Welkom! Amsterdam

ブログを引越ししています。http://nijntjerdam.blog44.fc2.com/
こちらまでどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

gooを卒業します

2006-03-30 17:45:13 | ひとりコラム

今年に入ってからブログのメインサイトをgooからFC2に移行しようと試みていたのですが、忙しさなどにかまけて皆様にはご迷惑をおかけしておりましたが、3月末をもってこのgooブログを卒業し、コチラにブログを移行しております。

移行の理由は、デザインの心機一転、fc2の多機能さ、見易さに加え、記事の内容にも少し変化を入れたいと思ったからです。gooのwelkom!Amsterdamもこのまま残しておきますので、お気軽にご覧くださいませ。

今後とも楽しい記事を皆様にもお届けできますよう、努めてまいりますので、よろしくお願いいたします

My weblog just moved to this site. I will appreciate you come visit as well. 

Vrijndelijk Groetjes nijntje

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様の気持ち

2006-03-29 02:19:13 | Hotel Management

そろそろ、ホテルにお越しになるお客様に、日本人の団体が増えてきた今日このごろ。ホテルを飾る生花も、チューリップや水仙など、どこか春を感じるものが多くなってきた。チューリップが数百万本咲きそろうキューケンホフ公園も、今月の23日に無事に開園したようだが、チューリップが咲いているのはまだ温室庭園だけだ、とのこと(悲)。今年は先週まで氷点下になることもあった寒い冬だったため、例年だと一番の見頃となる4月上旬も、今年は4月下旬、または5月初めがおすすめになりそうだ。それにしても、サマータイムになったとたん、sunsetがどんどん延びているのが感じられる。いまでは20時前まで明るくなってきた!く~っ待ちに待ったこの季節

今日はすこしだけ嬉しかったことを書き留めておきたい。ホテルで働いていて、わたしが一番やりがいがあると思うのは、お客様に名前と顔を覚えてもらえること。「ありがとう」「またくるよ」といった感謝やお礼の言葉をいただくのももちろん嬉しい。しかし、たくさんのスタッフがいるなかで、自分の名前と顔を覚えていただくことは、自分がそのお客様の心をつかんだというバロメーターにもなるのだ。これは、サービス業全般に言えることだけでなく、あらゆる仕事においてあてはまることだろうが、わたしはこのやりがいを得ることができる仕事ならなんでもトライしてみたい、とも思う。そういう意味では、さまざまな人と出会い、話をして楽しむ仕事が向いているのだろう。

私自身のことを言えば、人と話をするのが特別得意ではないし、サービス業をしていながらに、人見知りをすることだってある。仕事をしていると自分の性格がよく分かるようになる。そして、この仕事が自分にはもしかしたら向いていないのかもしれない、と悩むこともある。そんな悩みを吹き飛ばしてくれるのは、やはり仕事場で出会うお客様や同僚たちなのだ。そんなときは、この仕事を続けていてよかった、と思う。

最近、仕事のことでいろいろ悩んだことがあった。自分には接客業は向いていないのかもしれない。そう落ち込んでいたとき、ある日本人のお客様から、わたしあてに、こんなものを頂いたのだ。

なんと、日清食品のUFO焼きそば2箱24カップ(爆笑)。

ちょうど、わたしは仕事が休みの日だったのだが、「○○さん(わたしの名前)と皆さんに。前回お世話になったので」と、手荷物として飛行機の機内に乗せ、わざわざ日本から持ってきてくださったのだ。オランダに来てからカップ麺を食べる機会も全然なかったし・・・いや、それだけではなく、こうして持ってきてくださった「お客様の気持ち」が、ものすごく嬉しかった。そんなささいなことが、自分の糧になるように思う。頑張らないと!ガッツ(笑)!と気を持ち直すきっかけになった。

みなさんは本当にさまざまなお仕事をされていらっしゃると思うが、どんなことに悩み、またそこから立ち直ったり、やりがいを見つけたりされていらっしゃるのだろう。

**********************************

ブログのデザインも、すこし春らしくしてみた。正直、あまり気に入ったものがなかったのだけれど・・・現在もブログの心機一転を思案中。そのさいはどうぞよろしくお願いいたします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Het is echt lente!

