映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

2013年01月27日 19時55分29秒 | 映画 ら行
評価:★★★★【4点】



いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり。
って、言葉がクドくなにがだよ!と思われそうですが
観る者にとってこの物語りをどう捉えるか
これは十人十色となる作品ではないでしょうか。

残念ながらワタシは原作をまったく知らないので
どうこう言える立場ではありませんが
緑豊かな浮き島の全景を引きのカメラで捉えた映像が
横たわる人型に見えたところから
砂漠に見える湖のオアシスのパターン?とか。
朦朧(もうろう)とした意識のなかで徐々に死に近づいて行く彼に
神は最後の気力を与える意味で幻想を見せたのではないだろうか。

ということで、あれは実在しない浮き島で(劇中でもそう言ってた)
彼の白日夢であったというふうに思えてしまった。



小説のネタを探していたカナダ人作家は、
パイ・パテルというインド人男性を訪ね、
彼の語る驚愕の冒険譚を聞くことになる――。

インドのボンディシェリで動物園を営む一家に育ったパイ少年。
やがて彼が16歳となったとき、一家はカナダに移住することになり、
パイは両親や動物たちと一緒に日本の貨物船に乗り込むことに。
しかし、途中で嵐に遭遇し、船は沈没。
運良く救命ボートに乗り移ることができたパイだったが、
彼と同じように辛くも逃げ延びたシマウマやハイエナ、
オランウータン、そしてリチャード・パーカーと名付けられた
ベンガルトラと同乗するハメに。
こうして少年パイの過酷な漂流生活がスタートするのだが…。
<allcinema>



カナダ人作家に自分の過去を語りはじめ
それを回想形式で表現されていくのはクリント・イーストウッドの
『父親たちの星条旗』以来だろうか。もちろんワタシのなかで^^;

冒頭からのテンポは正直言って遅く感じてしまった。
予告編で見せるトラとの共存をいかに行ったかに興味津々で
パイやその家族の人間描写が若干クドく感じるほどだった。
少なくともこの辺りをもうすこし削っていたら
前半でダレてしまうワタシのような者もいなかったかも^^;

さて、映像ですが、これは圧巻のひとこと!
どのシーンに於いても一枚の静止画として通用するほど。
荒波、鏡面のような静かな海、蛍光色で光る海の生物
飛び魚、ミーアキャットの群れの行動など
そして最も感心したのが、あのベンガルトラを先頭に
救命ボート内の動物たちすべてをCG再生で表現してるところ。

それまでいくつかの動物モノ、あるいは恐竜など
通常の彼らの動きはスピルバーグの『ジュラシックパーク』から
始まって何度も目にしているんだけど
さすがに今回のような荒波のボート内部という不安定な場所で
動物の動きを表現できたのは凄いとしか言いようがない。

そして、イタリアの砂浜に漂着した直後
227日間、シェイクハウスしたトラが何も言わず森に消えて行く。
ココはパイじゃないけど、せめて何らかの仕草が欲しかった^^;
ワタシとしては、トラが森に入る直前に、ふっと振り向いて
2〜3秒後にダッシュで戻ってきて瀕死のパイの顔を舐める。
実話じゃないんだから、それくらいやってあげてくださいよ(笑)
そうしたら、予想通りで涙腺決壊してたかもしれない^^

リチャード・パーカーがもしも
『ダンス・ウィズ・ウルブス』のような狼だったら
ラストのパイとの別れの展開も微妙に違っていたのだろうか。
ネコ科とイヌ科の違いをみるのも面白いかも(笑)


【今週のツッコミ】
・ネコ科動物に見返りを求めてはいけません。
 あのラスト、リチャード・パーカーとの別れは
 ある意味、硬派な展開だったのかもしれないな〜。

・過去を語るパイの話が長すぎると冒頭で思ってしまったが
 こんなに凄い経験、伝説化されるほどのことを茶化してはイケない。

・劇中、2回ほど飛び出してくる物体に身を避けてしまった(爆)

・浮島のミーアキャットの無防備さは可愛いが
 なにも抵抗せずトラに食べられるってどうよ!
 しかも、ボートにトラの餌用のお持ち帰りには引いてしまった。

・あれだけのミーアキャットが生息してるわりに糞が落ちてなかった。

・シマウマくんやオランウータン、ハイエナくんの残骸は?
 227日間経ってもボートの内装が綺麗なまんま^^;

・この映画にウンチはおろか、排便するシーンがなかった。
 冒険ファンタジーだから、敢えて削除なのだろうか。

・泳ぐリチャード・パーカーの顔が可愛かった。
 家の猫とほとんど変わらなかったんだが
 あそこでイカダの方に方向転換してきたのに吹き出した。

・個人的に、あの飛びクジラは何の意味があったのか不明。
 真横から巨大なクジラが出てきたのに平静だったパイは
 神経が図太くなっていた?この辺りはどんなもんでしょ(笑)

