『小林さんちのメイドラゴン』の対人(対竜)関係の描かれ方が好き

先日見かけた、山本弘氏のTweetを見てふと思ったこと。元Tweetに対する意見とかではなく、そこからふと思ったコトです。

『けものフレンズ』は観てないのでなんとも言えないんですが、『小林さんちのメイドラゴン』の好きなところって、「異なる種族同士の共存」なんて大げさなところまで話を広げずに、あくまで「個人と個人の共存」というスケールで話を進めているところだったりします。裏を返すと、「わかり合えない相手とはわかり合えない」という部分も込みで描かれている、というコトです。

『メイドラゴン』はついつい原作マンガの単行本も読んでしまったのでそれも踏まえて書かせていただきますが、『メイドラゴン』作中には無数の「わかり合えない相手」が登場します。ドラゴンから見た多くの人間がそうですし、多くの人間から見たドラゴンもそうです。また、ドラゴンという同じ種族の中でも派閥が存在し、トールとエルマなんかはお互い対立する存在なワケです。人間同士でも同じコトで、例えばカンナと才川と一悶着起こしたドッジボール好きな中学生とか、職場で小林さんにやたら突っかかってきたハゲ上司なんかは「わかり合えない相手」の典型例ですね。

で、この「わかり合えない相手」ともその後すったもんだの挙げ句仲良くなりました……なんてコトにもあんまりならないワケです。種族としてのドラゴンと人間の溝は埋められそうに無いですし、ドラゴン内部の派閥対立は解消しそうにありません。才川が挑発してドッジボールした中学生たちはドラゴン軍団によりボコボコにされてしまいましたし、小林さんに突っかかってきたハゲ上司は小林さんがパワハラで密告して職場を追われてしまいます。

こういう描写があった上での、「でも種族や文化が違う相手でも、個々に見ていけば、中にはわかりあえる相手も居るよね」という話なんですよね。小林さんとトールがまさにそれですし、また滝谷と同居を始めたファフニールが「お前は当たりだ」とボソっと言うシーン、あれも象徴的でした。

あと、カンナちゃんが初登場したときに小林さんが「友達になろうなんて言わないよ。一緒にいよう、そんだけ」と言うシーンありましたね。他人を信じるというのは簡単なコトじゃない、だったら相手を見極めるまで時間を掛けたらいいじゃない、という小林さんの、ひいてはこの作品の価値観が端的に現れている気がするセリフ。それで友達になれたならラッキーだし、もしわかり合えなくてもそれはそれで仕方ないよね、っていう。トールとエルマの仲が良いんだか悪いんだか良く分からん間柄も、この作品の空気をよく表している気がします。

皆が皆と仲良くなれるワケじゃない、どうしてもわかり合えない嫌な相手もいる。だからといってすべてを否定するのではなく、一人一人、相手をよく見てみよう……というこの作品の空気は、なんか非常に「しっくりくる」んですよね。いやこれがさ、「種族を超えてみんな仲良しー!」みたいにやられると興が冷めるというか、「それはご都合主義すぎるやろー」と思ってしまいそうで。

そういう意味では、同じくマイノリティな種族を描いた作品で、今期アニメやってる『亜人ちゃんは語りたい』なんかは、そういう軋轢の描写が少ないのがちょいと不満だったりします。ここまでアニメ観た中だと、雪がクラスメートに陰口言われる話くらいでしょうか。あれも最後は打ち解けてましたしね。まぁ、そういう描写も入れすぎると視聴者のストレスを増加させてしまいかねないので難しいところですが……。それだけに、『メイドラゴン』は対人(対竜?)関係の描き方のさじ加減が絶妙だなぁ、なんて思ったりするのでした。

Comment: 0

『響け!ユーフォニアム2』のEDに感じるエロさ

※本記事は下ネタを含みますのでご注意ください。

現在順次リリースされている『響け!ユーフォニアム2』のBDを買い集めておりますが、この作品をBDで観なおしていると、改めてつくづく思うコトがあります。それは何かといえば、

