映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アウトレイジ ビヨンド

2012年10月07日 19時00分09秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】


バッティングセンターの新しい利用方法とは(笑)

見た目で言えば、あれは球速130キロってところでしょうか。
数十球も顔面で受ければ、そういうことになりますかね~(苦笑)

毎回、斬新な殺しの手口を考えてくる北野監督に拍手です。



熾烈な下克上を制して加藤が関東一円を取り仕切る
巨大ヤクザ組織“山王会”のトップに上り詰めてから5年。
加藤は大友組の金庫番だった石原を若頭に抜擢し、
その勢力をさらに拡大させていた。
しかし内部では、若手を重用する加藤に
古参幹部の不満がくすぶり始めていた。
そこに目を付けたマル暴の刑事・片岡は、
山王会の古参幹部を関西の巨大暴力団“花菱会”に引き合わせ、
均衡を保っていた2大勢力に揺さぶりを掛ける。
その一方で、片岡自ら噂を広めて
獄中で死んだことになっていた大友を仮出所させる。
そして足を洗おうと考えていた大友を再び
抗争の渦中へと巻き込んでいくのだが…。
<allcinema>



小さな裏切りから大きな裏切りまで
そして、やられたらキッチリ報復をする日本の裏社会を
北野流エンタメでしっかり魅せてくれます。

ストーリーは前作からの流れを忠実に描いていて
展開もまったくダレるところがなく、最後まで惹き込まれました。
今回、前作で悲惨な殺されかたをした椎名桔平不在が惜しいところ。

それでも、新キャラとして登場していたハマちゃんや塩見さんの
なりきり振りに嬉しくなったり(笑)
特に塩見さんに関しては、強面から出るドスの利いた台詞など
70年代を席巻した深作映画『仁義なき戦い!』シリーズの
常連俳優顔負けの存在感となっていた。

最近の裏組織もシノギ(資金源)のため先端ITやファイナンスという
金融経済学をも必須らしい(苦笑)
「これが分かんね~者は、知ってる子分(部下)から学べ!」
って、さすがにそれは無理でしょう!
思ったのは、これは言い出しっぺの山王会若頭・石原が
人材育成セミナーを開くべきでしょうね(爆)

本作で最もアドレナリンが噴出したのは
木村と大友が花菱会の若頭・西野と中田と対峙するところ。
予告編でも流れてますが、あそこに前後するストーリーが
しっかりしてるので、観てて血圧上がりっぱなしでした(笑)

そして、最もウルっときたのは誠実な木村のキャラですかね。
大友の破門条件を突きつけられたときの演技は
男の友情・絆を強く感じました。

裏社会の2大勢力を裏から密かに操作しようとする
マル暴担当刑事・片岡(小日向文世)が陰の主役にもみえるし
片岡の後輩で相棒の刑事の存在もストーリーに幅を持たせた印象です。

ワタシとしては、この刑事コンビの会話が不思議とツボだった(笑)


【今週のツッコミ】
・今の60代は若頭にもなれるそうな(苦笑)
 今ではほとんど作られなくなった任侠映画ですが
 こうしてみると、若手俳優から、顔だけで相手を威圧させる
 そんなひとって、もういないのだろうか。

・そういえば『任侠ヘルパー!』の草𦿶くんが居ましたっけ(笑)

・女っ気なし!これがむしろ潔かったのかもしれない(笑)

・前作で、こんなの(カッター)で指詰められるか!だったのが
 兄弟になった途端、指食いちぎりましたからね^^;
 あれにはビックリ!最初上唇でも引き千切ったと思っちゃいました。
---------------------------------------------------
監督:北野武
脚本:北野武
撮影:柳島克己
音楽:鈴木慶一


出演:ビートたけし/西田敏行/三浦友和/加瀬亮/中野英雄/
    小日向文世/塩見三省/中尾彬/神山繁


『アウトレイジ ビヨンド』  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロラックスおじさんの秘密の種 | トップ | ヴァンパイア »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たけしは嫌いじゃないけど (笛吹働爺)
2012-10-08 14:49:27
彼の映画は好みではないですね。

さて、11/23に封切りのイーストウッド&エイミー・アダムスの「人生特等席」が待ち遠しいです。
エイミーは新スーパーマンにロイス役で出てるとかネットに書いてあったのでこれまた楽しみです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-10-08 22:58:13
こんばんは。
たった今、BSジャパンで前作のテレビ放送観終わりました(笑)
本作はしっかりと話が繋がっていたんだな~と思った次第です。

