映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

イコライザー

2014年10月25日 16時36分16秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】


デンゼル・ワシントンの魅力満載映画だ。
これで前回の『フライト』の汚名は完全に消え去るでしょう(笑)




ホームセンターの真面目な従業員、ロバート・マッコール。
かつては、CIAの凄腕エージェントだった彼だが、
引退した今は、自らの過去を消して静かな生活を送っていた。
そんなある日、行きつけのカフェで知り合った少女娼婦アリーナが、
ロシアン・マフィアから残酷な扱いを受けていることを知る。
見過ごすことが出来ず、ついに封印していた正義の怒りが爆発する。
単身で敵のアジトに乗り込むや、
悪党どもをあっという間に退治してしまう。
これに危機感を抱いたロシアン・マフィア側は、
すぐさま最強の殺し屋を送り込んでくるのだったが…。
<allcinema>



底なしに強い!そしてクールで潔癖症(ほんとかよ)
“人は体と知と心だ”を座右の銘にしてるかは知らないが
マッコールの口から出る言葉すべてに説得力を感じてしまう。

もはや彼は、神に最も近づいた男と崇められても
なんら不思議ではないというのは言い過ぎだろうか(言いすぎです)
ならば、宗教団体の教祖という立ち位置なら
誰もが納得するだろうし、少なくとも本作品のホームマートの
従業員のみなさんは間違いなく入信されると思う(爆)

序盤、ロシアン・マフィアの事務所に単身乗り込み
娼婦アリーナの自由を要求するシーンは秀逸。

9800ドル(約99万円)の持参金で和解しようとするが
マフィア側は失笑しながら相手にしない。
これ以上話しても埒が明かないと判断した瞬間
マッコールは不思議な行動に出る。ここはマフィアも観客も皆
彼に注視し続けるのだ。

こういうのを嵐の前の静けさとでも言うのだろう。
マッコールの口から「OK!(交渉決裂なんだな)」と言って
腕時計のタイムをゼロにセットする。

その瞬間、一切の無駄を省いた見事な動きで相手全員を瞬殺する。

この映画は“静と動”のバランスがうまく配分され
そろそろ、必殺ぶりが観たい!と思うところでアクションがある。
敵役の最強の殺し屋の雰囲気も重みが感じられ
そこも、この映画のイメージを格段に押し上げていると感じた。


【今週のツッコミ】
・マフィア事務所(相手は5人、銃刀法違反者数名・笑)に
 単身乗り込む度胸は、もはや彼はターミネーターの心臓か。

・持ってきた持参金額(はした金)を笑いつづけるマフィアだが
 そんな彼らもマッコールの直後の不思議な行動(ドアの連続開閉)に
 仲間同士顔見合せ、「はぁ???」となったであろう。
 これは一種のマッコール的心理戦だったのか?
 それとも、急性認知症候群を発症したかは定かでない(アホ)

・事務所のあのドアを何度も開閉し「チョー版が軋むようだ」と
 言ってくれたら100点満点(これもアホっぽい)

・傷口に沸騰した純正ハチミツ塗ると治癒力アップ^^

・毎夜午前2時すぎまで店に居るマッコールの睡眠時間は
 いったい何時間だろうと余計な心配することたびたび(爆)

・闇の仕事に使用した商品を棚に戻す行為はアカンだろ^^;

・十代の娼婦演じたクロエちゃんですが、若干の肉付き感は
 あどけなさを見せるための体重増量とみた。
 基本的に、この役はクロエでなくレア・セドゥでお願いします(笑)

・ワタシも将来、マッコールのようになりたい!(今いくつだよ)
---------------------------------------------------------
監督:アントワーン・フークア
脚本:リチャード・ウェンク
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


出演:デンゼル・ワシントン/マートン・ソーカス/クロエ・グレース・モレッツ/
    ビル・プルマン/メリッサ・レオ

『イコライザー』 



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレース・オブ・モナコ 公... | トップ | ヘラクレス »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2014-10-25 21:16:11
フライトの汚名は完全に消えましたね!!
これで仕事人デンゼル・ワシントンで、
すっきりしました(爆

