映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

シン・ゴジラ

2016年07月31日 18時14分28秒 | 映画 さ行
評価:★★★★☆【4.5点】



思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!



東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが
崩落する重大事故が発生する。
すぐさま総理以下、各閣僚が出席する緊急会議が開かれ、
地震や火山などの原因が議論される中、
内閣官房副長官・矢口蘭堂は未知の巨大生物の可能性を指摘し、
上官にたしなめられてしまう。
しかしその直後、実際に巨大不明生物が海上に姿を現わし、
政府関係者を愕然とさせる。
のちに“ゴジラ”と名付けられるその巨大不明生物は鎌倉に上陸し、
逃げまどう人々などお構いなしに街を蹂躙していく。
やがて政府は緊急対策本部を設置するが、対応は後手後手に。
一方、米国国務省が女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンを派遣するなど、
世界各国も事態の推移と日本政府の対応に強い関心を示していく。
そんな中、様々な思惑が交錯する関係機関をまとめ上げ、
ゴジラによるこれ以上の破壊を食い止めようと奔走する矢口だったが…。
<allcinema>



子供のころテレビ放映で観た『ゴジラ』『ゴジラの逆襲』の
あの恐怖に可なり近いものになっていたことは確か。

東宝のロゴからタイトル表記まで昔のオリジナルのままで
しかもそこで使われる音楽が伊福部昭のスコアをそのまま流用って!
ファンとして、これほど嬉しいものはない(笑)

ストーリーも今の時代にマッチしていて大人の映画になっていた。
脚本の段階で今も解決されていない福島原発事故が見本になっていて
今回、劇中で福島原発事故には一切触れなかったものの
こういった未曽有の災害が発生した時の政府のドタバタ劇が垣間見れて
その緊張感やらバカげた思惑などリアルに描かれ結構惹きこまれる。

過去に米国ハリウッドまでが“ゴジラ”を作り直しているわけだが
日本を含め本作ほどオリジナルをリスペクトしている作品はなかった。
海からの謎の巨大生物出現から街中の破壊まで
近代VFXを駆使しこれほどまでに疑似体験できるのは流石で
「白組」万歳!である(笑)

またそれに輪をかける形で陸海空すべての自衛隊全面協力が凄い!
過去にも協力してもらっているが大概はひとつであったからね。

あ~!自衛隊出動といえば、ここでも伊福部昭の例のスコア!
あれは『トップガン』に続きアドレナリンマックス状態のワタシ(笑)

今回の“ゴジラ”もダメかな~と期待値下げての鑑賞だったので
ここまで完成度が高く面白くなっていたことに驚いた。




【今週のツッコミ】

・ひとつだけ引っかかったのは米国大統領特使役の石原さとみ。
 カヨコ・アン・パタースンのツンデレ系キャラがイマイチ。
 っていうか必要だったか?普通に米国大使館員で事足りそう^^;

・短時間で進化する発想は想定外だった!(笑)
 ウルトラマンに出てきた落書き怪獣ガヴァドンに似ていると思ったが
 アレはアレで受け入れることができたワタシ。

・進化と言えばいろいろ手を加えてきましたね。
 背びれ(?)がレーダーの役割してるとか漫画っぽいが
 あのキレイな映像で許すことが出来た(笑)

・ゴジラ造形に関してはどう攻めてくるのかと期待していた。
 いや、その前にゴジラ独特の咆哮が第一作のモノと同じであることと
 下を向いてる目の形がオリジナルのままで、これだけで
 監督さんの本気度が分かった。(特技監督の方でいいの?)

・この映画は海外進出するのだろうか。
 日本の自衛隊軍事力をお隣の中国がスロー逆再生して
 適当なコピーを製造しかねないというのは思い過ごしか^^;

・次回作は“実はもう一頭いた”という過去ネタで勝負?(笑)

・この映画で唯一、涙が溢れそうになったシーンが
 清掃員の片桐はいりが差し出すおにぎりとお茶のところ(おい)

・内閣が全滅になるときは残った大臣が一時的に総理大臣になる。
 農林水産大臣が言う「総理って大変だな~」にやっぱり?だった(笑)

・余貴美子の防衛大臣の迫力は流石の貫禄である。

・伊福部昭の音楽は偉大である。
 イタリアのエンニオ・モリコーネと双璧に位置するワタシ(笑)
 次点は今は亡きジェームズ・ホーナー^^;
---------------------------------------------------
監督:庵野秀明/樋口真嗣/
脚本:庵野秀明
音楽:鷺巣詩郎


出演:長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ/高良健吾/余貴美子/國村隼/
    平泉成/柄本明/大杉漣/


『シン・ゴジラ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンフレンデッド | トップ | さざなみ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2016-08-02 20:42:32
東宝のロゴや音楽、
災害時の政府官邸のドタバタ会議、
どれもよかったっすねー!
背びれ?から光線だす姿もすげー!と感動(爆

