映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ジャンゴ 繋がれざる者

2013年03月03日 12時04分33秒 | 映画 さ行
評価:★★★★★【5点】



予告編で封印されていた数々のサプライズ。
なにより、『続・荒野の用心棒』オリジナル・テーマ曲
“Django”が大音響で聴こえてきたのは鳥肌ものだった。

巷ではイタリア製西部劇、俗にマカロニ・ウエスタンのなかの
テーマ曲として最高傑作という声も聞くが
ワタシの中ではそこまでなく、中の上ってところか(こらこら)

でも、この曲を初っ端から流したことで
マカロニ・ウエスタンを現代に復活させたことがなにより嬉しい!
オープニングから使用曲に対し度肝を抜かれた格好に(笑)



南北戦争勃発前夜のアメリカ南部。
賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツは、
お尋ね者三兄弟の顔を知る黒人奴隷ジャンゴを見つけると、
彼の鎖を解き放ち、三兄弟の追跡に繰り出す。
その後、ジャンゴの腕を見込んだシュルツは、
彼を賞金稼ぎの相棒にして2人で旅を続けることに。
しかし、そんなジャンゴが真に目指す先は、
奴隷市場で生き別れた最愛の妻ブルームヒルダのもと。
やがて、彼女が極悪非道な農園領主カルビン・キャンディに
売り飛ばされたことを突き止めたジャンゴとシュルツ。
2人はキャンディに近づくため、
ある周到な作戦を準備するのだが…。
<allcinema>



ただし、本作観る前は主演のジェイミー・フォックスがねえ^^;
どうみてもオリジナルの“ジャンゴ”には程遠い感じがして
もうそこから、あまり食指が動かなかったわけですが
この、ハードルの下げ具合が功を奏したってこともありそうだ(笑)

ところが、意外や意外!ストーリーが進むにつれ
それらしく、カッコよく見えてくるからこれが凄い!
さすがタランティーノ!ツボを抑えていますね。

第85回アカデミー賞助演男優賞を獲ったクリストフ・ヴァルツ。
中盤以降の彼の演技は素晴らしいモノがありました。
隠された本業という意味では、現代のCIAのようなところか。

農園領主のカルビン・キャンディと相対してからは
ほどよく緊張感が張り詰めて、やっぱりタランティーノの演出と
こちらもオスカーを獲った脚本賞のことはありますな~。

この映画のいちばんの凄いところは
過去のマカロニ・ウエスタンのツッコミどころを
ことごとく解消してくれているところかもしれない。
「あるある、こんなこと」でも過去には描写一切なしとか(笑)


【今週のツッコミ】
・KKKもどきの覆面姿で野営を襲う一団の会話に大笑い!
 馬上で覆面がずれて前が見えなくなる問題でディスカッション(爆)

・カルビン・キャンディの執事スティーブン(サミュエル爺さん)が
 恐ろしく怖い人であった。あの動物的勘の鋭さをみるかぎり
 おそらく世界のなかでも軍師(参謀)として名を残せたはず^^

・その執事スティーブンだが、トボケたところとのギャップがすごく
 ワタシとしては助演男優賞のオスカー候補にしてもいいくらいだった。

・ジャンゴの妻役のケリー・ワシントンが本編では
 かなり可愛かったことでジャンゴに感情移入できた。

・当時の奴隷制度では黒人が馬に乗ることすらありえない。
 Dr.キング・シュルツの相棒となってからのジャンゴは
 その性格付けからも下手なマカロニ・ウエスタンのヒーローよりも
 格段に美しく見えてしまった(笑)

・劇中で『怒りの荒野』(1967)のテーマ曲流れてました。
 ちなみにその映画はマカロニ・ウエスタンのヒューマン系として
 かなり評価が高い。J・ジェンマvsL・V・クリーフの師弟対決。

・オリジナル映画のジャンゴ(フランコ・ネロ)が
 本作のジャンゴに名の綴りを聞くシーンは緊張した。
 だって、ろくに字も読めなかったんだもの^^;
 
