いていません。。。しかし、まだ、咲いていないのに、800円も入園料を取るとは、詐欺みたいなもんだな。。と思っていると、通りがかったほかの客もそのようなことを話していました。でも、まあ、つつじは綺麗に咲いていたので、良しとしますか。。

(ツツジが綺麗に咲いていた牡丹園)

さて、今日は昨日とは違って天気も良く風がない穏やかな感じですから、イブニングタイムは、また、川に偵察です。イブニングタイムの釣り場として、もう一か所、気になるところがあったので、17時少し前に行ってみました。
しばらく川を見ていると、ちょっと上流側にルアーマンが1人やってきてルアーを投げ始めました。こっちには投げてこないけど、なんだか気になりす。そのうちさらに上流側いったので安心していたら、また、しばらくして戻ってきました。18時くらいになると、急に虫っけが出てきて、雰囲気バッチリになったころには、ルアーマンは帰っていきましたが、ライズはありません。

(日が沈んで、ハッチがあってもライズなし)

19時、とうとうライズを見ることはなく、暗くなって終了。
まあ、前から気になっていたポイントではライズが無いことは確認できたので、良しとしますか。。
でも、明日のイブニングタイムはどこでやるか、ちょっと悩みますが、やっぱり第一ポイントに行くしかなさそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年GWその2 C&Rと本流はスカ(2017/5/1)

2017-05-05 | 釣り

さて、GWに入って3日目、5/1、世の中は一応平日です。
(川治のC&R区間)

今日は昼頃から雨の予報です。本流を見に行きたいところですが、先週、男鹿鬼怒の年券も購入したので、ちょっと上流に行ってみました。
まずはまだ入ったことのないところと思い、鬼怒川温泉のあたりに行ってみましたが、公園らしいところは公園ではなく、キャンプ場で車は止められなかったので、川治に向かいました。10時過ぎに到着です。最上流のプールは、1人いますが、だいぶ埋まって浅くなっている様です。まずは、下流の方に入ってみました。

(一番上流のプールは埋まって浅くなっていました)

流れを見ると、派手なライズがあります。早々に、毛鉤を流すと、元気なニジマスが釣れました。すると、また、同じところでライスです。またまた、ニジマス、それでも、まだライズです。今度はヤマメ、次もヤマメです。ちょっと近づいて流れの中を見ると、結構、魚がたまっています。先頭にいるのはかなり大きいですが、水面には上がってきませんね。
先週、O崎くんとU木くんが来たそうですが、あまり良くなかったとのこと、実は、その後、おそらく、昨日放流を行ったようです。

(結構よく引くニジマス)

釣り上がって、広いプールに行くと、3人に増えていましたが、1人はすぐに帰っていきました。そうです。雨が降り出してきたのでした。雨が降って、気温が下がったのか、ハッチはなくライズもありません。ちょっと粘って、ヤマメを一匹釣ってお昼過ぎても雨はやみませんので終了です。帰りに、コロッケを買って自宅に13時前には到着です。
午後は、ちょっとのんびりして、頼まれた買い物に行き、帰ってくると雨は止んでいました。16時には川に行ってみました。何種類かのカゲロウが水面に少しだけ流れていて、ライズです。早々に狙ってみましたが出ません。毛鉤を変えている時に、雲が切れ、晴れ間が出てくると、ライズしなくなりました。時々、雲に太陽が隠れると単発でライズしましたが、毛鉤には出ません。

(カゲロウが流下しないとライズもないです)

今日もヒゲナガの時間かなと、その時を待ちましたが、ちょっと山から風が吹き出し、気温がだいぶ下がった感じです。18時半、モンカゲも少しだけ、流れてきて、少しヒゲナガ飛んでいいますが、ヒゲナガの羽化は無いようです。一度、かなり大きな魚がライズしましたが、毛鉤には出ませんでした。
19時前、もう、暗くなりよく見えませんが、岸際をのぞくとバシャッと、どうも魚がいたようです。よく見えませんが少し、ヒゲナガがハッチして追ってきたのかもしれません。すると、そのあと後ろで、またバシャッと音がしたので、毛鉤を送り込みましたが、出ません。何度か毛鉤を送り込みましたが、もう見えないので終了です。

(日が沈む瞬間、気温は急激に下がります)

今日はハズレでした。山からの冷たい風も影響してか目立ったハッチも無く、ヒゲナガも出ませんでした。残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年GWその1ヒゲナガ(2017/4/30)

2017-05-01 | 釣り

今年のGWも実家で過ごします。

(天気が良すぎでライズなし)

さて、今年のGWも9連休です。初日の土曜はコートやスーツをクリーニングに出したり、自宅の買い物をして過ごし、連休2日目の30日(日)には、実家に向かいますが、折角の休みなので、朝寝坊です。9時頃に起きだして、10時頃実家に向かって出発です。
途中の下道は、多少車は多く、ちょっとした渋滞もあったけど、すんなり高速に乗れましが、浦和の料金所手前で追突事故のため渋滞です。それでもそれほどひどい渋滞にならず、13時前には自宅そばの川に到着です。今日は、ピーカンの良い天気なので、ライズはありません。流れを見ると、カゲロウが少しだけ流れていたのでしばらくライズするか見ていましたが、ライズは無しです。
ひとまず、実家に帰り、のんびりした後、15時頃には合流ポイントに行ってみました。

