映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

世界にひとつのプレイブック

2013年02月24日 20時59分19秒 | 映画 さ行
評価:★★★【3点】


アカデミー賞8部門ノミネートってことだけど。。。

主演の男女二人は100歩譲ってノミネートは許せるけど
それ以外のノミネーションはなんだかよく分からないですね〜。

ズバリ言って、ワタシにはイマイチ合わなかった。



妻の浮気が原因で怒りをコントロールできなくなり、
精神病院入りを余儀なくされたパット。
ようやく退院したものの、妻ばかりか仕事も家も失ってしまい、
実家に戻って社会復帰を図ることに。
心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とも
やり直せると思い込んでいるパットだったが、
あいかわらず突然キレてはトラブルを引き起こすことも。
そんなある日、友人に誘われたディナーで
近所に住む若い女性ティファニーと出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くして以来、
心に問題を抱えており、パットはそんな彼女の
エキセントリックな言動に振り回されるハメに。
ところがティファニーはパットの妻とも知り合いで、
パットがよりを戻せるよう手助けしてあげると提案。
その交換条件として、ダンス・コンテストに
パートナーとなって出場することを迫られるパットだったが…。
<allcinema>



全編、躁うつ病の男の発作状況を延々と見せつけられ
尚且つ、途中から彼以上にパワーアップした女性が現れ
劇中のほとんどが彼らのイラついているシーンのオンパレード^^;

、、、疲れました。

はい、感想といえばこのひとことでしょうか。



【今週のツッコミ】
・ジェニファー・ローレンスは貧民層で逞しく生きる女性役が
 もっともお似合いだと、この作品を見て改めて感じた。

・とはいうものの、今回のアバズレ役も似合ってるんだけど
 さすがに不細工加減が露骨に見えちゃって。。。
 ファンの方、申し訳ありませんです。

・アメリカのダイナーにはシリアルが普通に置いてあるらしく
 注文すれば牛乳もセットで付くらしい。

・最後のダンス・コンテスト、プロも参加しているとか。
 しかし、プロダンサーの踊りに対しての採点が異常に低過ぎる謎が。
 しかも、その採点に対し満足してる彼らは一体。。。

・ラストで盛り上がると踏んでいたダンス・コンテストが
 思いのほか呆気なかった。
 っていうか、ほとんど練習シーンもなかったんだけど^^;

・ダンスリフト失敗して股間に顔をくっつけるシーンに
 思わず苦笑い。しかも長ったし^^;

・女性が傷付いて落ち込んでいる時の声掛けで効果的な助言は
 「今の君は、翼の折れかかった天使」というのがもっとも効くらしい?
 日本のシンガー・中村あゆみさんの熱唱シーンが頭をよぎる(笑)

・OK!の語源が知れたことがこの作品の収穫か。
 でも、よくよく調べるといろんな説があるとのことらしい。

・本作のパットの“はじまりの戦い”(笑)は妻の浮気が原因だが
 その相手となる男を見た瞬間、妻のアブノーマルさに自信を貰う(爆)
-----------------------------------------------------
監督:デヴィッド・O・ラッセル
脚本:デヴィッド・O・ラッセル
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:ダニー・エルフマン


出演:ブラッドリー・クーパー/ジェニファー・ローレンス/
    ロバート・デ・ニーロ/ジャッキー・ウィーヴァー/クリス・タッカー


『世界にひとつのプレイブック』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイ・ハード/ラスト・デイ | トップ | ジャンゴ 繋がれざる者 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダンスの採点 (rose_chocolat)
2013-02-24 22:04:31
あれはもう、ダンスが始まる前からオチが解り切っていたのがだめでしたね。
プロが7点8点なのに、どーして彼らが5点!? って私だって思いましたもん。
まあ、それも含めて「映画だからさ!」って言われそうな感じでしたね。

