映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

BRAVE HEARTS 海猿

2012年07月15日 21時21分42秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】


時間との勝負!ってときに動きを止めてまでする会話って

海面の航空機から乗員乗客救出シーンで
一刻を争う時に「ワタシ、隠してたことがあるの」←えぇ!?
今それを話すタイミングかよ!っていうのが多々ありました。

今月は、ワタシ的には、目玉作品が2本しかなく
残りは『ダークナイト ライジング』のみっていうのも
なんだか淋しい気もしますが、そんななか先日のクジラ映画で
まさかの大ヒット(自分のなかでは)となり
案外、食指の動かなかったものでも良作があるんじゃないかと。

ということで、今回は、それまでスルー映画だった本作を
チョイスすることにしたのでした(笑)



【あらすじ】
海上保安官だった仙崎大輔は後輩の吉岡とともに、
海難救助のエキスパートである特殊救難隊に所属していた。
大輔は妻の環菜との間に二人目の子供を授かり、
吉岡はキャビンアテダントの美香という恋人ができるなど、
公私ともに充実していた。
しかし美香の搭乗するジャンボ旅客機のエンジンが炎上、
飛行がこんな状況に陥ってしまう。
総合対策室の下川救難課長は最後の選択肢として、
東京湾への着水を提案。
ジャンボ機が浮かんでいられるのはわずか20分。
大輔たちはその間に300名を超える乗客乗員を
救出することができるのか!?
<allcinema>



【ネタバレしてます。要注意】

ざっくり言って、ドラマはどうでもよかった。
この主要メンバーで何を求めるのってところです。

とりあえずは、それぞれの私生活を軽く紹介してくれるだけで
後は特殊救難隊の救出シーンが見られればいいのかなくらいの
本当に軽い気持ちでの鑑賞体制だったので
それが功を奏して(?)逆に感動してしまったのかも。

最初のコンテナ船からの救出シーンは迫力ありました。
大きな炎をあげ濛々と燃えているなか
ヘリで現場に向かうのですが、そこで燃えてるコンテナ船の上を
通過するときにメインローターの風が火災の煙を
切っていくところ、「お!これってCGじゃないな」でした。
あれだけ急激に風を受けると煙の流れも変わります。
それをあんなに自然に再現するのは、今のハリウッドでも無理でしょう。

ということから、これは本物の火災を起こし実際に真上にヘリを飛ばす。
もちろん、常識的にみても、別の場所で炎を起こし
コンテナ船と合成したであろうとは思います。

でも、こういうところがあったからこそ惹き込まれていったのかも。
そして、その後に起こる、航空機のエンジントラブル事故を受け
現場で待機する特別救難隊、及び海上保安庁、地元警察
日本赤十字、医者など、海上着水するジャンボ機から
乗員乗客の救助を速やかに行う体制作りに涙腺が緩みっぱなしですよ。

これって、『海猿』映画としてでなく
いろんな災害に対しての備えとして地元地域で
防災組織がそれぞれ立ち上がっていく中、ハウツー映画として
手元に置いておきたい1本になるでしょう(←この緊迫感を味わえみたいな)^^


【今週のツッコミ】
・仙崎と吉岡のバディって、私生活の会話がくだらなすぎて
 少々ウザかった。いや、かなりウザかった。そう、耳を塞ぎたくなった。
 特にあのシャワーシーン、普通あんな会話って有りえないでしょう。

・吉岡くん、恋人に「結婚できない」と言われ、ずいぶん落ち込みました。
 その後、きっぱり諦めるのですが、あの沈没直前で機内で挟まれてる恋人発見。
 懸命に任務を果たし救出したんですが、その後のひとことがキツイ!(苦笑)
 あれは完全に恋人への最後にして最大の当てつけだったんですね^^;
 あの状況で吉岡くんが死んだら、一生十字架を背負うことになりそう。

・ジャンボジェット機の着水映像はハリウッド映画に遠く及ばない。
 そして、沈没映像は水の飛沫を端折りすぎて、手抜き感を感じた。
 すみません、ワタシは映像派なので、あんなCGで済ませるなら
 まだ、ミニチュア撮影してくれた方が何倍も嬉しいです(苦笑)
 あ、でも、最低限10分の1サイズは必要です^^

・ジャンボ機と一緒に水没していった仙崎の後輩・吉岡くん。
 なんであそこで潜水夫は事前に待機してなかったのか。
 っていうか、最悪5分以内だったら間に合うだろう(苦笑)

・ってことで、ラストに向かうんですが、隊員の死で悲痛な状況のなか
 なぜか一種異様な空気を感じたワタシは、その後の驚きの展開に
 過去映画『トランスポーター3 アンリミテッド』を思い出したのです。
 だって、あの時も生身で車ごと沈んだジェイソンくんが
 水中でとっさに取った行動に近いことを吉岡くんがやってたんだもの(爆)

