退屈なメルセデスのドライバーズラインナップ

かねてからの噂通り、ロズベルグの引退により空席となっていたメルセデスのシートにバルテリ・ボタスが座るコトになりましたね。そしてウイリアムズのボタスが抜けた穴は、引退を撤回したマッサが補う形に。

Bottas to Mercedes, Massa to re-join Williams

しかし……個人的にはこの移籍劇、あまり好ましく思っておりません。なんか「絶対王者」メルセデスが、非常に守りのドライバーラインナップに固執したように見えてしまって。

そもそもボタスはウイリアムズと今期の契約を結んでいたワケであり、それをメルセデスがあの手この手で譲ってもらった格好ですからね。しかし普通に考えたら、自分とこのジュニアドライバーとしてオコンとウェーレインという、すでにF1の実戦経験を積ませているドライバーが居るんですから、そこから起用するのが自然でしょう。オコンは既にフォースインディアと契約してしまってましたが、ウェーレインはまだフリーだったワケですし。なのに、なぜか既に他チームと契約済みのドライバーを半ば強引に連れてくるというコトをした。

ハタから見てるとこの流れはとても不自然であり、その理由を勘ぐりたくなるというもの。

まずひとつは、確実にポイントを積み上げられそうな、経験あるドライバーを求めたというのはあるんでしょう。ここ最近は印象が薄かったものの、ボタスはコンスタントにポイントを獲得できるドライバーですし。とはいえ、じゃあウェーレインがそこまで計算できなさそうなドライバーかというと、そうも思えないんですけどね。なにより、あのマノーでポイントゲットも達成してるワケですし。他にあのチームでポイントゲットできたのは、ヴァージン時代からトータルで見てもジュール・ビアンキだけですよ。

んで、もうひとつの理由として勘ぐりたくなるのはルイス・ハミルトンとの相性。フォースインディアがウェーレインではなくオコンを選んだ理由として、ウェーレインの短気な性格が災いした……なんて話も出ていたくらいで、それがホントだとするとメルセデスもそこを嫌ったというのは大いにありそう。ハミルトンの性格を考えると、ウェーレインみたいな若くてキレた速さを持ち、かつやや性格に難があるドライバーはめっちゃ嫌がるでしょう。

そこへいくと、ボタスは波風立てるタイプには見えないですからね。それに、こんなコト言うとボタスのファンの方に怒られそうですが、今のボタスを見てるとハミルトンと真っ向からやり合えるほどの速さは無いように見えるんですよね。ハミルトンをむやみやたらに刺激せず、かつポイントはしっかり持って帰ってくるドライバー……そんな基準でボタスが選ばれたんじゃねーの、とついつい思ってしまったりして。それにメルセデスのボスであるトト・ウォルフがボタスのマネージメントに関与していたコトで、引き抜き工作もしやすかったというのもあるでしょう。

ウォルフはボタスをメルセデスに連れてくると同時に彼のマネジメントからは手を引くことを明言しているようで、これもある意味ハミルトンへの配慮、という感じが。

ウォルフ、ボッタスのマネジメント陣を離脱 | Mercedes | F1ニュース | ESPN F1

レギュレーションが大きく変わる今シーズン、なるべく手堅いラインナップで臨みたいというメルセデスの気持ちもわかるにはわかるんですが……しかしこういう強いチームこそ、将来性未知数の若手ドライバーを起用して欲しいんですけどねぇ。観てる側からすると、それぐらいの不確定要素があったほうが面白い。

これでもし、ボタスが想定以上の速さを発揮して、シーズン通してハミルトンとガチンコ勝負したりするならまぁ良いんですが……開幕戦、ハミルトンがポールポジションを獲得して、ボタスがコンマ5秒くらい離されていたりしたら、このメルセデスの決定を恨みますよ。

Comment: 0

『ウルトラマンA』のグダグダっぷりがスゴイ

ここしばらく、Amazonプライムビデオで『ウルトラマンA(エース)』をつまみ食い視聴してます。

ウルトラマンエースをAmazonビデオ-プライム・ビデオで

なんでエースかというと、ずいぶん長いコトみた記憶が無かったので。子供向けという枠に留まらないSF描写のある『ウルトラマン』『ウルトラセブン』、濃厚な人間ドラマが光る『帰ってきたウルトラマン』なんかは大人になってから観ても純粋に面白く、代表的なエピソードはちょいちょい目にする機会もあったんですが、そういやエースって子供の頃観て以来、ほとんど見返した記憶が無いなぁ、と。

昭和のウルトラシリーズの中において、この『ウルトラマンA』から「ウルトラ兄弟」を代表とする、これまでのウルトラシリーズには無い新しい設定がいろいろ取り入れられ、より子供向けを意識した雰囲気になってるんですよね。なので初代やセブンは見返しても、エース以降はまぁ……という雰囲気はあります。なので、そこを敢えて見返してみるかと。とはいえ、全52話あるので、とりあえずいくつかのエピソードをつまみ食いしてるんですけど。