・映画の途中でインターミッションが入ったかと勘違いした。
 時間軸が流れ、ミシシッピー州に着いたってことだった(笑)

・あの時代、サングラスなんてあったのだろうか。
 黒澤映画『用心棒』のマフラーに近い感覚なんだろうね。

・カルビン・キャンディの良心ある姉がまさかの撃たれるシーンで
 衝撃で後方に吹っ飛ぶ角度に違和感あり。

・奴隷らを使った富裕層たちの娯楽のひとつ、デスマッチで賭け。
 木に登って逃げようとした奴隷の哀れさに涙腺が緩んでしまった。

・カルビン・キャンディがウソを見破り形勢逆転するシーンで
 演技に熱が入り過ぎ、机のグラスで手を切ったらしい。
 あの出血は本物ということも。

・終盤でカルビン邸での銃撃戦、瀕死の人間に隠れ撃ち合うシーン
 友軍誤射(?)で瀕死の人間が痛々しかった(笑)
 それと冒頭でも、たまには馬にだって弾が当たりますよ^^
 それ必然的で今までほとんどなかったのが不思議なくらい。

・ホルスター腰に付けたままでオシッコは出来ません^^
 毎回外していたのか、タランティーノもそこまで描写しなかった。

・エンニオ・モリコーネ氏の名を見つけたけど
 劇中効果音楽の担当?それともカメオ出演?(笑) 
------------------------------------------------
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:
テーマ曲:ルイス・エンリケス・バカロフ


出演:ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/レオナルド・ディカプリオ/
    ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョナ・ヒル/
    フランコ・ネロ


『ジャンゴ 繋がれざる者』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界にひとつのプレイブック | トップ | フライト »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詳しい (オリーブリー)
2013-03-03 22:56:21
さすが、西部劇詳しいな~。
あのテーマ曲、北島サブちゃんバージョンがあったのですが、あれは何ですか?
itukaさんご覧になってないでしょうが、ジョニーの「ランゴ」でも使われていましたよ。
ま「ランゴ」なんて、狙ったネーミングですから~西部劇かぶれのカメレオンなんてねぇ~(笑)

全て、激しく同感だらけです!!!
KKKのおバカな(いや、本音か)シーンには大爆笑。
マスク取ったらジョナ・ヒルまで(爆)
ラストには、渋いアウトローになってましたよね~ジェイミー!
嫁は惚れ直したでしょう^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-03-04 19:47:53
こんばんは。
中学生の時に仲間内でマカロニウエスタンに嵌まってたんですよ。
お小遣いを溜めてモデルガンとホルスター(腰ベルト)と飾りの弾丸少々をやっとの思いで買って
来る日も来る日も早撃ち、くるくる回してホルスターにスポッ!ってのを練習してました(爆)

なので、今でも人差指にタコ(笑)
主演のジェイミーもマカロニファンで、同じことやってらしいですね。

サブちゃんのは完全なる替え歌ですよ(笑)
誰が作詞したんだろうね^^

『ランゴ』も流れてたんですか~(笑)
うわ!だったら観ておくべきだったわ~(爆)
っていうか、唄の出だしは「らんご~!♪」なのかな?^^

あのKKK、オリジナルも赤い袋できっちり6人出てきましたよ。
コルトの連射は6発までだから7人じゃまずいみたいよ(爆)
なので、今回はサミュエルのツッコミに対抗し2丁拳銃だったもんね^^

そうそう、まさかのジョナ・ヒル!(笑)
あれはサプライズだったね。
結局、30人分の覆面作った苦労はなんだったんだろう(爆)
「袋に穴あけただけじゃねえか!」って、ほんとに笑ったわ。

さぶバージョン (オリーブリー)
2013-03-04 23:44:05
そういうことだったんですね。
ありがとうございました。

>マカロニウエスタンに嵌まってた

いとこも同じようなことしてた。
殺されてた、わたし(笑)

「ランゴ~♪」とは言ってるけど、「続・荒野~」の曲か覚えてないわ。
一応、長編アニメでオスカー獲ったので、見てやってください(笑)
あの西部劇ヒーローみたいな人も出てきますよ~オスカーイッパイ持って!
キャプテン・ジャック・スパロウみたいな西部劇オタクのカメレオンです!