エンディングの久美子の素足がめっちゃエロい

(『響け!ユーフォニアム2』 Blu-ray 第1巻 ノンテロップEDより)

ということであります。

厳密に言えば、あのエンディングでは麗奈・葉月・緑輝(さふぁいあ)の3人も素足になっているのですが、特に久美子のが目立つので。制服姿の女子高生の足下というと、「どんな靴下が良いか」という点に議論の矛先を向けてしまいがちですが、この「制服姿に素足」の魅力に気付いてしまうと、靴下の色の違いなどは些末な問題に思えてきてしまうのです。

なぜこの「制服姿に素足」が妙にエロく感じてしまうのだろうか、と自分の心に3秒ほど問いかけてみたところ、チラリズムの延長線上にある嗜好であろう、という結論に至りました。つまり、制服姿で靴下を履いていないという状況は通常有り得ないワケで、その通常なら見えないハズの体の部位が見えているコトにより心がぴょんぴょんするという流れです。なので、自室で私服姿でダレている女子高生が靴下を履いていない状況では、この「素足のエロさ」は醸し出されないワケです。「いや、だらしない格好でウダウダしている女の子が好きやねん」という向きもあるでしょうが、それはまた別の嗜好になるかと思われます。

あと、京アニのキャラクターって足に適度なムチムチ感があって、それが得も言われぬ何かを生み出してますよね間違い無く。今期で言うとメイドラゴンのカンナちゃんとかやべえですよアレ。……とそれはさておき。

そしてふと、この「制服姿に素足」って「裸靴下」の真逆だな、というコトに気付いてしまったのですが、裸靴下は「脱がせかけ」フェチのバリエーションであり、「ちゃんと着ている」コトが前提となるチラリズムとはまた別の嗜好でありましょう。しかしながら、この真逆のシチュエーションであるにも関わらずどちらにもエロさを感じるというのも業が深いと言いますか、まったく男というのは度しがたいと思わざるを得ないのであります。

なお、私は裸靴下も大好物です。

ていうか、足k(以下、gooブログの利用規約に引っかかる恐れがあるため自主規制させていただきます)

Comment: 0

『ビッグデータと人工知能』という本を読んでみた

巷じゃ、将棋や碁でコンピュータが人間を負かしたり、Microsoftがりんななんてものを作ったりと、AIというものがすっかり馴染んで来ておりますが。そんな折り、たまたまKindleストアで見かけたこんな本↓を読んでみたのでした。

ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める (中公新書)
クリエーター情報なし
中央公論新社

著者の西垣通氏は、巻末の紹介によりますと東大工学部卒で日立製作所に入社、その傍らスタンフォード大で客員研究員を務めたりもして現在東大名誉教授という方。私は根っからの文系人間なんでコンピュータの原理とかはサッパリ理解の範疇を超えていますが、この本はわりと分かりやすい言葉で書かれているので理解しやすかったです。

この本はタイトルの通り、近年ニュースなんかでもよく見かけるキーワードである「ビッグデータ」「人工知能(AI)」とはどういうものなのか、それがもたらすものはなんなのか、というのをまとめたもの。ただ、どうも著者の西垣氏はマスコミが喧伝している「近い未来、AIが人間を超える!」みたいなAIの概念に対してかなりイラついているようでして、「コンピュータ(機械)」と「人間」の違いについて、これでもかと語っております。

私は不勉強ゆえ知らなかったんですが、近年レイ・カーツワイルという人が唱えているという「シンギュラリティ(技術的特異点)」という概念があるそうで。

カーツワイルは、2030年代の始めには、コンピュータの計算能力は現存している全ての人間の生物的な知能の容量と同等に達し、2045年には、1000ドルのコンピューターの演算能力がおよそ10ペタFLOPSの人間の脳の100億倍にもなり、技術的特異点に至る知能の土台が十分に生まれているだろうと予測しており、この時期に人間の能力と社会が根底から覆り変容すると予想している。

via: 技術的特異点 - Wikipedia

……お、おう。大丈夫ですか2030年まであと10年ちょいですけど。

この「シンギュラリティ」については特にムカついていらっしゃるようでして、たびたび引き合いに出してはけちょんけちょんに言っています。このシンギュラリティ、荒唐無稽すぎて最初は注目を浴びてなかったのに、「深層学習(⇒ ディープラーニング)」という手法が注目を集めるようになってからAIの可能性に対する楽観的な意見が目立ち始め、それに付随してシンギュラリティも持て囃されるようになってきたと。

というのも、ディープラーニングによるコンピュータの学習プロセスが、人間の脳の動きと似ている(ように見える)そうなんですね。人間の脳と同じような動きをコンピュータにさせられるなら、コンピュータが人間を超えるのも時間の問題というワケです。それに対して、著者はコンピュータと人間はまったく違うものだ、と言い切ります。

コンピュータにかぎらず、一般に機械とは再現性にもとづく静的な存在である。再現性を失ったら、それは機械でなく廃品だ。これに対して、生物とは、流れ行く時間のなかで状況に対処しつつ、たえず自分を変えながら生きる動的な存在である。この相違は途方もなく大きい。

(中略)

こう述べると、「機械学習も、流れ行く時間のなかで賢くなっていくではないか」と反論が来るかもしれない。だが残念ながら、たとえ学習する機械でも、一般の機械と事情はまったく同一である。プログラムが少々抽象的で複雑になっているだけだ。機械学習の場合、処理の結果におうじてプログラムが自動的に変更されるのだが、その変更の仕方はあらかじめ厳密に決まっている。深層学習だろうと何だろうと、設計者とプログラマが「プログラム変更の仕方」をふくめて事前にプログラムを作成しているのである。

via 『ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める』第三章より

まぁ、そりゃそうだよなぁ。いくら途方も無い処理能力をもったコンピュータでも、その動作するロジックはあくまで予め設計者が決めた範疇に留まるワケで。SFなんかだと、いつのまにかコンピュータが設計者の意図を超えた動作をするようになって……なんて展開もありそうですが、それは単なるバグだろっていう。

コンピュータはあくまで過去に積み上げられたデータから、決められたプログラムに従って論理的に判断を下すもの。なので過去に蓄積されたデータや、決められたプログラムの枠外にあるものは関知できない。ただ近年はスマホの爆発的普及や、IOTの普及により「ビッグデータ」が収集されるようになり、またクラウド上にある無数のコンピュータの並列処理により一昔前に比べて桁違いの演算処理が可能になり、よりその判断の精度を上げてきたのが今のAIってワケですね。

だからぱっと見、AIがどんどん人間に近い存在になっているように見えるけど、でもそれは、過去に人間が積み上げてきた膨大なパターンを学習してそのように振る舞っているだけであって、どれだけ高性能化しようとも「今起きていること」を瞬時に、自律的に判断する人間の思考とはまったく違うものだ、と。これは頷ける話です。

もちろん、ビッグデータやAIを活用することで可能になるコトというのもたくさんあるハズで、そこは著者も否定してません。ただ、「AIが人間を超える」という考え方は間違っている、というお話ですね。将棋や碁なんかは、まさに過去の膨大なパターンの蓄積がモノを言う世界であり、むしろコンピュータの得意分野。ただ、現実世界の様々な事象は、過去に例の無いようなものだったり、ルール自体が改変されていく中で起きるものだったりするワケです。そういった世界の思考や判断をすべてAIに任せられるか?といったらそりゃ答えはNoでしょうね。