・ラストは何故かハリウッド映画並みだった。
 救出された人間が救急車にも乗らず歩き回ってるんだもの(笑)
 最後に奇跡の生還を果たした吉岡くんに恋人から告白が、、、
 その理由が語られたとき、思わず、椅子から落ちそうになりました。
 そもそも、付き合うなら最初に言っておけよ!^^;
----------------------------------------------------------------
監督:羽住英一郎
脚本:福田靖
撮影:江崎朋生
音楽:佐藤直紀


出演:伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太/仲里依紗/伊原剛/志時任三郎/


『BRAVE HEARTS 海猿』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だれもがクジラを愛してる。 | トップ | ダークナイト ライジング »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このシリーズはパス (笛吹働爺)
2012-07-28 00:06:59
「グスコーブドリ・・」を見てきました。☆3。絵は綺麗だが夢か現実か?設定がよくわからん。
原作も読んでないので・・・。そういえば「銀河鉄道・・」も読んでない。
エンドロールを見てたら中国の会社・スタッフがようけ関与してる。

ダークナイト・・、前2作を見てないので迷っているがおすぎが絶賛してたので見ようかな。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-07-29 00:14:16
こんばんは。

『グスコーブドリ~』ご覧になったのですね。
ワタシは端からスルー映画です^^;

>エンドロールを見てたら中国の会社・スタッフがようけ関与してる。

へ~!そうなんですか。
最近の中国映画も侮れないですからね。
日本映画もウカウカしてられませんよね(苦笑)