私は違うんだけど、うつ病の発作ってあんな感じです。周りを巻き込んで粉々にしてしまう。周囲の心も荒んできます。
見てるだけでも相当ストレスかかるのもよくわかります。
最近、この手の題材を扱う作品が多いけど、最初に病気ありきなので、観客側にも、映画鑑賞の際にその点をいたわることを考慮しないといけないという負荷がかかるのが困りどころです。
逆の意味の、余計な加点、かな? ニュアンスとして伝わりましたでしょうか?
股間に顔 (オリーブリー)
2013-02-25 00:28:21
ある意味、大技が大成功でした!!
これ、あれですよね、結局、ジェニファーとブラッドリーのファンには色々とツボるトコあると思うけど、どちらも特別好きでもキライでもない私には、笑えただけで、ロマンチックなカケラもなかったですよ。
ジェニファーなんて、このくらいのお芝居は朝飯前でしょうし、これなら「ウインターズボーン」の方が断然良かったです!

家族には笑い事ではないけれど、パットの夜中の言動とか、校長先生の慌てぶりとか、結構、笑えるところがありましたよね。
知り合いに聞いたけど、躁状態の時の方が、ずっとハイでまくし立てられるからやっかいだそうですよ。

そ、あの妻ってさぁー、相手どうかなぁ〜ですよねぇ!
夫より見劣りする男とHだなんて、ありえない(爆)
どうせなら、もっといいのとしろよとか思いません?(爆)
あはは(^^ゞ (ひろちゃん)
2013-02-25 03:33:09
この順番でコメントつけにくい(^^ゞ
そして、itukaさんの感想みじかっ!(笑)

私は基本的にラブコメ、ロマコメが好きなので、ユーモアを交えたハートフルコメディってだけで、評価良く
なってしまうんですよねえ。←超単純な女なんですσ(^◇^;)

ダンスは、私も感想に書きましたが、あれで5点?って思いますよ。思ったよりコンテストもあっけなかったですしね・・・でも、あそこで笑えたからいいんです(笑)映画ですから〜。(でも、もう少し上手く踊ってほしかったけど(^^ゞ)

そそ、ブラッドリーよりあのオッサンが好きな元妻
確かにアブノーマル!
自分の家に男を連れ込んで、結婚式の曲かけながら
やってる(きゃ〜下品・笑)くらいですから、やっぱり
アブノーマルだと思います(笑)
結構痛い女ですよね(^_^;)
roseさんへ (ituka)
2013-02-25 20:36:24
こんばんは。
そうそう、まあ映画だからさ〜ってことで、チャンチャン!ですよね(笑)
うつ病患者の症状って意外でしたよ。
それまでは暗く重く黙りこくって部屋のコーナーでじっとしてる印象でしたが
それだと、ただ単にひきこもりですもんね^^;

そう思えば、パッドの演技は理にかなっていることになりますね。
未明に騒ぎ立てて家族も大変だ!^^;

>逆の意味の、余計な加点、かな?

作品的にも難病をテーマにしてくると、そこんところ理解せざるを得ない状況に持って行かれるというか
ある意味、製作者の作戦にまんまと乗せられる形になりますもんね。
正直言って、ずるいよ!って感じです(笑)
当初、記事に入る前はroseさんと同じこと思ってた口なんですよ^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-02-25 20:49:54
こんばんは。
ジェニファーのグラマラスな体型から想像するなら、リフトの際に相当に反動付けないと上がらないですよね^^;

そうよ、ジェニファーにとって、今回の役どころなんて片手間的なくらい容易かった印象ですよね(笑)
にしても、あの若さで過去作品も含め演技が巧いんで尊敬します。
でも、伴侶にはしたくないけどね^^;

>躁状態の時の方が、ずっとハイでまくし立てられるからやっかいだそうですよ。

これが、ほんとうに意外中の意外ってやつですよ。
感情のコントロールができないという風に覚えておいた方が無難な解答になりそうですね^^
ワタシの会社にも中間管理職でこの病気で長期休暇してるひと結構いますし^^;

浮気妻の相手にびっくりですよね!(笑)
見た目以外で夫になにか致命的な欠陥でもあったのかな〜、例えば匂いや癖とか(爆)
ひろちゃんへ (ituka)
2013-02-25 21:00:32
こんばんは。
この作品の感想を書く段階で製作者の思惑に嵌められているんじゃないのかとか
そこら辺りを考えていたら、なんだか面倒になっちゃって^^;
ということで、鑑賞直後の直感的印象だけという、過去にないくらいの短さに〜(爆)

