きょうも鱒釣り

「きょうも鱒釣り」は故人である芦澤一洋さんの著書です。
この言葉が大好きです。

夏なのに寒かったイワナ釣り(2018/8/17)

2018-08-20 | 釣り

今回はやべっちと奥会津にイワナ釣りに行ってきました。

(奥会津の川は寒かった)
夏休みは6月末の北海道の釣旅で使ってしまいましたが、まだ休みは沢山、残っているのでお盆は後半休みを取り、実家に帰って送り盆だけは済ませました。お盆も明けたので北海道も一緒だったやべっちも休みだというので、一緒にイワナを釣りに行くことにしました。ここのところ異常な暑さが続いていましたが、天気予報では雨、17日は何とか雨はなさそうですので、朝6時半に実家で待ち合わせて奥会津に向かいました。
奥会津の川に到着して、ちょっとびっくり、涼しい川でウェットウェーディングのつもりでしたが、なんと寒い。。風も少しあり、体感気温は10度くらいで寒く感じます。
支流と本流筋に分かれるポイントに車が1台とまっているので、どっちに行くべきかと思い、まずは、支流側に入ってみました。ちょっと釣りあがったけど、反応がないので、おそらく車の主は支流に行ったのどだろうという事で、ちょっと濁りのある本流側に移動しました。

(最初に釣れたイワナ)
入ってすぐにイワナが釣れたので、良いかなと思ったら、なんと、川の濁りが急にひどくなりました。さっき、ユンボが林道を上っていたので、どうやら上流で工事再開したようですね。仕方なく先行者ありだと思いますが、支流を釣りあがることにしました。

(あまり反応がない支流)
時々、日が差しますが、相変わらず気温が低くて虫も出ないので、イワナの反応はすこぶる悪いですが、まあ、もう少しして気温が上がれば釣れるだろうと思い、ゆっくり我慢の釣りです。すると、ちょっと釣りあがったらなんと川の上の杣道を餌釣師が、上流に歩いていきます。
もしや、、頭跳ねですかね。。ちょっと釣りあがるとそれでも少しは反応したイワナの反応もなくなり、おかしいなと思ったら、上流の方に餌釣師が2人見えます。がっくりですね。。ちょうどお昼ごろですが、場所移動することにして車まで戻ると、本流側の濁りが、少し弱くなっているので、本流の川に降りて、昼ご飯を食べて、さあ、釣りしようと思ったら、また濁りがひどくなりました。
そうです、工事の人もちょうどお昼休みで濁りが無くなったけど、午後の仕事再開でまた濁り出したわけですね。

(この濁りでは釣りは無理ですね。。)
仕方がないので、隣の川に移動です。
隣の川に到着すると、ちょっと水が多いですね。苦戦すれかもしれませんが、こうゆう時は、意外な大物が釣れる可能性もあるので、注意深く釣りしないといけません。
と、わかっていたのに、なんと大きなイワナが毛鉤に食いついたのに、途中でバラしてしまいました。

(大きいのをバラシタ!)
その先のポイントで、やべっちにやっと良いイワナが出てくれました。いやぁ、良かったです。いつもなら、もっとイワナが釣れても良いのですが、この気温の低さでイワナの活性は下がり、工事の濁り水、頭跳ねと、そして、最後に来た川が増水気味でどうなることかと思いましたが、やっと釣れました。

(やべっちにもやっと来ました)
実は、昨年はちょっと病気で、一昨年はケガでイワナの釣りが久しぶりというやべっちですから、なんとか、イワナを釣ってもらいたかったので、本当に良かったです。
しかし、今日は、これまで異常に暑い日が続いていたのに、寒いんです。まだ、8月だというのに本当に寒いんです。
そんな訳で、帰る途中で温泉に入ってあったまりました。
いつもなら、汗を流すんですが、今回は、温まったというのが実感ですね。
温泉の後は、晩御飯です。やべっちは大好物のローストンカツ、ボクも好物のひれステーキで、しばしお腹を満たしました。

(晩御飯)
今夜は実家の離れに泊まって明日は山上湖の釣りに行くことにして、ちょっとお酒を飲んで就寝です。
前回の山上湖は、日陰は涼しいけど、日向は暑かったので、明日は良いかもしれませんね。
明日の釣りを楽しみに夢の中です。

コメント

避避暑で山上湖のニジマス釣り(その2)(2018/8/4)

2018-08-08 | 釣り

さて今日は菅沼で釣りです。

(今日は菅沼です)
朝の気温は18度で涼しいですから、もっとゆっくり寝たかったですね。でも、バッテリーの充電も終わっていて、宿は6時過ぎには出発です。
今日は6人、3艘で釣りですが、土曜日なので、他の釣り人も結構いますが、思ったほど多くはありません。

(菅沼のキャンプ場)
3艘分の荷物をリヤカーに積み込み、受付をしたら船出です。出航して、ボートを操作しましたが、なんだか変ですね。なんと、エレキモータの舵を止めるネジが無くなっていました。

(出航したけど。。トラブル発生)
針金で仮止めしていざ出向です。今日はS根さんと同船ですが、昨日沢山釣ったので、今日はS根さんに釣ってももらわないとという所です。まずは湖の手前でニジマスを見つけ、S根さんが釣ります。でも、サイズが昨日の大尻のニジマスと違ってちょっと小さいですね。

(S根さんニジマスを釣る)
その後もニジマスが居そうな所に移動して、ニジマスを釣ります。S根さんは好調に釣りますが、どうもサイズがいまいちで40㎝に満たないニジマスが多く、ちょと残念な感じです。ボクの方はと言えば、ばらしたりが多くなかなか釣れません。
大尻沼より菅沼の方が標高が高いですが、今日は天気が良すぎて風もないので日向はとにかく暑くいですね。小さな日陰に入ると、涼しくてとても気持ち良いです。
浮いたニジマスが少ないので、ちょっと沈めてみましたが、一度あたりがあったのみでした。

(天気が良すぎてライズ無いです)
お昼は、早めに6人で岸に上がって食べましたが、今日はさすがに皆さんあまり釣れないようですが、昨日沢山釣った3人だけは、あまり釣れてなくとも余裕でした。そんな中、S根さんだけは、ボクのポイント選びと操舵の腕の良さからか、良好な釣果でした。なんてね。

