つれづれなるまゝに日ぐらし、心に移り行くよしなしごとを書き綴るブログ

テーマは中国/異文化/歴史/旅、「中国人とうまくつきあう実践テクニック」の著者が本音で語るプライベートブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログを移動しました

2013-07-08 | つれづれ日記
こちらのサイトをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/crosscosmos
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■【実践テク】とは・・・

2012-10-06 | 「中国/実践テク」の本
■このブログは「中国人とうまくつきあう実践テクニック」の著者のプライベートブログです。本を執筆する背景や執筆中の裏話、本には書けなかった「ホンネ」や「ホンキ」を書き綴っていきたいと思います。特に、【実践テク】にこだわり、本のタイトル通り「すぐに役立つ」、「実践的なテクニック」を突き詰めていく内容を意識して書きたいと思います。

■それについては、ときどき熱くなりすぎて・・・、過激な表現も出てくるかと思いますが、ご容赦を!あちこちでいろいろコラムやブログを書いていますが、遠慮せずに好きなことを書く、「一番おもしろいブログ」にしたいと思いますので、乞うご期待!

■「すぐに役立つ中国人とうまくつきあう実践テクニック」総合法令出版
 詳しくはこちらをご覧ください。おかげ様で8月末に増刷が決まり、現在2刷が本屋さんの店頭に並んでいます。(並んでいるはず・・・)店頭での売り切れ、または見つからない場合はアマゾンにて・・・。こちらからなら、どこからでも、いつでも、すぐに買えます。本を読んでくださった方はぜひ感想をお寄せください。

http://bit.ly/bJNEXM
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆贈ってはいけないしなものその他いろいろ(ケーススタディ「贈る物選びには要注意」)

2010-11-23 | 「中国/実践テク」の本

◆中国人に贈ってはいけない品物を見てきました。(詳しくは中国ビジネスヘッドラインhttp://www.chinabusiness-headline.com 「中国人とうまくつきあうテクニック」公式ブログ http://crosscosmos.blog10.fc2.com を参照) 「時計」はダメ、「傘」もダメ、「扇子」もダメ、「お菓子の詰め合わせ」もダメ(?)、「緑の帽子」がダメなどなど。気づかずについつい贈ってしまう品物もあるかと思います。

◆企業の赴任者研修で「中国人に時計を贈っては絶対にいけません」という話をしたところ・・・「その話をあと2週間早く聞きたかった」という方がいました。そうです。贈っちゃったんですね。彼は真剣な表情で「どうしやってフォローしたらいいでしょうか?」と一瞬顔が青ざめていました。大切な取引先だったそうです。

◆時計を贈ることは「絶交宣言」を叩きつけるようなものですから、さぞ相手はびっくりしたでしょう。拡大解釈すると「お前なんか死んでしまえ」というメッセージもあります。相手がどんな気持ちだったか想像すると洒落にならない出来事です。

◆さて、他にも贈っていけない品物はいろいろなモノがあります。世代によって、地域によって諸説はありますが・・・。代表的なものを拾ってみましょう。

◆「ハンカチ」はダメ(涙を誘う)、恋人以外の男性に「ネクタイ」を贈るのはダメ(首を絞める/相手を拘束するという意味があるから)、「靴」もダメ(これを履いてどこか行ってしまってください(?)という意味)、「薬」もダメなどなど。

◆中国人観光客が新宿や渋谷のドラックストアで「薬」のまとめ買いをする光景をよく目にしますが、どうやら「薬」も日本旅行のお土産のひとつのようです。プレゼントではなく「日本で買ってきて・・・」と頼まれてくるのでしょう。「ルル」や「ベンザ」、「龍角散」や「正露丸」を箱買いして行きます。この光景は圧倒的ですね・・・(@_@)〕 

◆キーワードは「安心」「安全」です。「デジカメ」や「粉ミルク」だけではなく、日本製にこだわるのは「安心」「安全」のホンモノ指向。買い物をするときにはネットで調べた上で手にとって自分の眼で確かめるのが彼らの基本。同じ日本製でも中国で梱包されたものではなく(例:中国で缶に詰められた粉ミルク)、日本で梱包されて輸入されたものがベストと言います。

◆「薬」も日本で買うことに意味があるのでしょう。確かに上海でドラックストアを覗いてみると日本製の「薬」は割高です。日本で買ったほうが「お徳感」がありますが、それにして日本旅行の土産に「薬」とは・・・(しかも箱買いで・・・)ちょっと驚かされます。(゜o゜)

◆中国ビジネスヘッドライン
http://www.chinabusiness-headline.com
◆「中国人とうまくつきあうテクニック」公式ブログ
http://crosscosmos.blog10.fc2.com
◆脱線モード/ホンネモードのプライベートブログ
http://blog.goo.ne.jp/ippc
◆フジサンケイビジネスアイ「中国人とうまくつきあう実践テクニック」
毎週土曜日/「専欄」(土曜欄をご覧ください)
  http://www.sankeibiz.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆「お菓子」を贈るときの「実践テク」(ケーススタディ「贈る物選びには要注意」)

2010-11-15 | 「中国/実践テク」の本
◆中国出張のとき「お菓子」の詰め合わせを持っていくときの注意ポイントです。まず、「つまらないものですが・・・」という言葉はNG・・・。お土産を渡すとき、日本ではこんなふうに言って相手にお土産を渡すところですが、中国ではちょっと注意が必要です。