ただ某女優の役柄が・・・
お美しい容姿は文句いいませんが、
若すぎて浮いていたわ(苦笑
えふさんへ (ituka)
2016-08-02 22:31:26
そうそう!ロゴや音楽、それと記事には書かなかったけど
タイトル出たときのゴジラの咆哮もオリジナルの
おどろおどろしい感じもよかった(笑)

最初の怪獣がけっこう気味悪くて「なにこれ?」でした。
あの女優さん、チョイと気取り過ぎですよね!
若いのもイマイチ。あれはないわ~^^;
いまいち (笛吹働爺)
2016-08-07 20:50:44
ピンと来なかった。
☆3。
最初のエラありのbody、なんか下手なぬいぐるみみたいでがっかり。
その他何か所もがっかり有りでした。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2016-08-07 22:14:23
この映画はハッキリ言ってゴジラと有事災害シミュレーションを
くっ付けたようなストーリーでした。
311の経験を踏まえ国家としてどう対応していくのか
何が最善なのかをみんなで考えるという意味では
結構面白いなと思いました。

で、ゴジラは円谷英二亡き後、初めて本格ゴジラを見た感じでした。
造形も懐かしく、それでいて近代的要素も盛り込んでいるところは
庵野監督のセンスなんでしょうね。

エラ有り、上肢のない目ん玉魚風の生物は気味悪さで言えば
結構お気に入りでしたよ(笑)
こんばんは (ゴーダイ)
2016-08-07 22:49:14
トラックバックありがとうございます。
私も石原さとみだけちょっと浮いてたなあというか、あれだけアニメのキャラっぽいんですよね(^_^;)
でも、まあああいうインチキ外国人も昔の特撮ではよくいたから、あえて、なのかもしれませんが・・・
でも個人的にはやっぱりいらないw
ゴーダイさんへ (ituka)
2016-08-07 23:01:53
コメントどうもです!
ですよねー!石原さとみは強引に作った人物みたいでした。
対岸の火事を野次馬根性で尚且つ上から目線で接触してくる態度が気に入らない(笑)
大惨事の中、微笑みながら会話するってありえないですよね。
怖いゴジラ (もののはじめのiina)
2016-08-16 11:01:05
子供のころに見たゴジラとラドンあたりまでの怪獣は、みんな怖かったです。

>未曽有の災害が発生した時の政府のドタバタ劇が垣間見れ・・・
ちょっぴり心配になりました。

エヴァンゲリオンを特撮博物館で見学しましたよ。それまでは、その巨神兵のことは全く知らなかったです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

iinaさんへ (ituka)
2016-08-16 12:25:48
本当に怖かったのはモノクロゴジラ2作と「ガメラ」第一作でした。
怖い特撮映画で言えば「大魔神」なんかも入りますかね(笑)
そういえば、ゴジラの出てこない未曽有の災害映画
「太陽の蓋」観ましたが政府の混乱ぶりは同じでしたよ。

>エヴァンゲリオンを特撮博物館で見学しましたよ

お~!ワタシはエヴァにまったく関心がないのですが
特撮と聞けばなぜかワナワナしてきます(笑)
Unknown (mariyon)
2016-08-16 17:31:17
夏休み映画には、お子様にはちょいと辛いかもしれませんが、楽しませていただきました。
なにより、リアルな感じが最後まで薄れない。
有事のドタバタ劇と、VFXのすごさ。脚本いいですよね~~。
個人的には、鎌倉の海岸がいまいち作り物で残念でした。

配役では、防衛大臣もよかったけど、無表情な市川実日子の生物課長補佐?。最後に東京の放射能が解除できると知って笑顔になるシーンが、素敵でした。
mariyonさんへ (ituka)
2016-08-16 18:57:31
茅ヶ崎在住のmariyonさんが突っ込み入れていたのが
なんとなく目に浮かびます(笑)
今回のゴジラは脚本段階で相当考え抜かれた感ありますよね。
福島第一原発をモチーフにしているとはいえ
首相官邸などの混乱ぶりはよく描けてました、