で、観てて思ったんですけどこの作品、物語の軸となるべき初期設定が、悉くといって良いレベルで、シリーズ途中で無かったコトになってるような……。

エースで取り入れられた代表的な設定を挙げてみますと、

  • 男女2人(北斗と南)でウルトラマンに変身する
  • シリーズを通しての敵のボス役が存在する(ヤプール人)
  • 登場する敵は「怪獣」ではなく、ヤプール人が作り出した「超獣」
  • 「ウルトラ5兄弟+父」という家族設定

あたりでしょうか。

まず「男女2人で変身」という設定は、物語中盤の28話で突然無くなります。エースに変身していた片割れ・南夕子が出現した超獣を倒すや否や「実はワタシ月から来た宇宙人なんです、この超獣倒すために地球に来てたもんで目的果たしちゃったから帰らなアカン、ほなサイナラ」と月に飛び去ってしまうという超展開で。それでも、シリーズ序盤からそれとなく伏線が張ってあるなたまだ分からんでもないですが、そうした気配はまったくなし。もういかにも「制作上の都合で降ろしました」と言わんばかりの状態になっております。

それからシリーズを通してのボスキャラかと思われたヤプール人は、これまた物語中盤の23話であっさり倒されてしまいます。しかもやられる際には「ヤプール死すとも超獣死なず」と板垣退助みたいなコト言い出したり、この話で登場するヤプールの手先がなぜかクレイジーキャッツの『学生節』の替え歌を歌っていたりと、地球侵略を目論む間にかなり地球の文化に脳が染まってしまったようです。

で、そもそも「超獣」はヤプール人が作り出したという設定だったので、そのヤプールが倒されちゃったらこれから先の物語はどうなるの……と思いきや、何食わぬ顔で次週以降も超獣が登場しております。ヤプール死すとも超獣死なず。いやしかし物語の設定上かなり大きな矛盾点じゃないかと思うんですが、それをこの一言で済ませるというのはなかなか豪胆ですね。

ウルトラ兄弟の設定はエースの後の『ウルトラマンタロウ』にも引き継がれており、そこは唯一成功した設定かとは思うんです、が。しかしなんか、エースに登場するウルトラ兄弟ってなんか全体的に間抜けなんですよね。13話「死刑!ウルトラ5兄弟」では何も考えんとヤプール人の仕掛けた罠に全員でホイホイ引っかかって全滅しそうになるし。有名なヒッポリト星人が登場する26話「全滅!ウルトラ5兄弟」でも何も考えんとヒッポリト星人の仕掛けた罠に全員でホイホイ引っかかって全滅するし。結局ウルトラの父が助けてくれるも、代わりに父死ぬし(その後のエピソードで何食わぬ顔して復活してるけど)。

子供の頃はヒッポリト星人の話とか、タロウのテンペラー星人の話とか、ウルトラ兄弟が勢揃いする話は観ててテンション上がったもんですが……今観ると兄弟の間抜けさ加減ばかりが目についてしまい「お前らアホか」と言いたくなるっていう……。

企画段階で盛り込まれた新機軸がここまでグダグダになって、よく1年間シリーズ続いたな、という点はある意味感心してしまうんですけども。視聴率も『帰ってきたウルトラマン』より低調だったと聞きますが、それでも打ち切るほど低迷していたワケでは無かったんでしょうね。なんやかんやで「ウルトラマン」ブランドが定着していた証でしょうか。まぁ、兄弟の設定とか、エースの多彩な光線技は子供心には楽しかったよーな気がします。

あ、あと数年前に無くなった名脇役(あとガイアの夜明けのナレーション)・蟹江敬三がヒッピー青年役で出演している16話「夏の怪奇シリーズ 怪談・牛神男」は良かったです。年取ってからの蟹江敬三しか知らなかったので、すごいインパクトありました。

Comment: 0

雪が降ったら全力で引きこもるに限る

ちょうど4年前に書いたんですが、今でも雪が降ったりすると微妙に読まれている記事↓。

雪道をノーマルタイヤで走ってしまう理由 - 大須は萌えているか?

普段あんまり雪が降らない地域だと積もるコトも稀なので、雪が降り出してもノーマルタイヤを履いたままのクルマで走ってしまうのは良くある話。近所に買い物行くくらいならまだ問題無かったりするんですが、そこで調子に乗ってもう少し遠くまで足を伸ばしてしまって思わぬトラップにハマったりするのも良くある話。

しかしこれ、スタッドレス履いてれば問題ないかというと、そうでもなかったりして。自分は大丈夫でも、周りのクルマが大丈夫じゃない場合ありますからね。昔雪降ってるときにタクシー乗って、信号待ちでふと後ろを見たら、後続のクルマが微妙にスリップしながら近づいて来たときには焦りましたよ。幸いぶつかる前に止まってくれたけど。愛知県民で、スキーとかやる趣味なくて、スタッドレス常備してる人どんだけ居るんだろ(ウチは無い)。

そういう意味では、あまり雪が降らない地域で珍しく積もりそうな雪が降ったときは、全力で引きこもるに限ると思うワケです。無駄なリスクを負いたくはない。滅多に降らない雪の対策にコストを払うのも勿体ない、なのでもし雪が降っちゃったら割り切って止むのを大人しく待つ。対策コスト掛けてないのに雪に抗うのはやめましょう。雪国の民はそれ相応に金銭的・人的コストを掛けているから雪に立ち向かえるのです。

しかしさすがに仕事がある日に「雪が降ってるから休みます」なんて言うと翌日名古屋港に変死体が浮かぶことになりかねないので出掛けますが、駅まで歩くときは極力車通りが少ない道を選んだり。ただ、革靴で凍結している部分を歩くとものの見事に滑って転びそうになるので要注意ですが。

そんなコトを考えたりすると、よりによってこんな天気の時にセンター試験を受けねばならない受験生の方々には同情してしまうのですが。先日Twitterでこんな小飼弾さんのTweet↓を見かけて、

これは確かに良いなぁと思ったりして。不勉強なもんで、米国のSAT (大学進学適性試験)というのを初めて知ったんですけども。年に複数回やれれば、機会の公平性もより担保されるでしょうし、受験生も一発の試験で運命が大きく変わってしまうという過度のプレッシャーから(多少は)解放されるでしょうに。コストや人的リソースの面で課題はあるんでしょうが、その辺は本気で考えたら解決できそうな問題のようにも。

しかしまー私はとりあえず出掛けねばならない用事は何も無いので、この土日は全力で引きこもろうと思います。仕事がある日じゃ無くて良かった良かった。

Comment: 0

iPhone用イヤホンにSHURE SE215を購入してみた

最近購入したイヤホンが非常に良い感じで感激したお話。

コトの発端は昨年の11月、自分の不注意でそれまで使っていたゼンハイザーCX300–2を断線させてしまったのです。このイヤホン、コードが少し長めだったのもあり、椅子の突起にコードが引っかかって立ち上がるときに思い切り引っ張ってしまって。3年近く愛用していたのに残念。

とりあえずイヤホンが無いと困るので、取り急ぎDENONのAH-C120Mっていう5000円くらいのイヤホンを購入したんですね。

DENON デノン イヤホン カナル型 ブラック AH-C120M
クリエーター情報なし
デノン

ただ、これがどうもしっくり来なくて。音が悪い……とまでは言わないんですが、ゼンハイザーに比べるといささか物足りない。同じDENONでも、ゼンハイザーより前に使ってたAH-C710(1万円くらいしたやつ)は非常に良かったんですが、やはり価格帯が低めのせいでしょうか。音の解像感も、低音のパンチ力もいまひとつ。

それでもしばらく使ってはいたんですが、やはりどうしても物足りなくなってきてしまい、1万円そこそこで買えて、かつ評判の良さげなSHUREのSE215というイヤホンを購入してみました。

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー SE215SPE-A【国内正規品】
クリエーター情報なし
SHURE

すると、これが大正解。1万2千円のイヤホンとは思えないくらい良く鳴ってくれます。誤解を恐れずに言えば、ややドンシャリ系。ただ全体のまとまりが良いので、聴いてて嫌な音では無いです。「元気が良い音」というべきでしょうか。音の解像感も値段以上。もちろん、もっと高い価格帯のイヤホンと比べると劣るとは思いますが、コスパとしては抜群といって良いかと。個人的には、女性ボーカルのアニソンが非常にハマる印象。

加えてコイツが良いなと思ったのは、コードが短めなコト。長さ116センチ。具体的に言うと、スーツの内ポケットに仕舞ったスマホに繋ぐとちょっと余るくらいの長さ。私は元々BlutoothレシーバーでiPhoneと繋いでいるので、コードの長さは短めの方が好ましいんですよね。それに、これならどこかに引っかけて断線する恐れもないでしょう。ただ、逆にもっと長いほうが良い、という方はご注意を。

コードの太さはやや太めなんですが、短めなのに加えて、コードを耳に巻くように装着する(⇒ Shure シュア | イヤホンの正しい装着方法)スタイルになるので、タッチノイズが気になりません。イヤーパッドを最適な大きさのものにすれば、装着感も抜群。最初少し慣れが要りますけど。あとイヤホンの左右がぱっと見で分かりにくかったりはしますけど。