あのダンスシーンは見てて辛かったです^^;
余りにも他のペアと動き自体から雑なんだもの。
もっと練習するとか、『フラッシュダンス』のように替え玉使うとかすればよかったのにですよ(笑)

浮気現場を見た夫は相手に暴行したというものの、これが『ドライヴ』のライアンだったら
間違いなく致命傷負わせてたでしょうね^^; あ〜怖いわ〜(笑)
祝! (オリーブリー)
2013-02-27 15:04:14
オスカー、獲りましたね。
凄く痩せて、(映画とは真逆)美しかったです。
階段で躓いたジェニファーに、手を差し伸べようと駆け込んだヒューに萌えました(爆)

>ワタシの会社にも中間管理職でこの病気で長期休暇してるひと結構いますし

やっぱり今多いんですよね。
うちの旦那さんも部下さんに数名いて、嘆いております。
たまに面接とか特定医師とかに会ったりする、そんな仕事も増えるし(苦笑)
お給料のこととかも色々とあるみたいで、一応、軽く出勤してくるみたいですが、奥さんとかも大変でしょうね。
心身共に健康であるのが、一番ありがたいと思わなくてはいけませんね。
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-02-27 21:19:55
こんばんは。
主演女優賞獲っちゃいましたね〜(笑)
まだ若いのに、やっぱり実力ありますもんね。
レオの場合は、ノミネートこそありましたが、その若さゆえにオスカー見送られたこともあったし
それを思うとタイミングもあるのかな〜って感じです(笑)

会場でまさかの転倒!^^
ワタシも朝のニュースでそのシーン見ました!
ロングドレスのすそに引っ掛かったように感じたけど、危なかったですよね。
あれで顔面打ってたらシャレになりませんもんね(爆)
あの時、ダンディーな男性が救出に向かったのはヒューでしたか〜^^
さすがにウルヴァリン演じてるだけのことはありますな〜、動きが早い!(笑)

心の病で長期休暇は3〜6か月くらいが大凡の期間ですが
なかには1年以上の重傷な方いますし、家族は大変だと思います。
そうそう、面接しなくちゃいけないし、医師とも密に情報交換したりして結構面倒のようですね^^;

そういうのを見ていると健康がいちばんですね。
猪木のように「元気ですか!」のひとことを職場に皆に声かけしようかな。
って、たぶんウザいって思われそう(爆)
2人のゆくすえ (mariyon)
2013-03-13 21:31:18
このカップルが長続きはしないだろうなぁ〜って
それを思うと、ほんとうに可愛そうでした。。。
って、この2人でなく、母親が。
いやーー、もう、素晴らしいお母さん。
でも、このカップルには、やっぱ問題が多すぎで
なんか、わたしもダメでした。

ダンス大会にもっとウエィトを置いてほしかったなぁ〜。
mariyonさんへ (ituka)
2013-03-14 00:04:59
こんばんは。
8年間の病院生活(でしたっけ?)でやっと慣れてきたのに!と病院関係者が退院を止めるのを
「こんなところ慣れなくていいわ!」と言い切ったあの母親に1票!(笑)
30代でまだ母親に世話掛けてどないやねん!でしたが
うつ病患者ならそれも仕方ないですね^^;

未明に騒ぎ立てる男と、ちょっとキレたらテーブル上のモノひっくり返す女って。。。

これだけ苦痛な時間を観客に与えておいて、最後のダンスがたったあれだけって
すべてを帳消しにするくらい盛り上がると思ってたのに、余りにあっけなくて(。_゚)〃ドテッ!(笑)
シリアルww (あみ)
2013-05-04 19:09:18
>アメリカのダイナーにはシリアルが普通に置いてある
私的にはこのシーンが一番ウケました。
ウェイトレスさんが「牛乳かけてね」と言ったのはそのまま飲んじゃう人がいるからでしょうか?(爆)

最後のダンスコンテストをもう少し庶民的な大会にすればガッカリ感も多少は緩和されたかもしれませんよね^^;
あみさんへ (ituka)
2013-05-04 21:39:24
こんばんは。
シリアル、、、お〜!本作の内容と掛けましたね^^
なかなかやるじゃないですか(笑)