・大人になったパイと結婚したのはインドの彼女ではないのね。

・日本の貨物船保険調査員へのふたつめの物語りは
 これはこれでひとつのサバイバル映画ではあったが
 実際の物語りがどちらであったかは観る側の解釈次第。
 ちなみにバナナは水に沈むらしいが。

・ワタシは動物たちと実際に漂流し浮島だけ幻想であったとした。
 せっかくパイがあれだけ熱く語ってるんだし。
 でも、ふたつめの物語りを僅か2分で語り終えたことにお口アングリ^^
------------------------------------------------------
監督:アン・リー
脚本:デヴィッド・マギー/ディーン・ジョーガリス
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:マイケル・ダナ


出演:スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/アディル・フセイン/
    タブー/レイフ・スポール


『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テッド | トップ | アウトロー »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2013-01-28 01:21:23
とにかく圧巻の映像でしたよね^^
IMAXで観たかいがありました!(自慢か・笑)

>ネコ科とイヌ科の違いをみるのも面白いかも

なるほど、そうきましたか(笑)
相変わらず楽しいツッコミどころがいっぱいですね(笑)

>泳ぐリチャード・パーカーの顔が可愛かった

同感!あのお顔はネコちゃんでしたよね〜
思わず、かわゆい〜と心の中で叫んでました(笑)

ミーアキャットは好きなので、かわいそうと思いましたが、まあCGだからいいかと(笑)
↑そういう問題じゃない?(笑)

前半の長さにちょっと退屈もしましたが(^^ゞ、アカデミーノミネート納得の素晴らしい作品だったと思います。
Unknown (kira)
2013-01-28 19:26:48
お久しぶりです。

>個人的に、あの飛びクジラは何の意味があったのか不明

これは実際に遭難漂流した人が本作に関わっていて、その方の体験を映像化したものらしいでっせ
公式のsurvval storyに記述がありますね。

>でも、ふたつめの物語りを僅か2分で語り終えたことにお口アングリ

そうよね〜、だから2回目に行きたくなる人も出てくるんじゃないでしょうか(→
ひろちゃんへ (ituka)
2013-01-28 23:27:31
こんばんは。
ココに来て、IMAXで観るべきだったと悔やんでいます(笑)
地元のTOHOでも映像に感激出来たんだから、IMAXだったら相当だったんでしょうね。

森への入口でしばらくじっとしてたのは何か意味ありげでした(笑)
なんだか『シェーン』のオッちゃん思い出したわ(爆)

ミーアキャットって可愛いですね〜^^
あれだけの数がいれば1年は普通に食糧難にはならなそう^^;
でも、栄養偏りそうで、、、ってトラにとっては関係ないかな^^

こんな映像見せられたら目が肥えちゃって他の映画が観られなくなりそうです(笑)
kiraさんへ (ituka)
2013-01-28 23:36:59
こんばんは。
は〜い、お久です〜(笑)

>その方の体験を映像化したものらしいでっせ

へ〜!そうだったんですか〜(笑)
ワタシは監督のチョットしたサプライズかと思ってましたよ^^;
でも、イルカショーのクジラ版のようで迫力ありました(爆)
公式サイトにはいろんなマル秘記事が多いですよね。
あのリチャード・パーカーという名にまつわる偶然も興味深かった。

kiraさんももう一回行っちゃうんですね^^
次回はIMAX? (オリーブリー)
2013-01-29 00:14:28
1日まで何もないじゃない?
それまでにIMAX行こうかな〜と思ってます^^

シマウマとかいつの間にか水葬したんだ〜って思ったけど、アナザーストーリーでは、サメが、、、って言ってし、結局、糞や残骸がないのも虚構(動物たちではなかった)だからなんだと解釈しましたよ。
島の形は、退屈な前半で出て来た口が池みたいなお釈迦(?)のような形で、歯が出てきたのは蓮の花みたく、インドの彼女が別れに巻いてくれた紐(?)みたいなのも、木の根(?)に結び付けましたよね。
あそこはパイの理性と本能をあらわしてたシーンなのかな〜生きるために、おそらくコックの肉も食べたのでは…。
トラが何も言わずに去ったのは、生きるために野生(本能)的になったパイが、そんな自分と決別した姿なんだと思いました。
πのごとく、割り切れず永遠と続くこと…。
トラは自分であり守護神であり神であり、美しいファンタジー映像と語りで描かれる作品に、何をどう信じるか信じないかは、観客次第ということですね。
それでもトラと漂流したと思いたいです!
あっ、イタリアの砂浜ではなく、メキシコじゃなかったですか?
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-01-29 23:31:35
こんばんは。
平日のレディーズでご覧になるのね。
ワタシもリピしたいわ〜!と言いつつ平日に行けないので『アウトロー』の後になるかも^^;

オリーブリーさんの見解は説得力あるわ〜。
確かに考えれば考えるほど奥の深さを感じます。
アン・リーはやっぱり凄い監督さんですね。

この映画って観た後に語り合えるという意味では、過去映画の『ダイアナの選択』に近いモノを感じました(笑)
でも、こちらの方が心を揺さぶられるような心地よさがありますね。

トラは自分の幻影だったという見方には、お〜!でした(笑)
そうね、そうだとすればすべての流れが辻褄合いますよ。

>それでもトラと漂流したと思いたいです!

ワタシは後のDVD特典映像か何かでコックや母、船員らのサバイバル映像を見せてもらうまでは
トラとの漂流の方が好きです(笑)
あの作家と同じ気持ちってことですね(爆)

>あっ、イタリアの砂浜ではなく、メキシコじゃなかったですか?

あら〜、そうでしたっけ?吹替え鑑賞だったのでまちがえちゃったかも^^;
オーちゃん、流石だわ。大西洋横断っていうか、ヨーロッパまで海流的に見て漂流する訳ないもんね〜(恥)^^
こんばんは^^ (あみ)
2013-02-02 18:55:51
私はこの作品もの凄く好みです。
リチャード・パーカーの去り方もあれで良かったと思いました。
他の方も仰っていますが、私もリチャード・パーカーはパイが生き残る為の本能の象徴で、パイが助かったことで静かに消えて行ったのだととらえました。
あみさんへ (ituka)
2013-02-02 21:22:10
こんばんは。
お〜!あみさんもそういう方向的見地で捉えたのですね^^
あのトラの存在はパイの本能的部分の象徴でありパイの心の奥底にある理性があのような形になって現れたってことですか。
やはり、この映画は語り始めると奥が深いことに気付かされます。

ワタシ的に冗長に感じてしまった前半こそが実は伏線の宝庫であったということなんでしょうね^^
リチャード・パーカーとの最後の別れの切なさが、これで納得できそうです。

なんか、今さらだけどちょっとスッキリしちゃいましたよ^^

虎肌もの (iina)
2013-02-14 11:47:19
>戻ってきて瀕死のパイの顔を舐める。
なんて表現もあったでしょうが、そんなことにトラわれないで無愛想に去っていく方が好いです。

3D映像に、虎肌が立ちました。(^^ゞ
iinaさんへ (ituka)
2013-02-14 23:15:29
こんばんは。
鳥肌ならぬ虎肌でしたか〜(笑)

虎は去る!下手に顔なんか舐めてくれたら、そのままガブリ!かと緊張しちゃいますもんね(笑)
あそこの場面はアレが正解でしょうか^^

3D映像に関しては過去最高の完成度でした。
2D字幕を鑑賞 (笛吹働爺)
2013-02-18 22:37:09
☆4
あまり期待せずに見たがやられました。
3Dで見たほうがよりファンタジックだっただろうね。
漂着先はメキシコでしたよ。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-02-19 21:33:05
こんばんは。
お!高評価ですね^^
これは3Dで観た方がより刺激的に写ると思います。
こっちに向かってくる物体を避けてしまうなんて
たぶん近年では初めてではないでしょうか!ってくらい飛び出しモノ多いです。

そうそう、メキシコでした〜^^;
祝 アカデミー監督賞 (笛吹働爺)
2013-02-25 21:44:45
アン・リーが監督賞取りましたね!
作品賞は下馬評どおり? 「アルゴ」。
レミゼのアン・ハサウェイが助演女優賞。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2013-02-26 20:35:07
こんばんは。
アン・リー監督賞獲りましたね〜(笑)
ということで、思えばあの映画は単純にトラと漂流しただけではないんだよと監督が言っているように思いました。
作品賞の『アルゴ』は想定内でした。
やっぱり、ゴールデン・グローブ賞ゲットすれば大方はアカデミー賞ってことになるみたいですね。
アンの助演女優賞はノミネートのなかでは、断トツな感じですかね〜^^
☆生きるためには喰わなきゃ!☆ (TiM3)
2013-03-10 22:47:07
ばんはです。

ようやく記事をアップしました〜

今でも地元では上映してますが、総て「2D字幕版」
に統一されてしまってます(⌒〜⌒ι)

何だか『ダンサー・イン・ザ・ダーク』にも似てる、
語り手に翻弄されてしまう展開のドラマでした。

んでも、現在のCG技術で、もう1度『ジュマンジ』なんかをリメイクして欲しくなりました(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2013-03-12 00:06:00
こんばんは。
結局、バナナは水に浮くのか沈むのか、どっちを取るかで話が大きく変わってきますよね(笑)
浮くんだよ!と言いきったパイを信じたい(爆)

>何だか『ダンサー・イン・ザ・ダーク』にも似てる、

その映画は未見でした^^;
ワタシはその代わりに『ダイアナの選択』を真っ先にイメージしちゃいましたよ。

お〜『ジュマンジ』!今回のCGはほんと別格でしたもんね(笑)
できれば過去作品のCG部分をもういちど今の技術で見てみたいです。
ちなみに『ジュラシックパーク』が3Dで復活するらしいですが、さすがにそれは興味なし^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (日々“是”精進! ver.F)
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (佐藤秀の徒然幻視録)
22/7≒円周率=π(パイ) 公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディ ...
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 2013年1月16日 ユナイテッドシネマズ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 を試写会で鑑賞しました。 イベントもありましたが、外は寒かったのでパスしてしまいました。 アン・リー監督ともっくんこと本木雅弘が登壇しました。 【ストーリー】  1976年、インドで動物園を経営するパイ(スライ...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (to Heart)
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (Memoirs_of_dai)
散りばめられたπ 【Story】 小説のネタを探していたカナダ人作家(レイフ・スポール)は、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性を訪ね、彼の語る驚愕の冒険話を聞くことになる…。 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 IMAX-3D/スラージ・シャルマ (カノンな日々)
カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し 世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラー小説「パイの物語」をオスカー受賞監督であるアン・リー監督が映画化した作品です。16 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (あーうぃ だにぇっと)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ユナイテッドシネマ豊洲
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (こねたみっくす)
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (悠雅的生活)
嵐の海。生きること。神への感謝。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (だらだら無気力ブログ!)
幻想的な映像美は見応えあり。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ....
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞...
★ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)★ (Cinema Collection 2)
LIFE OF PI なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/01/25 ジャンル アドベンチャー/ドラマ 映倫 G 【解説】 「ブロークバック・マウンテン」...
ライフ・オブ・パイ (Akira's VOICE)
人生って冒険なのよね。  
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日 ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
二つの物語あなたが選ぶのは?公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi1月25日公開原作: パイの物語 (ヤン・マーテル著/竹書房)監督: アン・リー小説のネタを探し
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (心のままに映画の風景)
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...
映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』★感謝に生かされて トラと漂流しませんか♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビューです(ネタバレ表示ですが、オチ?はぼかす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344013/rid68/p1/s0/c1/     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160803/ ↑ あらすじ・ク...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。 カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。 第85回アカデミー賞に11部門ノミネートを果たしている作品でもあります。 今作は、映画の原作「パイの物語」の作...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D (そーれりぽーと)
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (或る日の出来事)
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★*☆ (センタのダイアリー)
主人公パイは幼少のころからヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、さらにはカバラ秘術までを学ぶ。 ここまで見たところで、アン・リー監督の旧作「グリーン・デスティニー」が頭をよぎった。 主人公のムーバイは求道者としても描かれており、この監督はこの世の仕...
少年と海、リチャード・パーカー 〜『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。 1960年代、パイはインドで動物園を営む一家のもとに生...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
ライフ・オブ・パイ (もののはじめblog)
映画『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』3Dの吹替版を、映画の日に観てきた。 デジタル効果のせいか、トラが現れたときあまりな臨場感に鳥肌が立った。相手が虎なので虎肌か。 トラが現れる度つづき、トラと少年の関係が落ち着くまで止まらなかった。両腕の...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo
漂流の果てに (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲われ船が難破 唯一生き残ったパイが乗り込んだ救命ボートにはシマウマ、ハイエナ、オラ....
映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 3D』を観て〜アカデミー賞受賞作品  (kintyre's Diary 新館)
13-9.ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 3D■原題:Life Of Pi■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■観賞日:2月1日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,300円 □監督・製作:アン・リー◆スラージ・シャルマ(パイ・パテル)◆イルフ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (いやいやえん)
普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をすかせないよう工夫しているのです。てっきり漂流という厳しい現実から動物たち(おもに...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (タケヤと愉快な仲間達)
監督  アン・リー 出演 イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール 【あらすじ】 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (銀幕大帝α)
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャルマ:パイ・パテル(少年) イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマ...
「ライフ・オブ・パイ〜虎と漂流した227日間〜」 (ここなつ映画レビュー)
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。 敬愛するアン・リー監...