『ダークナイト』本日行ってきました。
あらかじめ期待値下げてたので、そこそこ楽しめました。
完結編としてきちんと締めてくれたのでなんだか心地よかったです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
BRAVE HEARTS 海猿 (LOVE Cinemas 調布)
海上保安庁の機動救難隊に所属する潜水士・仙崎大輔を主人公として海上保安官たちの奮闘を描いた人気シリーズ劇場版の第4弾。今回は346名を載せたジャンボ機が東京湾に海上着水し、その乗客乗員の救助に挑む。出演は伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太らレギュラー陣に加え...
『BRAVE HEARTS 海猿』 2012年7月14日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『BRAVE HEARTS 海猿』 を鑑賞してきました。 今日は14日なのでTOHOで...(笑) TOHOが会員サービスが一番いいかなと思うけど他はどうなんでしょうか・・・ 遠いと中々行かないので近くにあるシネコンは便利が良いです 【ストーリー】  最高レベルのレスキュー能力を誇...
映画「BRAVE HEARTS 海猿」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
人が人を助ける本能 目の前に助けを求めている人がいるとしたら、救おうと思う。その心、気持ち、思い。 今の世の中、人間の醜さや悪を描く方が簡単だ。自然の力に打ちのめされ、崩壊したままもがい...
BRAVE HEARTS 海猿 (勝手に映画評)
大輔が特殊救難隊に異動になって、海猿が帰って来ました。今回の舞台は、航空機事故。東京湾上で、必死の救難活動に当たります。 実はねぇ、わたし的には、前回の『THE LAST MESSAGE 海猿』は、若干ユルくて微妙な感じもあったんですが、今回の『BRAVE HEARTS 海猿』は...
BRAVE HEARTS 海猿 (花ごよみ)
伊藤英明主演。仙崎大輔 を演じます。 共演は加藤あい、 佐藤隆太 、 三浦翔平、時任三郎等… 今回は新たに仲里依紗、伊原剛志が加わります。 監督は羽住英一郎 海猿といわれる海上保安官の、 命がけで活躍する姿を描いています。 シリーズの劇場版第4作目。 本作...
BRAVE HEARTS 海猿 (佐藤秀の徒然幻視録)
全員救助と全会一致の文化 公式サイト。羽住英一郎監督、伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎。「THE LAST MESSAGE 海猿」に続き、今度は ...
『BRAVE HEARTS 海猿』 これではまだ完結できない (映画のブログ)
 『BRAVE HEARTS 海猿』は、続編制作を待ち望んだファンにとってこの上なく嬉しい作品だろう。前作『THE LAST MESSAGE 海猿』に足りないものが、ここにはあるからだ。  2004年の映画一作目以降、テレビシ...
BRAVE HEARTS 海猿/伊藤英明 (カノンな日々)
「アレ?このシリーズって完結したんじゃなかったの?」と思ったのはたぶん私だけではないのでないかと。ファンたちの熱い要望に応えて実現したこの劇場版第4弾の新たなる舞台は東 ...
映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」観に行ってきました。 海難事故の救助に奮闘する海上保安官達の姿を描く、同名漫画原作の人気シリーズ劇場版第4弾。 劇場版の「海猿」シリーズは、前作「THE LAST MESSAGE/ザ・ラストメッセージ 海猿」および前々作「LIMIT ...
「BRAVE HEARTS 海猿」絶体絶命の状況でみた冷静な判断力と生きる願いを持った人たちを最後まで諦めず救助した仙崎と吉岡の信念 (オールマイティにコメンテート)
「BRAVE HEARTS 海猿」は海猿シリーズの映画第4弾作品で、海上保安庁の中でも精鋭部隊である特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡は過酷な救難現場へ救助に向かい、ジャンボ機墜落事故 ...
『BRAVE HEARTS 海猿』・・・ここにも最後の砦があった (SOARのパストラーレ♪)
見応えあり! よかった! 熱い心と冷静な判断力を併せ持つ海保特救隊の物語を存分に堪能した。レスキュー隊を題材とした作品はいくつか知られた物があり、それらは私の大好きなジャンルでもあるわけだが、これまでの海猿シリーズも含めこのジャンルにおいてこれほど興奮...
劇場鑑賞「BRAVE HEARTS 海猿」 (日々“是”精進! ver.F)
命を懸けて、命を救う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207130003/ BRAVE HEARTS 海猿 サウンドトラックサントラ 佐藤直紀 EMIミュージックジャパン 2...
BRAVE HEARTS 海猿 (風に吹かれて)
みんなが集まれば公式サイト http://www.umizaru.jpシドニーから羽田へ向かうジャンボジェット機が、エンジントラブルに見まわれ、車輪の一部も降りないので、救助案を検討した結果、羽田沖に
BRAVE HEARTS 海猿 (Akira's VOICE)
ワンパターンの貫き方が潔い!  
BRAVE HEARTS 海猿 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/07/13公開 日本 116分監督:羽住英一郎出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎 最高レベルのレスキュー能力を誇る海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった仙崎と吉岡。そんなある日、ジャンボジェット機のエンジ....
映画「BRAVE HEARTS 海猿」 (FREE TIME)
話題の映画、映画「BRAVE HEARTS 海猿」を鑑賞しました。
BRAVE HEARTS 海猿 いろいろと反省した結果なのかすっきりとまとまっていたよww (労組書記長社労士のブログ)
【=32 -3-】 海猿、漫画の原作は読んだことなかったけど一番最初に見たのは映画版やったね、感動した! で次にテレビでドラマ化されて夢中になって見た(録画して全話DVDに焼いてある)。 しかし、ドラマ後の映画、「LIMIT OF LOVE 海猿」、「THE LAST MESSAGE 海猿」...
BRAVE HEARTS 海猿 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月13日(金) 17:40~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) 『BRAVE HEARTS 海猿』公式サイト フリーパスポート10本目。 息子に「親を超えて世界一になれ。合衆国大統領だ!」と、何をかいわんやな馬鹿なことは言うし、 吉岡とプロポーズの言...
No.319 BRAVE HEARTS 海猿 (気ままな映画生活)
伊藤英明主演で海上保安庁の若き潜水士たちの活躍を描く人気シリーズ第4作。巨大天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年、仙崎と吉岡は救難のスペシャリスト集団「特殊救 ...
『BRAVE HEARTS 海猿』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「BRAVE HEARTS 海猿」□監督 羽住英一郎 □脚本 福田靖□原作 佐藤秀峰 □キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、      三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎■鑑賞日 7月14日(土)■劇場 チネチッタ■cya...
BRAVE HEARTS 海猿 (だらだら無気力ブログ!)
迫力あったし、思ってた以上に面白かったなぁ。
「BRAVE HEARTS 海猿」シリーズ最高傑作!起死回生の1本! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[海猿] ブログ村キーワード  そんなわけで、すっかり放置プレイ状態だった当ブログ、久々の復活!で、復活つながりってわけではないですが、こちらもシリーズ復活の最新作「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝)。う~ん、やっぱり前作で終わりやなかったんやね~(^^;。 ...
BRAVE HEARTS 海猿 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:羽住英一郎出演:伊藤英明、佐藤隆太、加藤あい、仲里依紗、三浦翔平、伊原剛志、時任三郎・・・吉岡くーんッ!!
BRAVE HEARTS 海猿     評価★★★★★98点 (パピとママ映画のblog)
伊藤英明(「アンダルシア 女神の報復」)主演で海上保安庁の潜水士たちの活躍を描いた大ヒット海洋アクション劇場版第4弾。特殊救難隊に配属された仙崎たちが、火災事故によって東京湾沖に着水した旅客機の救助に挑む。共演はNHK大河ドラマ『平清盛』の加藤あい、「天地...
映画『BRAVE HEARTS 海猿』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-61.Brave Hearts 海猿■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:116分■観賞日:7月26日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:羽住英一郎◆伊藤英明(仙崎大輔)◆加藤あい(仙崎環菜)◆佐藤隆太(吉岡哲也)◆伊原剛志(嶋一彦)◆時任三郎(下川?)◆蛍...