(岸に上がってみんなでお昼です)
たっぷり休んでから午後の釣りです。
菅沼は、カヌー遊びも盛んで、カヌーも多いのでちょっと注意が必要ですね。釣り人はキャスティング範囲にむやみに入ってくる人は少ないですが、カヌーの人は不用意に近づいてくる場合があり、一度キャストしようとしたら、近くにいたへんりーさんが後ろ危ないよと教えてもらえたので難を逃れました。
午後も相変わらずニジマスの姿をなかなか見つけられず、やっと良い感じでニジマスが掛ったのに切れてしまいました。あまり釣れないので、ティペットを少し細くしておいたのをつい忘れていました。
それでも、なんとか40㎝にみたないニジマスが釣れて一安心です。

(小さいニジマスがやっと釣れました)
やべっちとへんりーさんの二人は、15時過ぎに一端、岸に上がったので、休憩のようなので、こちらも岸に上がって休憩です。とにかく日差しが強いので、もって来たお茶はほとんど無くなったので冷たい飲み物も欲しかったので良いタイミングです。

(一度上がって休憩、日陰は涼しい)
日陰に入ると涼しくちょっとのんびりして、16時過ぎにまた最後のあがきに釣りに行きましたが、S根さんと1匹づつ釣って完了です。今度は、なんとか40㎝を超えるニジマスが釣れてちょっと気持ち良く釣りは完了です。粘っていた二人も上がって来て終了です。

(やっと40㎝を超えるニジマス)
今夜は、実家に帰るので、いろは坂を下りますが、それほどの渋滞はなく、帰ってこれて良かったですが、今市の花火大会があるようで、市内でちょっと車が多かったですが無事到着です。

(荷物をリヤカーで運んで釣りは終了です)
今回は二日間、山上湖のニジマス釣りを楽しみましたが、大尻沼では良い釣りができてよかったし、意外にもペンションの食事が美味しくて満足な釣りでした。
また、今回も、やべっちにはお世話になりましたね。
近々、また大尻沼には釣りに行きたいですね。でもやっぱり空いてるとき狙いかな。。
そうそう、ネジが無くなって舵がきかなくなったエレキモータの修理は、翌日にはネジを買ってきて、修理完了です。
これで、またいつでも出航できます。

コメント

避暑で山上湖のニジマス釣り(その1)(2018/8/3,4)

2018-08-07 | 釣り

今回は、大尻沼と菅沼に行ってきました。

(朝一の丸沼、涼しくて気持ち良いです)
3週間前にへんりーさんの快気祝も兼ねてやべっちの企画で大尻沼の釣会をやりましたが、それほど釣れませんでしたがやけに楽しっかったこともあり、今度は菅沼に行こうという話をしていました。へんりーさんも釣りをする方が元気になるようで、少人数ですがお盆前の8/4に行こうという事ですが、今回はやべっちは日曜は予定があるので日帰りの予定でした。でも直前で金曜は休みを取って大尻沼で釣りして宿に泊まって菅沼に行こうという誘いです。

(奥日光まで来ました)
実はエレキなどを実家に置いてきたので、金曜は仕事は休んで実家に行こうと思っていたので、金曜早朝に実家に寄っていけば良いから問題ないかな、という事で話にのりました。そんな訳で、金曜は早起き、と言っても3時前には出発です。
実家で5時前には荷物を積み、丸沼到着は6時頃でしたがまだ早いので、朝ごはんのサンドイッチを食べて、涼しいのでひと眠りしようと思いましたがちょっとうとうとしていたら、やべっちとへんりーさんもやってきました。
さて、受付が終われば大尻の駐車場まで移動です。
今日は、3人で釣りなので、一人でボートですから、バッテリーやら、エレキモータやら荷物運びで、これが大尻沼の釣りの最初の試練です。さていざ船出という所で椅子を持ってくるのを忘れたことに気が付き、車まで取りに行ってさて船出です。

(出航です)
今日は他の釣り人は少ないようですね。ルアーの4人グループの2艘と単独ルアーの1艘で合計、5艘のみ、ほぼ貸し切り状態ですね。
やべっちとへんりーさんの後を追って岸際を移動していくとニジマスが居ます。すかさず毛鉤を送り込むと、着水と同時にニジマスが飛びつきました。

(勢いよく毛鉤に食いついたニジマス)
どうやら今日は、ニジマスの機嫌は良さそうですね。
すぐにこん度は大きなサクラマスが釣れ、その後も餌を探して泳いでいるニジマスを見つけながら、快調に大きなニジマスが釣れます。11時くらいになるとちょっとニジマスの反応というか餌を探して泳いでいるニジマスが少なくなったような気がします。

(空いていていい感じです)
ボートで湖を進んでいくとセミが飛んできて水面に落下。。でも、ニジマスはセミは食べないですね。そのうち食われちゃうんでしょうけど、、しばらくは小さい毛鉤ですかね。

(大きなニジマスが良く釣れます)
今日は快晴で暑くて、日陰だと良い感じですが、湖では日陰がないので厳しいかなと思いましたが、ちょっとだけ風が吹きとても涼しく感じました。
お昼には岸に上がって3人でお昼ですが、みんなそれぞれ大きなニジマスが釣れて満足ですね。

(2人も良く釣れてます)
午前中は、実績のあるアントフライでの釣りでしたが、午後は、大きなセミフライで釣ろうと思います。最近、セミフライでは反応があるものの、ばらしてばかりですが、へんりーさんから、セミフライはなかなかフッキングしないから、早合わせは禁物、合わせはしないくらいじゃないと掛らないよとのアドバイスもあり、セミフライで挑みます。
岸際を、回ってニジマスを探しますが、午後になったらなかなかニジマスを見つけられません。見つけてセミフライを送り込んでもどうもあまり反応しません。しばらくやって、また、小さいフライに変えて二匹ほど釣ったところで、やべっちがセミで釣れたよとのことで、また、セミフライをつけてニジマスを狙います。

(日差しがあると暑い)
今度は、見つけたニジマスにセミフライを送り込むと、ニジマスが向かってきたと思ったら、ストップ、なかなか食いつかず、セミフライの周りをぐるぐる回ったと思ったら、パクリ!
やったと思って思わず合わせたら、外れてしまいました。早合わせはNGとわかっていてもつい、合わせてしまいますね。その後にもセミフライに出ましたが、やっぱり、途中で外れてしまいました。
今日は、平日だったこともあり、空いていたので良く釣れました。ティペットは太いのを使っていたので、切られたのは1度だけでしたが、途中で外れたりしたのは結構いますから、やっぱり早合わせなんですね。
16時過ぎに早めに終了、また、ボートの荷物を車まで運びます。
やっと荷物を運んで、車に積み込んだら汗がどっと噴き出してきます。

(やっと荷物を運んできました)
何時も、温泉の宿に泊まるのですが、今日は温泉の宿が取れず、近くのペンションです。
温泉ではないけど、食事は美味しかったですね。

(お疲れ様!)
まずはビールで乾杯ですが、ジャガイモのポタージュ、カジキマグロのバジルソース、お肉、など、どれも美味しかったです。
そしてデザートの栗のアイスクリームはお替りしたかったですね。

(食事が美味しかったです)
明日の釣りのため、バッテリーの充電もさせてもらって、就寝ですが、明日は朝早く出発なので、朝ごはんは無しで、おむすびを夜のうちに作ってもらいました。
今日の大尻沼の釣りは、他の釣り人が少なかったからか、なかなかニジマスの反応が良くて良く釣れたので、満足ですね。最後は、腕が吊ってしまったくらいです。

(今回泊まったペンション)
前回、大尻沼の釣りをして上がって来たときに、菅沼で釣りをしてきたという人の話を聞いたのですが、菅沼の方は、あまりニジマスの反応が良くなく、サイズもだいぶ小さいという事でしたから、明日の釣りは、あまり釣れないかもしれませんね。
でも、こればかりは行ってみないとわかりませんからね。という事で後半に続く。。

 

コメント

思い出のイワナ(2018/7/25)

2018-08-02 | 釣り

平日だったけど、急遽、思い立って釣りに行ってきました。

(猛暑が続くので涼しい渓流に!)
峡北漁協の年券を買ったのにまだ一度も釣りをしていないので、行って見ようと思ったのもありますが、フライを初めて、25年くらいになりますが、初めてイワナを釣った川に20年ぶりくらいになりますが行ってみようと思ったのでした。
なにせ、毎日、35度を超える猛暑日が続いてますからね。。
コンビニでお昼ご飯を買って川に到着したのは、8時前くらいですね。昔、いつも車を止めていた場所が今一つ思い出せずに、一度通りすぎてしまいました。
早々、川に入ってみましたが、流れは小さくなり、昔に比べかなり水が少なった気がします。
ポイントに毛鉤を送り込むと、小さなイワナが釣れました。小さいけど、イワナがちゃんといて良かったと思いました。

(すぐに釣れた小さいイワナ)
釣りあがっていくと、ちょっとした滝があります。ううん、思い出せませんね。こんな滝、あったかな。でも滝壺はちょっとしたポイントなので、良いイワナが居るはずですから、下慎重に毛鉤を送り込むと良い感じで、イワナが毛鉤に出ました。
イワナをすくおうと思い、岩をよじ登ったら、なんと毛鉤が外れてしまい、残念なことをしました。

(思い出せない滝)
その後は小さいイワナしか出てきませんが、はじめてイワナを釣ったポイントに到着です。この場所、確かにこの場所のはずです。毛鉤を送り込むと、ガッボッと毛鉤に出たと思ったら、なんと合わせ切れで、お粗末様でした。

(初めてイワナを釣ったポイント)
その先では、はっきり思い出せませんが、確かに良いイワナを釣ったことがあるポイントにきましたが、真ん中にはイワナはおらず、端っこの岩の所で毛鉤をつつきに来て帰ってしまいました。

(昔、良いイワナが釣れたけど。。)

(このくらいのイワナはあまり釣れません)

(視界を遮るものがあったので、見たら帽子のツバの内側にこの子)
さて、お昼の時間ですが、コンビニでおにぎりは買ってありますが、このまま、道を進んで、峠を越えれば、蕎麦屋さんがありますので、蕎麦屋に向かう事にしました。
途中の峠道の眺めがよかったので、車を止めて、写真を撮ってから蕎麦屋さんです。

(ちょっと眺めが良かった)
今日は、平日なので、もしかしたら休みかもと思っていましたが、やっていてよかったです。
大盛りの蕎麦に鳥モツもつけてちょっと豪勢なお昼です。

(お昼は蕎麦です)
さて、午後の釣りですが、思い当たる場所に向かうと、どうも行く先々、釣り人の車が止まっています。ちょうど車が止まっていないところがあり、上流側の堰堤を楽しみに釣りあがって、堰堤につくと、なんと釣り人がいました。
今日は、平日だというのに、川には釣り人が沢山います。どうしたことでしょうかね。
場所を変えて、うろうろして、車が止まっていますが、後からでも良いかと思って、川に入ったら、意外にイワナの反応が良く、小さいけどイワナが釣れます。
そのイワナ、良く見ると、ヤマトイワナですね。

(小さいヤマトイワナ)

(こんな流れの小さい川)

そのうち大きいのも出るかもしれないと、ちょっとした溜まりに毛鉤を送り込むと、不意に背後で気配を感じたと思ったら、黒い毛の獣が横をすり抜け、前に出ました。
思わず、びっくりして声をあげましたが、なんとそれは、犬でした。。
後ろを振り向くと、飼い主らしい人が上の方の杣道にいて、「すいません」と声をかけてきましたが、それはないですよ。。いくら、杣道があるとは言え、こんな山の中で、黒い毛の犬を放して遊ばせていたら、熊と間違われますよ。まあ、白い部分もあって、やけに人なつっこくて可愛い犬でしたがね。
犬の頭をなでて、お前、可愛いな。。でもな、びっくりしたぞ、脅かすなよな。
と言ってお別れです。

