プリミティヴクール

シーカヤック海洋冒険家で、アイランドストリーム代表である、平田 毅(ひらた つよし)のブログ。海、自然、旅の話満載。

無数にある秘境を実体験スケジュール

2016-09-30 17:18:03 | 紀伊半島

秋のツアー・イベントスケジュール第一弾
※通常開催の「湯浅湾ワンデイツアー」は下記日程中以外で催行!

☆【10月2日(日)産湯海岸ツアー】
 南国の香りも漂う中紀の穴場を周遊します。
 http://islandstream.la.coocan.jp/ubuyutour.htm

☆【10月10日(月・祝)すさみ海岸ツアー】
 枯木灘の荒海が作り出した造形美の中をゆくワイルドツアー。
 http://islandstream.la.coocan.jp/susami.html

☆【10月27日(木)~28日(金) 日置川キャンプツアー 】
 野性味とのどかさが共存する美しい川を下り、海の世界へとワープ。
 http://islandstream.la.coocan.jp/hikigawa.html

☆【11月3日(木・祝)友が島ツアー】
 フレッシュに変化する潮流の中、点在する気品ある島々を巡ります
 http://islandstream.la.coocan.jp/suidou.html

☆【11月5日(土)~6日(日) 湯浅湾キャンプツアー 】
 シーカヤックキャンプの醍醐味を手軽に、本格的に味わえるツアー
 http://islandstream.la.coocan.jp/yabitsucamp.html

☆【11月9日(水) 南紀・田辺湾ツアー 】
 黒潮の息吹を全身で感じながら、宝石のように散らばる島々をゆったりトリップ
 http://islandstream.la.coocan.jp/tanabewantour.htm

☆【11月13日(日) 黒島ツアー 】
 4億年かけて作られた洞窟だらけの無人島を丸一日楽しみます。
 http://islandstream.la.coocan.jp/kuroshimatour.html

☆【11月16日(水) 南白浜ツアー 】
 富田川河口のアシ原の風情と、一転、ダイナミックな太平洋へとワープ
 http://islandstream.la.coocan.jp/minamishirahamatour.html

☆【11月23日(水) 青蓮寺湖・紅葉ツアー 】
 マイナスイオンたっぷりの湖上を漂い、美しい紅葉を眺めるツアーです。
 http://islandstream.la.coocan.jp/shourennji.htm

☆【11月26日(土)~27日(日) みなべ海岸キャンプツアー 】
 ウミガメも寄りくる海岸から神の住む無人島をトリップ。
 夜は超秘境・秘密の穴場でキャンプします。
 http://islandstream.la.coocan.jp/campminabe.html


この記事をはてなブックマークに追加

11月20日イベントの打ち合わせ

2016-09-29 22:03:14 | 紀伊半島

 今日は久しぶりに南紀田辺から白浜あたりに行きました。

 といっても漕ぎではなく、打ち合わせ。

 環境省とタイアップしての親子シーカヤック体験&自然学習会のイベントを、
 来たる11月20日(日)に開催することに決定。
 白浜の有名な円月島の周りをぐるっと巡ったあと、
 番所山の上まで登って自然観察します。

 特別イベントでかなりお安くしています。
 先着順、20名まで。
 詳細は後日アップしますので要チェック。 


この記事をはてなブックマークに追加

台湾からの風

2016-09-29 00:08:08 | 紀伊半島

 今日通りがかった友人がとってくれたツアー中の写真。
 これこれ、これが遠くからの台風のウネリの「沖は穏やかだけど波打ち際や岩礁でドカーンとくる」やつ。
 非常に水難事故の起こりやすい海況。
 太平洋岸で遊ぶ全ての人が知っておくべき海の知識。

 ウネリとは水が動いているのではなく、
 円運動するエネルギーが水面下で移動してるわけ。
 水深が深いと円運動はスムーズに動くので沖では穏やかなまま。
 一方、水深が浅いと動きが邪魔され海水をかき乱すので、
 沿岸でドーンとくる。

 もともとのルーツは台風の現場だ。
 そこではものすごい嵐が海をかき乱し、とんでもなくでかい波を作っている。
 それらのたくさんのでかい波が複合すると、
 やがて集団を形成するようにセットになって、
 ひとつの大きな円運動状のエネルギーを形成する。
 そいつが遙か遠く、数千キロを旅し、今ここに届けられるというわけ。 

 この原理は絶対覚えておいた方がいい。

 台湾から大陸に抜けた台風は熱低に変わったけれど、
 その余波がここまで来ている。
 円運動のほうが寿命が長いわけですね。
 つくづく水って不思議よのう。
 台湾で吹く風が和歌山まで届くわけはないけれど、水という伝導体を通すと来るんよ。
 ただのH2Oにすぎないのにすごいのう。


この記事をはてなブックマークに追加

ギター名演の夜

2016-09-28 00:11:15 | アート・文化

 先日25日にうち(アイランドストリーム/The Seventh Sense cafe)で開催した、
 濱口祐自ギターライヴ
 素晴らしい夜になりました。

 ゆうじさん、すごく気持ちがこもった演奏で、
 特に後半のステージ、 ちょっと神がかってるような瞬間すらありました。

 それを支えるものすごい技術、
 年期、
 音の響きへのこだわり、
 音楽への愛、
 人間味の奥深さ。
 心優しいお人柄。
 すべてが音に現れている。

 本当に素晴らしい名演の現場に立ち会えて幸福でした。

 去年、今年とこの同じ時期に野外ステージで開催しましたが、
 次回は新しく建てた店内でもやりましょうという話になりました(ハコ内の音の響きが結構いいようだ)。
 寒い冬の時期、あるいは雨降ったら室内、
 気候、天気のいい日は屋外、
 年二回くらいやろかいな、と。
  
 ライヴ後、色んな話をして、
 ゆうじさんから「海文化」という言葉が出てきたとき、
 嬉しかったですね。

 特に和歌山は海文化が大事なんよ。 
 縄文系海洋民に始まって戦前くらいまでずっと続いてきた紀州の海洋文化ってものがある。古式捕鯨ほかたくさんの新しい漁法を編み出して全国に広めたり、ハワイ、オーストラリア、中南米、カナダなど世界の海に繰り出していった海の民をたくさん輩出しているのが紀州だ。北海道やサハリンまで海路を開いた豪商も輩出している。チマチマ、セコセコしとらん、スケールのでかさがあるってことだよな。
 おおらかで豊かな、海文化のノリを取り戻さないと。 
 今の時代、やはり海の「遊び」の世界が大事になってくるやろな。 
 シーカヤックとかそうやし、音楽なんかもそう。 

 まあ、那智勝浦の海で生まれ育ちマグロ漁船まで乗ってる濱口ゆうじさんはシーカヤッカーみたいなもの。 
 実際、パドル握ると指の感覚が変わるからカヤックはせんと言ってらっしゃるけれど、ものの見方とか感覚とかまあ色々、ほぼほぼシーカヤッカーなのよ。名誉シーカヤッカーみたいなもの。

 ぼくもまあ、長年音楽を聴きまくって育った人間だから耳は肥えている自信ある。でも肥えてようといまいと、ミュージシャンから田舎のおっちゃんおばちゃんまで、どんな耳の人が聴いても超一流のギタリストですね。こんな人が同時代に、和歌山県にいるなんて、奇跡的だと思いますね。大げさではなく。


この記事をはてなブックマークに追加

うねりと波

2016-09-27 23:52:29 | 湯浅湾ツアー

  昨日今日と台湾~フィリピン間あたりにある台風からのウネリが入ってきてて、沖は超穏やかだけど波打ち際でズドーンと野太いやつが打ち寄せてた。
 こういう時が一番やっかい。見た
目、めちゃ穏やかに見えてその実、かなり破壊的だから。
 沖ではスイスイ漕げるけれど、洞窟や岩礁に近づいたらぶっ飛ばされるし、上陸、出艇の時には下手なことすると大けがする(ここらへんはガイドの状況判断で決まる)。

