映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ザ・ウォーカー

2010年06月20日 19時20分41秒 | 映画 さ行
評価:★★★【3点】


西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。

荒廃した近未来の世界観は割とうまく表現されていたと思います。
こういう映画で、最初に思い浮かべるのは
やっぱりアレでしょう!『マッドマックス』の続編の作品。

今回は、そういった世界で生活している民衆を大雑把に描きつつ
こういう時代には必ず出てくる力の権力者がそこにいて
奴隷のように使われる弱者たちの反乱を描きながら
そのなかに忽然と現れたスーパーヒーローが
世界を救うという映画ではありません。予想とちがってたということです。
そして、ガソリンの奪い合いをすることもありません。

ということで『マッドマックス2』よりは紳士的な作品といえるでしょう。



イーライという名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を
西に向かって歩き続けていた。ある本を携えて。
その本は、いまや世界にこのただ一冊となっていた。
イーライは、その本に近づこうとする者は容赦なく斬り捨てた。

そんな中、とある町に立ち寄ったイーライ。
そこは、カーネギーという男が独裁者として君臨する町。
彼は、ある本を探していた。
その本があれば世界を支配できると考えていた。
やがて、イーライの本こそが、目的の本だと確信するカーネギーだったが…。
<allcinema>



これは、ただひたすら自分に託された責務を全うするだけの
ある意味、自分の世界に浸り続けるマイペースな男の物語かと。

文明が崩壊すると、普段は気にも留めなかったものが重要視される。
すくなくとも本編ではトイレットペーパーではなかった。
庶民レベルでいえば、それが濡れティッシュだったり
石鹸だったり、もちろん飲料水もしかり。

そして、権力者レベルになると文明を取り戻すために、現存する
貴重な資料だったりするわけです。要するに、そういったものを
誰よりも先に自分の手のなかに入れて、世界を自分色にしようとする。

ワタシのような弱者&庶民レベルな男だったら
そんな資料なんかより水や食い物さえあればいいと思うんですが
ヒトの上に立つひとたちはやはり違いますね^^;

孤独な旅人・イーライが恐ろしくスーパーマン的キャラ。
ストーリーが進んでいくうちに、彼の生い立ちなどが
明かされて行くんだろうなと思っていたら、意外にも
庶民的なひとだったことが、あるアイテムで明かされる。

なんでしょうこれは!最初からセガールおじさんみたいな
ハイレベルな格闘術を身に付けてるってことでしょうか^^;

キャラ造形はそれでいいとしても、彼の何かに執り付かれたような
謎の行動は、予告編あたりで想像していたものと同じって^^;
もうすこしヒネッた展開を予想していたワタシは「それだけかよ!」
そんな感想が最後に来てしまいました。

さて、話自体は至ってシンプル。ただ、思わせぶりな惹き付け方は
最後に客を落胆させるだけですかね。
まぁ、でも、本作の映像の見せ方は荒廃な世界がうまく描かれていたと
いえます。セピア調に振られた色合いは、幻想的でワタシ的には好きです。


追記)
・イーライの持つ意味深な謎の本の解読には、ある学習を必要とする。

・あれを全て暗記できる彼は、是非ともギネス挑戦してもらいたい。

・できれば、ケヴィン主演『光の旅人』のようなラストだったら
 もうすこし奥の深い話になっていたかもしれない。

・首が飛ぶシーンのCGはなかなかよかったと思う。
 邦画の時代劇もあれくらいのVFXはやってもらいたいかと。

・あの老夫婦のシーンだけ別物の映画になったいた。
 『テキサス・チェーンソー』のホイト保安官が加わり大団円にしてもよかった。

・ヒロインのミラ・クニスですが、フェイスはグッド!
 もう少し身長があったら第三の女性戦士の仲間入りだと思うんですが^^;
 因みにワタシ的には、第一がアンジー姐さん。第二がミラ姐さんです。

・ひさしぶりにジェニファー・ビールスをまともに見ました。
 未だに『フラッシュダンス』での印象が頭から離れないワタシです(笑)
 このひとと、もうひとりアシュレイ姐さんのことが心配なんです(おい!)
------------------------------------------------------------------
監督:ヒューズ兄弟
脚本:ゲイリー・ウィッタ
撮影:ドン・バージェス
音楽:アッティカス・ロス


出演:デンゼル・ワシントン/ゲイリー・オールドマン/ミラ・クニス/
    レイ・スティーヴンソン/ジェニファー・ビールス/


『ザ・ウォーカー』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフトボーイ | トップ | 2010年、上半期マイベスト1... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆Kマートの新人研修は(コンビニ強盗向けの)格闘術らしい!☆ (TiM3)
2010-06-20 20:37:56
ホンマかい! と(=^_^=)

鑑賞お疲れ様でした。

私的には、どっかでクルマかバイクを奪えよ、とも思いましたが「お遍路さん」と同じく、歩きでないと意義に乏しいんでしょうか?

また『ウルヴァリン』の終盤にも登場した、あの物騒なロケーションに「おいおい、大丈夫かよそこで野宿して」と思ったり(・ω・)

ソラーラ役の女の子はクリスティーナ・リッチの後継者の1人って感じでしょうか?
ラストでは死にに行ってる感も(←すんません)ありましたが、続編へのフリなのかな?