(この子にはびっくり、ボーダーコリーですね)
まだ、15時前でしたが、釣りお仕舞いです。
帰りの中央高速は、平日なら、渋滞はないと思っていましたが、なんと、本格的な渋滞ではないにしろ、途中、軽い渋滞にもはまってしまいました。
今回の釣りは、なかなか行くことがなかった、初めてイワナを釣った川に、久しぶりに行きなんとも懐かしかったし、小さいけどヤマトイワナも釣れ、ほっこりしました。
最後の犬クンの出現には、かなりビビりましたが、可愛かったので、許します。

Ps.
テレーワークディーズってこともあったんですけど、仕事休んだのでダメかな。。
でも、、もしかしてそれで釣り人多かったのかもしれません。。

コメント

2018年ドカンは大尻沼で!(2018/7/14,15)

2018-07-31 | 釣り

毎年この時期の恒例となっている、山上湖でのドカン祭り、今年は大尻沼に集合です。

(今回は大尻、スイッチロッド導入、トンボがきました)
今回は、春に体調を崩したへんりーさんの快気祝い、復活を祝しての意味もあり、大勢の参加者が集まりました。総勢17名、9艘の予約です。
朝は自宅を早めに出発、っていうか釣りの前の晩はあまり眠れないので、3時半には出発してのんびり走ります。

(高速走行中に日の出)
途中のSAのトイレ休憩で、Wildさん発見ですが、ちょうど出るところで、すれ違いです。
高速を降りてコンビニに入るところで、出てきたS根さんと遭遇ってことで、みなさん、大体、早めに集合ですね。
受付の丸沼環湖荘に6時過ぎには本日参加の皆さんは集まり始めましたが、受付はきっかり、7時半です。集まって来ては、今日のフライは、何が良いかなとか、まあ、早く来たら来たで楽しいものです。

(今日の釣りの事前談義)
さて、受付も済んだら、車で大尻沼の近くの駐車場まで移動して、沼まで、重い重いバッテリやらエレキモータ、釣り道具を運びます。大尻沼は駐車場からボート乗り場までが遠く、道が悪いので、台車で運びますが、これが重労働です。
やっと、ボートに取り付けたら、いざ、船出です。今日は、Tさんと乗船ですが、昨年もTさんと、一昨年もTさんと乗船だったのですが、なんと一昨年前は、大尻で、Tさんは、ボ。。。昨年は、菅沼でなんとか釣れたものの大きいサイズが釣れずと、いう事で今回は何とか良いニジマスを釣ってほしいという所です。
ところが、今日は天気が良すぎて、朝8時ですでに日向は暑すぎで、日陰に逃げ込みます。
最初につけたフライは、セミフライ!
岸際のニジマスを狙います、、が、ニジマスが、なかなか見つかりません。岸際にセミフライを浮かべながらニジマスを探していたら、バコッと毛鉤にニジマスが食いつきましたが、かかりませんでした。よそ見はいけませんね。もう一度、セミフライを浮かべていたら、今度は吸い込まれまれ、ニジマスが掛りましたが、潜って行ったと思ったら、なんと、外れてしまいました。
その後もニジマスを探しますが、見つけてTさんが毛鉤を送り込みますが毛鉤を避けて行ってしまいます。
そんなこんなで、湖の一番奥まで行っても釣れません。他の皆さんもあまり釣れていないようですね。やっぱり、今日はどうもニジマスの活性は低いようです。。そんな時は、大きな毛鉤では釣れないので、Tさんの巻いたアントフライがきくはず。。と対岸側を回りますが、釣れません。
今回は、大人数できましたが、当然、他にも釣り客はいるので、奥はちょっと混雑気味ですから、入り口の方が良いかもしれないと思い、入り口の方に戻ると、岸際にライズありです。すかさず、ライズ場所の方に向かい、Tさんが毛鉤を浮かべると、すーーっと毛鉤が吸い込まれ、やっと、Tさん良いニジマスを釣りました。

(Tさん、釣れました!)
良かったです。やっぱり、アントフライが良いようです。
すかさず、泳いでいるニジマスを見つけ、アントフライを送り込み、良いニジマスが釣れました。

(やっと来ました)
さてそろそろお昼の時間ですからお昼の集合場所の一番奥の広場に集合です。
みんなでワイワイ、おしゃべりしながらお昼を食べました。

(お昼は岸に上がって日陰で)
しかし、今日は暑すぎますが、さすがに高地ですから日陰は涼しくて気持ちが良いですね。
さてさて午後の釣りタイムですが、やっぱりなかなか釣れませんでしたが、セミフライで試してみましたが、やっぱり、反応しないので、アントフライで一匹釣りました。

(午後も釣れました)
3時頃になると、湖の真ん中あたりでたまにライズがあるので、ライスしている方に向かうと浮いている魚が見えます。すかさず、毛鉤を送り組むと、がっちりと食いました。
結構良い引きをしたのは、ニジマスではなくて、60㎝近くあったサクラマスでした。

(大きなサクラマス!)
Tさんも良いニジマスを釣り、最後に岸際のニジマスを狙いましたが、良いニジマスに毛鉤を引きちぎられて、今日の釣りは完了となりました。

(天気が良すぎる湖の釣りはつらいかも)
撤収作業は、また、重いバッテリーを車まで運んで、完了ですが、今日は天気が良すぎて本当に最後に汗だくになりましたが、一日、湖のニジマス釣りを楽しみました。
そうそう、今回は、スイッチロッドを初めて使ってみましたが、ボートのつりでは、あまり、有効ではなかったかもしれませんが、両腕でのキャストがなかなかできないので、ちょっと練習しないとだめですね。
さて、皆さんとここで解散でしすが、毎年、そうですが、今日も、やべっち、Wildさんの3人で湯元の温泉に泊まりです。
湯元の温泉にチェックインして温泉です。


(釣りをして温泉入った後はビールで乾杯)
湯元の温泉は硫黄の匂いがかなりきついですがなかなか気持ちの良い温泉です。
晩御飯もまずまず、特にビーフシチューが意外に美味しくて満足です。

(満足の晩御飯)