>11/23に封切りのイーストウッド&エイミー・アダムスの「人生特等席」が待ち遠しいです。

イーストウッド自身、4年ぶりの主演とかいってますね。
監督は愛弟子が務めるのでしょうか。
どちらにしても、彼の色は受け継がれると思うので楽しみです。
☆見つからなかった舟木さん☆ (TiM3)
2012-10-22 01:14:08
黒いビニール袋と、大量の血痕だけしか見つからなかったそうで・・余計に後味が悪かったです(×_×)

小日向さん、最後はちょっと油断し過ぎましたねぇ。。
TiM3さんへ (ituka)
2012-10-22 20:03:10
こんばんは。
舟木さんって元ボディガードから出世したことを茶化されてましたね。
あれだけいろんな方法で殺害されていくと誰がどのようになってたか忘れそうです^^;
ドリルを突っ込まれてた彼だったかな。
ちなみにそこでモンキー握って「忘れんな!」なんて言ってほしかったです^^;

>小日向さん、最後はちょっと油断し過ぎましたねぇ。。

彼に翻弄された物語りでしたね。
彼亡き後、次回作はこれでなくなった感じで淋しいです。

下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方 (zebra)
2013-03-17 21:54:17
裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。

加藤のやり方で 昔からの古参幹部たちは 新参の石原に冷遇されても なんとも思わず ないがしろにし過ぎたのが かえって 組の結束が弱くなったことが 三王会が衰退のきっかけだったようにもおもえました。


 花菱会(関西)で 神山繁さん演じた会長 重鎮ならではの 心理掌握話術が 巧みでした。 敵の組の古参幹部が協力してきたってコトは 三王会は "結束力が弱くなっとるわ"と 見抜いて あざ笑ってたに違いない。 
 
加藤にも 
「一度人を裏切ったやつは 何回でも裏切りよる」
こう言って 加藤は疑心暗鬼にさせ・・・むろん 石原や他の幹部組員は おそらく今後やってただろうし、言うとおりなのでしょうが・・・
 自分も前会長の関内を射殺した経緯があるため とうぜん組員を信用ができなくなる・・・
 この一言で 完全に バラバラになった三王会の結束は元通りに戻らなくなったと見ていいでしょうし。

>バッティングセンターの新しい利用方法とは(笑)
ボクもムカつくヤツが いたら バッティングセンターに 連れて行こうかな^^

>そして、最もウルっときたのは誠実な木村のキャラですかね。
大友の破門条件を突きつけられたときの演技は
男の友情・絆を強く感じました。
組がつぶれた者同士で結束した大友と木村。
奇妙な結束でしたが おたがいわだかまりが なくなってたので ほんのちょっぴりの"美しさ"を感じました。

最も下劣な男は なんといっても 小日向文世さん演じたマル暴の片岡でしたね・・・こいつには 下劣すぎて ムカムカです。 
zebraさんへ (ituka)
2013-03-17 23:01:43
こんばんは。
全員悪役!とはなんとも興味深いフレーズでした(笑)
続編でもっとも悪い奴が判明し最後のあのシーンとなったのでしょう。
しかし、前作もそうでしたが、彼の死体は写さなかったことで
またまた次回作あるんじゃないかと密かに期待なんかしています。
報復は ある意味 正義(?)・・・かな (zebra)
2013-03-22 03:31:16
もう少しコメントします。

>・前作で、こんなの(カッター)で指詰められるか!だったのが
 兄弟になった途端、指食いちぎりましたからね^^;
 あれにはビックリ!最初上唇でも引き千切ったと思っちゃいました。
 前作では 木村は村瀬組若頭の立場にあり、”チンケ”なプライドがあったからですね。
が 今作の木村は三王会を潰したい強い思いがあり
花菱の杯を得るため 若頭ともめた大友をなだめるため機転きかせて "覚悟"をみせて ことなきを得た。


前会長のボディーガードから幹部にと異例の出世した舟木。かちこみにきた木村の子分の若いふたりをむごたらしく殺して返り討ちにしたことで すさまじい怒りを噴出した木村。
 とうぜん木村はそんな舟木を見逃すほど甘くなく報復で 大友と一緒に拷問をし 加藤の秘密を暴かせた あげく殺害。

>やられたらキッチリ報復をする日本の裏社会を
北野流エンタメでしっかり魅せてくれます。
 じゃあボクも 学生時代いじめにあった恨みがあるから 御礼参りとして 野球のバット片手に殴りこみしてもいいのでしょうか?