さっき、スマスマにデンゼルが出てました。
やっぱり気さくで楽しい人だから、「フライト」の悪行は忘れます^^爆。
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-03-06 00:09:06
こんばんは。
さぶちゃんの件、お役に立ててなによりです(笑)
いつも、情報貰ってばかりでこういうときぐらいね~^^

>殺されてた、わたし(笑)

あ~、なんか想像できます(爆)
むりやりさせられてたんでしょう(ノ_・。)ヾ(´∀`*)ヨチヨチ

『ランゴ』の予告編をYoutubeで観たけど恐ろしくCGが凄いね。
太陽光が本物に見えるから実写みたいよ(笑)
この映画もマカロニを意識してるんでしょうかね^^
なんか、ココに来てマカロニの復活祭が始まっているようで嬉しいです(爆)
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラックなんかが爬虫類になって出てきそうですね。

デンゼルをお許しに?(笑)
へ~、気さくな人なんだ。ジェームズ・フランコとはチョイ違うみたいで安心しましたよ(爆)
こんにちは☆ (kira)
2013-03-06 12:54:41
冒頭からのジャンゴ~で私も盛り上がったクチです~(笑)

家族も友達も西部劇ファンがいたし、
気が付けばかなり観てるうちに好きになっていた状況でした♪
KKKのシーンが受けましたよね~
あと幾つか吹いたシーンがあったんだけど、夜の回だったせいか
結構大人しい観客だった、、

今週のツッコミ、いちいち同感~。
キャラもみんな際立ってて面白かったけど、私的には
にこやかなキャンディ姉が、実は凄腕の・・・とか期待しちゃってました~

今季、ドラマに夢中で、
ヘタな映画でガックリしたくなくて、時間がギリだと無理せずお家で録画を消化しています。
この作品でちょっと満足気味だから、余計に次の作品のハードルが上がっちゃうかも~
kiraさんへ (ituka)
2013-03-06 21:35:17
こんばんは。
そうそう、あのいきなりの名曲に「おぉ~!」でした(笑)
kiraさんもそうだったとは嬉しいじゃないですか^^
主題歌もそうだけど、オープニングクレジットも当時とおなじフォントらしいですよ。
さすがにワタシはそこまでは詳しくないけどね^^;

KKKの会話で吹き出して、執事サミュエルの登場シーンでは思わず「ブハッ!」って声が出ちゃいました(爆)

>にこやかなキャンディ姉が、実は凄腕の・・・

お!ワタシも同じこと密かに思ってたんですよ。
背中に2丁のショットガン持ってて『バイオハザード』のアリスのようにやってくれるんではないかと(爆)

我が嫁への一途な愛を貫くジャンゴはえらい!(笑)

こういう良作見ると次が大変ね。
ココでハードル上がっちゃうの分かるし、でも、一度リセットしなきゃね(笑)
Unknown (あみ)
2013-03-07 07:07:54
私はオープニングテーマで真っ先にサブちゃんを連想してしまいました^^;
(『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』での唯一の収穫がエンドロールのサブちゃんだったので・笑)
オリジナルテーマ曲、マカロニ・ウエスタンの中の最高傑作と言われているのですか!?
私は口笛シリーズが好きなので『荒野の用心棒』とか『 夕陽のガンマン』の方が好きですね。
「さすらいの口笛」なんて子供の頃よくリコーダーでマネしましたよ(爆)
あみさんへ (ituka)
2013-03-07 23:58:20
こんばんは。
サブちゃんを真っ先に連想してたのね(笑)
ワタシはオリジナル映画の棺桶を引きずりながら歩く主人公(ジャンゴ)のシーンを思い出してました(笑)
今回も足枷しながらでも歩く姿だけは同じだな~なんて(爆)
奴隷の彼らを見て、町内運動会競技のムカデ競走連想してました(←そこまで行くんかい)^^