そうそう!市川実日子のキャラは結構お気に入り(笑)
ワタシ個人的には自衛隊陸海空全面協力に鳥肌立ちました^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『シン・ゴジラ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られて...
『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『シン・ゴジラ』 脚本・総監督 : 庵野秀明監督・特技監督 : 樋口真嗣出演 : 長谷川博己竹野内豊、石原さとみ野村萬斎、他 物語・東京湾アクアトンネルが崩落...
シン・ゴジラ (あーうぃ だにぇっと)
シン・ゴジラ@ユナイテッドシネマ豊洲
シン・ゴジラ〜むしろ原発事故パロディ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、尾上克郎准監督。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、犬童一心、柄本明、大杉漣、緒方明、片桐はいり、神尾佑、國村隼、 ....
『シン・ゴジラ』 (時間の無駄と言わないで)
樋口真嗣監督を筆頭に「進撃の巨人」のスタッフ勢揃い。 キャストも勢揃い。 そりゃ不安にもなりますがな。 でも蓋を開けたら超面白かった。 やっぱり庵野秀明を読んだのが大き ...
劇場鑑賞「シン・ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点) ...
『シン・ゴジラ』 2016年7月29日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『シン・ゴジラ』 を鑑賞しました。 あれ、平日の昼間なのに意外と盛況(笑) サボってる人多いな... 【ストーリー】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊...
「シン・ゴジラ」@TOHOシネマズ六本木 (新・辛口映画館)
 公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。
『シン・ゴジラ』 ネタバレ注意! (まっきいのつれづれあれこれ)
現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。  (公式HPより) ヱヴァンゲリヲンシリーズ
シン・ゴジラ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
莫大な製作費をかけていると想像できる出来栄えで、自衛隊の陸海空や米軍のミサイルも登場する。さらに日本政府の危機管理体制も取材を念入りしたようなリアルな描写がされている。...
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
「シン・ゴジラ」を見て (ひびレビ)
映画「シン・ゴジラ」を見ました。  ・・・すげぇ、すげぇよこの映画!映画中に思わず身を乗り出しているわ、お馴染みの音楽が流れた時にはめちゃくちゃテンション上がるわ、最後......
シン・ゴジラ (風に吹かれて)
NO! 核兵器  公式サイト http://www.shin-godzilla.jp 監督: 庵野秀明  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 東京湾アクアトンネルで、崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議
シン・ゴジラ (勝手に映画評)
「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレー......
シン・ゴジラ (映画と本の『たんぽぽ館』)
ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ * * * * * * * * * * このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、 やはりこれが「ゴジラ」だから......
シン・ゴジラ ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12......
シン・ゴジラ (ハリウッド映画 LOVE)
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
『シン・ゴジラ』 (こねたみっくす)
新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だ......
「シン・ゴジラ」 (或る日の出来事)
ユニークでおもしろい。
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
シン・ゴジラ (ハリウッド映画 LOVE)
シン・ゴジラ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄......
シン・ゴジラ (映画好きパパの鑑賞日記)
 とにかくすごい、ここ何年かの邦画大作で最高傑作ともいえる作品。ただし、日本政府対ゴジラという点に集中しており、個人が描かれていないのっぺり感と、政治家、官僚への作り......
シン・ゴジラ (花ごよみ)
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽し......
シン・ゴジラ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になった......
シン・ゴジラ (そーれりぽーと)
十二年も沈黙を保っていた本家日本のゴジラ映画が、ハリウッド版の成功を受けて再始動した訳ですが、何を血迷ったのか、東宝は実写映画での成功者とは言えないアニメ畑の庵野秀明......
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
シン・ゴジラ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:庵野秀明、樋口真嗣 出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、嶋田久作、古田新太、前田敦子......
「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さ...... (オールマイティにコメンテート)
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明......
『シン・ゴジラ』 ゴジラの正体 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆......
「シン・ゴジラ」:3.11後の日本が生んだ傑作 (大江戸時夫の東京温度)
理由あって一度席を取りながらも観られなかった『シン・ゴジラ』を、ようやく観ました
[映画『シン・ゴジラ」を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きま......
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの......
シン・ゴジラ感想 (刹那的虹色世界)
シン・ゴジラ感想 会社がお盆休みに入ったこともあって観てきた、シン・ゴジラ。ちなみに4DやDBOXという選択肢もあったのだけど、普通に観てきた。理由は簡単で、ああいった......
シン・ゴジラ (もののはじめblog)
国内シリーズとしては29作目となる12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』が公開された。 突然のゴジラ宣伝を東京ドームの野球観戦時に知らされて、「シン」が冠されているので、どことな......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
シン・ゴジラ (本と映画、ときどき日常)
監督 庵野秀明     樋口真嗣 出演 長谷川博己     竹野内豊     石原さとみ 東京にゴジラ出現! 政府はどう手を打つ? 「この映画は現場で起きているんじゃない!......
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」 五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】 ネタバレ注意 見終わっての第......
『シン・ゴジラ』をトーホーシネマズ六本木7と、109シネマズ木場2で観て、訳分か...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この次の第五形態で手足を引っ込めてジェット噴射で回転しながら空を飛びます(違) 引き続きネタバレ注意 その1では何で面白いのかに対して、 「人間パートで溜めたスト......
シン・ゴジラ (いやいやえん)
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上......
映画「シン・ゴジラ」 (FREE TIME)
映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。
『シン・ゴジラ』 (sweetmagicのブログ)
すご~く久しぶりに映画を映画館で観てきました。 友達がシンゴジラがある意味期待を大きく外れて面白かったというので 絶対にみたいと思いましたよ。 4Dで観たという方もいます......
極上爆音シン・ゴジラを観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
「やっと」というか 「今頃」になってようやく 立川の極上爆音上映にて シン・ゴジラ を観てきました 正直本日朝まで 今回のゴジラは観る観ないは2対8の割合でした 立川シネマ......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞) (いやいやえん)
【概略】 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリ......