三津 嚴島神社ブログ

愛媛県松山市神田町に鎮座する嚴島神社の神主の記録

宮前小学校 雅楽授業

2017年02月20日 | 雅楽
宮前小学校にて6年生83人を対象に雅楽の授業を行いました。

音楽の授業時間を使い、日本の伝統音楽である雅楽を
教科書にも載っている正式な服装。烏帽子(えぼし)に海松色の直垂(ひたたれ)姿で演奏。

ちなみに、日本の国家である「君が代」の旋律は雅楽でできており
独特な雰囲気をもつ曲と思った方も多いと思います。
明治13年(1880年)に宮内省式部職雅樂課の伶人奥好義がつけた旋律を林廣守が曲に起こし、それをドイツ人の音楽家であり海軍軍楽教師フランツ・エッケルトが西洋風和声を付けた楽曲です。

よく考えたら日本の伝統音楽は少ししか勉強せず、西洋音楽主体で演奏をするというのも変な話ですよね。
伝統音楽である雅楽に少しでも興味を持っていただければと思います。

報道陣も駆けつけてくれました。
愛媛新聞
愛媛新聞・動画
47news
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祈年祭(きねんさい)

2017年02月18日 | 三津嚴島神社祭典
2月17日
当厳島神社にて祈年祭(きねんさい)を執り行いました。

このお祭りは田植え前に五穀豊穣を神様に祈るお祭りで
11月23日の新嘗祭はこれに対して収穫に感謝するお祭りになります。

三津地区では田畑は少なくなり、農業に携わっている方も少なくなってきていますが、
米を主食として、様々な植物の恵を頂いて生活していることを忘れないようにしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念祭

2017年02月11日 | 三津嚴島神社祭典
2月11日
当嚴島神社にて役員総代参列のもと
建国記念祭執り行いました。

その後、ひめぎんホールにて記念式典に参加し
吉木誉絵(よしきのりえ)さんの講演を拝聴。

更にその後、千代の亀酒造主催の「日本弥栄〜千代の亀の國酒を飲みながら祖国の紀元を祝う」にて
建国記念日についてお話をさせて頂きました。

尺八の演奏もあり、美味しいお酒を飲みながらも少しは学びのある会にできたかと思います。


建国記念一色の濃厚な一日でした。

建国記念日とは国の誕生日で、世界各国の紀元とは様々で、記念日として祝日にしているところも多いですが
日本は初代天皇である神武天皇が即位をされた日に制定しており、
日本書紀にある「辛酉年春正月庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮 是歲為天皇元年」という記載をもとに
紀元前660年1月1日という日を新暦になおした2月11日を建国記念日としています。

つまりは祖国日本の2677回目の誕生を祝う日です!

初代天皇が国を治め、二千年以上たった今でも
その国がこうして存在し、国民が平和に暮らせている。
なんて素晴らしいことでしょう。
日本に生まれて良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白梅

2017年02月07日 | 境内の植物
境内の梅が開花しています。
今年は紅梅が元気がなく、かわりに昔は元気の無かった白梅が沢山花をつけています。

菅原道真公が祀られる三津天満宮のそばに白梅は2本上植えています。
道真公が京の都を去る時に詠んだ
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
は有名で、梅の花を愛していたことが伝わります。
訳「春の東風が吹くようになったら、花を咲かせて香りを届けておくれ、梅の花よ。 私(道真公)がいなくても、春を忘れないでいておくれ。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 愛媛FC必勝祈願祭

2017年01月22日 | 三津嚴島神社祭典
1月21日
愛媛FC必勝祈願祭が当厳島神社にて行われました。

晴れ空の下、選手たちが整列して参進


当厳島神社は江戸時代に歴代藩主が参勤交代で三津浜から出港の折り、
必ず参拝して武運長久、藩内平和を祈願した事から武運の神、勝運の神としても信仰されており、

愛媛FCもシーズンを迎え全国へと羽ばたいていく前に
毎年、当社で必勝祈願をしております。

祭典後は当厳島神社秋祭りの際に、神輿のかき手である取締も付けている
勝運の込められた勝守りをお渡ししました。


新たに就任した間瀬監督

大勢の報道陣に囲まれ取材を受けていました。

J1昇格に向けて頑張れ愛媛FC!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降雪

2017年01月15日 | 日々のできごと
月次祭(つきなみさい)が行われた15日
珍しく雪が降り、うっすらと地表が白くなっていました。

雪国の方が見たら笑われるかもしれませんが・・
滅多に雪が降らない三津浜では
うっすらでも雪が積もると非常に嬉しく感じます(笑)。

この後、すぐに消えて いつもの境内となりました。

車の運転をされる方等、特にお気を付けください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 厄祓いについて キャピー取材

2017年01月13日 | 日々のできごと
南海放送ラジオのキャピーさんが厄祓いの取材に来てくれました。

当厳島神社でお祀りされている宗像三女神は
外難防御の神(すべての災難を防ぎ、福を招く神)として古より信仰されており、年明けから厄祓いのご祈祷を受けに来られる方が多くなっています。
また、宗像三女神は別の御名を「道主貴之神」(みちぬしのむちのかみ)と言い、
陸上・海上・航空の安全を守る神様としても信仰され一般の方の車祓いは勿論のこと
海上保安部等も安全祈願に毎年来られています。


今年の厄年の方は下記の通りです

厄年の方は、年が明けて1年間が厄年になりますので
なるべく早い時期に、出来れば2月3日の節分までに厄祓いを受けていただくようお勧めしています。

前厄、本厄、後厄の3年間は人生の分岐点となる大事な時期です。
神様に見守っていただき、素晴らしい一年をお過ごしください。

1月中は予約なしで受付けしています。
9時~16時半までにお越しいただき受付け次第、随時ご祈祷します。
ご祈祷の時間は20分ほどです。
駐車場もございますので、お車でお越し頂いても大丈夫です。
祈祷料は5千円、7千円、1万円、1万5千円と御札の大きさが変わってきます。

