映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

この世界の片隅に

2017年01月03日 16時40分15秒 | 映画 か行
評価:★★★【3点】



巷の高評価に釣られ、スルーのままでいけない映画と判断。
まずは自分の目で確かめよう!ってことで行ってきた。



1944年(昭和19年)2月。
絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、
あれよあれよという間に広島市から海軍の街・呉に嫁にやってくる。
彼女を待っていた夫・北條周作は海軍で働く文官で、
幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという一途で
優しい人だった。
こうして北條家に温かく迎えられたすずは、
見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、
健気に嫁としての仕事をこなしていく。
戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、
すずは様々な工夫を凝らして北條家の暮らしを懸命に守っていく。
そんなある日、道に迷っていたところを助けられたのがきっかけで、
遊女のリンと仲良くなっていくすずだったが…。
<allcinema>



結論から言って、こんなものかという印象。
大方、いや大半、いやいやすべての方が大絶賛されてる中で
こういう評価を表にさらすのもなかなか勇気がいる|д゚)

最初に目に飛び込んでくる独特のやわらかい画風。
これは、主人公すずが持つ素朴で可愛いくのんびり屋の
そのなんとも言えない魅力がアナログ風な画にマッチしている。

ただ、この作画を個人的好みからいえば、あまり好きではない。
こういう作画タッチはどう見方を変えようとしても
動く絵本という個人的感覚からか劇中の登場人物に感情移入できない。

できれば、リアルな実写映像で表現してくれた方が嬉しい。
そして、本作の絵本を彷彿させる意味からすれば
ここはモノクロで押し通し、例の原爆投下のキノコ雲のところから
徐々にカラーに移行していくのも面白いかもしれない。
またはその逆とか。

物語は、戦中戦後の動乱期にたくましく生きた主人公と
その周りの人々との関わりなど庶民の目線で描かれるからこそ
胸を打ち砕くのだろう。


【今週のツッコミ】

・2011年に実写テレビドラマがあったそうでヒロインに北川景子ですか。
 ワタシがキャスティングするなら迷いなく綾瀬はるか。
 いや、声を担当した“のん”こと能年玲奈ご本人でいいかも。

・一夜の宿を求め港から近い北條家を訪れる幼なじみの水平こと水原哲。
 すずが彼への淡い恋心をここで告白するシーンにドキドキ。
 いや、ハラハラしたのかも。
 夫は玄関戸のカーテンを閉めながら拳が震えていたことだろう。

・予期しない状態で爆弾に被曝する瞬間って、きっとあんな風かも。
 あの表現はアニメだからこそだな。上手いと思った。
-----------------------------------------------------------
監督:片渕須直
脚本:片渕須直
音楽:コトリンゴ
声の出演:のん/細谷佳正/稲葉菜月/尾身美詞/小野大輔/潘めぐみ/岩井七世/

『この世界の片隅に』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトラーの忘れもの | トップ | ニーゼと光のアトリエ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2回目 (笛吹働爺)
2017-01-09 21:09:09
本日妻を連れて、本作と「君の名は」を見てきました。
どちらも2回目でも沁みました。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2017-01-09 23:56:27
gooブログのいつもの不調になかなか自分のブログに入れず
今やっと入れることに気づきました^^;
お~再見されたのですね。

「君の名は」の方は冬休みにもう一回行こうか考えたのですが
結局行かず^^;
しかし、未だに新作映画並みの上映回数には驚きです。
さすが興行収入200億突破のモンスター映画ですね。
Unknown (mariyon)
2017-01-31 18:40:54
遅ればせながら、キネ旬にのせられて見てきました。

夏休みに必ずTVで放映される「蛍の~」ですが、
来年からこちらになるといいなぁと思います。

君の名はには、らしいアニメとしか思えなかったのですが(決して君の名はを悪いと言ってない、普通にいいアニメだと思っています)、こちらは、なんていうか、良かったです。
アニメだから表現できることのような気がしました。
戦争時代の田舎の生活を感じました。
そうそう、母は疎開をしたそうですが、空襲は知らないとのことでした。島根の話ですから。
呉と言う田舎は、やはり普通の田舎生活ではなかったのですよね。
mariyonさんへ (ituka)
2017-01-31 22:11:25
お!遂にご覧になったのですね。
そうそう!夏休み恒例の『火垂るの墓』ですけど
ワタシ、反戦映画の中でもっとも苦手なアニメなんですよね^^;
なので、言われるように、こちらになるとホントいいですよね(笑)

