被災地のこどもたちに人形劇を届けよう! ★ いい顔・笑顔 人形劇の会 ★ @ ブログ

東日本大震災の被災地の子どもたちに、人形劇による楽しい時間を届けるためのネットワーク。

7/16(土)ハンドパペット制作会のお知らせと 3/27(日)ハンドパペット制作会の報告(遅いけど)

2016年07月13日 | チャリティー公演

3月末の公演で

人形があっという間になくなってしまったので

急遽 人形制作をすることに!

人形もないけど 人形制作のためのキットもない!

チャリティー公演も迫っているので

当日配布資料も作らないといけない…

などなどの切羽詰った作業日となりました

いろんなことを同時進行で…

人形制作を進める人あれば…

チャリティー公演の資料制作の人もあり…

この日出来上がったのは

この子たち…

キットを持ち帰った人たちが

あとから届けてくれた人形は…

緑の動物が多いですね…

某事務所からこんな子たちも見つかって…

でも この子達もあっという間にいろんなところへ行きました

というわけで また人形制作会あります!

7月16日(土)11:00~17:00 

プーク人形劇場5階にて

この時間の都合のいいときに来て

都合のいい時間に帰っていただいてOKです

裁縫道具を持って来てくれると嬉しいです

裁縫が苦手でも出来る仕事あります!

間近なお知らせですが お時間あったら来てね!



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市原市「人形劇団とんとん」大槌町公演の報告! 2016/5/31

2016年07月13日 | 活動情報

千葉県市原市の「人形劇団とんとん」のみなさんが

5月31日 大槌町で公演をしてきました

今回は保育園のほかに 仮設住宅で地元の高齢者人形劇団とのジョイント公演も!!

この人形をプレゼントに持っていってもらいました

人形劇団とんとんの報告です!


大槌町に行ってきました!

復興の方はどんな状況なのだろうと思っておりましたが、

5メートルのかさ上げも、まだまだで、

その上の建物などは、まだまだの、まだまだでした。

5年経ってまだ、これ?  という状況です。

大槌町は、地震、津波の後に大火が襲い、

お寺の鐘も溶けてしまうような状況だったのです。

1万人の人口のうち、2千人が亡くなったなんて、想像を超えています。

その中で、人々は明るく振舞い、暖かかったのが印象的でした。

大槌保育園の園長も、

日頃から避難には強く関心を持っていて、

いろいろと実践もしていたようですが、

その避難場所も危うくなるようなことまでは想定していなくて、

最後は、崖山を皆で登って、難を逃れたそうです。

しかし、子どもを親に引き渡せた子のうち、

8人がその後の被害で亡くなってしまい、

保育自体はすぐに再開したものの、

先生は”うつ”になって、しばらく、他所との関わりがとれなくなってしまったとのことでした。

そして、やっと受け入れることができたのが、5年後の私たちの公演だったという訳でした。

そんな中での人形劇でしたが、子ども達の眼はキラキラと輝き、

そこここでの笑顔や笑い声に、

私たちの方が癒されました。



仮設住宅の集会所での高齢者向けの人形劇は、

地元の人形劇団(生きがい人形劇団「どっこいしょK」)との合同公演でした。

劇団長さんは、90歳、事務局長さんは、93歳、

私たちをお世話くださったのは、84歳でした。

人形劇そのものは勿論のこと、運営にかけるエネルギーも私たちと変わらず、

私たちも大いに刺激を受けました。

合同公演の後、心のこもった懇親会をしていただいてから、

お開きとなった次第です。


人形劇公演

1、大槌保育園

  時間;10:00~10:30

  劇 ;指人形「5匹のねずみ」

      パネルシアター「メロンパンやさん」

      人形劇「何して遊ぼう・かくれんぼ」

  人数;60人


2、仮設住宅集会所

  「どっこいしょK」公演

  時間;13:20~14:00

  劇 ;「吉里吉里坂のきつね」

  人数;35人

  「とんとん」公演

  時間;14:20~14:50

  劇 ;パネルシアター「ひらいたひらいた」

      パネルシアター「もりのくまさん」

      人形劇「かさじぞう」

  人数;35人


以上ご報告いたします。

お送りいただいたお人形は、二組とも差しあげてきました。

ありがとうございました!!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本へ…

2016年07月08日 | チャリティー公演

熊本地震が発生して間もない4月20日

人形芝居燕屋のくすのきさんから連絡がありました

2月に熊本へ行ったばかりで 地元の人たちの顔が見えていることもあって

できれば支援公演に行きたいとのこと

5月4日の池袋いけいけ人形劇まつりに参加するので

その時に熊本へ向けてのカンパを集めたい…などなど…

「いい顔・笑顔~」は今後も東北への活動を続けると

4月3日のチャリティー公演で再確認したところへの熊本地震…

どんな体制が取れるのか どのように動けるのか 悶々としながらも

いけいけ人形劇まつりで集めたカンパ ¥32,291 は

熊本へのカンパとして預かりました

プレゼントの人形も託しました


人形芝居燕屋 熊本公演の報告です


 