 波とウネリは違う。昨日のお客さんにも海に出る前にそのことを口酸っぱく説明したけれど、言葉では全く理解できないようだった。だけどそのパワーを体感してみたら一発でヤバさが分かったようだった。

 ちなみに昨日のお客さんは大学一回生で、なんと中学3年の時にうちのホームページを見てツアー参加したいと思ったけれど親に止められ、高校になってまた参加しようと思ったけれどまた親に止められ、大学生になってようやく許可が出ての念願の参加だったらしい。それなのに洞窟もくぐれず、巨岩の間も行けず、無人島にも上陸できず、シュノーケリングしても海底がかき乱されて濁りまくり、しかし沖を漕ぐのだけはスイスイ楽勝という、なんとも妙なコンディション。ちょっと気の毒にも思えた。

 だけど海ってこういうことも多々あるんだよな。彼らにとって本物の海の鼓動に触れるのはおそらく生まれての初めての体験で、何が何だか分からなかっただろうけど、のちのちきっと生きてくると思う。遊びからしか学べないことあるし、また学びの意識がなければ特にアウトドアの遊びなんて意味ないし危ないからな。

 ま、ぼくらはシーカヤックやるとき、だいたい北半球全体の天気図を常に意識、チェックしている。大変というより、そういう地球スケールの視野でやる遊びが、セコセコしてなくて楽しいんですよね。

 いわゆるひとつのプラネット感覚。


この記事をはてなブックマークに追加

パドリングスキル&レスキュー講習会

2016-09-22 19:25:14 | 紀伊半島

 急ですが9月24日(土)、パドリングスキル&レスキュー講習会を行います。
 無数に広がる魅力的なフィールドを漕ぐために基礎的なスキルをしっかり身につけましょう。
 これから上手くなっていきたい人には必須の講習です。
 転覆&再乗艇もやりますので水の温かいこの時期にこそぜひ。詳しくは、
 http://islandstream.la.coocan.jp/skillup.htm


この記事をはてなブックマークに追加

世界の多様性のために

2016-09-21 23:10:13 | アート・文化

 先日、15回目の9.11を迎えた。
 2001年9.11米同時多発テロの時、ぼくはシーカヤックの武者修行中で長い海旅をしていて下関付近にいたんだけれど、その後関門海峡を渡って九州西部を南下していくに従い世界情勢は悪化し、やがてアフガン空爆、イラク戦争となだれこんでいった。

 あのときジョージ・ブッシュが言ってた言葉を忘れることができない。
 「アメリカに従うか否か、従わないものはすべて敵、悪の枢軸、テロリストと見なす」
 あれほど腹が立ったことはない。
 海旅してると、めちゃ感覚鋭くなるからね。
 海ほどリアルな世界はない。そして海のリアルにずっーっと触れてると、世界のリアルへの感受性が高まるようだ。2000キロ向こうの台風からも波うねりは今ここに届けられこの身を揺らすように、水平線の向こうのリアルワールドから届けられた世界のうねりも我が心を揺さぶる。要するにあれは異文化に対する圧倒的な不寛容と強者の傲慢を押しつけた台詞だったが、本当に腹が立った。あの台詞は、ブッシュが、アメリカが、というより、ホモ・サピエンスがこの地球に登場して以来、強者が弱者に言い続けてきた文言、差別や圧政、略奪、蹂躙、戦争の際の慣用句に他ならない。どう転ぶか見当がつかなかった当時の不穏な世界情勢の下、「こいつ、なんてこと言うんだ」と思ったものだ。

