イタチョコ雑記+ビスケ

イタグレのチョコとビスケの
日常です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コート

2011年01月19日 | 洋服
去年のオフ会で親戚イタグレちゃん達がおそろいで着てたのを見て一目惚れした赤いコートです!
ippukuさんに作っていただきました!


えー、写真撮るの?うーん、やる気出ねーオーラがびんびん出てますな


ビスケ退場希望

しょうがないからフードで釣るか
と、それぞれに1粒ずつフードを用意した瞬間


え?あ、撮影ですか、もちろんOKですよっなチョコ


僕ァ最初っから良い子でしたよ?ヘヘヘなビスケ

あったかそうで可愛いです、ippukuさん、ありがとうございました!!


あ、ところでippukuさんといえば、今回のビスケの件で、心底、持っててよかった~と思ったアイテムがあります。


それがこのドッグスリングです
病院に行く時もずっとスリングに入れていきました
間近で様子が見られるのもいいですし、抱っこしてるのと同じ感覚で、しかも抱っこよりも
ビスケの体に負担がかからないのでとても重宝しました

真ん中あたりがV字になってるんですが、これがとても便利で・・・


チョコもビスケもよく顔を出したがるんですが
スリングのフチがまっすぐだと首に食い込んでグエェってなるんです
しかしV字の形だと快適に顔を出せるみたいです
(それともフチが分厚くないからグェッってならないのかも?
とにかくすごく良く考案設計されてるんです)

あと、中袋?がついてて、巾着状に蓋をすることもできるのも嬉しいです
チョコとビスケを2匹一緒に入れることもできるくらい中が広いので
自由な体勢でくつろげるおかげか、不安がらないし、あまり暴れないです

今まで、旅行の時しか使ってなかったんですが(旅行の時も、犬は抱っこなら入館OKな施設が多いので
重宝してましたけどね!)、今回は本当にすごく大活躍してくれました。
持ってて良かったアイテムです!



(`・ω・´)キリッとした顔でずっと写ってたチョコ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あっちむいて

2010年06月06日 | 犬との日々
せっかく一眼レフ的なカメラを買ったから、散歩中に撮影できたらいいだろうなーと思うのだが、落として壊しそうで怖いので、携帯のカメラでパシャ。
ちょっとピンボケだけどなかなか良い写真じゃないか。



しかし、なぜこっちを見ないのか…

外で写メろうとすると、絶対にそっぽ向くのはなぜなんだろうか。
多分、視線の先からは気になる何かがあるんだと思うんだけど、君たちの目の前では君たちの飼い主が必死に名前を呼んでいますよー。ここの公園、めっちゃ人通りが多いから、あまり君らの名前を連呼してると、何やってんだって目で見られるから小声だけどねー。

こ、これは今までチョコとビスケを写メしまくったツケか…!
普通のデジカメと違って、写メはすごくじっとしていてもらわないと、すぐブレるのだ。
飼い主が携帯を構えたら、「待て」させられて、少しも動かないように脅される、しかも飼い主が納得するまで終わらない…。
まあ確かにそっぽも向きたくなるよな。

というわけで、携帯の写真フォルダにはそっぽ向いたチョコとビスケの写真が増えていくのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまごちゃん

2010年05月24日 | 犬との日々
伊豆高原に行くと、時間があるといつも寄るドッグヤードさんっていうドッグランがある。
広いし、バスの待合所みたいに日陰ができるベンチもあるし、居心地が良いランである。
犬雑貨も売ってて、そこで見つけたのがたまごちゃんだ。

今までよく見かけたたまごちゃんは、顔がアメコミテイストで、チョコが食いちぎりそうな立体的マツゲが付いていたので、気になっても買うことはなかったが、このたまごちゃんはこういう感じなので、数ヶ月前、ためしに1つ購入してみた。

これが空前の大ヒットであった。
まさに、犬まっしぐら。
トリッキーな動きがいいのか、おもちゃで遊ばないビスケが食いつきまくりで、珍しくもたまごちゃんで1人遊びをするくらいの気に入りようである。

だが1つしか買わなかったため、チョコとビスケで喧嘩になる事態もしばしばあった。
なので、次に伊豆に寄った時にもう1つ買った。
これで喧嘩もなくなるだろうと思ったのだが、たとえ全く形状が同じものでも、兄弟の持っているオモチャは気になるらしく、自分でたまごちゃんをくわえていても、兄弟が持っているたまごちゃんを奪いにいく、というリアルイソップ童話な状況が多発するのであった…。

とりあえず2つあるから安心だろう、と思ったのも束の間、たまごちゃん行方不明事件が頻発した。
小さくてコロコロ転がるから、色んな隙間に入ってしまうのである。
このままだと本当に紛失する日も近いと思った私達は、また伊豆高原に行った際、予備のたまごちゃんを1つ購入。そして、ランで遊ばせるボールを忘れてきたので、さらにもう1つ購入。
というわけで、うちには計4つものたまごちゃんが転がることとなり、犬達がそこここに放置するもんだから、たまに踏んでしまってはビクッとするのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コテージ睦 in 山梨