◆「贈り物は人間関係を表わすバロメーター」というキーワードがあります。つまり、「つまらないもの」を贈ってはいけないのです。「私たちの関係はこの程度???」と思わせるような贈り物は避けたほうがいいですね。もちろん、「つまらないものですけど・・・」は自分を謙らせて相手を尊敬する日本人特有の表現ですが、中国人に対しては「つまらないものですが・・・」ではなく、「陳さん、すごくおいしいお菓子を買ってきましたよ。絶対おいしいですからぜひ召し上がってください」ぐらいの表現のほうがベストです。

◆「みなさんで召し上がってください」もNG・・・。中国で「贈り物」を贈るときは基本は「一対一」で贈ることです。皆さんではなく陳さんに対する「贈り物」を「皆さんで召し上がってください」と言って渡すのは陳さんの「面子」を潰すことになります。

◆ここで、「実践テク」をひとつ・・・。お土産のお菓子を準備するときは陳さん用にひとつと、みなさんで召し上がっていただくためにもうひとつと、2つ準備するとOK・・・。。「これは陳さんどうぞ召し上がってください。それからもうひとつはみなさんで召し上がってください」と言ってふたつ渡します。陳さんの面子を潰さずに済みますし、私のお土産を陳さん自身が社員に配ることで別の面子を立てることにも通じますね・・・。(^。^ )/

◆しかし、実はこれでも不十分(?)と考える中国人もいるようです。私の友人は「ヨシムラさん、本当にみなさんで召し上がってほしかったら、陳さんの部下ひとりひとりにひとつずつ準備するべきですね」とコメント。なるほど! それが正しい心遣い(?)かも知れません。(-_-#)

◆確かに、中国から来るお客さんから受け取るお土産はそうですね。日本で開催されるイベントで(投資説明会や展示会など)、中国の企業や地方政府の方々のサポートをすることがよくあります。その時に彼らが持ってくるお土産はひとりひとつが原則です。そういえば「みなさんで召し上げってください」というお土産を受け取ったことがありません。こんなところに中国人の気遣いを改めて発見します。(^o^)v


※このブログでは「中国人とうまくつきあう実践テクニック(総合法令出版)のホンネエピソードと「裏技テク」を中心に書いて行きます。公式ブログや中国ヘッドラインニュース、サンケイビジネスアイに掲載しているコラム(毎週土曜日/更新)も合わせてご覧ください。v(^o^)v

◆中国ビジネスヘッドライン
http://www.chinabusiness-headline.com

◆「中国人とうまくつきあうテクニック」公式ブログ
http://crosscosmos.blog10.fc2.com

◆フジサンケイビジネスアイ「中国人とうまくつきあう実践テクニック」
毎週土曜日/「専欄」(土曜欄をご覧ください)
  http://www.sankeibiz.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■COMPUTEX TAIPEI 2011 出展/視察の「個別相談」を受付

2010-10-18 | セミナーのご案内
-------------------------------------------
■■■COMPUTEX TAIPEI2011 会期は5/31(火)から■■■
TCA東京事務所 現地視察/出展企業を受付中
-------------------------------------------
■COMPUTEX TAIPEI 2011への出展を受付中です。
 来年のCOMPUTEX TAIPEI'11会期は2011年5/31~6/4まで。
 日本からの出展が可能です。
 出展の受付期間は2010年10/1~12/30まで。
 出展に関して興味をお持ちの方は、
 まずはTCA東京事務所までお問い合わせください。

■併せて、COMPUTEX現地視察の相談も受け付けています。
 来年のテーマはe リーディング(電子書籍)、
 クラウド関連ソリューション、
 スマートフォン向けコンテンツ及びアプリを予定。
 2011年年明けから東京にて事前勉強会なども予定しています。
 こちらもぜひお問い合わせください。

-------------------------------------------
■COMPUTEX TAIPEI 2011出展/視察「個別相談」を実施
-------------------------------------------
1)Embedded Technology 2010(会期12/1~12/3 パシフィコ横浜)
 台湾ブースにて「個別相談」を行います。
 12/1(水)~12/3(金)の3日間
 ご興味がある方は、メール返信にてお申し込みください。
 http://www.jasa.or.jp/et/ET2010/index.html
 http://www.tcatokyo.com/CC_ET2010.htm
【個別相談/無料】

2)TCA東京事務所「個別相談」
 年内が出展申し込みの期限です。(12/30まで)
 出展をお考えの皆さまのための「個別相」談です。
 随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。
 TCA東京事務所にて(東京都初台1-51-1初台センタービル)
 03-3299-8813 担当:吉村
【個別相談/無料】

3)COMPUTEX TAIPEI'11出展に関する資料請求
 eMail:ippc@tcatokyo.comまで

-------------------------------------------
◇COMPUTEX出展/視察「個別相談」申し込み
-------------------------------------------
氏名:
会社名:
部署/役職:
TEL:
eMail:
-------------------------------------------
※希望する日程:  月 日 時を希望
-------------------------------------------
※まずは、第一候補日(時間)をお知らせください。
 優先的にスケジュールをアレンジします。
 候補日時が空いていない場合、調整のメールをお送りします。
 

※お問い合わせはメールにて
 
 ippc@tcatokyo.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加