(合流ポイントの下流側)

まずは、上流側にちょっと河原を歩いて見に行きましたが、ハッチもなく、当然、ライズも見つかりません。今度は、手前のちょっとした流れを渡って、下流側を見に行きましたが、やっぱり、ハッチもなく、ライズも無し。しばらく見ていましたが、ダメそうなので、再び、車を止めた場所に戻ると、エサ釣り師が、下流側に向かっていき、上流側には、ルアーマンが向かっていきます。どうしたものか。。
上流に向かったルアーマンは、だいぶ上流まで行ったので、ちょっと上流側に行き、しばらく流れを見ていましたが、ハッチもなく、ライズもなし。

(上流側の流れは速く、波だありライズがあってもよく見えません)

17時半になるとちょっと虫っけが出てきましたが、水面には流れていないようです。流れが結構早いので、わからないのかもしれませんが、そうなると流れの緩い、下流側が気になります。ってことで、急いで下流側に行ってみましたが、目立った流下もなく、ライズもありません。

(再び下流側へ、暗くなる前に車そばに移動です)

あれ、ライズか。。と思ってみていると、ヒゲナガのハッチです。ヒゲナガを狙ってライズがあってもよさそうなものだがと思いました。このまま、ここにいると、暗くなって、川を渡るのが、ちょっと危険です。ひとまず、川を渡って、車の近くまで戻りあたりを見回すと、かなりのヒゲナガがハッチしています。もしかしてと思い、流れを見ると、ライズです。
毛鉤を送り込むと、ガバッと出ましたが、空振りです。また、しばらく見ていると、違うところでライズ!毛鉤を送り込むと、今度はかかりましたが、22,3㎝のヤマメでした。

(ヒゲナガタイムに釣れたヤマメ)

だいぶ暗くなってきましたが、まだ、少し見えます。流れを見ると、ヤマメがジャンプしました。毛鉤を送り込むと、ガバット出ましたが、また、空振りです。
19時が過ぎ、ほとんど見えなくなって、ライズも終了のようなので、釣りも終了です。

(これがヒゲナガ)

あまり大きなヤマメではないですが、ひとまず、GW最初にヒゲナガで釣れたので、良しとします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマメのライズ(2017/4/22)

2017-04-22 | 釣り

GW前に実家に帰って川の様子を見てきました。

(午前中は天気が良くハッチなし)

朝はちょっと遅めで6時半ごろに自宅を出発、それほど混んでいないと思ったら、環八のトンネル内で事故があり渋滞です。負の連鎖で、東北道も事故渋滞です。
まあ、それでもひどい渋滞ではなかったので、10時前には川に到着です。東京は曇りでしたが、実家の方は天気も良くさわやかな天気です。ピーカンの天気なので流れには目立ったハッチもなく、当然ライズもなしですから早々に実家に向かいました。
午前中は、実家の用事を済ませ、午後は買い物に出かけると小雨が降りだしました。

(実家ではタケノコが出始めました)

15時過ぎに実家に戻るとちょっと暖かな曇りでしたからこれはもしかすると、ハッチがあるかもしれないと、16時ごろに川にいってみました。
川には誰もいませんので、まずは流れを覗きに行ってみたらライズです。
慌てて、車に戻り釣りの準備をして川にでると、ポツリポツリと小雨が降りだしました。結構、降ってきたのでカッパを着込んで川を見ますがライズはありません。
後ろのほうから誰かの声がきこえたので振り返ると、そこには、U木くんとO崎くんの二人組です。どうですかって、今、来たばかりでと話をしていると、雨が止みライズです。早々に毛鉤を送り込み、ちょっと足元を確認していたら、毛鉤にヤマメが食いつきました。見ていなかったので合わせられず、後ろで見ていた二人が、今、出たでしょ、ねぇ、ねぇ。。と。

(時々、カゲロウの流下がありライズです)

これは大失敗ですね。2人も慌てて車に戻り釣り支度です。
その間にもライズがあり、毛鉤に出ましたが、やはりかかりません。どうも、毛鉤があっていないのかしっかりと食わなかったようです。そんなこんなで毛鉤を色々と変えますが、流下するカゲロウも少ないので、ずっとライズしているわけではないですから、なかなか釣れません。、それでも、風がピタッと止まり、カゲロウが流下するとライズします。よく見ていると、2種類ほど流れてくるようで、大き目は16番くらい、小さめは20番くらいが並んで流れると、小さいほうを食べました。どうやら、毛鉤を小さくしないとダメなようです。そのうち、また、雨がポツポツと降ってくると、だんだん寒くなり、流下するカゲロウもなくなり、ライズはなくなりました。それでも、暗くなるまで川の流れから目が離せませんでした。結局、今日は釣れませんでした。

(暗くなるまで流れに見入る)

