プリミティヴクール

シーカヤック海洋冒険家で、アイランドストリーム代表である、平田 毅(ひらた つよし)のブログ。海、自然、旅の話満載。

映画上映会&お話し会

2017-01-08 13:30:02 | 紀伊半島

 来たる1月28日(土)、映画上映とお話し会を通じて、暮らしの身近なところから環境問題の大きなトピックのひとつ「大量消費や大量廃棄の問題」について考えるイベントを開催します。

まず15:00からは映画上映会。「0(ゼロ)円キッチン」という邦題の映画です。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。使った廃油 684.5リットル。 走行距離 5079km。 救出した食材690kg。 「食糧危機」を吹き飛ばすエンターテイメント・ロードムービー、必見です。

そして映画終了後、天ぷらカー(廃油カー)の改造業務を手がけている、またそれに乗って東北や熊本の震災復興ボランティア活動をされている和歌山・海南市在住の岩本拓也さんにお話を伺います。

イベントの詳細や映画の予告編などはこちらをご覧ください。
http://islandstream.la.coocan.jp/zeroenn.html

なお、このイベントは当店が定期的に行っている、田辺湾神島の海ゴミ調査&クリーンアップ活動ともリンクしています。


この記事をはてなブックマークに追加

珠玉の低山、小トリップ

2017-01-08 13:09:03 | 紀伊半島

 今日は久々に南紀の奇絶峡~高尾山(600mくらい)に登った。やっぱり和歌山の低山もいい。小セッションって感じの日帰りトリップも、海、山、川問わず好きだ。

 手軽だと言ってもやはり南紀や熊野の自然に入り込むという行為には、どこか遺伝子や細胞の原形質みたいなレベルで気持ちよく、癒やされる何かがある。だから一帯が古来より自然信仰の聖地になっとるわけだけど、その大元、根本を司ってるのは「黒潮のフィーリング」だとぼくは思う。


 まあ、そういうのは車でささーっと乗り付けて神社仏閣をお参りするだけでは絶対にわからない、全身を使ったアクティヴィティに興じることによって初めてわかるものだけれど、そういう意味でもその取っかかりとしてこういう低山のトレッキングはいいな、おすすめしたいなと思う。

 もちろんこの山も、当店ではトレッキングツアーとしてご案内することが可能です。


この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いします

2017-01-07 20:28:44 | 紀伊半島

 皆さん、少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 今年の抱負、といいますか別に今年に限ったことではないですが、
 この素晴らしい海、山、川の自然を、
 いかにして最良の形で皆さんに味わい、楽しんでいただけるか、
 アウトドア遊びを通じて新しい発見をしていただけるか・・・
 そのことに全力を尽くしたいと思います。

 とくにここ和歌山は「高野、熊野」といった自然信仰の聖地を擁する地だけあって、海、山、川それぞれに独特の神々しさや趣をたたえています。
 その中でも、なぜ当店アイランドストリームが中紀・湯浅の地をベースとしているのかといいますと、ここがちょうど南紀や熊野と言った自然エリアと京阪神の都市部を結ぶ中間点であるからです。ここを起点としてさらに南やあるいは山の方に向かう、ちょうどハブ空港的な場所が湯浅なのです。

 目の前には湯浅湾が広がっています。
 南北10キロ、東西10キロ、紀伊水道に面してカタカナのコの字型に広がった湯浅湾には無人島が5つあり、また知床のような北方系を思わせるやびつ海岸や、真っ白な石灰岩が異彩を放ちそびえる白崎海岸、4億年前の地層で100以上の洞窟がある黒島などなど、シーカヤックで巡るのにふさわしい秘境めいたスポットがたくさん隠されています(上記写真は全部、湯浅湾のシーカヤックスポット)。

 ここをホームグランドとしてシーカヤックの腕を上げ、さらに南紀や熊野といったダイナミックなフィールドに漕ぎ出でるというのはひとつのシーカヤック上達の登竜門だと言えましょう。ちなみにうちが長年シーカヤックにこだわっているのは、色んな自然のアクティヴィティがあれど、シーカヤックほど自然・野生の懐にどっぷり浸ることのできるものはないなと実感しているからなのですが、他にもSUP、ウィンドサーフィン、サーフィン、シュノーケリング、またトレッキングやトレラン、ボルダリング、自転車などなど、どのアウトドア遊びに興じても素晴らしく楽しめるフィールドがこの紀伊半島には広がっています。