>こちらは、なんていうか、良かったです。

主人公の声とキャラが絶妙でしたよね!
でも、あの作画タッチはどうにも、、、すみません

ワタシの父は大木の影からB29を見上げていたと言ってましたが
同じく空襲を経験したことはなかったみたいです。

モンペってあんな風に着物を改良していたとは知りませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
この世界の片隅に (Akira's VOICE)
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  
「この世界の片隅に」 (元・副会長のCinema Days)
 とても感銘を受けた。原作が長いせいか食い足りない箇所も散見されるが、全体的に技巧面はもとより物語の求心力が高いレベルで発揮されており、観る者を圧倒する。今年度の国産......
この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......
この世界の片隅に (映画好きパパの鑑賞日記)
 いやあ、本当に今年は素晴らしい邦画の連続ですが、ここに来て最高ともいえるアニメ作品が登場しました。戦前から戦後にかけての広島、呉を舞台に1人の少女の生き様を追った名......
映画「この世界の片隅に」 (FREE TIME)
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。
この世界の片隅に (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広......
この世界の片隅に〜謎の太極旗の正体は? (佐藤秀の徒然幻視録)
すずさんは二度怒る 公式サイト。「夕凪の街 桜の国(2007)」の漫画原作者、こうの史代原作、アニメーション制作:MAPPA、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督。(声)のん=能年......
劇場鑑賞「この世界の片隅に」 (日々“是”精進! ver.F)
それでも、生きていく… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611140000/ 劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ] 「......
この世界の片隅に (C’est joli ここちいい毎日を♪)
この世界の片隅に '16:日本 ◆監督:片渕須直「マイマイ新子と千年の魔法」 ◆主演:のん、尾身美詞、細谷佳正、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山...
この世界の片隅に (映画と本の『たんぽぽ館』)
日常と隣り合わせの戦争 * * * * * * * * * * 冒頭の方で、私のような世代には懐かしい「悲しくてやりきれない」の曲が、 柔らかなコトリンゴさんの歌声で......
『この世界の片隅に』 (時間の無駄と言わないで)
いや〜凄いね。 面白いの何のってもう。 戦争映画で戦争の悲惨さを描いているのに、それでも面白いっていう。 コメディとして作った映画でもここまで笑い声が聞こえてくるって滅......
「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『この世界の片隅に』は各方面で絶賛の嵐ですが、確かに大いなる称賛に価する素晴
負の遺産。『この世界の片隅に 』 (水曜日のシネマ日記)
広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。
この世界の片隅に★★★★★ (パピとママ映画のblog)
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監......
『この世界の片隅に』 (beatitude)
昭和19年、18歳の少女・すず(声:のん)は生まれ故郷の広島市江波を離れ、日本一の軍港のある街・呉に嫁いできた。戦争が進み様々な物が不足していく中、すずは工夫をこらして食......
『この世界の片隅に』 (こねたみっくす)
ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて。 これは万の言葉を用いても表現することの出来ない、今年の、いや日本映画界における屈指の稀有な傑作。見終わると他の映画 ......
この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編......
『この世界の片隅に』('16初鑑賞106・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 11月19日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。 12月12日(月) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の......
この世界の片隅に (花ごよみ)
こうの史代の同名コミックを、 アニメ映画化。 監督は片渕須直。 舞台は第2次世界大戦下の広島・呉。 広島から呉に嫁いできた、 ぼーっとした主人公すず、 すずの周囲の人達の日......
この世界の片隅に (花ごよみ)
こうの史代の同名コミックを、 アニメ映画化。 監督は片渕須直。 舞台は第2次世界大戦下の広島・呉。 広島から呉に嫁いできた、 ぼーっとした主人公すず、 すずの周囲の人達の日......
『この世界の片隅に』 2017年1月3日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『この世界の片隅に』 を鑑賞しました。 パスポートでの7本目。(8本目はバイオハザード2回目) 【ストーリー】  1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生......
「この世界の片隅に」 (或る日の出来事)
すごく評判がいいようだけど…。
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......
『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう (映画のブログ)
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔......