Nシステムブログ

弁護士櫻井光政を中心とした有志団体「一矢の会」が道路交通問題、特にNシステムについて問題視していくブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今井亮一よりご寄稿頂きました。(冒頭画像クリックで拡大します)

2013-08-28 18:17:37 | 投稿・寄稿
1511式のうち666式が2009年度に!

 裁判傍聴師として俺が日々通ってる東京地裁、その向かい側に警察庁と警視庁がある。近いのでよく寄り、行政文書の開示請求をやってる。閉庁間際に行くと開示手数料が半額になる、つーのはウソですけど(笑)。
※警察庁=全国警察の総元締め、警視庁=東京都の警察本部

 今回、警察庁で「自動車ナンバー自動読取装置整備数内訳」(平成24年度末現在)なるものの開示を受けた。


 一見すると、大部分が墨塗り、なんじゃこりゃ、である。
 だぁがっ、よく見ればびっくり! 秘密のNシステムについて、こんな文書(一覧表)を目にするは初めて!

 文書の上辺は「年度」。1986年度から始まってる。Nが日本の道路に登場したのは1986年度なのだ。
 初年度の整備数は3式。以降、2012年度まで、各年度だいたい数式から60数式ずつ増えてる。2003年度と2010年度だけゼロ。

 そんな中、1995年度にどかんと増えた。前年度まで9カ年度の累計は130式だったのに、1995年度だけで208式も増えたのだ。
 その内訳を見ると、当初予算ではたった10式。1回目の補正予算で105式増え、2回目の補正予算で93式増えた形だ。
 誰だって思うよね、年度の前半で何か、Nをどかんと増やす事情が生じたんだなと。
 1995年3月、「地下鉄サリン事件」が起こった。そして山梨県上九一色村などの「オウム真理教」の施設へ、警察が一斉に踏み込んだ。警察庁長官が何者かに狙撃されたりもした。日本全体が大騒ぎになり、多数の信者が指名手配犯となった。
 198式ものNが補正予算で増設されたのは、それが理由かなと推測できる。

 そうして2009年度、なんと一気に666式が増えた! やはり、当初予算では28式、補正予算で638式という形だ。
 あの「オウム事件」の3倍以上のインパクトのある事件が、2009年度の前半にあったっけ?
 記憶を辿り、ネットの年表などを調べても、どうもそれらしい事件は見当たらない。
 2009年度のいちばん大きなトピックといえば、8月末の衆議院の総選挙で民主党が大勝し、自民党が政権の座から転落したことかな。公示前から、民主党の大勝は見込まれていた。
 民主党の中には、かつていわゆる左翼だった議員もいるという。そんな民主党が政権を握ったことに、「オウム事件」の3倍以上の衝撃を警察は受けた? 万が一にも民主党なんぞが政権を握り続けてはならぬと、同党議員やその支持者を監視するため…? うーん、どうなんでしょね。
 とにかく、2009年度に増やしすぎたせいか、2010年度はゼロ、2011年度は13式、2012年度は2式ぽっち。そして2012年度末の累計は1511式。Nシステムよ、お前は何に導かれ、どこへ行くのか。

                  2013年5月1日 今井亮一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今井亮一様よりご寄稿頂きました。

2013-05-21 17:26:51 | 投稿・寄稿
 どもっ、今やすっかり裁判傍聴師の今井亮一です。ちょと必要があって私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」(http://www.mag2.com/m/0001035825.html)のバックナンバーに当たっていたところ、警察の監視カメラの本質に関わるレポートを見つけました。
 以下、そのメルマガ第225号「証拠隠しが濃く疑われる事件 逆転無罪!」より、適宜加筆等して。



  ☆   ☆



 2010年8月17日(火)16時から東京高裁506号法廷(岡田雄一裁判長)で「公務執行妨害」の判決があった。



 原審は東京地裁(江見健一裁判官)、その第1回公判は2009年6月10日、判決は同年11月26日。
 午前3時頃の新宿歌舞伎町で、警察官多数と被告人の仲間多数とで混乱状態になり、応援に駆けつけた警察官に対し被告人が暴行を…という公訴事実。
 被告人のほうは、暴行なんか加えてない、こっちが理不尽にも投げ飛ばされた、というふうな主張をしていた。
 原審判決を私は傍聴してないが、相場的には、とくに前科がなければ懲役1年、執行猶予3年くらいだろう。
 控訴審第1回は今年3月25日。今日の判決が、6回目の公判になるはず。



 この事件、「おかしいっスよ!」と、阿曽山大噴火さんがずっと追っかけてた。私も何度か傍聴してきた。どこがおかしいって…。
 歌舞伎町は、警視庁の監視カメラ(自称防犯カメラ)のメッカともいえる地域。現場はコマ劇場の前付近であり、当然、複数の監視カメラにさらされている。警察・検察は、その録画映像を証拠として出し、法廷で取り調べられた。
 ところがっ! 本件犯行と関係ない映像も提出されてるのに、ズバリ、本件犯行とその直前の映像が約38秒間だけ、ぬわいのだ!



