F1[16] マレーシアGP 予選

もうすっかり3~4月開催に慣れてしまっていたので、どうも今の時期の開催にしっくり来ないF1マレーシアGP予選。

コースが改修されましたが

今回、サーキットが大幅に改修されたというコトで、バンプが無くなったり舗装がスムーズになったりで、タイムが大幅に改善されたみたいですね。去年のマレーシアGPの予選はQ2途中で雨が降ってしまったのでポールタイムの直接比較はできませんが、Q1でハミルトンが記録したタイムが1:39.269。

対して、今年のハミルトンのポールタイムが1:32.850です。もはや別サーキットかと思うくらいのタイムの差。しかし今回の改修で一番目立つのは、テレビ画面から見てもくっきりわかる「逆バンク」と化した最終コーナー。イン側盛り上げすぎで一瞬目を疑うレベル。

なんかこれイン側について走りづらそうだなぁ、と思ったらやっぱり皆コースの真ん中辺りを走って行くんですね。あんな幅広のヘアピンコーナーで誰もインに近寄らないというのは観客的にも奇妙であります。走っているドライバーはもっと奇妙な感覚を味わっているようで、概ね不評のようですね。

改修されたセパンの最終コーナー、F1ドライバーの大半に不評

……そのうち見慣れてくるでしょうか。なお鈴鹿の逆バンクは「逆バンクになっているかのように錯覚する」という話からそう呼ばれているだけであり、ほぼフラットなコーナーです。なのでセパンの最終コーナーはまさに「リアル逆バンク」ってワケですね。

ロズベルグ危うし

夏休み開けから好調を維持してきたロズベルグですが、今回の予選はピリッとしませんでしたねぇ。てか、2番手の確保も危ういかと思われるレベルだったっていう。ハミルトンが絶好調だったというより、ロズベルグのミスが目立った感じ。

一方で。セカンドロウに並んだレッドブルの2台はなかなかに調子良さげ。フェルスタッペンはレースペースに自信があるようなコメントしてますし、決勝スタートでロズベルグを食ったりするとなかなか面白い展開になるかもしれませんねぇ。

まぁ、そうなるとまたロズベルグがポイントリーダーの座からあっさり陥落するってコトになるんですけどね?(8ポイント差なので、ハミルトン優勝・ロズベルグ2位ならまだセーフ)

バトン奮闘

長いストレートを2本持つこのコース、やはりメルセデスPU勢が順位を上げてくるワケですが、そんな中で予選9番手と気を吐いたバトン。今回がF1参戦300戦目というコトもあってか、なんかいつもより気合いが入って見えます。Q1ではトラフィックの多さに無線で吠えてたしね。

Q3ではフォースインディアの前に出るコトは叶いませんでしたが、ウイリアムズには勝てたので良かった良かった。2015年のマレーシアって、マクラーレン・ホンダは2台とも余裕のQ1ノックアウトだったワケですからねぇ。

一方でアロンソは新型PUを投入してペナルティを喰らうため、予選は最初から順位度外視でゆっくり周回したのみ。決勝は最後尾からのスタートですが、鈴鹿の前哨戦としてホンダの新型PUがどこまでの見せ場を作ってくれるのかは楽しみなところ。なんか長谷川体制になってからのホンダはなんかひと味違うぞ。

あとマレーシアといえば雨ですが、今年はここまで雨が絡んでいない分、決勝ではどうなるのか気になるところです。その方がアロンソが思わぬジャンプアップしそうで楽しそうなんですけどね。

Comment: 0

続・Apple Watchのバンド(クラシックバックル)を買った話

ちょっと前にApple Watchのウーブンナイロンバンドを買った(⇒ Apple Watchのバンド(ウーブンナイロン)を買った話)んですが、今回も一つ追加でクラシックバックルを買ってみました。
Apple Watch クラシックバックル(シーブルー)

色は最近追加された「シーブルー」。iPhoneで写真撮ったらかなりくっきりとした青に見えますが、実際の見た目はシーブルーの名の通り青と緑の中間くらいの色合いです。前からクラシックバックルのバンドもちょっと欲しいなぁと思ってたんですが、新色追加されたのと2000円ばかし値下がりになった(税抜き17,800円⇒15,800円)のでついつい買ってしまった次第。

ミラネーゼループと同じ値段するだけあって、実物は結構高級感のある丁寧な仕上がり。縁のステッチも良い感じです。ウーブンナイロンと違ってステンレススチールのバックルなので、同じステンレススチールのケースとの親和性はやはり高いですね。
Apple Watch クラシックバックル(シーブルー)