熊本、宇土、八代 支援公演 報告

実施:2016年5月17日~20日   人形芝居燕屋 演目:腹話術『ハロー!カンクロー』 約20分

◆17日 松本~羽田~福岡移動。福岡泊。

◆18日 博多~熊本(新幹線) 9時 スカイレンタカー熊本駅営業所にて車を借りる。

 

11:00  ①聖愛幼稚園 観客数約70名(園児、職員、園庭開放参加の親子)

 

14:00  ②八代市立図書館 観客数約30名(図書館来館の親子、ご年配者)

 

16:30  ③宇土市東保育園、東育成クラブ 観客数約130名(園児、育成クラブ児童、職員に宇城子ども劇場の会員の親子が少し)

 

◆19日 終日レンタカーで移動

11:00  ④たんぽぽ保育園  公演後、昼食を園長先生らと給食を一緒に。

               観客数約70名(園児、職員と近隣の老人施設入所のご老人10名ほど)

14:00  ⑤宇土幼稚園 観客数約90名(園児と職員)

 

16:00  ⑥熊本市隈庄育成クラブ 観客数約60名(育成クラブの児童、職員)

 

◆20日 朝、熊本市にレンタカーで移動

11:00  ◆一新幼稚園 熊本城のすぐそば 観客数約80名(園児と職員)

終了後、熊本~博多~福岡空港~羽田~松本

 

市役所が全壊した宇土市は死者こそなかったものの結構な家屋の被害あり。

熊本市は今回伺えなかった東区は結構な被害とのこと。

行くことのできた中央区、南区でもブルーシートの家などを多く見かけました。

八代は比較的被害が少ないものの、大きな地震はどちらも夜だったため、夜になると不安で、車で寝たり、避難所に行く人もいるとの事。

(もちろん、他の地域も同様)

 

子どもたちは、園などでの生活は普段と変わりない様でも、夜になると怖がる子はいるとの事でした。

 

 以上:報告者:くすのき燕(人形芝居燕屋)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大震災チャリティー公演 Vol.8 の報告

2016年04月24日 | チャリティー公演

4月3日 Vol.8になる

「いい顔・笑顔 人形劇の会」東日本大震災チャリティー公演を

プーク人形劇場で開催いたしました

今回は 人形劇の公演と

宮城県からゲストをお招きしての報告会を

午前と午後続けて行いました

いつものように ロビーではカンパグッズの販売!

このかわいい指人形は 札幌から送られてきました

いつもありがとうございます


そして劇場に降りる階段の壁面には

いい顔のパネル展示も…

実は今まで作ったパネルを また展示したのですが…
こちらは新たに作ったパネル!
 
 
2011年からの公演記録のデータをもとに
どこへ公演に行ってるのか 地図で表してみました
丸の大きいところがたくさん訪れている地域です
 
そしてこちらは
6つのプロ演劇団体による『東日本大震災子ども舞台芸術支援室』からお借りした
支援公演の記録です
 
 
11時から第1部のはじまり!
豪華プロ劇団による 一人芝居の競演です
 
人形劇団プーク『プー吉・チビのかくれんぼ』
楽しいかけあいに 子どもたちは大歓声
 
ぴょんぴょんぐみ おはなし人形劇『おおきなかぶ』
ちいさな子どもたちに向けた作品です
 
前回に引き続き登場!
劇団にんぎょう畑 腹話術『ねずみのチュー吉』
舞台の裏方もお願いしました!
 