 あの監視カメラは警視庁の生活安全課が管理し、映像は1週間で上書きされ、捜査員は生活安全課に理由を告げて映像のコピーをもらうんだという。
 肝心の約38秒間だけ、なぜないのか、検察官(つか警察官証人)は言うのだった。



警察官 「本件犯行の立証には不必要だった。プライバシーに関係するものが映っていた。どんなプライバシーかは言えない」



 んなバカな話があるかいナ(笑)。


 で、いよいよ控訴審判決。
 被告人は、私が初めて傍聴したときからずっと、非身柄で黒スーツ。頭髪が、ホスト風というのか、「お前、その前髪、切れよっ!」とオッサンは小一時間、説教したくなる感じ(笑)。



 16時00分、傍聴人はぜんぶで11人だったかな。16時01分、裁判官3人が登壇し…。



裁判長 「主文。原判決を破棄する。被告人は無罪」



 おお〜! 無罪が無罪になったというべきなのに、驚く私。
 竿番長、もとえ裁判長は(竿番長って何だよ!)、



裁判長 「被告人が公務執行妨害を行ったことを十分認められるようにも見える」



 とまぁ、いちおう検察側と原審の江見裁判官の顔も立てたうえで、こう続けた。



裁判長 「しかしながら子細に検討してみると…」



 そうして、映像の「欠落部分」について、こう述べるのだった。



裁判長 「(欠落部分には本件と)高度な関連性が認められ、重要な意味合いを持つ映像が含まれていると…(欠落部分を証拠採用するかは)当事者双方の弁論を経て決められるもの…捜査段階で消去してしまうことは許されない…。
 個人のプライバシーが含まれる映像もあったかと思われるが、他の部分にはまったく関係ない人物が含まれている…(警察が言う)理由は、いささか説得力を欠くと言わなければならない。意図的かどうか…妨げられたと言わなければならない。
 (欠落を)被告人に不利な形で考慮することはできないというべきである。被告人の供述を信用できないものとして排除するのは困難である。被告人が暴行を行ったことを、合理的な疑いを超えて認定できる証拠はない…犯罪の証明がないことに帰する。よって…」



 16時28分、言い渡しは終わり、被告人は「ありがとうございます」と頭を下げた。



 結局ねぇ、前にもちらっと言ったかもしんないけど、警察の監視カメラってやつは、「警察が、利用したいときに、利用したい形で、利用する」というものであって、「正義のために、真実を明らかにする」というものでは、まったくない。そのこと、監視カメラがらみの多くの事件を傍聴してきて痛感する。
 取調べの可視化が叫ばれており、国会議員なんかは、「冤罪防止は可視化で対応。可視化が実現すれば、冤罪はなくなる」なーんて認識だったりもするようだ。けど、可視化も結局、「警察・検察が、利用したいときに、利用したい形で、利用する」というところに着地するんじゃないのかね。



 この逆転無罪は、警察による証拠隠しが濃く疑われる事件、増殖し続ける監視カメラのヤバさを思い知らせてくれる事件、なのだが、ニュース検索しても拾えない…。
 
                  2013年5月1日 今井亮一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nシステムブログ憲法改正とプライバシー

2013-03-15 19:15:23 | 雑記
安倍氏が率いる自民党が政権について,憲法改正が現実味を帯びてきた。
今度の改正憲法草案はプライバシー権の保障についても言及しているという触れ込みだ。
該当する条文は19条の2。わざわざ新しい規定を設けた。それがこれだ。
何人も,個人に関する情報を不当に取得し,保有し,または利用してはならない。(自由民主党H24憲法改正草案19条の2)
法律を学問として学んだことのある人なら違和感を抱くに違いない。これは,私人間のルールを定めるものであって,実質的な意味における憲法ではないからだ。
「何人も・・・してはならない」というのは国民に対する禁止,命令だ。上から目線。大事なのは国家権力によってプライバシーを侵害されないということだろう。
それこそが憲法に記載すべき内容だ。こんな内容ではプライバシー権の保障を強化したことにはならない。
 気になって以前の憲法改正案を調べた。すると,なんと同じ19条の2に次の条文があるではないか。
 何人も,自己に関する情報を不当に取得され,保有され,または利用されない。(自由民主党H17新憲法草案19条の2)
 これは憲法だ。国家が濫りに国民の情報を取得しないことを宣言しているからだ。これならばプライバシー権の保障に資する。
  
この文言の変更,意味が解ってやっているのか?そうだとしたら悪質すぎるが,おそらく意味が解っていないのだと思う。改正憲法草案は,保守化というよりも,劣化した草案というべきだ。総裁の座から引きずり降ろされた谷垣さんは,このまずい草案について,きちんと文書チェックをしてあげなかったのではないかと秘かに疑っている。

弁護士 櫻井 光政
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木県佐野市赤坂町

2012-08-30 15:33:42 | 茨城県・栃木県







県道7号線。
佐野市駅の西側を走る県道7号線。(佐野行田線)
信号柱に寄生している、やはりこれも簡易型。


  一矢の会  浜島 望
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木県佐野市北茂呂町1

2012-08-23 15:28:17 | 茨城県・栃木県






県道270号線。
東西に走る県道270号の植下町。それにしても栃木は簡易型が多い。。

  一矢の会   浜島 望
コメント
この記事をはてなブックマークに追加