この主題歌がカッコよすぎ!ってタランティーノもファンだったんでしょうね。
最高傑作って声が多いけど、ワタシは違うんだな~(笑)
口笛シリーズもお気に入りですけど、実は最も好きなのは『夕陽のギャングたち』そして『続・夕陽のガンマン』(笑)
とにかく、エンニオ・モリコーネの楽曲に限りますな~^^
2007年、彼のライブ「エンニオ・モリコーネ ~ピースノート:ライヴインヴェニス~」
これをBS放送で観た時は永久保存版にするべきだったと後悔しました^^;
 (とらねこ)
2013-03-09 04:39:56
itukaさん、こんばんは!
わお、itukaさん、西部劇すごく詳しいんですねなんか、熱が伝わってきます!
タランティーノはこれまでもブラックプロイテーションフィルムが好きだったり、ブラック系を感じさせる映画を作ることが多かったので、ジェイミー・フォックスには期待してたんですよ~。

>カルビン・キャンディがウソを見破り形勢逆転するシーンで演技に熱が入り過ぎ、机のグラスで手を切ったらしい。
わー、本当だあ!レオがそのままでっつってその内のワンテイクが使われたみたいですね

>エンニオ・モリコーネ氏の名を見つけたけど劇中効果音楽の担当?それともカメオ出演?(笑)
あっ、そうそう!これ、最後の最後でエッて思いましたw!
とらねこさんへ (ituka)
2013-03-10 01:38:20
こんばんは。
西部劇といってもハリウッド製のはほとんど観たことないんですよ。
とらねこさんのお気に入りの『真昼の決闘』はたぶん未見(笑)
でも、イタリア製のは、、、いや、そんなに観てないわ(爆)
マカロニ・ブームのときにテレビ放映されていたのを10本程度かな~
でも、どの作品もサウンドトラックが強烈で映画の内容よりも主題歌や挿入音楽が好きでした。
なので当時、レコードを何枚も買いあさってた記憶が(笑)

カルビン・キャンディの指切りはドクロの破片かプライヤーの先端でした。
そして、エンニオ・モリコーネ氏はこの映画のために新スコアを作ったようです。
劇中に女性の美しい唄声“ANCORA QUI”がそうらしいです。(本日2回目鑑賞でした・爆)
おお! (ひろちゃん)
2013-03-18 22:54:00
★5つ~!満点ですか!
itukaさんの満点初めて見たような気がします。

>KKKもどきの覆面姿で野営を襲う一団の会話に
大笑い!

KKKの襲撃でドキドキしていたらあのシーン(笑)
今日はナシでやらねえ?みたいなことも言ってましたよね~ほんと、笑ちゃいました(笑)

>当時の奴隷制度では黒人が馬に乗ることすら
ありえない。

ですよね~。すんなり乗馬できて銃も撃ててビックリの
ジャンゴでした(笑)

わかりやすい勧善懲悪ストーリー、大好きな、懐かしいマカロニウエスタン、脚本賞も納得の面白さでした!映画の日に、フライトでなくてこちらを観れば良かったわ~(笑)
モリコーネ、タランティーノを嫌う (笛吹働爺)
2013-03-18 23:26:03
こんな記事がありました。
「タランティーノとは仕事したくない」
http://www.cinematoday.jp/page/N0051226
ひろちゃんへ (ituka)
2013-03-19 22:57:02
こんばんは。
マカロニファンだったワタシにとって、この作品こそ現代のマカロニウエスタンと認めたい(おいおい)^^
多分、当時の数ある作品より数段面白いと思いましたもの(笑)