遊革(ベルトを留める輪っか)が少々キツい気もしますが、まーこれは使っているウチに馴染んでくるでしょうきっと。装着感は良好ですが、汗ばむ季節はちょっと厳しいかも。暑い季節はサラッとしているウーブンナイロンが一番良いなぁ。

しかしこれでステンレス・ナイロン・レザーとバンドが揃ったので、気分や季節によって付け替えるのが楽しくなってまいりました。今回色をシーブルーにしたのは、ウーブンナイロンで暖色系にしたので寒色系にしたかった、というのもあります。
Apple Watch ベルト3種

ちなみに、ミラネーゼループは長く使っていると金属の目の中が黒ずんできちゃってなかなか落ちないので、Amazonで安物の超音波洗浄機を買ってしまったのはまた別の話。結構良く落ちる。

シチズン 超音波洗浄器 SW5800
クリエーター情報なし
シチズン・システムズ

Watch OS 3も悪くないデキだし、なんだかんだで毎日身につけているApple Watchですが、しかしやはり自分以外に使っている人をなかなか見かけない……。

Comment: 0

スーパーフォーミュラ 第6戦 関口が「一人メルセデス状態」だった

SUGOで行われたスーパーフォーミュラ(SF)第6戦、スゴイ走りが見られましたねぇ。

【SF第6戦SUGO】SC明けに1周で1秒差構築。関口が驚異の走りで2勝目

とにかくポールからスタートした関口雄飛がレースの話題全部もってっちゃったような内容でした。スタートで一貴に迫られたもののトップをキープしたまま1コーナーに入り、そのままハイペースで後続を引き離しに掛かる形に。関口のレースペースは極めて良好で、観る側としてはトップ争いの無い退屈なレースだなぁ、なんて思ってたんですけど。

しかし、17周目に関口のチームメイトであるオリベイラがスピンしコースに近いところにマシンを止めてしまい、セーフティカーランに。で、ここでセーフティカーが入ったタイミングが関口にとっては最悪でした。関口より後方のマシンはセーフティカーの掲示が出された直後にピットに飛び込むコトができた一方、2位に14秒程度の差を付けていた関口はピットに入るヒマなくセーフティカーにホールドされてしまい、他の全マシンに対しピット1回分のハンデを背負うコトに。

SFはレース中の給油ピットインが1回以上義務づけ(タイヤ交換はしなくても良い)になっているため、ピットインしないという作戦は有り得ません。普通で考えたら、完全に「終わった」状態です。今まで築いてきたリードを帳消しにされた挙げ句、逆にピット1回分のハンデまで背負わされたんですから。

しかしチームインパルと関口、勝利を諦めませんでした。セーフティカーランが終わってリスタート後、関口は猛然とプッシュ。1周あたり2位との差を1~2秒ずつ広げるという毎ラップが予選アタックのような走り。で、ピットインを55周目(68周のレース)まで引っ張りまくり、35秒以上の十分なセーフティマージンを築いて余裕綽々のピットイン。そして一度もトップを明け渡すコトなくチェッカーを受けたっていう。

F1でもたまに怒濤の追い上げや、猛プッシュで圧倒的なマージンを築いての勝利ってのはありますが、チームによって戦闘力の差が大きいF1と違って、SFのシャシーはワンメイク。エンジンだってトヨタとホンダの2種類だけ。つまりはかなりイコールコンディションに近いマシンで争っているワケで、それにも関わらずここまで圧倒的なパフォーマンス差が生まれたというのが驚きです。F1でメルセデスがぶっちぎるのとはワケが違う。

となると、これはもう関口の速さもさることながら、68周の長いレースのほぼ全域に渡ってべらぼうなプッシュができたという体力と集中力のスゴさですよね。J-SPORTSで解説をしていた土屋武士が「SUGOは体力的に厳しいコース」とコメントしてましたが、そんなコースでよくもここまでプッシュしきれましたね、いやホントに……。これでSF参戦初年度というのがまた驚きですが。ただ、タイヤのデグラデーションは極めて少ないコースのようで、タイヤは無交換で行けてしまうというのもポイントだったでしょうね。そういうコースだからこそ、プッシュしまくった上でレース残り13周なんてところまでピットを遅らせるコトができた。

しかしなんだ、通常は1台だけ速いマシンが居るとレースがつまんなくなりがちですが、1台だけものすんごい、とんでもない速さのマシンが居るとそれはそれで面白くなっちゃうんですねぇ。