(このビーフシチューが意外に美味しかった)

朝は、のんびりと起きて、温泉にも入って、朝ごはんを食べたら、湯の湖で釣りです。

(ビュッフェスタイルの朝ごはん、、食べすぎました)
今回は、3人で岸釣り、天気が良すぎて釣れそうな気がしません。スイッチロッドで両手でキャストする練習をしようかと思いましたが、なかなか両手でキャストできませんでした。

(湖に行く前に、暑いよー。。)

(ライズ無いですね。。)

早めに上がって、レストハウスでお昼ですが、朝ごはんを食べすぎたので、チタケ蕎麦でお昼を食べたら、バッチをもらって実家に向かいました。

(いつもはカツカレーなんですが、、今回はチタケ蕎麦)
帰りの、いろは坂は、本格的な渋滞になる前でしたが、それでもノロノロでやっぱり疲れましたけどね。
毎年、この時期の恒例になって、もう9年目ですから、来年で10周年かな。もともと大きなフライで釣るのが狙いだったけど、小さいフライじゃないと釣れなくなっているような気がします。
それでも、泊まりでのんびりしての釣りは、なかなか楽しかったですね。
何時も、釣りの段取りしてくれるやべっち、宿予約はWildさんで感謝、感謝です。

コメント

2018年初夏の北海道釣行 その8END(6/30、7/1)

2018-07-29 | 釣り

さて、北海道の釣り旅もなんと、なんと、もう、お仕舞いです。

(北海道の旅、最後は置戸の川です)
朝、早くから釣するつもりだったので朝食は無しですが、早起きして温泉に入って顔を洗ったら、宿を出発です。
最後は、置戸で一発勝負の釣りをしようという事で、朝6時には、置戸に到着です。
車を止めて釣りの準備をしていたら、おはようございますと声をかけられたので、びっくり。声をかけてくれた人は、TKさんの紹介で、昨日、イブニングの釣りを一緒にしましょうと誘ってくれたFさんでした。これから、仕事に行く途中とのことで、ちょうど通りかかったそうです。釣りのポイントのアドバイスをもらって、お礼をしてお見送りしました。

(朝、6時には置戸の川で釣り準備)
早々、釣り開始ですが、今日こそは、セミフライで、大きなニジマスを釣るぞと心に決めて、セミフライです。はじめのうちは涼しくてよかったのですが、8時頃になると日差しが強くて、ちょっと暑いです。
釣りの方は、セミフライで通しましたが、2度ほど大きなニジマスがセミフライにガバッと出ましたが、合わせが早すぎたのか、ちゃんと食わなかったのか、結局、かかりませんでした。
9時にはもう、暑くて釣り終了です。

(置戸での釣りも終了。。)
さて、のんびり、小樽に向かいますかね。給油する前のコンピュータの平均燃費は18.8Km/lと、結構、良い燃費でしたが、途中で給油して、安全運転のやべっちの後をついて走っていたら、40Kmくらい走った時点で、なんと26.7Km/lと驚異的な数字でした。

(平均燃費が26.7Km/lって。。)
途中何度か、休憩しながら小樽に向かいます。高速道路で、ちょっと燃費は落ちて、小樽に到着した時には、21Km/lでしたが、北海道の平坦な真っすぐな道での燃費の良さにびっくりです。

(小樽のフェリー乗り場に到着です)
さて、小樽でお昼ですが、折角なので、市場の方で寿司という話をしていましたが、途中で美味しそうなラーメン屋を発見です。

(小樽港にある初代)
そういえば、北海道に来て、一度もラーメンを食べていないという事に気が付き、ラーメンにしようという事にあっさり決まりです。
このラーメン屋さんとても美味しくて満足しました。

(ここのラーメン、美味しかったです)
市場でお土産を少し買ったら、フェリーの乗船ですが、来る時は一人でしたが、帰りのフェリーは、やべっち、nobuさんも一緒のフェリーなので、楽しいですね。そうそう、十勝で別れた、NDっちも、そういえば同じフェリーで帰るとのことで、しばらくしたら、やってきました。出向は17時なので、16時には、乗船です。

(市場と言っても観光市場なので、ちょっと高いのかも。。)
乗船し、まずは部屋で、シャワーを浴びてちょっとのんびりです。4人とも2人部屋を貸し切りで別々なので、夕食のときに待ち合わせです。

(出向しました)
夕食は18時ごろに待ち合わせたので、席が結構いっぱいだったのもありますが、テラス席が気持ち良いねという事で、4人で晩御飯。
軽くビールで乾杯して、旅の無事に感謝です。

(テラス席で海を見ながら風にあたって乾杯!)

(晩御飯は、ハンバーグ)
その後は船内で、軽く飲み会ですね。ビンゴ大会も始まったので、参加しましたが、4人ともビンゴ出ずで、盛り下がりました。。

(全員、ビンゴ、外れ。。)
チェロの演奏会を聴きながら、おしゃべりして、解散。それぞれ部屋に戻って就寝です。

(帰りは、チェロの演奏会)

(ピザ大好きのやべっちです)

疲れもあり、早めに寝寝ましたが、帰りの船は、全く揺れずに、朝までぐっすりでした。

(朝、波もなく静かな海、揺れずにぐっすりでした)
6時には目が覚め、朝食はそれぞれで食べました。

(朝食)
下船後は、近くのコンビニで待ち合わせ、方向が違う、nobuさんとはお別れしました。
やべっちからお昼は、赤城高原にNさんが釣りの帰りに寄るから一緒に食べようと連絡があったとのことで、赤城高原で落ち合うことにして別々に出発です。
12時前には、赤城高原でNさんが待っていて、合流です。Nさんからトウモロコシのお土産をいただいて、一緒にへぎ蕎麦を食べていたら、NDっちもやって来て、ここでも4人で食事です。

(赤城高原SAで、Nさんと合流し、やべっちと3人でお昼)