2006-03-26 21:56:56 | Ams. できごと

最近のオランダについて、ひさしぶりに記事にしてみたい。オランダの天気予報は、気温は概して当たるものの、天候そのものはあてにならない。昨日、今日の天気予報をみると↓

・・・晴れ、曇り、雨、雷すべてのマークが出ることがある。どれが正しいねん?

といってもオランダに住んでいる方なら納得できるであろう。本当にこんな天気の毎日だから。この予報をみても、正直言って明日は晴れるのかどうかわからない。それがオランダ。

でも、気温をみれば、今日は14、5度まであがるという。ようやく春らしくなるのだろう!今日は午前中、仕事が忙しかったが、午後から暇になり、早めに退社(オランダはこれが多いから嬉しい)。仕事を終えて外に出ると、まぶしいほどの太陽の光~♪日本にすんでいるとこれだけ太陽の有難さを感じることはない。嬉しくて涙が出そうになる。

ちょっと寄り道をしてみた。ひさしぶりのVondelpark。この公園はアムステルダムで一番大きな公園で、春になると、多くのオランダ人が冬眠生活から抜け出したように日光浴を楽しみはじめるのだ。

天気がいいとカメラも手に撮るのが楽しくなる。まだ公園の木々は緑が生えてきていないが、芝生はずいぶん青々としてきた。日曜日ということもあって、子供たちの多いこと!

ジョギングやローラーブレード、サイクリングをするひとも。背景にあるFilmmuseumのカフェがオープンし、多くの観光客で賑わっていた。日もずいぶん長くなってきたことだし、これから日光浴、夜更かしの多くなる季節。半年冬眠したように我慢した甲斐があるだろう(笑) というわけで今日はあまりの天気のよさにupしたのだった。Het is echt lekker weer!!!

**********************************

今年は美術館めぐりや建築物めぐり、コンサートへボウという音楽ホールなど、オランダの芸術にもっと触れていきたいと思っております。今後も記事として載せることができれば、と考えておりますのでお楽しみに・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

持ち物バトン

2006-03-24 05:55:56 | ひとりコラム

今日になってようやくオランダも春らしい快晴の一日となった。さて、このたび、ロンドンにお住まいで「ニッチな」そしていつもどこか「リッチな」情報を次々と提供してくれる、kumasanよりバトンがまわってきた そのバトンとは、「持ち物バトン」。オランダに来て、すっかりファッションや持ち物が変わってしまったわたし。日本人の古くからの友人にもチェックしてもらいたい内容ですね(冷汗)それでは・・・Here we go!

Q1.財布はどんなものを使っていますか。

日本で使っていたお気に入りの長財布、現在は残念ながら箱に眠っており・・・オランダでは二つ折り財布が主流で、とくにアムステルダムでは(というと語弊があるかもしれないが)ブランド物を持っているのがあまりにももったいない。青空マーケットで毎日買い物をするわたしにとって、長財布はあまりにも使いにくかった。とりあえず来蘭してすぐに眠らせた。変わりに今使っているのは、CLAUDIO FERRICIの財布。イタリアの革製品で、アムステルダムにも専門店がある。シンプルさが一番気に入っている。悲しいのが、2年近く使っているためずいぶん古びてしまっているので本当は載せるのも恥ずかしい・・・。kumasanの記事から、財布も磨かなければ!!と教えていただいた。

Q2.手帳は持っていますか。

・・・日本で働いていたころは手帳が必須アイテムだったのが、いまでははっきり言って必要なし(笑)家から会社も近いし、持ち歩く必要がないのだ。ただ、家計簿を中心としたプチ手帳は持っている↑。この赤い手帳は、家の近くの本屋さんで手に入れたもの。5ヶ国語で記載されており、世界地図も載っていて役立つ。

Q3.携帯はどんなものを使っていますか。

右の携帯電話がわたしの、左はsatotjeのもの。お互いNOKIA。小柄でかわいいでしょう。オランダ人の手や体は大きいのに、どうしてこんな小さい携帯電話が出ているのかが不思議だ。日本に比べてひとまわりくらい小さい!わたしの電話は、夏には契約更新時期がくるので、新機種に変更できる。どれにしようか思案中 オランダではVodafoneT-mobileという電話会社が主流。

Q4.使っている携帯ストラップは?