 紀伊半島は、世界屈指の、アウトドアフィールドなのです。

 ですがまだまだ世の中にそれが浸透しきっていない。
 宝の持ち腐れ状態が続いているというわけですが、
 だからこそそれほど人でごった返さない今のうちに、
 その価値に気づいた皆さんに楽しんでいただきたいと思っているのです。

 はっきり言いまして
 セレブでもないごく一般的な関西人が、お金には換えがたいリッチな価値を日頃味わい、幸せな人生を送るには、「紀伊半島でアウトドア遊びに興じる日常」というスタイルが、最も近道のひとつであると言い切ってしまってもそれほど大げさではないと、思っています。

 人生楽しく、有意義に生きていきたい。
 そう誰もが思っているもの。
 アイランドストリームはアウトドア遊びの見地からそのお手伝いをいたします。
 皆様、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。 


この記事をはてなブックマークに追加

ナヴィゲーション講習

2016-12-30 23:38:57 | 紀伊半島

当店では冬季もツアー開催していますが、
この時期ならではの座学中心のカヤック・ナヴィゲーション講習も重点的に行っています。http://islandstream.la.coocan.jp/navischool.html

 ナヴィゲーションとは、安全に航海するための術・状況判断能力ですが、パドリングスキルに比べて意外と軽視されがちなものです。だけど、「なんちゃって海遊び」みたいなものではなく、きちんとツーリングを楽しもうとするならば、それなしで海に出ることは不可能と言えます。なぜなら、どんなにうまいテクニシャンでも状況判断を誤ったら海では事故につながるからです。

 「海域・フィールドに対する知識情報」「気象・海況に対する知識情報」この2つの要素をしっかり踏まえた上で、初めて成り立つのが海でのナヴィゲーションなのですが、当店は世の中に数少ない、きちんとナヴィゲーションを教えることのできるスクールです。

 座学ってちょっとめんどくさそうだなと思うかもしれませんが、自分で海と対話しながら自由に進んでいけるシーカヤックの本当の面白さ、醍醐味って、このナヴィゲーションにあるのです。
 ナヴィゲーションさえできるようになると、自分で全く知らない海を漕いだり、旅することだってできます。

 「今なぜこの風が吹いているのか?」
 「今なぜこの波がたっているのか?」
 「この風波は1時間、2時間、数時間後どのように変化するのか?」
 この「なぜ」「どのように」を知ったうえで漕ぐのと知らないで漕ぐのとでは、安全性に直結する状況判断力に大きな差がでます。またそこから「海との対話」「自然との対話」がより深まり、ひいてはカヤックの本当の面白さが開けてくるのです。

 安全性のためにも、より心豊かなカヤックライフのためにも、ぜひアイランドストリームのナヴィゲーション講習をご受講ください。


この記事をはてなブックマークに追加

最古の神話的原型の中で遊ぶ

2016-12-29 19:01:08 | 紀伊半島

 先日ツアーで行った友ケ島の上から見た淡路島方面。
 潮は速いが、潮の走ってる海峡って独特の神々しさがある。

 ここは日本神話冒頭の島生み神話に描かれた舞台のひとつでもあるけれど、あのイザナギとイザナミの島産みの部分はたぶん1万年位前からこのあたりに存在した、旧石器~縄文時代の海洋民の神話からとってきて王権用にリミックスした話だと思う。
 北方系、南方系、各地から渡来してきた民族の異文化融合の比喩としての性交と、そこから発展する無限の可能性の比喩としての無限の島々(大八洲)。

 多島海と、その間を膿むことなく生成変化して流れる潮。
 そいつがヤポネシア神話を貫くスピリット。
 ここの潮だけは、1万年位前から、その性質は変わっていない。
 そいつを波、風とともに、全身で踊り、感じること。