結局、コンピュータにできること・できないこと、得意なこと・苦手なことを見極めて、それをうまく使いこなしていくスキルこそ肝要なのでしょう。

ところで余談なのですが、私初めて「ディープラーニング」という言葉を聞いたときには、何か卑猥な意味だと勘違いしておりました。大変失礼いたしました。

Comment: 0

リヴァイアサンの次はイフリート

事務用品の通販大手アスクルの物流倉庫が紅く燃えているそうですね。

アスクル火災、鎮火めど立たず 「ドン、ドン」と破裂音:朝日新聞デジタル

2月16日に発生した火災が、20日の今になっても鎮火のめどが立たないってちょっと半端ねえなと思うワケですが。この火災に見舞われている物流倉庫(「ASKUL Logi PARK 首都圏」といいうそうですが)、2013年7月に稼働開始したかなり新しい施設みたいなので、防災対策も万全そうなんですけどね。試しにこの「Logi PARK 首都圏」の紹介ページを見てみますと……

2011年の東日本大震災により、アスクルは、仙台DMCと本社が被災し、多くのお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。「ASKUL Logi PARK 首都圏」は、その教訓から学んだBCP対策を強化しています。
当センターが位置する三芳町は、洪積台地(1万年前までに形成された地層であり、水はけがよく強固な台地。関東ローム層に覆われ、建築基礎基盤に好適)にあり、津波や液状化の恐れがない地域です。大地震が発生した場合にも最低限の本社運営・物流センター業務を継続できるよう、連続で約21時間発電可能な自家発電設備を導入し、また既存の物流センターの機能をカバーしたり、本社機能を移転させることも可能な造りになっております。¥n> via: アスクル - 環境・社会活動報告|Special Issue|ASKUL Logi PARK 首都圏

過去、東日本大震災で津波被害に遭った教訓から、津波や液状化現象への対策を万全にしたら、今度は大火災の被害に遭ったっていう……。踏んだり蹴ったりすぎるでしょうコレ。たぶん火災対策を疎かにしていたワケではないと思うんですが、可燃物をため込む施設ゆえ、津波対策よりもさらに厳重な対策をしておくべきだった、というコトなんでしょうね。結果論ですが。

にしても、昨年末に起きた糸魚川市の大規模火災の記憶もまだ鮮明なうちに今度はこの火災、これ以上続かないと良いんですが。たぶん今後、消防法なりでこの火事を教訓に倉庫火災への対策が織り込まれるんでしょうけど。Amazonの倉庫が火事になったりしたら、私の生活インフラに大きなダメージが及ぶ可能性があるのでどうかひとつ万全の対策を。中小の物流会社は悲鳴を上げそうな気もしますが。

しかしアスクル、これだけの大規模火災が起きながらも、ちゃんと関東エリアからの注文受付も割とすぐに再開して、配送の遅れも最小限にとどめているのはスゴイですねぇ。「BCP(Business Continuity Plan)対策の強化」を謳っているのは伊達ではないか。

Comment: 0

小野寺浩二・石黒正数の『ソレミテ』シリーズがステキ

『それでも町は廻っている』が終わってしまいました。

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)
クリエーター情報なし
少年画報社

基本的にマンガ雑誌は全然読まず、好きなマンガは単行本でのみ読んでいるため、この16巻の発売ちょっと前にこれが最終巻と知り「な、なんだってーーー!」状態になっておりました。オチのつけようが無いマンガだと思っていたため、もう作者が倒れるまでずーっと続くものだとばかり。しかし、それを逆手に取ったかのような最終回はお見事でありました。

……と、それはさておき、今回はちょっと別の作品の話を。『それ町』16巻と同時に発売された、『おばけ道』ってコミックがありまして。

おばけ道 (ヤングキングコミックス)
クリエーター情報なし
少年画報社

こちら、『それ町』の石黒正数が企画・原案を担当し、オカルトとメガネっ娘が大好きなマンガ家・小野寺浩二が執筆を担当しているルポマンガ。この作品に先んじて、同じコンビによる『ソレミテ~それでも霊が見てみたい~ 』というコミックが全3巻で出ており、『おばけ道』は実質その続編に当たります。