(お昼はヘギ蕎麦)
赤城高原で、皆さんとお別れして、14時には自宅に到着です。自宅に帰ってきたら平均燃費は、17.5Km/lまで落ちてました。
今回の総走行距離は、2270Km、軽油は142lくらいなので、結局、実測では16km/lくらいでしたが、2.2Lのディーゼルターボですから、まあ良く走る車ですね。
また、北海道は、車で行きたいものです。
今回の北海道の釣りでは、結局、大きなニジマスは釣れませんでした。。フェリーで行く場合は、2日間は移動のために使わないといけませんが、自分の車なので、荷物の心配もないし、休みに余裕があれば、飛行機で行くより良いのかなと思います。
今回乗ったフェリーは個室も取れたので、快適でしたしね。
でも、やっぱり、現地で、仲間と合流して、一緒に釣りができたのが一番ですね。それに地元の仲間のサポートもあり、楽しい釣り旅ができました。
釣り仲間には、感謝、感謝の北海道の釣り旅でした。
また、行きますよ。

コメント

2018年初夏の北海道釣行 その7(6/29)

2018-07-28 | 釣り

さて、いよいよ北海道の釣りも終盤、十勝は天候の変動、雨による増水、濁りのためあまり良くなかったですが、こればかりはどうしようもありません。

(ルピナスが咲く川で釣りです)
今日は、期待を込めて、北見方面に移動です。
朝は、5時前には出発です。
結構な雨が降っています。移動することにして正解だったかもしれませんが、北見の方は雨はどうかな。。天気予報では、大丈夫そうだったけど。。

(十勝は雨です。このお店に行きたっかけど。。)
目的の川までは、約130Km、途中から山道になるので、動物注意ですね。雨の中のドライでしたが、山を越え目的地が近づくと雨はやみ、道路が乾いています。目的の川に到着し、流れを見ると増水もなく濁りもありません。思わずガッツポーズでした。

(目的地に近ずくと雨は無し)
早々に、支度をして釣り開始です。

(濁りもなく、良かったです、でも、2,3日後は雨で増水濁りだったようです)
ルピナスの花が咲く河原を歩きながら、ニジマス釣り。3人で交代で釣りあがりますが、ニジマスの反応もそれなりにあり、楽しく釣りあがります。30㎝越えのニジマスはそれなりに釣れますが、40cmオーバーはなかなか出ず、やべっちが1つ釣っただけでした。

(最初に釣れたニジマス)
一度、大きなニジマスがライズしてたので狙いましたが、小さいほうのニジマスが毛鉤をさらってしまい、大物は取り逃がしました。

(三人で楽しく釣りです)
陽が出て日向は暑いくらいでしたが、日陰は涼しくて、今日はニジマス釣り日和でした。
セミフライは結構反応は良かったですが、どうも、フッキングしなかったり、外れたりと、結局、セミフライでは釣れませんでした。

(もっと大きいニジマスが居たんですけどね。。)
ホウライ鱒も釣れて、そろそろ川から上がり、下流部で少し釣ることにして退渓点を探します。やっと川から上がって車まで戻りですが、真っすぐな道を4キロほど歩いて戻りです。

(ホウライ鱒ですね)
時々、通るトラックは結構スピードも出しているので、ちょっと怖いですね。
やっと車の近くまで、戻ってくると、自動販売機があり、用意の良いやべっちはちゃんと小銭を持ていて、冷たいコーラをごちそうになりました。

(冷たいコーラは美味しかった)
さて、下流部に移動して釣りですが、ちょっと雨が降り出しました。橋の下は濡れないので、橋の下でコーヒーを入れてちょっと休憩です。
コーヒーを飲んでいるうちに雨は上がって、さて、釣り開始、アメマスが良く釣れました。

(下流部ではアメマス)
今日の夕方は、TKさんの紹介で、置戸の人とイブニングの釣りをすることになっていたので、16時にはいったん川から上がり、まずは道の駅に向かいました。
今日は、良く歩いたので、結構、くたくたです。相談の上、今日のイブニングの釣りはやめて、宿でのんびりしようという事になり、道の駅でソフトクリームを食べて、宿に向かいました。折角なので、ドローンをちょと飛ばしてみましたが、ツバメが沢山飛んでいて、ドローンの周りを旋回します。不思議に、ツバメたちは、ドローンと一緒に上昇したり、下降したりしました。

(ドローンの周りをツバメが飛び回ります)
今日の宿は、留辺蘂の温根湯温泉です。温泉に入る注意を聞いて、早々、温泉にはりました。

(今夜の宿)
結構、お湯が熱いですが、釣りのあとの温泉はやっぱり良いですね。
温泉に入る注意は、お湯が熱いので、水分を十分とりながら入らないと、のぼせるので注意だそうです。
そんな訳で、温泉に入ったら、冷たい水をがぶがぶ飲みます。
さて、のんびりしたら、晩御飯、今日の宿代は結構安かったので、あまり期待していなかったのですが、なんと、料理が美味しい。決して豪華ではないですが、地のものなど、美味しくて満足しました。

(美味しかった、宿の晩御飯)
この宿は、ちょっと古いですが、温泉も良かったし、食事も美味しく、お値段も安くて、大満足でした。
さて、明日は、いよいよ帰る日ですね。朝のうちだけ釣りをして、9時頃には小樽に向かい小樽でお昼を食べようという事で、就寝です。
さすがに、今日は沢山歩いたので、疲れていましたが、寝る前にも温泉に入って寝ました。

 

コメント

2018年初夏の北海道釣行 その6(6/28)

2018-07-27 | 釣り

今日は、良い天気です。昨日の雨の影響は心配ですが釣りも期待できそうですね。
まずは7時半にビジホを後に近くの市場に向かいます。

(今日は良い天気です)
市場で色々見るのも楽しいので、色々見て、昆布やさきイカなんかもお土産に購入です。

(帯広の市場やってきました)
さて、お目当ての朝ごはん、市場のお寿司屋さんで4人で朝ごはんです。折角なので、日替わり海鮮丼を食べましたが、とっても美味しかったです。
お腹も満たしたので、さて釣りですが、もっちゃんは他に用事もあるとのことでここで別行動です。