詳しくはお問合せ下さい。
三津 嚴島神社
愛媛県松山市神田町1-7
電話:089-951-1471

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 初えびす 広瀬順子選手来社

2017年01月11日 | 兼務社祭典
恵美須神社(愛媛県松山市三津2丁目7-34)にて
初えびす祭が行われました。

リオパラリンピックに出場した
広瀬悠さん、広瀬順子さんもお参りに来られていました。
広瀬順子選手はリオにて柔道女子57キロ級で銅メダルを獲得されています!
まさかのメダリスト来社に記念撮影をさせて頂きました。

突然のお願いにも快く笑顔で応対して頂き、ありがとうございました。

恒例の餅まき

皆様のお蔭をもちまして、例年通り無事執り行うことが出来ました。
今年も笑門来福、皆が笑顔で過ごせますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丁酉年 新年のご挨拶

2017年01月03日 | 日々のできごと
新年明けましておめでとうございます。

今年は丁酉(ひのととり)年
鳥は「古事記(こじき)」の中で、日本の文献としては初めて登場します。
「古事記(こじき)」には歴代天皇のことが神様の時代から記されており
神主はこれに倣い神事を執り行っています。

登場するのは古事記の話でも有名ないわゆる「天岩屋戸」の話
____________________________
天照大御神が天の岩戸に御隠れになると世界が闇に閉ざされます。
(伊勢の神宮にお祀りされている天照大御神は文字通り太陽の神様。
岩の洞窟に隠れることにより暗闇になってしまうのです。)
そこで困った神様たちは話し合い、
「常世の長鳴鳥」を集めて鳴かせ、アメノウズメが躍り、アメノコヤネが祝詞をあげ
天照大御神を誘い出すことに成功したとあります。
____________________________
(分かり易くするために話を省略しています)


ここで言う、「常世の長鳴鳥」は今のニワトリをさしていると思いますが
その鳴き声で夜明けを告げる鶏は夜を終わらせ朝を告げるものの象徴とされていたのです。

シェイクスピアの『ハムレット』にも
「聞く所によれば、夜明けを告げる雄鶏は、その張り上げた甲高い鳴き声で日の神を目覚めさせ」とあります。

今でも伊勢の神宮の内宮正宮の御扉が開く際には
「カケカフ」(外宮は「カケロフ」)と三声という言葉が発せられます。

これは
「常世之長鳴鳥を聚(あつ)めて、互いに長鳴(ながなき)せしむ」 (古事記)
という故実に基づく訳です。

ちなみにこの時、鳥が止まっていたのが鳥居の起源とも言われ
今でも神聖な場所の入り口やその境界に鳥居があります。

現在の感覚で言えば夜が明ける頃に鶏が鳴く
と思うかもしれませんが、
時間を知るすべがない時代
鶏が鳴くことで夜が明けると長らく考えられていたのでしょう。

この鶏にあやかり皆様方に幸福の光に照らされることを祈念し
年頭の挨拶とさせていただきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
(画像は今年の初詣の様子です)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熟田津三社詣り 守護玉 入魂式

2016年12月27日 | 三津嚴島神社祭典
12月26日

午後2時~ 当厳島神社にて伊佐爾波神社、愛媛県護國神社、当厳島神社の宮司が集い
熟田津三社詣り守護玉の入魂式が行われました。


熟田津(にぎたつ)三社詣りは熟田津に所縁のある三社
「伊佐爾波神社」「愛媛縣護國神社」「三津嚴島神社」をお参りし守護玉を頂くお参りです。


熟田津(にぎたつ)とは「古代の港」のことです。

熟田津尓 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜
読み方:にきたつに ふなのりせむと つきまてば しほもかなひぬ いまはこぎでな
意訳:熟田津で船に乗り込み月を待つ。潮も頃合、さぁ出陣だ。


万葉集(7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集)に額田王(ぬかだのおおきみ)がこの歌を詠われています。

この歌は遥か万葉の時代、白村江の戦い(663年)の折に斉明天皇が百済救援の為、
飛鳥から朝倉宮(福岡県朝倉郡朝倉町-博多湾からは約40㎞離れて内陸部にある)に向かう際、
伊予の国に立ちより、石湯行宮(いわゆのかりみや)に長期滞在し力を蓄えて熟田津から出発する際に詠まれて歌です。



斉明天皇が白村江の戦いの際に上陸され、
長旅の疲れを癒された道後の石湯の地である「伊佐爾波神社」
途中お休みになられた地である「愛媛縣護國神社」
九州へとご出陣された地である「三津嚴島神社」

喜びの玉「奇魂(くしみたま)」(伊佐爾波神社)
安らぎの玉「和魂(にぎみたま)」( 愛媛縣護國神社 )
繁栄の玉「幸魂(さきみたま)」( 三津嚴島神社 )
の特別・守護玉(御初穂料 各500円)を新年に頂き、三社の御利益をお受け下さい。
※守護玉の授与は元旦(1月1日)から節分(2月3日)迄の期間限定です。

特にお参りする順番はありません。どの神社からお参りしても結構です。
守護玉は神棚や玄関先等において1年間お祀り頂き、翌年に神社にお納め下さい。

それぞれの神社の雰囲もを楽しんでいただき、
御利益(ごりやく)をお受けください。

揃えて頂いた守護玉は神棚等にお祀りください。


守護玉は新年に新しいものをお受けください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加