ホームセンターの物で武器にするあたりは、
参考にすること多し!
でいい勉強になりました!!(おいおいっ汗)
えふさんへ (ituka)
2014-10-26 17:20:03
デンゼルのスーパーヒーローはリーアム・ニーソンとまた違った良さがありますよね。
今回も『ザ・ウォーカー』並みの強靭さでした。
そんな彼も、時にはアンチヒーローを演じてみたかったのが『フライト』(笑)

ホームセンターの商品で悪をぶった切る展開はなかなかよかったです。
これからもホームセンターに行ったら、何気に武器になりそうなもの見つけたいです(こら)^^;
きっかけが、、、 (オリーブリー)
2014-10-28 00:13:03
少女娼婦は救いたいと思うだろうけど、ポッチャリ女子より薄幸そうな方が観客は同情しやすいですよね。
ルーニー・マーラーみたいな(苦笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-10-28 20:48:44
少女娼婦に裏拳ビンタは見てて辛いはずですが、クロエちゃんには何故かあまり同情できない不思議(笑)
そうか~、あのポッチャリ感が邪魔をしてるのね(爆)

薄幸といえばシシー・スペイセクが真っ先に思い浮かびますが
さすがにあれじゃ客は付かないでしょうね(客取れずまた殴られるパターン?)^^;
ルーニー・マーラ、おー!確かに!(笑)
ドアの連続開閉は (ami)
2014-10-28 21:37:50
強迫性障害の典型的な症状の一つで、ストレスが高じると酷くなるらしいので
あのシーンはマッコールの怒りが頂点に達したってことなんでしょうね。
(マッコールはOCDだとデンゼル・ワシントンがインタビューで言っていました)

>傷口に蜂蜜
アントワーン・フークア監督は『リプレイスメント・キラー』でも
チョウ・ユンファの傷口に灰をかけていましたが
自然療法に詳しいのですね(笑)
amiさんへ (ituka)
2014-10-29 00:44:33
ためになる映画講座(笑)
OCDは以前なにかの映画で主人公がそうだということを聞いたことがあります。
潔癖症もひとつの事例として枠に入ってますね^^;

そういえば、『アビエイター』のH・ヒューズ(レオくん)もマイ石鹸をジャケットに入れてました(笑)

マッコールの例の動作はそういうことだったのね!
マフィアらの舐め切った態度に怒りが頂点に達した!
それが怒りの動作なのか、自ら制御しようとしているのか、そこですよね。

>傷口に灰

これはなんとなく良さそうな感じですよね(笑)
でも、『ローン・サバイバー』のシールズ隊員は銃弾傷にドロ詰めてましたよ(爆)
たぶん、単なる止血効果と思うけど破傷風が心配でした^^;

うっかり (笛吹働爺)
2014-11-17 22:48:26
スルーのつもりが時間の都合で見てしまいました。
見せ場の多いスーパーヒーローもの?ですが、ありえへんやろ!と突っ込み所満載ですね。後味もあまりスッキリしないから ホシ3.5くらいか。
ただ実際のイタマフィアとかロシアンマフィアはあのくらい悪どいのだろうと思わせられましたね。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-11-18 00:00:13
鑑賞お疲れ様です^^
こういうヒーローものは突っ込みどころ満載が、ある意味条件のようなところありますもんね^^;
☆3,5でしたか^^;

ワタシはここ最近のデンゼル映画に外されたことがないので本作も安心しきって観てました(笑)

後味はスッキリしなかったですね^^;
静と動 (iina)
2014-11-20 10:20:53
>この映画は“静と動”のバランスがうまく配分され そろそろ、必殺ぶりが観たい!と思うところでアクションがある。
自信をもってるのですね。相手が何人いようと、ターミネーターばりな心臓の持ち主でした。