レース後すぐのインタビューで「今日の俺は速かったですね」とコメントしてましたが、実際問題無茶苦茶速かったので「そうですね!」としか言いようがありません。参りました。ここで自画自賛しなかったらいつするんだ、っていうね。そしてテンション上がりすぎた星野一義監督は速すぎる関口を指して「こいつキチ○イだな」という放送禁止ワードをマイクに向かって言い放ってしまい場が一瞬固まるという心温まるシーンもありましたね。

ともあれ、これで関口は堂々ポイントランキングトップに躍り出たワケですが、しかし浮き沈みの激しいSF、どう転ぶか分からんですねぇ。今までポイントリーダーだった国本は今回ノーポイントで終わっちゃってるワケですし。次戦は最終戦となる鈴鹿ですが、SFは優勝10ポイント+ポールポジション1ポイントで最大11ポイント獲得できるコトを考えると、ポイントランキング6位のバンドーンまでまだチャンピオンの可能性が残されてるんですね。

【2016/9/27 追記】
ポイントの件について私勘違いをしておりました。最終戦の鈴鹿は2レース制+ボーナスポイントがあるとのコトで、最大18ポイントの獲得が可能とのこと。なので、ランキング12位の中嶋大祐までタイトルの可能性が残っているという……。

【スーパーフォーミュラ 第6戦】チャンピオン争いは未曾有の混戦…最終戦で12人に可能性 | レスポンス(Response.jp)

最終戦、都合が良ければ現地まで観にいくか……?

Comment: 0

徳川vs武田の城をぶらぶら ~小山城・二俣城

先日、例によってウチのかーちゃんが「小山城(静岡県)へ連れて行け」と宣うのでドライブがてら出掛けてきました。
小山城

……その前の週も郡上まで出掛けたような気がするんですが、どうも公共交通機関では不便な場所にある城に行きたい⇒遠方まで自分でクルマ運転したくない⇒家でヒマそうにしているヤツが居る、という流れで話が回ってくるようです。しかし2週連続ってのはちょっとなぁ、と私が微妙な顔をしたところ、「城の近くにあるウナギ屋で昼食奢り」という条件を提示されたのでホイホイ運転してきました。

……ところで、クルマで使ってるETCカードは私名義のものなんですけどね?

小山城

小山城は静岡県の吉田町という場所にあり、東名高速吉田ICを下りて割と近い場所。名古屋側から見ると焼津の手前ですね。大元はこの地に今川氏が砦を築いたのが始まりのようですが、その後今川氏を滅ぼした武田信玄が改めて築城したのがこの小山城とのこと。

とはいえ、天守みたいなのは無かったようですが、駐車場から天守めいたものがめっさ良く見えます。
能満寺山公園

こちら愛知の犬山城をパク……参考にして建てられた模擬天守のようで、中は資料館になっている模様。墨俣城と同じような感じですね。ちなみに犬山城はこちら↓。
犬山城

城址は現在「能満寺山公園」として整備されているようなんですが、城址に辿り着くのにはお寺の境内を通っていく形になるんですね。
能満寺

お寺なので、なかなか上り甲斐のある石段もあります(大回りするスロープもあるんですが)。
能満寺

せっかくなのでこの石段を登ったんですが、木の葉などが散乱していて足許が滑りやすい上に手すりも無いという結構凶悪な仕様となっておりますので、大人しくスロープ使ったほうがいいです。

で、上まで登り切ってまず目に入るのは堀です。ていうか、当時の姿を偲ばせるのは実質堀と土塁くらいなモノです。これらも発掘調査のあとに復元されたもののようですが。
小山城

真っ直ぐに掘られた堀のすぐ隣にはカーブを描いた「三日月堀」が。この三日月型は武田の城によく見られる特徴だそうな。
小山城

復元された土塁とかにはやたらと「はいってはいけない」とか「のぼってはいけない」と書かれた立て札があり、コレ見てると『孤独のグルメ』の「それ以上いけない」を思い出してしまうのですが。モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。
小山城

城の一番外側、大手門の隣には堀を三重に並べた「三重堀」があります。ここまでやるか信玄さん。
小山城

なお、小山城は最終的に徳川方の攻勢により落城するワケですが、その際に城に居た婦女子はこの三重堀に身を投げたとかって話。

資料館は鉄筋コンクリ造りではありますが、
小山城

上から堀の配置が見下ろせるのが良いですね。↓の写真右手側が本来の本丸となるそうで、その手前に大きな堀があり、さらに三日月堀を掘るコトで本丸への入り口を狭め、敵を迎撃しやすくなるワケですね。
小山城