なんと!牛乳だけ先に飲んじゃうの、それって日本じゃ絶対お笑いコントですよね(爆)
残されたシリアルだけっていうのも喉に詰まりそうで食べにくそうです。

そうなんですよ〜、あのダンスコンテストのロビーに居る参加者見ただけで“もう無理”って思わせましたもんね(笑)
あれで優勝なんかしてたら椅子からひっくり返ってましたよ(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界にひとつのプレイブック (あーうぃ だにぇっと)
世界にひとつのプレイブック@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
世界にひとつのプレイブック (佐藤秀の徒然幻視録)
人生再生を文字通り賭けてしまう 公式サイト。Silver Linings Playbook。マシュー・クイック原作、デヴィッド・O・ラッセル監督、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロ ...
『世界にひとつのプレイブック』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: SILVER LININGS PLAYBOOK 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: ブラッドリー・クーパー 、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ 、クリス・タッカー 、ジャッキー・ウィーヴァー 、ジュリア・スタイルズ 思わず日本語訳に困りそうな複雑...
世界にひとつのプレイブック/ブラッドリー・クーパー (カノンな日々)
『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が亡くなった二人の名匠シドニー・ポラックとアンソニー・ミンゲラの意志を引き継ぎ映画化されたという作品です。それぞれ愛する ...
『世界にひとつのプレイブック』 2013年1月24日 TOHOシネマズ六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『世界にひとつのプレイブック』 を試写会で鑑賞しました。 ブラッドリー・クーパー来日して挨拶がありましたが、 上映前に劇場内でファンサービス(レッカなかったから)していました。 熱心にファンサービスに応じてて男から見ても格好良いし、高感度アップですね 【...
映画レビュー「世界にひとつのプレイブック」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)◆プチレビュー◆心を病んだ男女の出会いと再生の物語「世界にひとつのプレイブック」。シリアスな題材を、笑いでくるんだ演出に魅せられ ...
世界にひとつのプレイブック (心のままに映画の風景)
妻の浮気が原因で、心のバランスを壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、ようやく精神病院から退院する。 心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とやり直せると思い込み、実家で社会復帰...
映画:世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook 8部門ノミネート中でおおいに期待したが... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞発表2日前に公開の今作は、なんと8部門ノミネート中。 それらは、 作品賞 監督賞 主演男優賞 ブラッドレー・クーパー 主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ 助演女優賞 ジャッキー・ウィーヴァー 脚色賞 編集賞 こ...
世界にひとつのプレイブック (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 クレイジーな人同士がダンス頑張っちゃう
★世界にひとつのプレイブック(2012)★ (Cinema Collection 2)
SILVER LININGS PLAYBOOK 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 上映時間 122分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2013/02/22 ジャンル コメディ/ドラマ/ロマンス 映倫 G 【解説】 それぞれに最愛の人を失って心のバランスを崩した ...
『世界にひとつのプレイブック』 (こねたみっくす)
世界にひとつのメンタルヘルスラブストーリー。 31年ぶりにアカデミー賞俳優全4部門にノミネートされたこの映画は、久しぶりに見たクリス・タッカーに懐かしさを覚えるどころか、 ...
劇場鑑賞「世界にひとつのプレイブック」 (日々“是”精進! ver.F)
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英...
劇場鑑賞「世界にひとつのプレイブック」 (日々“是”精進! ver.F)
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英...
世界にひとつのプレイブック (Akira's VOICE)
人は人のサポーターなのだ。  
世界にひとつのプレイブック (Memoirs_of_dai)
メンヘラたちのプレイブック 【Story】 妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー(ジェニフ...
世界にひとつのプレイブック (風に吹かれて)
ただ今 心のリハビリ中EXCELSIOR より高く公式サイト http://playbook.gaga.ne.jp原作: 世界にひとつのプレイブック (マシュー・クイック著/集英社文庫)監督・脚本: 
世界にひとつのプレイブック (こんな映画見ました〜)
『世界にひとつのプレイブック』---SILVER LININGS PLAYBOOK---2012年(アメリカ)監督: デヴィッド・O・ラッセル出演: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ 、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー それぞ....