iinaさんへ (ituka)
2014-11-20 23:37:23
かなりの自信家でしたね(笑)
あそこまで行くのに、どれだけの修行をすればいいのか気になります。
もはや神の領域のような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「イコライザー」 (日々“是”精進! ver.F)
正義執行人、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410250000/ ★枚数限定ポスター★『イコライザー』映画ポスター (THE EQUALIZER) [DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】...
イコライザー (あーうぃ だにぇっと)
イコライザー@ニッショーホール
イコライザー~人生を「補正」させる男 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Equalizer。アントワーン・フークア監督。デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ、マートン・ソーカス、デヴィッド・ハーバー、ビル・プルマン、メ ...
イコライザー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Equalizer監督:アントワン・フークア出演:デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、デビッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ
『イコライザー』 2014年10月14日 ソニー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イコライザー』 を試写会で鑑賞しました。 上映前に赤ペン瀧川先生のトークがあった。 どうやら宣伝で使うための撮りだったらしい。 【ストーリー】  ホームセンターに勤務するマッコール(デンゼル・ワシントン)は、かつてCIAで名をなせた工作員であったが引退し...
「イコライザー」☆19秒の必要性 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
なぜかあまり期待してなかったら、意外にも面白かった! 黒人で誠実そう顔のデンゼル・ワシントン。 昼間はホームセンターで働くおじさんが、急変して夜の仕事人になる話って~~と思っていたけど・・・・
イコライザー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE EQUALIZER】 2014/10/25公開 アメリカ PG12 132分監督:アントワーン・フークア出演:デンゼル・ワシントン 、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、デヴィッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ 『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシント...
イコライザー (心のままに映画の風景)
ホームセンターの真面目な従業員、ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、行きつけのカフェで知り合った娼婦テリー(クロエ・グレース・モレッツ)が、ロシアン・マフィアから残酷な扱いを受けていることを知る。 見過ごすことが出来なくなったマッコールは...
映画:イコライザー THE EQUALIZER 狙いはフィルム・ノワールっぽい線? だが辿り着いたのは違う処に... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まる直前に調べたら、上映時間=2時間 11分 えっ? メインプロットは予告編でほぼ、さらされている。 ホームセンターで働く主人公 マッコール(デンゼル・ワシントン) 深夜営業のダイナーで本を読むのが日課。 知り合いになった娼婦テリー(クロエ・グレ...
自由な正義の姿。『イコライザー』 (水曜日のシネマ日記)
ホームセンターに勤務するひとりの男が一般市民を苦しめる悪の組織に立ち向かう物語です。
イコライザー/必殺!仕事人デンゼル無双 (MOVIE BOYS)
警察が関われない不正に鉄槌を下す元CIA工作員、いうなればアメリカ版「必殺!仕事人」を描いたアクションムービーだ。主人公にオスカー俳優デンゼル・ワシントン、共演に『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ、『マーガレットと素敵な何か』のマートン・ソーカ...
イコライザー / The Equalizer (勝手に映画評)
昼間は、しがないホームセンターの社員。而してその実態は・・・。 “デンゼル・ワシントンが必殺仕事人に!”見たいな言い方(宣伝)を聞きましたが、ちょっと違うかな。確かに、悪を裏のやり方で排除していきますが、それは決して必殺仕事人と言う訳ではありません。も...
イコライザー ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
どんな裏仕事も19秒で完遂する元CIA工作員にデンゼル・ワシントン、娼婦(しょうふ)の少女にクロエ・グレース・モレッツがふんしたアクション。ホームセンターの従業員として働く元工作員が10代の娼婦(しょうふ)と出会ったことをきっかけに、警察が関われない不正を始....
『イコライザー』 (2014) (相木悟の映画評)
弱きを助け強きを挫く、頼りになるDIYヒーロー登場す! 何かと理不尽な世に、神も仏もないものかと天に嘆きたくなる昨今。そんな憂さをささやかに晴らしてくれる快作ではあった。 本作は、演技派として重厚作に顔を出しながら、娯楽作もこなす名優デンゼル・ワシントン...
映画「イコライザー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『イコライザー』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 昼間はホームセンターで働くマッコール(デンゼル・ワシントン)は、かつてCIAの敏腕諜報員で...
【映画】『イコライザー』デンゼル・ワシントンのアクション健在! (シネマ・クレシェンド)