本丸に面した堀と三日月堀との間のスペースは「丸馬出」と呼ばれ、つまりは城の虎口外側にスペース(曲輪)を設けて兵馬を配置するコトで迎撃力アップ&敵がひるんだ隙に追撃できちゃったりもするワケですね。馬を出しておくから「馬出」、ってそのまんまや。

武田氏はこの丸馬出を好んでいたようで、この馬出の概念をさらに大きくしたのが出丸、その究極形が武田氏家臣・真田の血を引いた信繁が築いた真田丸、というコトになるワケですね。

ちなみに写真奥から右手側に掛けては川が流れており、そして左手側には大手門と三重堀があるという鉄壁の守り。そのおかげもあってか、徳川の軍勢もかなり攻め落とすのに苦労した模様(落城したのは長篠の敗戦から7年後、武田氏滅亡直前の1582年)。

ちなみに、なんで目的地がより有名な高天神城じゃなくて小山城だったかといえば、小山城がお城のスタンプラリーのポイントのひとつだからだそうです。ううむ。

で、城址見物のあとは近くにあったウナギ屋さんにて報酬をいただく。
うなぎ@八木秀

二俣城

で、再び東名高速に乗って愛知に戻る……前に途中で下りて、浜松の北にある二俣城に寄ってみたりしました。
二俣城

こちらも徳川・武田が争った城として知られていますが、こちらは今川氏滅亡後は徳川方の城となったものの、1572年の武田の遠江侵攻により落城、そのすぐあとに三方原の戦いで家康惨敗。その後1575年長篠の戦いで武田が敗北したのを契機に徳川が反攻、同年末に再び徳川のモノになるというなかなか大変なお城。

こちらは遺構として天守台が残っており、上に登るコトもできます……が狭いな。
二俣城

ここに建物を建てるとしても、かなり小さなモノでないと無理っぽい。ただ、城の西側は天竜川と切り立った崖があり、東側も結構勾配の厳しい山。攻めるルートが限定され、ここも守りが堅そうな雰囲気。実際、武田勝頼が攻めたときも決め手を欠き、最終的に天竜川からの取水を行う櫓目がけて上流から筏を衝突させて破壊し攻め落としたっていう。

このお城、家康の長男である信康が切腹した場所としても知られてますが、この小さな山城に幽閉されて腹を切らされるのはイヤだなぁ……。

新東名 長篠設楽原PA

二俣城からは東名よりも新東名のが近いので、浜松浜北ICから新東名へ。浜松いなさから豊田東までが開通してから一度も走れてなかったので、これ幸いと。で、せっかくなので武将グッズなんかも売られているという長篠設楽原PAにも寄ってみました。
長篠設楽原PA

ここ、来て初めて知ったんですけど長篠の戦いで信長が本陣を構えた場所なんですね。
長篠設楽原PA

PAの自販機は徳川・織田の家紋まみれ(長篠合戦図屏風バージョンもあり)だったり。やはり愛知県なので、武田には一片の慈悲もありません。武田も真田も愛知の武将から見たら負け犬であります(傲慢)。
長篠設楽原PA

写真は撮ってませんが、売店では武将グッズっていうか模造刀や火縄銃のレプリカが販売されてて驚き。しかも2~3万円くらいだったので「シャレで一本買うのもアリか……」などと考えてしまったりして。あと、真田丸グッズもバッチリ売られており、愛知県といえども真田丸人気には屈せざるを得ないようです。

売店の横には展望台もあり、新城の町並みが一望……っていうか田んぼだな。
長篠設楽原PA

ちなみに合戦の舞台となった長篠方面は↑の写真の左手側(PAの東側)になるんですが、山が邪魔で見えなかったりして。信長はこの見通しの悪さを逆手に取って、自軍の総数を悟られないように布陣したという話。

考えてみたらこの徳川・武田がドンパチやってた辺りの史跡って今までちゃんと巡ったコト無い気がするなぁ。長篠城も行ったコト無いし。高天神城や諏訪原城も含めて、また改めてぶらぶらしてみるのも良いかもしんない。

Comment: 0

F1[16] シンガポールGP 決勝

体調不良だったり台風に気を取られたりしている内にすっかり機を逃した感がありますが、それでも一応書く。F1シンガポールGP決勝。

リカルドも奮闘したものの

決勝の一番の見所はフロントロウを獲得したリカルドがどこまでイケるか、という点だったんじゃないかと思うんですが、期待に違わぬ奮闘ぶりでした。しかし惜しいところで優勝逃しちゃいましたねー。それでもリカルドは満足げでしたが、そりゃあれだけのレースはなかなかできるモノじゃないでしょうしね。