しかしG.Oのオーラがちょっと消えかかってましたね。。
ハリポタ世界に染まり過ぎたのかしらん(・ω・)
Kマート恐るべし!ですね^^ (ituka)
2010-06-21 21:36:54
TiM3さん こんばんは。

実は運転できなかったんではないかという疑惑もあります。
どうもイーライは、あの本の仕様に関して必要に迫られていたためということらしいです。
とあるブログでそんなことを目にしました。

でも、それにしては対象物に目を向けてましたよね^^;

あの物騒なところでの野宿でガラガラ蛇なんぞ出してもらいたかったです。

>ソラーラ役の女の子はクリスティーナ・リッチの後継者の1人って感じでしょうか?

丸顔で小柄というのは女戦士に不向きかもしれませんね^^
おなじ狸系フェイスってところでしょうか^^;
でも、G・OやD・Wが彼女と共演したかったからこの作品に出演したとか言ってますよ(おいおい)

>しかしG.Oのオーラがちょっと消えかかってましたね。。

ちょっと今回はキャラ的に弱かったですね。
ホイト保安官のように、もっと弾けてほしかった(笑)
そんなオチいらないし… (オリーブリー)
2010-06-27 19:47:08
こんばんは。

弱視とかの噂(?)もあるみたいですが、何だかなぁ〜な映画でした。
どうせのオチなら、「なるほどねっ!」と膝のひとつでも叩かせて欲しいですわ。
ジョニー作品ですが「フロム・ヘル」もイマイチ好きじゃないのでした(笑)

チョイ役に校長とかねぇ〜制作費の殆どは役者の出演料でしょうか(苦笑)
お題目と内容がほぼ同じって(爆) (ituka)
2010-06-27 20:18:11
オリーブリーさん こんばんは。

たった今、カキコして戻ってきたら大笑いでした。
ほんと!髪や髭をきれいに剃り落となら、ついでに眉までしてもらいたいですよね。
イーライ「眉剃り失敗しちゃって・・」
ソラーラ「大丈夫よ、大きめのグラサン付けますから」(コメディかよ)^^;

デンゼル映画は悪くないんですけど良くもないってやつですかね〜^^:
迷った挙げ句 (笛吹働爺)
2010-07-03 19:29:24
昨日仕事の空き時間に何かを見ようとモレラ岐阜に寄りました。
そこで本作と迷った結果、「瞬またたき」を見ました。でっかい館内にたった二人。
予想通り、2.5/5というところ。
どうして(最近の?)日本映画にはチマチマしたスケールのものが多いのだろう。
アニメの方が制約がないせいか自由自在な世界を繰り広げているのとつい比較してしまいます。
岐阜のモレラって、行きたいシネコン (ituka)
2010-07-03 22:27:30
笛吹働爺さん こんばんは。

一度はお邪魔したいと思っていたシネコンなんですよ^^
けっこうアンチTOHO系列のものまで上映されているみたいですし。
岐阜県に遠征する理由がないのが辛いところです^^;
『瞬またたき』ご覧になったのですね。
この作品、ヒロインの北川景子さんに魅力を感じないワタシは
端からスルー映画でした。2,5でしたか〜

>どうして(最近の?)日本映画にはチマチマしたスケールのものが多いのだろう。

今年は秋冬にかけて『海猿』『ヤマト』とハリウッドばりの映画に期待ですかね〜^^;
モレラの画面は (笛吹働爺)
2010-07-03 23:28:58
イオン岡崎よりも巨大でした。

>北川景子さんに魅力を感じない

同感です。なぜ最近彼女がもてはやされるのか理解できませんね。顔が小さいにもほどがあるし、演技も?だし。色気はないし・・・。

秋の2本にも食指は動きませんね。所詮日本映画が作るには予算の問題が大きいのでは?

もっともハリウッドだって予算をかけりゃいいものが出来るというわけではないでしょうけど。CGを多用するくらいなら日本アニメの方がよっぽど面白いものが出来そうな気がします。
画面は大きいほど好き (ituka)
2010-07-04 00:03:15
笛吹働爺さん こんばんは。

イオン岡崎より大きいとなると、109シネマズに匹敵するかもしれませんね。
いずれIMAX仕様になっていくのでしょうか^^

>顔が小さいにもほどがあるし、演技も?だし。色気はないし・・・。

小顔グランプリに出たら優勝ですね。
演技も色気もね〜 同感です^^;

>日本アニメの方がよっぽど面白いものが出来そうな気がします。

そうです、世界に誇れるジャパニーズ・アニメにもっと力を注いでもらいたいです。
ワタシも『海猿』『ヤマト』はまったく食指が湧かないんです^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
ザ・ウォーカー (風に吹かれて)
30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した
◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネ...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
「ザ・ウォーカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ザ・ウォーカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・アレン&アルバート・ヒューズ その名の通り、「歩く」映画でしたな(^^♪。 歩くといっても「夜のピクニック」は一晩だけでしたが(笑)こちらは...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ザ・ウォーカー(80点)評価:○ (映画批評OX)
総論:この映画が描くのは、信念と忍耐を貫いた一人の男の生き様。世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペ....
ザ・ウォーカー(80点)評価:○ (映画批評OX)
総論:この映画が描くのは、信念と忍耐を貫いた一人の男の生き様。世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペ....
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...