 いろいろイマジネーションを刺激されますね。
 また、こんな場所をホームグランドにしてることを、すごいことだと改めて思いますね。だって、たぶんリグ・ヴェーダより古いそんな太古の神話の原型ってこの地球上にほとんど残っていないわけだから。
 またシーカヤッキングで一番大事なのはイマジネーションだしね。


この記事をはてなブックマークに追加

2017年 高野山町石道ピーストレッキング

2016-12-24 00:00:47 | 紀伊半島

 

   ちょっと先の話ですが、スケジュールが決まったのでお知らせします。
 毎年3.11前後に開催している、
 高野山町石道(ちょういしみち)ピーストレッキングですが、
 2017年は3月11日(土)に開催します。
http://islandstream.la.coocan.jp/kouyasan.html

 大震災から6年。犠牲者への哀悼、被災者への想い、復興への祈りを込めて、
 祈りの聖地である高野山への参詣道20キロをロングウォーク。

 テーマ性をもったイベントですが、
 普通のトレッキングとしても楽しめる、世界遺産の巡礼道です。
 どうぞご参加ください。 


この記事をはてなブックマークに追加

海賊机とともに

2016-12-22 00:50:22 | 紀伊半島

「海賊机」と呼んでるうちのお店のテーブル。昔の廃船材で作られたものですが、
重さ100キロくらいある。
 いろんな人と海の話をするにはこのどっしり鎮座した感じがいいなと
一目惚れして今年の春に買ったやつ。
 今年だけでもかなりいろんな現代の海賊たちと海の話をしたけれど、
これからももっともっとたくさんの海の物語をこの木に染みこませ、
この机とともに新しい海文化の歴史を歩んでいきたい

 そして、いつの日にかこの机に集った人たちの語った海の話をまとめて、
物語を書きたいと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

白崎周辺ポタリング

2016-12-15 19:33:16 | 紀伊半島

 実は自転車好き。

 和歌山の海岸線は自転車ツーリングにも適した場所がたくさんありますね。写真は湯浅湾南岸の白崎海岸周辺。海上から見る景色もいいけれど、陸から海の眺望もまた素晴らしい。3枚目の写真に写っている山は「重山(かさねやま)」といって、うちでライトトレッキングツアーも行っている山。低山だけど存在感あって好きな山だ。山上から眺める白崎海岸や由良の沿岸もまた最高。

 この周辺の雰囲気、空気感、湯浅のうちの周辺とも違うし、和歌浦あたりとも白浜周辺とも違う。半島地形独特の海の香りと太陽の鮮やかさがあって、お気に入り。

 自分の身体感覚を等身大のまま、ちょっと延長してくれる人力ツールでの遊びを通すと、よりそのよさが引き立ちますね。


この記事をはてなブックマークに追加

今ほど冒険が面白い時代はない

2016-12-07 15:22:51 | 紀伊半島

 地球上に前人未踏の地などなくなって久しい今、「冒険」不毛の時代と言われてるが、いやいや今ほど冒険が面白い時代はないと思う。

 たとえば今ほど「アウトドア・アドヴェンチャー」と呼ばれる事象が巷でバラエティ豊かに溢れている時代は、これまでなかった。シーカヤッキングにホワイトウォーターカヤックにサーフィンにSUP、バックカントリースキー、登山、ロッククライミング、パラグライダーにスカイダイビングにクリフダイビング・・・、「アドヴェンチャー」と名のつく遊びは数え切れないほどある。

 真剣勝負でリスクを背負い、美しくも厳しい自然を相手に、主体的に旅やアクションを行うこと。それを冒険と呼べない法はない。
 要はどんなテーマでやるかの世界。

 幸いLCCの普及により、世界中どこでも行こうと思えば可能で、昔と比べてコストも下がっている。それにより、平凡な一般市民が、ごく個人的なテーマで冒険することができる。そんな時代は人類史上、これまでになかった。
 別にスポンサーを付けなくてもできる。ということはより自由度も高まった。冒険に、自由が付与された時代だとも言える。