ヨーロッパではストラップをつけないのが普通のようだ。一応つけることもできるようだが、とにかくこちらではストラップを売っているお店を見たことがない。日本や韓国ではストラップ天国なのにね。

Q5.バッグはどんなものを使っていますか。

 

ふだん出勤で使っているのはこちらの黄色の皮バッグ。こちらに来る前に大阪のディアモールという地下街で買ったもので、雨の日も風の日も、2年近く愛用している。さわり心地があまりにもいいのでお気に入り。 また、こちらは旅行用バッグ↓

こちらは6年くらい前に、もともと営業をしていたころに出張用にと買ったアニエスべーのバッグで、いまでは2泊3日くらいの小旅行時には欠かせない愛用バッグ。色合いもかなり気にいっているし、長く使っているのに全然傷んでいないのだ。このバッグでうろうろしている日本人がいればnijntjeに間違いないので声をかけてください(笑)

Q6.バッグの中身はなんですか。

キター!持ち物検査(笑)といいながら、心なしか少し嬉しい。化粧ポーチは、6年前くらいに友人からもらったものだが、こちらに来てから使い始めた。これも悲しいかな、化粧ポーチの中身は、日本にいた頃より大幅に減った・・・ただ、口紅やグロスだけは欠かさず持参している。仕事で早番が終わったあと、ときどきカフェに寄るので、文庫本も持ち歩いている。いま読んでいるのはMemories of a GEISHA。あと、ホテルマンらしく、ソムリエナイフと、客室のマスターキーを・・・というのは冗談です。普段の鞄の中身はいたって普通(笑)。

Q7.持ち歩かないとだめ!という必須アイテム3つ。

 

ahというスーパーの袋。オランダではスーパーの袋を持参するのが常識で、袋は一枚30円!横のライトは通勤に欠かせない自転車用ライト。いま自転車のライトが壊れているので、必ずつけなければならない。警察に捕まったら罰金25ユーロだ。そろそろこのライトも使わなくてもよい春夏がやってきている・・・嬉しい

右の小さなケースは、satotjeに買ってもらったCREUMPLERというカメラケース。コンデジを保護する大切な味方。もちろん、ふだんはこれにカメラを入れて持ち歩いている。(これもブログをはじめてからだ、笑)

あとは、二十歳のときから愛用している腕時計。オランダの大手銀行、ABN AMROのデビットカードも欠かせない。

Q7.バトンをわたす7人をあげてください。

7人て・・・。ここはお一人でもいいでしょうか。このバトン、海外つながりできているようなので、このまま続けて・・・同じくオランダにお住まいで、オランダに関する熱心な研究者、mozaiekさん。 お子様を抱えながらも、家事、語学学校と、つねに何かに努力をされていらっしゃるのが垣間見れるmozaiekさんに、こちらのバトンをお渡しできれば、と それでは・・・alstjeblieft!! Hele dikke nijntje

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

運河

2006-03-19 04:13:51 | Europe 旅

アムステルダムブリュージュの運河は地図で見比べていただくとこのとおりに違いがある。アムステルダムは、大きく5本の環状運河が流れていて、町全体がブリュージュよりも大きいだけあって運河も広く、数も多い。運河沿いにはハウスボートが並び、観光船が行き来する。

以前の記事でもご紹介したが、これは夏に撮った写真。オランダ人たちはおのおので運河に自家用ボートを持ち出して走る。自由きままに運河を楽しむといった感じ。

一方で、ブリュージュの運河は、観光ボートが優雅に走っている程度で、ハウスボートもなければ、自転車に運河が囲まれるような風景も見られない。manojiさんのおっしゃるように、小樽の町に似ているのだろうか。小樽にはいったことがないが、写真を見るとたしかに似ている。ブリュージュは町全体がこの運河のように穏やかで、また人当たりがいいひとが多いと思う。それはホテルのサービスやレストランで感じることができた。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加