>彼の死体は写さなかったことで
またまた次回作あるんじゃないかと密かに期待なんかしています。
 友達と ビヨンドを映画館で見に行ったのですが、友達は
 「これ、まだ 続編あるんじゃねえのか?」って言ってましたよ。あれば また見に行きたいです。
zebraさんへ (ituka)
2013-03-22 22:41:39
こんばんは。
この映画は人間の本質というか本能にまかせて行動させることでエンタメ性が上がる(?)というところでしょうか。
報復は正義かそうでないかを判断するのは難しいです。

やっぱり、これって続編ありそうですよね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
No.327 アウトレイジ ビヨンド (気ままな映画生活)
北野武監督・主演で悪人同士の壮絶な権力争いを描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」の続編。関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出 ...
アウトレイジ・ビヨンド (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
下克上の戦国時代のような無秩序な争いをしている中で、筋を通す者は少数だ。自然界の弱肉強食ならそれなりの秩序があるのだけど、人間の欲望が絡んでくると戦争のようになる。いまどきこんなにドンパチやるその筋の方はいない。ビートたけし演じる服役中の大友は半分傍観...
アウトレイジ ビヨンド/ビートたけし (カノンな日々)
北野武監督によるバイオレンス・ムービー『アウトレイジ』のまさかの続編です。続編の製作は最初から構想にあったのか、それとも前作のヒットを受けてこれなら確実にヒットが見込 ...
[映画『アウトレイジ ビヨンド』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、見たくてたまらなくて、レイトショーに駆けつけた。  もう、初っ端から、ひたすらに繰り返される相手を威嚇する声が非常に心地良い。  出てくる悪党どもの、表情の一つ一つが面白い。  人間の顔って、不思議な陰影を浮かばせるよね、特に西田敏行^^; ...
『アウトレイジ ビヨンド』 2012年9月25日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『アウトレイジ ビヨンド』 を試写会で鑑賞しました。 いや~面白かった でも、やっぱり体調悪いからか長かった 少し間延びしているね 【ストーリー】  5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴力団「山王会」は関東の頂点を...
アウトレイジ ビヨンド (Akira's VOICE)
ハリウッドよ、これが日本のヤクザだ。  
『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画 (映画のブログ)
 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」  かつて、極めてセリフの少ない映画を撮っていた北野武監督が、こう語っている。  「テレビでさえ吹き...
アウトレイジ ビヨンド  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  ビートたけし  三浦 友和  小日向 文世  加瀬 亮  中野 英雄 【ストーリー】 5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れる巨大組織になっていた。今では大友組の金庫番だった石原が若頭として山王会を牛耳ってい...
もっと 「悪いやつら」 ~『アウトレイジ ビヨンド』 (真紅のthinkingdays)
 服役中の大友組元組長・大友(ビートたけし)は、マル暴刑事片岡(小日向 文世)の企みで仮出所する。片岡は、関西を牛耳る花菱会と、関東の山王会 に抗争を仕掛けようと画策していた。出所した大友は、...
「アウトレイジ ビヨンド」復讐を手助けした先にみた本当に復讐すべき相手への復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「アウトレイジ ビヨンド」(R15+指定)は2010年6月に公開された「アウトレイジ」の続編で、刑務所を出所した元やくざが復讐のために一肌脱ぎ抗争を起こして復讐していくストー ...
『アウトレイジ ビヨンド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ ビヨンド」□監督・脚本 北野 武 □キャスト ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬 亮、中野英雄、松重 豊、       小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾 彬、       神山 繁、...
アウトレイジ ビヨンド (だらだら無気力ブログ!)
今回も「コノ野郎!」の嵐
アウトレイジ ビヨンド (映画的・絵画的・音楽的)
 『アウトレイジ ビヨンド』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)ビートたけし監督の作品はこれまでも随分と見ていることもあり、特に前作の『アウトレイジ』が面白かったので、遅まきながら映画館に出かけてみました。  物語は、警察官の死体の入った乗用車を海から引き....
「アウトレイジビヨンド」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 全世界待望の北野武監督×ビートたけし主演最新作は、2010年公開の極道映画「アウトレイジ」の続編。  前作から5年、仮釈放した元大友組組長・大友の、今や政界にまで影響を与えるほど勢力を拡大させた山王会への復讐劇を描く。
再び、全員悪人 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞しました。 「アウトレイジ」の続編! 今回も前作と同じく 全員悪人 暴力エンターテイメントを見せてくれましたね 今回は前作よりはストーリーがある感じだったかな とにかく言葉、台詞の言い合いというか その....
アウトレイジ ビヨンド (銀幕大帝α)
2012年 日本 112分 犯罪/ドラマ/アクション R15+ 劇場公開(2012/10/06) 監督:北野武『アウトレイジ』 脚本:北野武 編集:北野武 出演: ビートたけし『アウトレイジ』・・・元大友組組長 大友 西田敏行『黄金を抱いて翔べ』・・・花菱会若頭 西野 三浦友....