 特に今の時代、ぼくは「配列」が面白いと思う。
 つまり、現実的に長い休みを取れなくて長い大きな冒険ができなくても、短い冒険トリップをたくさん積み重ねることによって、自分の中で文脈、脈絡、テーマが生まれてくる。1回だけではなく、回数を重ねる。そうして2年、5年、10年、20年やっていくとかなりの蓄積となる。
 それが「配列」だ。
 そこで到達した自然観や世界観などは、完全にその人独自の物となるし、それこそまさに真剣勝負の冒険を通してこそ培われた「前人未踏の地」となるわけだ。
 それほど豊かなものはない、とぼくは思う。
 純粋だしね。

 ちなみにうちのアイランドストリームで併設している「The 7th Sense cafe」のセヴンスセンスとは、それのことを言っている。別にセヴンイレブンと何の関係もなく、またオカルトなんて目じゃない。。
 独自に地球を感じるセンス、プラネット感覚のことを言う。
 
 物理的な前人未踏地を無理矢理でっち上げたり、いるはずもないUMA(未確認動物)を探しに行く、とかいうテーマでの冒険、探検っていうのもあるけれど、そういうのはかなり上手くやらないと、逆にどこか不純なものになるような気がする。
 変なヒロイズムのにおいがするから。


この記事をはてなブックマークに追加

映画上映会、2本、近日開催

2016-12-07 01:57:25 | 紀伊半島

 

 当店アイランドストリーム/The seventh sense cafeにて、
 近々映画上映会を2本開催します。 

☆【12月10日(土) 「サバイビング・プログレス ~進歩の罠」 映画上映会】
 壮大なスケールで人類の生存について問うドキュメンタリー
 http://islandstream.la.coocan.jp/survive.html

☆【12月23日(金・祝) 「ハッピー・リトル・アイランド」映画上映会】
 大都会から離島に移住し、人生を再出発した若者たちのドキュメンタリー
 http://islandstream.la.coocan.jp/happylittle.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

有田みかん色の夕陽

2016-12-06 20:14:53 | 紀伊半島

 毛無島とかるも島の間に沈む、有田みかん色の夕陽。
 初冬の湯浅湾も美しい。
 冷気によって、風景全体の毛穴がキュッと引き締まった感じ。

 先日のハーフデイ午後からのツアーにて。
 すっかり日が短くなって、現在、
 ハーフの帰りにこういう光景が見られる状況です。


この記事をはてなブックマークに追加

青蓮寺湖カヤックツアー

2016-11-24 23:24:15 | 紀伊半島

 昨日は三重県名張市にある、青蓮寺湖にてカヤックツアーを催行しました。
 一応ダム湖なのですが、ダムとは思えない濃密な野の香り、山上湖特有の静謐なたたずまいが素晴らしい湖です。特に新緑の頃と紅葉の頃、そして夏場の太陽が昇る前後の時間帯が、賭け値なく美しいです。
 今回は紅葉を楽しむのがひとつのテーマのツアーでした。

 水上に浮かぶやいなや、山々の木々全体から、晩秋から冬の装いへと変化してゆく鼓動がはっきりと感じられ、なかなか新鮮でした。いつもの和歌山の海岸線には紅葉とかなく、あんまり晩秋の季節感ってものがないですからね。その分こちらの感覚も鋭くなっているのか、静けさの中から立ち上がる周囲の山々の息遣いが聞こえてくるかのような、味わい深い一日でしたね。

 なお、ここの一番の見所は「香落渓(こおちだに)」という、両サイド切り立った高い崖っぷちの谷間を縫うように延びる湖面なのですが、よくこんなところに通したなというところに道路が走っています。すごいなと思うと同時に、水上からの景観は台無しで、全く興ざめです。また途中で堰堤が出てきて通せんぼされるので、「ここからが最高だろうな」というところで先に進めなくなる。
 「水上からの優雅な景観を楽しみつつ、自然と深く対話する」
 それができる希有な湖なのにもったいないなと思いますね。
 これからの時代、そういうものが宝なのに。 


この記事をはてなブックマークに追加

よしくまアドベンチャー 南紀白浜

2016-11-24 21:27:33 | イベント

 先日南紀白浜にて開催しました環境省主催の子供自然体験イベントは無事に終了しました。
 吉野熊野国立公園80周年&拡張記念イベントで、白浜随一の名所として有名な「円月島」の周囲をシーカヤックで巡り、一旦上陸した後、博物学者の南方熊楠も愛した「番所山」を散策し、自然観察会を楽しみました。
 当日、11月も後半に入ったとは思えないほど暑いくらいの陽気で、海辺の自然を満喫するにはちょうどよい一日になったかと思います。