KKKのナシでやらねえ?は笑ったよね~(爆)
顔出しじゃ意味ねえだろ!とかね^^
穴広げたら破れちゃった!みたいなとこも(笑)

>すんなり乗馬できて銃も撃ててビックリ

そういや、それ突っ込みどころですね!
まったく気がつかなかったわ^^;

この映画にキング・シュルツを登場させたことがいちばんの成功だったと思います。
なので、最後あのまま退場してしまったことが切なくて仕方ありませんでした(泣)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-03-19 23:03:32
こんばんは。
なんと!かなりショッキングな記事ですね。
でも、モリコーネの言い分を読むと分かる気がします。
とくに“一貫性を欠いた方法で、映画の中で楽曲を使う。作曲家にとって、あるまじき扱いだ”
ワタシもそれは思いましたもん(笑)
でも、この作品はマカロニの良いとこ取りのお祭り映画と思っていたので
モリコーネの考えとタランティーノとではズレがあるんでしょうね。

マカロニファンとしてみれば残念としか言いようがありません^^;
「さよならドビュッシー」に (笛吹働爺)
2013-03-22 00:58:46
久々にはまってしまい、半田で仕事がある度に見てしまいます。昨日で3回目。けして出来のいい映画とは思えないのですが・・・。名古屋でロケしたというのは理由ではなく、やはり橋本愛を見たいのかな。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-03-22 22:19:12
こんばんは。
お!かなりハマってしまいましたね^^
ワタシも同じ映画に嵌まった経験ありますから分かります(笑)
名古屋ロケというより橋本愛さんを見るためだと思いますよ~^^
そうなんです (笛吹働爺)
2013-03-23 01:56:08
原作文庫本を買って読了。妻に「この映画見たいよ」と言ったら、「内容なんかどうでもいいんでしょ、その娘が見たいだけなんでしょ!」と看破されました。僕の趣味はお見通しなのです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-03-23 21:59:01
こんばんは。
原作本読まれたのですね。
奥様、すべてお見通しのご様子^^
これは長年連れ添っていればこそですもんね。

いろんな意味を含め「…すまないね~」これに尽きますよね。
純愛? (mariyon)
2013-04-14 17:53:55
タラちゃんので一番好きなのは、
実は「トゥルーロマンス」。はい、純愛っす。
後半は、ちょっと、あれを思い出しましたもんで、
とても嬉しかったです。

どばーと血だらけ、とんでもない打ち合い、
でも、たとえば、itukaさんも書いてるカルビン姉の不自然なぶっ飛び方とか、リアルさがなくて、そのぶんOKでした。このあたりのタラちゃんの感覚が、うまいなぁ~なんて。。。

イングロリア~より、ずっと良かったです。
mariyonさんへ (ituka)
2013-04-14 21:15:00
こちらにもこんばんは。
お~、『トゥルー・ロマンス』これ観ました。
なんと、タラちゃんが関わっていたのですね。あ~、脚本でしたか。

タラちゃん映画は結構なグロ度ですもんね(笑)
でも、その見せ方は限界を超えない見せ方は相当な計算をしているんでしょう。
どうしたら客は喜ぶか、よく分かっています(笑)

カルビンの姉を撃つとは予想外^^;