ちなみに付属するイヤーパッドはコンプライのやつみたいな低反発ウレタンのものが3種類と、よくあるシリコン製のものが3種類。装着感と遮音性はやはり低反発タイプのものが良いですが、たぶん破けやすい。もちろん、イヤーパッドだけ購入するコトもできるので良いっちゃ良いんですけど。Amazonで5組1セットで2500円だから、まぁ悪くは無い気がします。

【国内正規品】SHURE ソフト・フォーム・イヤーパッド(Mサイズ/5ペア) EABKF1-10M
クリエーター情報なし
Shure Incorporated

あと、この値段のイヤホンのくせに(?)ケーブルも交換できるみたいです。これで万一断線しても安心……?ともあれ、非常に「買って良かった」と思えるイヤホンでした。

Comment: 0

『艦これ』始めて40ヶ月が経過しました

群馬エリア最速決定戦。

そんなワケで、艦これを始めて40ヶ月が経過しました。ボーキサイトがなかなかカンスト状態まで回復しません。ネ式エンジンの入手とかで結構消費したのもあるかな。

この1ヶ月は特にケッコンした艦娘もおらず、レベリング絡みではめぼしいトピックが無いですね。秋イベで入手した艦娘はSaratogaがレベル98、Commandant Testeがレベル88。山風と朝風は駆逐のベースラインであるレベル82になったので、今は遠征組に回してます。

噴式戦闘爆撃機

12月に実装された噴式戦闘爆撃機カテゴリの航空機「噴式景雲改」と「橘花改」ですが、任務をこなしたり改修するコトで無事入手するコトができました。

……が、結構使い方が難しい気もしますがこれ。装備しておくと航空戦の前に噴式爆撃機のみで強襲攻撃が可能になるものの、これで敵を吹っ飛ばせるのは割と稀だし。結構損耗激しいし。戦闘のたびにボーキに加えて鋼材を消費するし。まぁ鋼材は普段ダブつきがちだから良いと言えば良いけど。

高い対空値と爆装値を併せ持っているところはメリットですけどね。装備すると射程が「長」になるのもメリットではあるか。基地航空隊に配備する手もありそうですが、行動半径が2~3と小さいしなぁ……。

入手に掛かる手間と、専用の攻撃フェーズまで実装されている割りにはあまり出番が無い状態になってしまっております。イベントなんかで装備スロットがシビアな状態ではそれなりに利用価値出てくるかな?

補強増設の強化

そういや、12月とつい先日のアップデートで、補強増設スロットにバルジ・機銃・タービンの装備が可能になったみたいですねぇ。タービンはOKで缶はダメっていうのがまた紛らわしいですが。

それに付随してタービンと缶を併せて装備するコトで、速力を上げるコトができるようになったという話ですが……その時点で2スロット必要なコトを考えると、増速したい艦娘は補強増設したくなりますねぇ。機銃も命中・回避補正できるモノをあることを考えるとオプションとしては魅力的だし……なんかうまく課金誘導されてる気がしないでもないですが……(今のとこ買ってはいない)。

高速艦を増速するコトで「高速+」「最速」という速力にもなるようですが、今後これがなんらかの意味を意味を持つコトも匂わされており……冬イベでなんかあるんですかねぇ。まさか最速艦ONLY編成で楽なルート行ける、とか言わないよね?

とりあえず強化型艦本式缶が12個、新型高温高圧缶が6個ある(あと未改造の天津風が1人いるので、もう1個増える予定)ので缶の在庫はそれなりなんですが、タービンは4個しか無かったので、先日実装された2-4任務(主力戦艦戦隊、抜錨せよ!)の報酬はタービンを選びました。

その他任務関係

あと正月に実装された新春任務は割とさっくりクリアできた感じで、4-2任務(時代が来たか!航空火力艦なお正月!)では初めて紫雲を獲得。ランカー報酬とは縁の無い底辺提督なのでね!

3-5任務(迎春!「空母機動部隊」出撃開始!)も大破撤退は1回だけで済んだのは比較的運が良かったのかも。普段3-5は水雷戦隊で下ルートを通っていくので、ほっぽちゃん久しぶりに見ました。しかもまさかの新春仕様。

そういや任務とは関係ないんですが、今月分の4-5ゲージ破壊をしたら、ボス撃破5回中3回まるゆがドロップしたんですけど、お年玉代わりにまるゆを放出するサービス期間中だったんですかね?普段積極的にまるゆを増やしての運改修は行ってないんですが、基本的にダブったまるゆは電が美味しく頂いております。

2月の冬イベは「比較的小規模」らしいから、まぁのんびり構えていよう……(ホントに小規模なんだよね?)。

Comment: 0
« 前ページ