 ちょっとうねりが入っていましたが、その分アドベンチャー気分もたっぷり味わえたようです。

 子供の頃のこういう体験は、いつまでも忘れることのない、そして大きくなってからこそ生きてくる、かけがえのないものです。
 アイランドストリームとしても、こういう活動をたくさんやっていきたいと思っています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

映画「あたらしい野生の地・リワイルディング」

2016-11-17 22:26:12 | 紀伊半島

 

 今日は大阪市淀川区にあるシアターセブンにて映画「新しい野生の地・リワイルディング」を観に行きました。
 これ、絶対観といた方がいいよ。

 オランダのアムス近くに、1968年以来、干拓事業が頓挫してほっぱらかしになった不毛の土地があった。だが、そこにいつのまにかたくさんの生物が住み着き、45年経った今、野生生物の楽園となっていた。
 「オーストファールテールプラッセン」という覚えにくい名の、6000ヘクタールばかりの小さな自然保護区。
 そこを舞台に、四季折々に展開される、多種多様な生き物たちの生と死を巡るドキュメンタリー。

 映像が素晴らしくリアルで美しい。

 感傷を排して、生と死の厳しさがリアルに描かれているが、やはり自然の摂理というものは精妙に出来ている。弱い個体は死んでしまったり捕食されたりという一見残酷な世界だけど、その死があるからこそ食し分解する他の小動物や昆虫、微生物が生存していくことができる。そしてそいつらが存在するからこそ、ある特定の種の増えすぎによる破局を迎えてしまうことなく、全ての生物が共生し持続することが出来る。

 無慈悲を越えたところにある、もっと大きな慈悲。
 その慈悲とは、全てが共生する生態系とか生物多様性の豊かさとか、そういうことなんだろう。日本仏教のいう「山川草木悉皆成仏」という言葉が浮かんできた。

 「生の反対は死ではない、死物である」
 そういう言葉も浮かんできた。
 死物とは意味のない埋め立てとか過剰なコンクリート護岸とか自然破壊のことだ。生態系も多様性も全部抹殺されてしまうわけだからな。再生の機会が永遠に失われるのだから。

 まあそういうようなことをこの映画を見ながら考えた。人間が一瞬だけ出るシーンも面白かった。

 日本でもムダなダムを壊してリワイルディングするとか、護岸海岸をぶっ壊して万葉集に読まれた当時そっくりそのままの海岸に戻し観光立国インバウンドに全精力を注ぎ込むとか、どうせ公共事業に金を使うならそんな使い方をする時代になってほしいと思う。

 この映画、シアターセブンで12月9日までやってるのでぜひ観にいってください。


この記事をはてなブックマークに追加

湯浅湾の南にある洞窟だらけの無人島

2016-11-13 20:38:23 | 湯浅湾ツアー

 シベリア気団の南端が太陽光線に暖められて分家した「揚子江気団」。
 そいつのド真ん中が日本列島に鎮座したお陰で、この土日はすごく穏やかな2日間になった。

 今日は湯浅湾南にある、黒島でのんびりツアー。

 黒潮に乗ってやってくる亜熱帯植物の北限エリアであり、またおびただしい数の海食洞がある無人島。
 ここ、ほんとすごいよ。

 洞窟が多いのは4億年前からの地層だからだけど、それくらいの年月風波に削られないと、なかなかここまで穴はあかない。数千万年くらいではまだまだ青二才で、最低一億年くらいしないと一人前の穴があかないという、悠久の世界だ。

 こういう世界と比べると人間なんてまあ、20才も50才も60才も80才も一緒、白人も黒人もアジア系もラテン系も一緒、みんな泡沫みたいなもの。
 たかが泡沫、されど泡沫。
 人生短し、ばかばかしく争うことなかれ。

 この黒島ツアーは結構風のコンディションに左右されるのですが、穏やかになれば素晴らしいトリップが約束されます。詳細は、
 http://islandstream.la.coocan.jp/kuroshimatour.html 


この記事をはてなブックマークに追加