 あれを聞いて、ぼくは全く違う道をいこうと思ったのだった。辺見庸という作家は当時「私はブッシュの敵である」という本を書いていたが、敵と言ってる時点で、ブッシュの文脈に乗ってしまっていることになる(本自体はいい本だったけどね)。
 敵も味方もあるかいな、どっちも関係ない、世界はもっと多様で多元的で豊かなもののはずだ、と思った。
 その後アイランドストリームを開いたのだったが、あのときひたすら考えまくったことが運営、活動の根本になっている。世界をあちこち旅する動機にもなっている。今も全然変わっていない。
 あそこが自分の初心、原点なんだよな。別にカヤックおたくなわけじゃない。一番鋭敏な乗り物だからカヤックを続けてやってるわけ。世界の多様性、多元性、豊かさに対して常に敏感でありたいからシーカヤックなんだよ。

 シーカヤックの神髄、奥義はそういうところにある。 

 その時読んで一番感銘を受けたのがこの本。「関係の詩学」エドゥアール・グリッサン著、 管 啓次郎訳。カリブの小国マルチニーク島の詩人・哲学者の本だけど、やっぱり奴隷制~植民地時代というとんでもない苦を経てるだけあって、徹底的に考え抜かれている。前世代の抵抗主義者たちの欠点も見据え、乗り越えて洗練されている。つまり反骨精神やルサンチマンが止揚されて、すべての人種が共有できる平和主義の高みに達しているってこと。まるでボブ・マーリーのpossitive vibrationの歌の世界だ。世界の多様性、多元性が主題だ。まあ8割方ちんぷんかんぷんだったが、なぜかビビビーんときた。今読み返すともっと分かるかもしれない。もう一度読んでみようっと。


この記事をはてなブックマークに追加

イベントスケジュール

2016-08-19 17:53:09 | イベント
 
 定番の湯浅湾・ワンデイシーカヤックツアーは、 
 ほぼ毎日開催していますが、
 その他のツアーやイベントのスケジュールも、
 ここに記載しておきます。
 予約受付中、是非ご参加ください。
 
☆【串本キャンプツアー 9月1日(木)~2日(金)】
  黒潮がぶち当たる本州最南端の海岸線でシーカヤック&キャンプ。珊瑚礁でのシュノーケリングも圧巻。
  http://homepage3.nifty.com/creole/kushimotocamp.html
 
☆【9月3日(土) 「ポバティ-・インク/ あなたの寄付の不都合な真実」映画上映会】
  恒例の月イチ映画上映会です。今回はなかなか考えさせられる内容の作品です。
http://homepage3.nifty.com/creole/poverty.html
 
☆【日置川キャンプツアー 9月13日(火)~14日(水)】
  野性味とのどかさが共存する美しい川を下り、黒潮の大海原までトリップ。
  http://homepage3.nifty.com/creole/hikigawa.html
 
☆【9月17日(土) インド古典音楽ライヴ】
  インドを代表する弦楽器シタールと打楽器タブラーの演奏を、海と夕日を背に、最高のロケーションでどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/creole/india2016.html
 
☆【9月25日(日) 濱口祐自 ギターライブ】
  那智勝浦の天才ギタリスト、海辺の野外ライヴ
http://homepage3.nifty.com/creole/hamaguchi2016.html

この記事をはてなブックマークに追加

サンセット・カヤックヒーリング

2016-08-19 17:38:12 | 紀伊半島

 昨日のサンセット・カヤックヒーリングツアー。

 これから9月~10月にかけて、
 当店の目前に夕日が沈んでゆくので、
 あまり遠出せずともこんな光景が見られます。

 このツアーの詳細はこちらをご参照ください。
 (SUPでもいいですよ)
 http://homepage3.nifty.com/creole/sunset.html 


この記事をはてなブックマークに追加

いい入り江と浜が好き

2016-08-19 17:28:24 | 紀伊半島

 誰もまず来れない、
 こんな名もなき入江と浜でのんびりするのが好き。

 仕事、プライベート問わず。

 紀伊半島にはゴマンとあるような場所。


この記事をはてなブックマークに追加

秘境は無数に

2016-08-11 21:48:11 | 紀伊半島

 秘境は無数に、ごく身近に。

 一歩踏み出す勇気さえ持てば。


この記事をはてなブックマークに追加

オレンジ色のブックライブラリー併設

2016-08-03 13:56:47 | セヴンスセンスカフェ

 当店アイランドストリームはカフェ「The 7th Sense Cafe」を併設していますが、
 さらに敷地内にオレンジ色の別棟コテージルームがあって、
 そこはブックライブラリーおよびミニ・シアターとなっています。