『世界にひとつのプレイブック』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「世界にひとつのプレイブック」□監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル □原作 マシュー・クイック「世界にひとつのプレイブック」 □キャスト ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、      ...
世界にひとつのプレイブック ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
妻の浮気のせいで躁鬱病を発症したパットと夫を事故で無くしたために精神を病んでしまったティファニーの二人が人生を再生しようと必死でもがいていくドラマ。 二人とも演技はあまりにもリアルで自分としては全く笑えなかった。 精神を病んでしまった人たちは本人た...
世界にひとつのプレイブック/SILVER LININGS PLAYBOOK (いい加減社長の映画日記)
パスしようかとも思っていたんだけど、アカデミー賞の候補にもなったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、すべてを失くして現在リハビリ中。 そんな時出会ったのが、近所に住むティファニー。 彼女も心に....
君のサインを見逃さない〜『世界にひとつのプレイブック』 (真紅のthinkingdays)
 SILVER LININGS PLAYBOOK  妻の浮気相手を殴り、精神病院送りになった挙句、妻への接近禁止令を言い 渡されたパット(ブラッドリー・クーパー)。彼は友人の義妹ティファニー(ジェ...
君のサインを見逃さない〜『世界にひとつのプレイブック』 (真紅のthinkingdays)
 SILVER LININGS PLAYBOOK  妻の浮気相手を殴り、精神病院送りになった挙句、妻への接近禁止令を言い 渡されたパット(ブラッドリー・クーパー)。彼は友人の義妹ティファニー(ジェ...
世界にひとつのプレイブック (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Silver Linings Playbook監督:デビッド・O・ラッセル出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・カッタージャッキー・ウィーバーみんな、イカれてる。。。
映画「世界にひとつのプレイブック」 (FREE TIME)
映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。
おかしいからこそ (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。 妻が浮気したことで心のバランスを崩したパットは近くに住んでいる 事故によって夫を亡くしたティファニーと出会う 人生の希望を取り戻すためダンスコンテストに出ることを決めたティファニーは、...
世界にひとつのプレイブック 病むぞ〜この映画。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=16 うち今年の試写会2】 そう言えば鑑賞した映画のレヴューって追いついていたのだ。 第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ティファニーを演じたジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞ってことで押さえておくかと鑑賞した。  妻の浮気...
映画「世界にひとつのプレイブック」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その...
世界にひとつのプレイブック ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
それぞれに愛する人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづるヒューマン・コメディー。オスカーで6部門にノミネートされた『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、人生の再起に懸ける男女をハートフルに描く。 主演は、『ハングオーバ...
世界にひとつのプレイブック (いやいやえん)
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス共演。 妻の浮気現場で暴力をふるい家庭も仕事も失ったパット。事故で夫を失ったあと自暴自虐のビッチ的行動をとっていたティファニー。人生のどん底にいた男女の出会いと再起を描いた作品。 シリアスドラマの中に...
世界にひとつのプレイブック (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SILVER LININGS PLAYBOOK】 2013/02/22公開 アメリカ 122分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー ダニー 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。...
「世界にひとつのプレイブック」翼の折れたエンジェル (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
GAGAのオンライン試写会で鑑賞。 出向いていかなくても観られるなんて、便利だわ〜 アカデミー賞8部門ノミネート、ゴールデングローブ賞も取ってしまったこの作品。 翼の折れた繊細な人たちへの応援歌は、思わず胸が熱くなる。
「世界にひとつのプレイブック」 (ここなつ映画レビュー)
イチ押しのジェニファー・ローレンスの出演、他の出演者もアカデミー賞ノミネート総なめ、という事もあり、期待して観ました。心に傷を負った者同士の出会いと再生、というテーマも良かったし。 …でも…。私にはあまり面白くなかった。すみません。と謝ってしまう位に...
世界にひとつのプレイブック (映画大好きだった^^まとめ)
1 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2012/12/28(金) 23:22:37.20 ID:3tMUibT3少しイカれたきみが、なぜか希望の光。心が壊れたふたりの出会いと再起に、全世界が応援!爆笑がいつしか大粒の涙に変わる ...