2010年05月23日 | 旅行
先日、前々から気になっていた清里にあるコテージ睦さんに泊まりに行って来た。
コテージって全てセルフサービスでご飯が出ないところが大半(だと私は思っている)なので避けていたけど、こちらは併設されてるレストランで犬を連れての食事が出来るし、頼めばコテージまで食事を持ってきてくれる。しかもご飯が美味しいらしい、という前情報を仕入れていたので、とても楽しみに向かった。

いや~、シーズンを外しているせいかもしれないけれど、清里、閑散としてますな!
人も車も少なっ!って感じだった。
火曜と水曜に行って来たのだが、元々、清里は水曜日に休みが集中しているから、余計に人気がなかったのかもしれない。
それにしても何故一斉に水曜に休むんだー、と叫んでしまいそうなほど、店が閉まっていた。
と、思いきや、清里の駅前?みたいなところは空き店舗もちらほら目立っていたから、畳んでしまった店も結構あるのかな。

ともあれ、コテージ到着。
2~6人用とのことだが、大人6人だと狭いだろうな、と思った。
2人と2匹のうちには、ちょうどいい広さだった。
ベッドは2段ベッドが2つとロフトに2組布団が置いてある。
中学とか高校くらいの時に、こういうところに泊まった記憶がある…、とデジャヴりながら、2段ベッドやロフトに登ってはしゃいでしまった。
私がロフトに上ったことを知らない犬達が、一生懸命、私の姿を探すさまを上から眺めるのが一番面白かった。犬って案外、上方向を見ないものらしい。
いやー、人は高い所に登るとテンションが上がるものです。
ロフトに犬が駆け上がったらどうしようと少し心配していたのだが、かなり急な階段、というかむしろ梯子みたいな階段だったから、それは大丈夫だった。


到着が遅かったので、ご飯まですぐだったのだが、犬達を弱らせておこうと思って、コテージ裏手のドッグランへ。

きんちゃん走り?


ランは2棟あるコテージで共有する仕様である


結局、あまり犬達を弱らせることができないまま、レストランへ。

噂には聞いていたけど、ご飯は美味しかったー!
特にウドンが絶品と聞いていたんだけど、想像以上に旨かったです。コシがあって、もちもちだった。
かなり満足して、コテージに戻り、林間学校みたーいとテンション上げながら、寝たのであった。

ちなみに部屋は2、3匹KAMEMUSHIが出て、怖かった。
というか、緑色じゃないKAMEMUSHIは初めて見た(茶色だった)。
そういえば、山梨の他のペンションでもKAMEMUSHIが大量に出たって話を聞いたことがあるし、山梨はKAMEMUSHIが多いのかもしれないな…。
次に泊まりに行くとしたら、寒くなってからにしよう、とちょっと思った。
でもご飯は本当に美味しかったし、レストランメニューで他に食べてみたいものもたくさんあったので、山梨に行った時には、絶対に食べに行こうと心に誓ったのであった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石の家再々々訪(?)

2010年05月22日 | 旅行
先々々月くらいに、2連泊できそうな日があったから、伊豆に行くことにした。
旅行というと最近はつい伊豆に足が向く。というのも、そんなに遠くないってこともあるけれど、犬に優しいのだ。
犬連れOKのカフェやお店もたくさんあるし、ドッグランも大きなものから小さなものまで沢山ある、ペンションやホテルも豊富だ。

結構、泊まってみたいホテルやペンションがあったのだけど、2連泊って失敗しやすいので、慎重に、今まで泊まったことがあって満足した石の家に行くことにした。

2連泊はいい。
ゆっくりしたくて行ったのでどこも出かけず、上げ膳据え膳を楽しみ、露天風呂に入りまくり、ごろごろしていた。

朝昼はちょうど内風呂のところに強い日差しが入って
チョコとビスケが日向ぼっこしていた


ホテル裏手にドッグランができたというので、犬を走らせた。




なかなか上手く撮れないものです

ドッグランは柵の手前にすごく深い溝になってる部分があって、チョコは平気だと思うんだけど、ビスケがハマりそうで怖かったんで、途中からビスケにはリード付きでうろうろさせていた。


チョコ「ん?」


ちょっと残念だったのが、内装や設備の老朽化が目に付いたところだ。
壁紙もかなりくたびれて、内風呂の木も変え時じゃないかなあ…なんて思ってしまった。
多分、欧風っぽいインテリアや内装だから、経年劣化が余計に目立ったのかもしれない。

しかし、サービスは相変わらずクオリティが高く、ご飯もお腹いっぱいで美味しくて幸せだった。
また泊まりにいきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加