(美味しかった日替わり海鮮丼)
川の状況をTKさんに聞いてみたところ、西側の川は昨日の雨の影響で増水、濁りで厳しそうとの事で、東の方の川を目指しました。最初の川の中流域に行ってみましたが、どうも多少濁りがあります。やっぱり、昨日の雨の影響かと思いましたが、さらに上流に行ってみてわかりましたが、二年前の川の氾濫の影響で河川工事をしているからでした。

(中流域の川岸は草ぼうぼう、水が少し濁ってます)
さらに上流域に行き川に到着すると、先行者の車があり、川をみるとすぐそこに釣り人が居ます。ここはだめだね。。という事で、3人でまた移動、TKさんの職場方向に戻りました。

(上流域も天気は良かったけど)
今日は、東京からDさんも来るというので、TKさんが迎えに行って一緒に釣りをしているそうです。合流すると、川は濁りがあります。でも、今日は手間の方でもライズがあったそうで、狙っています。ちょっと下流側に移動すると、AOさんとNDっちもライズ待ちしています。さらに下流に移動すると一度だけ、対岸でライズがあり、ひとまず毛鉤を流してみましたが、釣れそうな感じはないですね。
上流のnobuさんとやべっちが見えなくなったので、移動するようですね。ちょっと上流側に戻ると、誰も居なくなっていました。

(川は濁っていました)
岸辺に一人で座って流れを見ていると、小鳥がやって来て近くで鳴いています。何かうったえかけられているような気がします。すると、なんとこちら側の岸際でニジマスが一度ライズしました。狙ってみましたが、毛鉤には出ませんでした。
nobuさんとやべっちは上流域に行ってみるとのことで連絡がありましたが、しばらくして隣の川に行くというので、こちらも移動して合流することにしました。
川から上がると、また、DさんとTKさんがやって来て、上流域は、増水していて釣りは無理だったとのことでした。
隣の川でnobuさんとやべっちに合流して川に入ると、小さいですが、ニジマスが釣れます。

(隣の川は濁りもそれほではなく小さいけどニジマスが釣れます)
でも、今日は結構暑くて川を歩くは厳しいですね。もっと大きいニジマスが居そうなところに移動しようかという事で、移動ですが、やべっちは調子が悪いから車で寝ているとの事で、nobuさんと移動です。

(ハマナスが咲く川でニジマス釣り)
ちょっと上流に移動すると、nobuはここでちょっとやってみるというので、さらに上流に向かってみると、釣り人らしい車があり、さらに上流に、するともう一台車があるので、さらに上流に、となかなか良さそうな感じなので、nobuさんも呼んでここら辺が良いのではという事で、さらにやべっちも呼びました。川に入ると、ライズしています。ニジマスがいくらでも釣れますが、サイズが小さいです。大きいのも居るんじゃないかと思って釣りますが、小さいニジマスしか釣れません。3人で小さいニジマスを沢山釣って、今日の釣りは終了です。

(いくら釣っても小さいニジマスがライスします)
まだ、明るいので、ちょっとドローンを飛ばして、今日もくったり温泉で汗を流しました。

(空から川をみてみました)
今日は暑かったので汗かきましたからね。
明日は、天気予報では雨です。釣りはどうしたもんかと昨夜、相談の上、北見の方に移動しようという話になって、温泉ホテルを予約済みですから、十勝の釣りは、今日でおしまいです。
結局、十勝では大きなニジマスを釣ることができませんでした。
夜は、隣のお店で晩御飯を食べ、TKさんの職場の二階で今夜はDさんも加わり、軽く飲み会です。

(軽ーく、ビールで乾杯)

(晩御飯は牛トロ丼)
明日は、早朝に移動するので、お世話になったTKさんと居残りの皆さんにお別れをして、早めに寝させてもらいました。

コメント

2018年初夏の北海道釣行 その5(6/27)

2018-07-26 | 釣り

朝、目が覚めると雨です。やっぱり天気予報通りの天気ですね。さてさて、今日はどうしたものか。。

(雨上がり有楽町に向かいます。Phot by yabech)
ゆっくりコーヒーを飲んで、皆さん、Coopに向かいます。折角なので、Coopに行って、色々と北海道限定品などをお土産に買いましたが、雨が降っているので傘をさして車に運ぶ途中、ビールを落として、一本、破裂してしまい、もったいないことをしました。

(朝は雨の音で目覚めました。。)
給油して、戻ると、nobuさんが釣りに行くというので、一緒に向かいました。
雨は、降ったり降ったり、ちょっとやんだりですが、一応、川に入ってみました。
雨で、気温は下がり寒いので、ライトダウンを着込んできましたが、こうも寒いと虫のハッチもないので、ライズはありません。nobuさんは、前日、3回ばらしたところで、30㎝くらいのニジマスを釣りましたが、全く、釣れる気配なしでした。雨も止みそうもないので、釣りは完了、上がって車の所に戻ると、TKさんがちょうど来ました。

(雨の中釣りをするnobuさん)
今日の釣りは無理そうなので、一緒に、お昼を食べに行こうという話になり、蕎麦屋さんに向かいました。

(釣り場から蕎麦屋までついてきたデンデンムシ)
街中にある蕎麦屋さんに着いたのは3時少し前でしたが、なんとお店は2時半で終了との事で、残念と思いましたが、地元のTKさんが話をして、なんとか入れてもらえました。
このお店は蕎麦屋さんですが、十勝に来たら是非食べたかった豚丼もあります。蕎麦と豚丼、どっちが良いかな。。と悩んだら、アベックドンと言う蕎麦と豚丼のセットがあるのでいただきました。
十勝で豚丼を食べるというミッションもクリアしました。

(豚丼と蕎麦のアベック丼)
さて、今夜は、帯広のビジホに宿泊して、ジンギスカンを食べるというミッションもあるので、遅いお昼を食べたら、移動です。
まだちょっと早いですが、ビジホにチェックインし、たまった洗濯物をコインランドリーで洗って、シャワーを浴びてちょっとのんびりです。

(やっと雨は止み青空が見えてきた西帯広)
お店は、19時予約ですから、19時ちょっと前に、nobuさん、やべっち、もっちゃんの4人でお店に歩いて向かいます。
雨はすっかり上がって、青空が見え、十勝の空は大きいなと感じる散歩をして、着いたお店は、有楽町。