リカルドとロズベルグの争いに於けるキーポイントは、やはりリカルド3回目ピット後のロズベルグの「ステイアウト」の決断だったんでしょうね。というか、ステイアウトせざるを得なかったワケですが。

リカルドがピットアウトした瞬間はロズベルグとのタイムギャップが29秒あり、ロズベルグがプッシュしてこの差をキープできればリカルドをカバーする形でタイヤ交換が可能だったんですが、その直後アウトラップのリカルドがセクター2で1.5秒、セクター3では2.5秒もロズベルグとの差を縮め、あっという間にロズベルグの選択肢を潰してしまいました。

ただまー、結果としてはロズベルグが逃げ切り勝利だったワケなので、ギリギリピットインできるかも、くらいの差に留めておいた方が良かったかもしれませんね(結果論)。

ともあれ、トップ争いが接戦(しかも異なるチーム同士)だと面白いですね。最近滅多に無いからなぁ、こういう展開。ロズベルグはこの勝利によって再びポイントランキングトップに浮上。ハミルトンが逆転した時にはこのままロズベルグはズブズブ沈んでいくんかなぁ、と思っていただけに、これは意外な展開。ただ、今回のハミルトンは元から調子悪かったコトもあり、「まぁ、しゃーない」みたいな雰囲気でしたね。

噛み合わないフェラーリ

ロズベルグがタイヤ交換を行わないコトによってポジションを守った一方、ハミルトンはタイヤ交換を仕掛けたコトによりライコネンのアンダーカットに成功。ハミルトンのピットインを受けてフェラーリのピットはライコネンを入れるかどうかで少し迷ったようで、ライコネンも無線で作戦を聞き返したりしてましたね。

How Hamilton strategy nearly cost Rosberg victory in Singapore(動画)

結果としてアウトラップのハミルトンが大きくタイムを縮めるコトに成功してしまったワケで、この辺はフェラーリのチグハグさが目立つ格好に。せっかくライコネンがコース上でメルセデスをオーバーテイクするという見せ場を作ったのにねぇ……。

相棒のベッテルも最後尾から5位フィニッシュに持ち込むというパフォーマンスを見せており、決勝でのフェラーリの戦闘力はかなりのモノだったんですよね。しかしベッテルは予選のトラブルでそれを完璧な形では順位に反映できず、ライコネンもせっかくの表彰台のチャンスを逃すという、ある意味今のフェラーリらしいレースとなってしまいました。

そのほか

あとレースの見せ場となったのがフェルスタッペンとクビアトのバトル。トロロッソに「降格」後、ひたすらパッとしない状態が続いて来季のレースシート喪失待ったなし状態だったクビアトですが、ここシンガポールではトロロッソのマシンと相性が良かったコトも相まって、予選からパフォーマンスを発揮。そして後ろから突きまわしてくるフェルスタッペンを一度は完全にブロックしきったのはお見事でした。久しぶりにイキイキしたクビアトを見ましたねぇ。

これで何か吹っ切れてくれるといいですが。

それから今回も11位フィニッシュと絶妙なポジションでフィニッシュしノーポイント街道爆走中のグティエレスですが(開幕から乗ってるドライバーでノーポイントなのはザウバーの2人とルノーのパーマー、そしてグティエレスの4人)、今回またブルーフラッグが振られているのに譲らないと文句を言われたようで。

グティエレス「陰で笑いものにするな!」 メルセデスの「邪魔」発言に怒り

今回のグティエレスの動きって印象に残ってない(放送されたシーンにあったかも記憶にない)のでアレなんですが、しかしこうも繰り返し指摘されてるのはなんなんですかねぇ……。ぜひF1公式サイトでグティエレスのブルーフラッグ掲示時の動きをまとめたビデオを公開いただきたく。

そういや、今回優勝を飾ったロズベルグは今回のレースでF1 200戦目だったみたいですが、セーフティカーのドライバーを務めるベルント・マイランダーは今回が300戦目だったようで。F1最多参戦記録を持つルーベンス・バリチェロが通算322戦なので、来シーズンには追いつけますね!

……いやしかし、セーフティカーって荒れた天候の中などで出動したりもするワケで、これだけの長きに渡ってスピンぶっこいたりするコトも無くF1マシンを先導し続けているって、実はかなりスゴイことなんじゃないかっていう……。

Comment: 0
« 前ページ