 ここで月イチくらいのペースで映画上映会をやっています。
 今週末6日にはペルーの国民的料理人のドキュメンタリー、
 「料理人ガストン・アクリオ/ 美食を超えたおいしい革命」上映会を開催します。
 http://homepage3.nifty.com/creole/gaston.html  

 なおブックライヴラリーは常時閲覧可能で、
 海、旅、自然、エコロジー、アウトドア等をテーマにした本を並べており、
 自由に閲覧可能です(貸出しも可)。

 コーヒー片手にどうぞ。

 スマホ全盛の昨今ですが、スマホとは
 「知識のインスタントラーメン」みたいなもの。
 満腹にはなるけれど、あとあと大して栄養にはならない。
 やはりたまにはちゃんとした本を読み、
 しっかり考え、洞察しながら、咀嚼し、
 先人の知識や知恵を、
 自分の血や肉にすることも大事。

 特にアウトドアや自然の世界は、
 洞察力や思考力って結構大事なんだよ。
 また、実際にフィールドに出た後、様々な本を読むと、
 不思議とより実感を伴ってその本の内容が心に飛び込んでくる。
 (アウトドア系であろうとなかろうと)
 自然ってほんとにウソのないリアルな世界だから、
 自然との対話を重ねることによって、
 頭と心の曇りもクリアーになって、
 感受性豊かになるからだと思いますが、
 そうやって経験と洞察を重ね、中身も磨いてゆくと、
 人生もより面白みが増してくるってものです。

 ということで当店ではこだわってライブラリーを併設していますが、
 こちらはまだまだ蔵書を増やして充実させていきたいと思います。

 それから、「海旅文化研究所」というのまた、
 アイランドストリームならではのものですが、
 「海旅から得たインスピレーションの文化的展開」として、
 スライドショー、ワークショップ、トークライヴなどもやっていきます。 


この記事をはてなブックマークに追加

誰でも楽しめる本物の海体験

2016-07-30 22:09:02 | 湯浅湾ツアー

 定番の湯浅湾シーカヤック&シュノーケルツアーたけなわの時期ですが、
 今日もまたコンディションよく、思う存分海遊びが楽しめた一日になりました。

 当店のシーカヤックツアーは、最近多いシットオントップ艇のチョイ乗り系ではなく、
 しっかりとしたレクチャー&練習の後、
 沖の無人島に渡ったり、断崖絶壁の間際を進んだりしながら、
 割と遠くまで漕ぎます。

 チョイ漕ぎだけでは、今イチ何が面白いのかよく分からないところがあるのが、
 シーカヤックですからね。
 初めての方でも、驚くほど漕ぎ進むことができるのがシーカヤックの魅力。
 ちょっと遠出することによって、
 「こんな場所もあったのか!!」
 と感嘆するような、海からしか行けないスポットまで近づくことができます。 

 そうじゃないとシーカヤックじゃないからね。

 ちなみに短時間でのシットオン艇チョイ乗り系体験とは要するに、
 ちょっとしたイベントか、回転率を上げるためか、もしくは、
 海をよく知らないガイドがそれしかできないという理由からやっているケースが、
 正直、多く見受けられます。
 
 でもせっかくだから、本気で遊び、
 シーカヤックにしかできない海との対話を、
 心ゆくまで味わってみたいものです。

 当店では、そこそこ漕ぐ、といっても無理なく、
 一人一人のペース配分を考えながらツアーを進めています。
 その辺はもうかれこれ12年やっていますので、
 かなりのノウハウを蓄積していいます。