(西帯広にある有楽町)
十勝の有楽町で逢いましょう。ってことで、泊まらない2人も参加で6人で、ジンギスカンとモツで晩御飯です。
ジンギスカンは、普通にジンギスカンですが、モツはなんとうどんと一緒に焼く、うどんモツ焼きですが、これも、結構おいしかったけど、その後頼んだ、コブクロもイケましたね。

(ジンギスカンとうどんモツで晩御飯)
でも、やっぱりジンギスカンが美味しかったです。
ビールはあまり飲めないので、ワインを飲みましたが、山梨産の梅ワインで、あれっと思いましたが美味しかったです。
ワインでちょっと酔いましたが、たらふく食べた後は、ビジホに泊まらない2人と別れて、4人でビジホに帰ります。
なんとも、気持ちが良いですね。こうして気の置けない仲間と飲んで、夜の街を歩いて宿に帰る。今日は釣りの方はさっぱりでしたが、とても楽しい印象に残る日ですね。

(宿に戻る途中の西帯広の駅)
宿に帰ってからも、軽く4人で部屋飲みです。飲み物がなくなったので、お金を出す人と、買い出しに行く人ってことでジャンケン大会です。
もっちゃんとやべっちは勝ち逃げで、nobuさんがお金を出して、ボクが買い物ってことになり、好きなもの(アイス)も買って宴会は続きます。

(デザートはアイスで)
さて、明日は、天気は良さそうなので早々に釣りに行きたいところですが、折角ここまで来たので、近くの市場で朝ごはんを食べてから、釣りに行くことになりました。さてさて、旅は後半となりますが、明日こそは大きなニジマスを釣りたいなぁ。と夢の中です。

コメント

2018年初夏の北海道釣行 その4(6/26)

2018-07-25 | 釣り

さて、北海道の釣りも4日目です。

(十勝の川でニジマス狙い)
朝はのんびり起きだして、今日の釣り場の相談です。今日は、やべっちも合流する予定ですが、こちらに来る途中で別の川で釣りをしてくるとのことで、夜の合流になりそうですね。。
まずは、セイコマで、朝食とお昼を購入してnobuさんと川に向かいます。
今日の川はダムの放水があり、朝は水が多いけど昼頃には水が引くので釣りやすくなるそうなので、のんびりライズ待ちの釣りです。川に降りると、まだ、水が多いそうです。

(水がまだ高い、、らしい)
地元のTKさんに川の様子を写真で送って話を聞くと、もう少し、下流で待てばライズがあるかもとのことで、少し、下流に移動してみると、ライズがあります。でも、ライズは対岸の方で川が深いのであまり立ち込めませんから、届きません。少し水が引いて少しだけ立ち込めるようになり、届きそうなところでライズがありましたが、単発のライズで、結局毛鉤には出ません。しばらくライズを待ちますが、届きそうなところでのライズはなく、ライズがないところに毛鉤を流しても釣れません。

(ちょっと水位が下がった)
nobuさんは、スイッチロッドで、比較的、沖目に毛鉤を送り込み、3度ほどニジマスが毛鉤に出たそうですが結局釣れず、昼過ぎになったので移動です。
今度は、上流域でニジマス狙いです。川から上がるとTKさんがちょうど来ていて、一緒に来てくれるとのことで、上流域を目指します。
最初のポイントには先行者の車がありますが、ニジマス狙いの場合、先行者が居ても30分もすれば影響がないようなので、川に降りて釣りです。川に降りると、先行者がちょうど川を下ってきたので、話を聞いてみると、その人の前にも釣り人がいて、それほど釣れなかったそうです。沈めての釣りで、ドライでは厳しいかもしれないとのことでした。

(上流域の流れ)
でもnobuさんは大きなプールでライズを見つけ、ニジマスを釣っていました。
その先のプールに毛鉤を送り込むと、ピッシっと毛鉤に出たのは、イワナです。
北海道なので、オショロコマですね。以前は、この辺りはニジマスばかりだったそうですが、大水の影響で川の流れは変わり、奥の支流にいたオショロコマが落ちて来たそうです。

(オショロコマが釣れました)
TKさんは釣りはせず、橋の上からライズを見つけライスの場所を教えてくれます。
ライズを狙おうとライズ場所に向かいましたが、合わせが早すぎて掛けられずです。
車で移動して次のポイントです。川に降りて毛鉤を流すと、またもオショロコマが釣れました。nobuさんは、上流から流れてきた大きな木が流れをふさいだ場所で9寸くらいのオショロコマを釣りました。
対岸で良いサイズの魚が毛鉤に食いつきましたが、バレてしまいましたが、一回り小さいオショロコマが釣れて、今日の釣りは完了です。
今日の温泉は、ちょっと行ってみたかった、トムラウシ温泉に行ってみることになり、移動です。ちょっと遠いですが、やっと到着すると、なんと、ポンプが故障しているので、日帰り入浴は利用できませんとのことです。。

(想像と違って立派な建物のトムラウシ温泉)
結構な距離を車で走ってきたのに、残念ですね。。結構、奥にあるので、せめて手前の方に日帰り入浴できませんの案内を出してくれていれば、良かったのにと思いましたね。。
そんな訳で、今日も、昨日と同じくったり温泉に入ることになりました。
TKさんの職場に戻ると、やべっちが待っていました。やべっちの後輩と5人で隣のお店で、晩御飯です。ステーキ丼はなかなか美味しかったです。

(5人で乾杯!)
近くのコンビニで夜の宴会の買い出しをして、また、仕事場の二階で、夜も宴会です。

(ステーキ丼、美味しかった)
天気予報では、明日は雨の予報ですね。明日の釣りはどうしたもんでしょうかね。。
やべっちは、明日は、先に帰る後輩を空港まで送るそうで、別行動になりますが、明日の釣りは厳しそうなので、近くのCoopにお土産でも買いに行こうかな、なんて話をして就寝です。そうそう、明日の夜は、帯広の方のビジホを予約していて、夜はジンギスカンのお店に行く予定です。明日は、もっちゃんも合流です。ちょっと楽しみですね。

コメント