『イングロ』より良かったですか。ワタシも同じで~す(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジャンゴ 繋がれざる者 (風に吹かれて)
奴隷制度を描いたマカロニウエスタン公式サイト http://www.django-movie.jp監督: クエンティン・タランティーノ1858年、賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツ(クリストフ・
劇場鑑賞「ジャンゴ 繋がれざる者」 (日々“是”精進! ver.F)
南部一の早撃ちになるだろう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303020003/ ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラックサントラ リック・ロス ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (佐藤秀の徒然幻視録)
ジョン・シャフト・ジェネシス 公式サイト。原題:Django Unchained。クエンティン・タランティーノ監督、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、 ...
ジャンゴ 繋がれざる者/ジェイミー・フォックス (カノンな日々)
日本大好きなタラちゃん監督が来日してプロモーション活動でテレビ番組に出まくってましたけど、そんなの抜きにしてもこれは面白そうと楽しみにしていました。19世紀中期のアメリ ...
『ジャンゴ -繋がれざる者-』 2013年3月2日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャンゴ -繋がれざる者-』 を鑑賞しました。 よくチケット獲れたなと自分でも感心 レオナルド・ディカプリオの舞台挨拶がありました。 追っかけも凄いけど、結構背が高いので驚いた 引退は否定したけど、ちょっと休むのは本当らしい。 金の稼げる俳優も大変なんだな...
ジャンゴ 繋がれざる者 (心のままに映画の風景)
1858年、南北戦争直前のアメリカ南部。 賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)によって自由の身となった奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、相棒として旅を続けることになる。 奴...
ジャンゴ 繋がれざる者 (悠雅的生活)
南部のジークフリート。Dead or alive。Dは発音しない。
ジャンゴ 繋がれざる者 /Django Unchained (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 待ってたよ タランティーノの新作 有楽町丸の内ピカデリーにて行われた レオナルド・ディカプリオ舞台挨拶にいってきました~ お誘いありがとう マカロニウェスタン大好きなタラが10年越しの構想でついに...
ジャンゴ 繋がれざる者 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DJANGO UNCHAINED】 2013/03/01公開 アメリカ 165分監督:クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン、ジョナ・ヒル、フランコ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (Memoirs_of_dai)
“D”はサレント 【Story】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次...
映画レビュー「ジャンゴ 繋がれざる者」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆元奴隷と元歯医者の賞金稼ぎコンビが大暴れする「ジャンゴ 繋がれざる者」。ジャンルの境界線を飛び越え ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (だらだら無気力ブログ!)
痛快で面白かった!
映画:ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained 世間の大絶賛とは別に、妙に冷めている当ブログ(笑)  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑) その理由を以下。 戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。 ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが... ...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 (こねたみっくす)
Dは発音しない。これがクエンティン・タランティーノの映画だ。 マカロニウェスタン、回りくどい会話劇、血みどろの銃撃戦、吹っ飛ぶ銃殺体、爆死する監督、そしてサミュエル・ ...
ジャンゴ 繋がれざる者 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
タランティーノ流西部劇は、撃って、撃って、殺しまくる。伝説の西部劇ヒーローを、タランティーノ監督が、マカロニ・ウエスタンとブラックスプロイテーションを掛け合わせたような、パワフルなアクションを作り上げた。 奴隷制度撤廃以前の19世紀の米国南部で、妻を救う...
『ジャンゴ・繋がれざる者』 (ラムの大通り)
(原題:Django Unchained) ----これ、一時間以上前に行ったんだって? タランティーノは好きじゃなかったはずなのに、 どういう心境の変化。 「うん。 この映画がセルジオ・コルブッチの『続荒野の用心棒』が基になっていること、 そして前作『イングロリアス・バスタ...
「ジャンゴ 繋がれざる者」お見事タランティーノ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。 しかーし!明らかに違う! カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティ...