川は、田植えの時期になり、上流のダムの放流もあるので水量も多くなり、良い感じです。
でも、ダムから流れてくる水は水温が低いようで、まとまったハッチは、もう少し先なのかもしれません。チャンスは、また、今度かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年鬼怒川MTG(2017/04/8,9)

2017-04-10 | 釣り

今年はまだ河原の桜の花が咲いていませんでしたが、4月8,9日で鬼怒川MTGに参加してきました。

(まずは河原でタープ張り)

朝は渋滞を避けるため、6時前には自宅を出発、多少車は多めでしたが、予定通り8時少しすぎには実家に到着し、朝ドラを見てから集合場所に向かいました。
集合は河原のそばのいつもの場所ですが、すでにみんなで夜の宴会に備えてタープを張っていますので、早々に手伝いです。タープも張り終わり、準備完了、集合時間までまだ少し時間があったので、コーヒーを入れて一休みです。

(準備完了です)

集合時間になったので、集まった人で開会式を行ったら、さて釣りです。今日は曇り空で、比較的暖かい日和ですから、期待は高まります。
はやる気持ちを抑えつつ、釣り場に向かう前にちょっとドローンを飛ばして遊びました。
前の週には近くに放流をしたと漁協のHPに書いてあったので、その場所に入ってみましたが、曇りで比較的暖かいにも関わらず、ハッチはほとんど無く、ライズは見当たりません。
少し歩いて下ってみましたが、ライズはありません。段々になった流れに毛鉤を浮かべてみると、ヤマメが飛び出してきました。幸先良くヤマメが釣れたので、まずは良しですかね。

(ヤマメが釣れました)

12時近くになると、ぽつぽつとライズがあり、毛鉤を送り込むと、何度目かにやっとかかりましたが、ネットで救う前にバレてしまいました。その後もかなり浅い場所でライズがあり、毛鉤に出たもののかかりませんでした。一昨年の洪水ですっかり流れが変わってしましい、流れは比較的浅く川幅も流れが二つに分かれてしまったので、だいぶ狭い感じですが、クラブの仲間数名で釣り、何人かはヤマメが釣れました。

(川の両側でライズ待ち)

夕方の宴会は、17時からなので、17時には上がって宴会です。今年は遅れてくる人はいなかったので、天候の割にはあまりライズがなかったようですね。どうも、今年は季節の進み具合がちょっと遅いようです。

(名物の餃子を焼きます)

夜の宴会も比較的暖かで、いつもの様に盛り上がり、餃子に軍鶏鍋、パエリアなどなど、早めにお腹いっぱいです。近くの温泉に数名で行きましたが、それほど冷え込んでいなかったので、温泉でぽかぽかになったまま湯冷めすることもなく、夜は更けていきます。ボクは実家がそばでお酒は飲まないので、今回も実家に戻って寝ました。
 
(宴会の夜は更けていきます) 

翌朝は、6時過ぎに、コーヒー豆がないからコンビニで買ってきてほしいとの連絡で目が覚めました。雨の天気予報でしたが、家を出るころには晴れ間も見えました。
それでも朝食を食べ、後片付けが終わり、恒例の蹄鉄投げを始めるころには、少し雨が降り始めてきてしまいました。
蹄鉄投げは、今年もインしませんでしたが、1年に一度しかやりませんがなんとなく少し上達してきた気がします。

(恒例の蹄鉄投げ)

解散式も終わると、雨も本格的に降ってきましたが、それでも釣りをする人、お土産を買って帰る人、早朝に帰宅した人もいましたが、今年も、楽しい鬼怒川MTGでした。雨が結構降っていたので、実家に帰ってちょっと昼寝して、午後には買い物に行って、ついでに、男鹿鬼怒の年券も買って帰ってくると、雨はすっかり止んでいい感じです。
夕方にまた川に行ってみると、川にルアーの釣り人が一人いました。ほんの少しですがコカゲロウが流れているのを見つけました。
下流側に行って流れて来たコカゲロウをすくってみるとどうもシロハラコカゲロウのようです。いつもならクロマダラが出ても良いのに、本当に季節が遅れているようです。

(ハッチしていたコカゲロウ)

そうか、もしかするとと思って、手前の流れを渡って中州を超えた流れ出しのほうに行ってみると、目の前でライズがありました。流下が少ないので単発のライズで毛鉤を送り込んでももう出ません。17時過ぎ、西の空は結構すごい雲でしたが、風もなくちょっと虫っけが出てきたら、ライズが二三箇所であります。上流側でのライズで上手く毛鉤を送り込めません。それでもなんとか毛鉤を送り込むと毛鉤に二度ほど出ましたが、掛かりませんでした。ルアーの釣り人が帰って行ったのを見て、きっとまだライズがあるはずだから、暗くなる前に川を渡って上流に移動して岸際から流し込んだほうがよさそうです。

(西の空にはすごい雲)

西の方から雷鳴のような音が聞こえてくると、風が出始めてしまい、虫っけがなくなり、結局その後はライズはありませんでした。やっぱり、チャンスはそうそうあるわけではないでの、目の前のライズは確実に取らないと釣れませんね。
これも教訓ですね。さて次は、いつ釣りに行けるかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加