Nシステムブログ

弁護士櫻井光政を中心とした有志団体「一矢の会」が道路交通問題、特にNシステムについて問題視していくブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交通ジャーナリストの今井亮一さんよりご寄稿頂きました。

2012-08-15 14:05:11 | 投稿・寄稿
警察庁に対し、都費で設置したNシステムの設置数が分かる文書を開示請求した。
そしたら、「車両捜査支援システムの借入れ」の賃貸借契約書という、
私としては意外な文書(笑)が4件出てきた。


契約書:クリックで画像拡大します。



仕様書:クリックで画像拡大します。



ほとんど真っ黒黒塗りで、開示手数料は2180円、
ディスカウントショップの焼酎甲類4リットルより高い。泣きたいっす。


ただ、システムの1式は「本部装置」と「路上装置」から成り、
「本部装置」の構成は「中央装置」と「検索装置」と「運用管理装置」
「プリンタ」と「ネットワーク装置」から成るとか、
闇に包まれていたNシステムの影が少し見えた、とはいえる。
興味深いです。

別の契約金額は、たとえば
「平成24年3月1日から平成31年2月28日まで」のは1718万6400円。
契約者の甲は警視総監で、乙は黒塗り。
さすがNシステム、業者名さえ秘密なのだぁっ。

ちなみに私は警視庁の契約書に「平成31年」というのを初めて見た。
原発の使用済みの燃料を管理する書類には
「平成3万年3月31日まで」とか書かれてるんだろうか…。


交通ジャーナリスト 今井亮一(メルマガ「裁判傍聴バカ一代」)
http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃木県 佐野市田沼町 | トップ | 栃木県佐野市石塚町 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。