Dは発音しない~『ジャンゴ 繋がれざる者』 (真紅のthinkingdays)
 DJANGO UNCHAINED  ”Django. The D is silent.”  南北戦争の2年前、テキサス州のどこか。元歯科医で賞金稼ぎに転向した ドイツ人シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は、お尋ね者の...
ジャンゴ 繋がれざる者 (青いblog)
ジャンゴ~! have you always been alone~? ジャンゴ~!! have you never loved again~? 始まっていきなりこの曲がかかる。 超名曲!! 【 映画:続・荒野の用心棒(Django) テーマソング ...
ジャンゴ 繋がれざる者/DJANGO UNCHAINED (いい加減社長の映画日記)
「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」も気になったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。 ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた牧場...
ジャンゴ 繋がれざる者  監督/クエンティン・タランティーノ (西京極 紫の館)
【出演】  ジェイミー・フォックス  クリストフ・ヴァルツ  レオナルド・ディカプリオ  サミュエル・L・ジャクソン 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝い....
ジャンゴ 繋がれざる者 (Akira's VOICE)
過激な見どころ盛り沢山で愉快痛快。  
『ジャンゴ 繋がれざる者』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャンゴ 繋がれざる者」 □監督・脚本 クエンティン・タランティーノ□キャスト ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、        ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ウォルト...
★ジャンゴ 繋がれざる者(2012)★ (Cinema Collection 2)
DJANGO UNCHAINED これがワイルドだ。 上映時間 165分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2013/03/01 ジャンル アクション/ドラマ/西部劇 映倫 R15+  【解説】  「キル・ビル」「イングロリアス・バ....
ジャンゴ 繋がれざる者 (こんな映画見ました~)
『ジャンゴ 繋がれざる者』---DJANGO UNCHAINED---2012年(アメリカ)監督: クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス 、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ 、ケリー・ワシントン 、サミュエル・L・ジャクソン 「キル・ビル」....
『ジャンゴ 繋がれざる者』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
黒人のカーボーイ姿もなかなかのもので、マカロニ・ウエスタンがたっぷりと楽しめる。自由を求める黒人は、白人からだけでなく、黒人からも危険視される。男女平等を目指す女の敵が女であったように、黒人の敵は黒人だったという皮肉も描かれる曲者たちのハードな痛快西部...
映画『ジャンゴ 繋がれざる者』観てきた~ (よくばりアンテナ)
アカデミー賞脚本賞受賞作品。 クリストフ・ヴァルツがアカデミー賞助演男優賞受賞。 えっと、まず、クエンティン・タランティーノ監督作品なんですが、 私、食わず嫌いでして、初めて観ました。 そ...
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」観に行ってきました。レオナルド・ディカプリオが悪役として登場することで話題となった、クエンティン・タランティーノ監督製作のアクション映画で...
ジャンゴ 繋がれざる者 (rambling rose)
ドイツ人歯科医のシュルツの本業は賞金稼ぎ。お尋ね者の顔を知る黒人奴隷ジャンゴを見つけた彼は、共に追跡に繰り出すが・・
ジャンゴ 繋がれざる者 やっぱ鬼才や、タランティーノは!映画じゃ~っ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=23 うち今年の試写会3】 4日間の奄美の旅からの帰り道、ずっと晩ご飯何食べようか考えていた、買い物に行くのは面倒なので冷蔵庫にどんな材料があったか、何が食べたいのか・・・。 結局「カレー鍋」に決定、旅の間に不足しがちな野菜を大量摂取したいのと、ターメリ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (銀幕大帝α)
DJANGO UNCHAINED 2012年 アメリカ 165分 アクション/ドラマ/西部劇 R15+ 劇場公開(2013/03/01) 監督:クエンティン・タランティーノ『イングロリアス・バスターズ』 脚本:クエンティン・タランティーノ 出演: ジェイミー・フォックス:ジャンゴ クリスト...
ジャンゴ 繋がれざる者 (いやいやえん)
ストーリーは概略の通り。いつもの長尺のタラちゃん映画、ただし西部劇です。西部劇ってところであんまり見る気がしなかったんですけれど、ブロガーさんの評価が割りと高いのでみることにしました。 正統な西部劇ではないので、見やすかったと思います。タラ節も勿論...
ジャンゴ 繋がれざる者 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン 【あらすじ】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキ....
「ジャンゴー繋がれざる者」 (ここなつ映画レビュー)
好き嫌いが分かれる作品だと思う。でも私は好き。虐げられた運命にある者が、偶然と必然に翻弄されながら、己れの道を切り開いていく。それも又運命。逆襲に満ちた異色の西部劇、といったところか。 冒頭、鎖に繋がれて行軍するジャンゴ(ジェイミー・フォックス)の...