イコライザー(2014)アメリカ原題:The Equalizer?監督:アントワン・フークワ?出演:デンゼル・ワシントン/マートン・ソーカス/クロエ・グレース・モレッツ/?デヴィッド・ハーバ ...
イコライザー (だらだら無気力ブログ!)
とっても便利なホームセンター。人殺しもDIY。
イコライザー/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
劇場予告編では触れてなかったように思いますけど80年代に人気を博したTVドラマの映画リメイク版なんだそうですね。『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督がデンゼル ...
[映画『イコライザー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いや・・・、面白かったっスよ。 でもねぇ、すっげえ三流の話を格調高く撮った感じで、部分的に非常に解せない。 元CIAの凄腕が、世間の片隅で几帳面に修道士のようにおとなしく暮らしているんだけど、周囲には理不尽なことばかり起こって、つい、必殺仕事人的...
イコライザー (風に吹かれて)
規定外のご使用はご遠慮ください 公式サイト http://www.equalizer.jp 監督: アントワーン・フークア  「トレーニング デイ」 「ザ・シューター/極大射程」 「エンド・オブ・ホワ
イコライザー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ホームセンターの真面目な従業員、ロバート・マッコール。かつては、CIAの凄腕エージェントだった彼だが、引退した今は、自らの過去を消して静かな生活を送っていた。そんなある日、行きつけのカフェで知り合った少女娼婦テリーが、ロシアン・マフィ...
『イコライザー』 (こねたみっくす)
デンゼル・ワシントン、必殺仕事人になる! アントン・フークア監督たち製作陣は「必殺仕事人」をお手本にしているとしか思えない。しかも八丁堀の中村主水ではなく飾り職人の秀 ...
イコライザー (こんな映画見ました~)
『 イコライザー』---THE EQUALIZER---2014年(アメリカ )監督:アントワーン・フークア出演:デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス 、クロエ・グレース・モレッツ 、ビル・プルマン、メリッサ・レオ 「トレーニング デイ」のデンゼル・ワシントンと....
『イコライザー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イコライザー」□監督 アントワン・フークア□脚本 リチャード・ウェンク□原作 マイケル・スローン、リチャード・リンドハイム□キャスト デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、       デ...
イコライザー (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは!!最初から最後までデンゼル・ワシントンが強くて! いや~もう~最後なんて、音楽が又かっこいいので その音楽と共にデンゼルが映し出されると ひゃ~の一言だった。 かつてはCIAの工作員という役。 娼婦のクロエちゃんが、ロシアのマフィアに ボロボロに....
イコライザー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
デンゼル・ワシントン主演、共演はクロエ・グレース・ モレッツ、監督は『トレーニング デイ』以来再び デンゼルとタッグを組むアントワーン・フークアが務める アクションサスペンス『イコライザー』が公開されました ので観に行ってきました。 イコライザー 原題:TH...
イコライザー (もののはじめblog)
ハリウッド版必殺仕事人のような勧善懲悪をバイオレンスでバッサリする映画。 ポスターに映る俳優をアーノルド・シュワルツェネッガーだと思い、そのシュワルツェネッガーの「イレイザー(Eraser:消去するもの)」をデンゼル・ワシントン主演にしたリメイクかと思った...
イコライザー (The Equalizer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アントワーン・フークア 主演 デンゼル・ワシントン 2014年 アメリカ映画 132分 アクション 採点★★★★ セガールって凄いよなぁ。アクション映画の主人公の“強さ”ってのに説得力を持たせるのには、その役者のこれまでのキャリアであったり筋肉量であった...
「イコライザー」 (ここなつ映画レビュー)
のっけからネタばれなのだが、デンゼル・ワシントン演じるマッコールは、元CIAの凄腕で、今は引退して過去を隠し、ホームセンターに勤務している一介の男なのである。このマッコールが強い強い。思わず「つおい…」と呟いてしまう位強いのである。昼間は何事もなくホー...
映画『イコライザー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-84.イコライザー■原題:The Equalizer■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■鑑賞日:10月25日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督:アントワン・フークア◆デンゼル・ワシントン◆クロエ・グレース・モレッツ◆マントン・...
悪を消していく (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「イコライザー」を鑑賞しました。 元CIAのマッコールは今はホームセンターで働く ごく普通の真面目な人間として生活していた しかし なじみのカフェで出会った娼婦の少女テリーを囲うロシアンマフィアの非情さに、内に眠っていた正義感が目を覚....
イコライザー (銀幕大帝α)
THE EQUALIZER 2014年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2014/10/25) 監督: アントワーン・フークア 『エンド・オブ・ホワイトハウス』 製作: デンゼル・ワシントン 出演: デンゼル・ワシントン:ロバート・マッコール マートン...