 全く海に疎遠だったような人にこそ、
 本物の海の魅力、本当の海遊びの気持ちよさを存分に味わっていただけるよう、
 コースを組んでいるアイランドストリームのシーカヤックツアー。
 
 予約いつでもOKですので、
 ご希望の日程でぜひ漕ぎにお越し下さい。
 http://www.island-stream.com


この記事をはてなブックマークに追加

「料理人ガストン・アクリオ/ 美食を超えたおいしい革命」上映会 8月6日

2016-07-29 15:52:32 | セヴンスセンスカフェ

 アイランドストリームの併設カフェ「The 7th Sense cafe」では、
 「海旅から得たインスピレーションの文化的展開」として、
 通常のカフェ業務と並行して、
 またツアー業務と並行して、
 色んなイベントやワークショップも展開していますが、、
 映画上映会は月イチくらいで開催しています。

 来たる8月6日(土)には、
 「料理人ガストン・アクリオ/ 美食を超えたおいしい革命」上映会を開催します。
 映画と上映会の詳細はこちら。
 http://homepage3.nifty.com/creole/gaston.html 

 ペルーを代表する料理人、ガストン・アクリオ。
 彼の素晴らしさは、ただ料理人として、
 レストラン経営者として成功することで満足するのではなく、
 自国のすばらしい文化を世界へ発信するという、
 夢と情熱を持って行動し、
 料理という狭いジャンルにとどまることなく、
 世の中を、世界を変えてゆくところにあります。 

 歴史ある大切な食物とその生産者への感謝と救済、
 貧しい子どもたちでも学ぶことができる料理学校の設立などなど、
 長年の地道な活動を通して、
 人々に希望を与え続けているところも素晴らしい。

 料理がモチーフになった映画ですが、
 料理だけじゃなく、
 どんなジャンルに携わってる人にとっても、
 「突き詰めて探求し、やがてジャンルを超える」
 というところで、
 きっと深い共感と刺激を受ける映画だと思います。
 なぜならどんなジャンルでも、ある程度真摯に取り組むと、
 やがて行き当たるのが「ジャンルの壁」ってやつだからです。

 それはシーカヤックでも、アウトドアでも、
 ロックミュージシャンでも、絵描きでも、職人でも、
 漁師でも、農家でも、サラリーマンでも、公務員でも、みんな同じ。
 立ちはだかる「ジャンルの壁」とか「限界」とかって、
 どんな世界にもあるわけです。

 その辺はみなさん誰でも経験したことがあることだと思います。

 だけどそこをぶち破ってより広い世界に飛び出し、
 常識を変えていく人間もまた、いるものです。
 共通しているのは、自分の私利私欲のレベルを超えた、
 大きなヴィジョンやミッションを持ち、
 そこにいつまでも情熱を傾け続けるってところなのですが、
 このガストン・アクリオはそんな典型的な偉人です。
 きっといいインスピレーションが与えられることでしょう。

 そしてどんなジャンルの物事でも、その本質的な部分は、
 ジャンルの壁を超えた普遍性を持っていると、改めて思い起こされることでしょう。
 
 なお、この日、アイランドストリームのシーカヤックツアーにご参加頂いた方は、
 映画チケットが無料となります。 
 みなさんどうぞお越し下さいませ。 


この記事をはてなブックマークに追加

海を見ながらテラスで冷たいドリンクを

2016-07-29 15:41:31 | セヴンスセンスカフェ

 アイランドストリーム併設のカフェ「The 7th Sense Cafe」の紅茶は、
 スリランカのムレスナティー社の茶葉を扱っています。
 写真のものは、
 水出しフレーバーティとアイスミルクティに生クリームをのせたデザートティ。 

 またアルコール類は、ビールやスパークリングワインをご用意しています。
 写真のナギサビールは白浜の地ビールで、
 熊野の名水、富田の水を使用した滅菌濾過・熱処理をしていない
 酵母が生きたビールです。
 
 海を観ながらテラスで冷たいドリンクをどうぞ。 


この記事をはてなブックマークに追加