ソレミテ~それでも霊が見てみたい~ (1) (ヤングキングコミックス)
クリエーター情報なし
少年画報社

この『ソレミテ』がどういう内容のマンガかというと、小野寺浩二と石黒正数、それに少年画報社の編集者何名かが「出る」と評判の心霊スポットに実際に出掛けるなどして、幽霊と遭遇しようと奮闘する(?)様を描いたもの。小野寺浩二・石黒正数の2人とも、オカルトは好きなんだけどオカルト的な現象に遭遇したコトが無く、かといって巷に溢れるいかにも作り話っぽい怪談話を無批判に信じるコトもできないもんだから、信じるコトができるように自分たちから幽霊に会いに行こう(会った時点で連載終了)というアグレッシブさが光る作品であります。

この作品における2人のスタンスは個人的に大いに共感できるところでして。私もオカルトは結構好きで、かつて『MMR』で登場したスポットを訪れるために青森県まで行ったりもしてる(⇒ 夏の青函連絡ツアー その2:青森・秋田でMMR聖地巡り)んですが、残念ながらキバヤシもぶったまげるようなオカルト現象には遭遇したコトがありません。かといって、テレビに出てくるようなオカルト信奉者の荒唐無稽な与太話を信じるコトもできず、日々悶々としておるわけです。

そしてこの『ソレミテ』という作品、マンガの演出上多少「盛ってる」ところはあるかもしれませんが、大部分は実際に取材した内容をそのままマンガにしているものと思われます。なにせ、評判の心霊スポットと聞いて出掛けてみたら思いのほか明るくて幽霊なんて出そうにない雰囲気だったとか、同行した人が「なにか」を見たと主張していても小野寺・石黒コンビは何も見ていなかったとか、そんな調子の話が続いてとうとう幽霊見れないまま終わっちゃうんですから。

ぶっちゃけ、マンガのストーリーとしては甚だ盛り上がりに欠ける内容の嵐なんですが、「だからこそ」面白かった……というか、共感できたんですね。ああ、この2人は真面目に幽霊に会いたいのに会えないのだと。わかる。超わかる。

そんな調子で『ソレミテ』が終わってしまったので、さすがに続編は無いんだろうなぁ……と思っていたら、『おばけ道』なんてのがひょこり発売されていたので嬉しくなって買ってしまったのですよ(なお、いずれもKindle版も出ているものの、この作品のコンセプトのステキさ加減に敬意を表し書籍版を購入)。

ただですね、『おばけ道』は『ソレミテ』とちょっと毛色が違うと申しますか、心霊スポットに行きまくるワケではなく、幽霊を見るコトができるように2人が第六感を磨くトレーニングをする(ESPとかダウジングとか)のがメインの内容となっております。そういうのもアリっちゃアリなんですが、なんか企画的に行き当たりばったり感が強く、『ソレミテ』のスピンアウトと言いますか、オマケという感じがしなくもないです。

しかしながら、『ソレミテ』のコンセプトがまだ死んではいなかったコトは素直に喜ばしく、できればさらに何らかの形でこのネタを引っ張っていって頂けたらと願ってやみません。

ちなみに、私が人生で遭遇した最大の恐怖体験は、愛知県内では有名な心霊スポットである真夜中の旧伊勢神トンネル(⇒ 旧国道153号線 伊勢神隧道)に知人の運転するクルマで出掛けた際、旧道のカーブでクルマのブレーキが効かずに崖から転落しそうになった(ギリギリのところで止まった)コトかな。3月初旬くらいだったから、路面が少し凍結していたっぽい。……こういうのを素直に霊の仕業だ!なんて信じられないから、もっとハッキリしたヤツに遭遇したいんですよ、ええ。

Comment: 0
« 前ページ