劇団風の子のおおまくん『ちゃぶだい劇場・晩酌編』
前出 支援室での活動をしていらっしゃいます
 
人形劇団ひとみ座『リスおとカメ吉』
福島出身の中村孝男さんの楽しい一人芝居
 
 
第1部のカーテンコールで東北への思いを一言づつお話していただきました
 
お昼をはさんで 13時半から第2部の開始です
「6年目を迎えてーこれからの支援とは」
共同代表の幸田眞希の進行で…

 
宮城県から来ていただいた 小野ともみさんと伊藤俊子さん
 
小野ともみさんは福祉施設での経験からの報告を
 
 伊藤俊子さんは保育者の経験 児童文化を通じての体験を

 

 いい顔・笑顔 幸田眞希はごく最近の福祉までの経験を
それぞれ報告しました
 
 
参加者のみなさんの声もいただき
これからの活動を継続していくことを再確認しました
 
 
 
片づけを終え 宮城県からのゲストを交えて 話は尽きませんでした
実際に体験した方の声の重みを
あらためて感じさせられた 第8回目のチャリティー公演でした
 
 
みなさん ありがとうございました
報告が遅くなってしまってすいません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜人形の家 あかいくつ劇場で「いい顔・笑顔 人形劇の会」を紹介してくれます!

2016年03月01日 | 活動情報

毎年 パペットパーク企画で

「いい顔・笑顔 人形劇の会」をご紹介します!

という企画を 横浜人形の家あかいくつ劇場で開催して早くも4回目になりました

今年で あの3・11から丸5年を迎えます

でも まだまだ多くの問題を抱えたまま 年月がたっていくばかり・・・

私たちにできることは限られていますが 東北の皆さんのことを忘れないようにしたいと思います

ぜひ おいでください!


3/5(土)2015年度パペットパーク企画公演

「いい顔・笑顔 人形劇の会」をご紹介します!その4

2016年3月5日(土) 13:00~15:00

横浜人形の家4階あかいくつ劇場 ※横浜人形の家の入館料のみでご覧いただけます

被災地に人形劇をとどける かけはしのための公演

~人形劇連続公演&東日本大震災人形劇ボランティア活動報告~

「よくばりな犬」「金のおの」 チーム・サンサン

「うさぎとかめ」他 ちーさな人形劇場ふーちゃん

「腹話術」 腹話術オデット姫(応援出演)

被災地公演の報告~チーム・サンサン&ちーさな人形劇場ふーちゃん

ゲスト;わけちゃん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いい顔・笑顔 人形劇の会」神戸事務局 ☆東北支援公演 報告です☆

2016年01月12日 | 活動情報

 昨年度は神戸でできる支援活動をしましたが、今年度は「神戸市パートナーシップ活動助成」を受けることができて、2年ぶりに東北行きが実現しました。
 行先は、2011年度からお世話になっている郡山市のFさんを頼りに2公演、初めて訪問する石巻市は幸田さん紹介のO先生のお世話で午前公演、午後は震災後繋がりのできたEさん宅訪問、最後は栃木県鹿沼市の人形劇団くぐつを訪問して親交を深めました。
 メンバーは、神戸事務局2名、「人形劇団おまけのおまけ」2名、事務局Mさんご主人の5名で、12月4日~8日まで、車2台走らせて行きました。
 プログラムは、エプロンシアター・パネルシアター・人形劇「ハラペコくん」・ワークショップ(青虫のクネリン作り)・プレゼント(布人形・牛乳パック人形・どんぐり・まつぼっくり)・アンケート。

2015年

12月4日(金)
 朝6時、車に人形劇の荷物・子どもたちへのお土産の人形やどんぐりなどを載せて神戸を出発。北陸道から郡山に向かう磐越道は吹雪と積雪のため通行止めとなり一般道を行った為、到着が午後8時。京都から行ったMさん車と合流して、郡山駅近くのビジネスホテル泊。

12月5日(土)
 ★郡山市ニコニコこども館 10時30分開演 子ども45名・大人40名。
 郡山市の総合児童施設で、震災後は外遊びが制約されたため遊びに来館する親子が多い。様々な催しで子どもたちや保護者をサポートしている。2011年度・2013年度にミニ公演をした会場で、係長さんが代わられていたが、引き続き快く受け入れしていただいた。
  


 ★郡山市西部地域子育て支援センター 午後3時開演 こども15名・大人15名。
 4月に新しく開設した公立民営の児童施設。毎年当会のお世話をしてくださっているFさんの勤務先で、今回も公演や交流会の準備に奔走してくださる。
 子どもは2才~小学生で、人形劇もワークショップもとても楽しんでくれていた。作ったクネリン(あおむし)を舞台道具の木に這わせて、観た人形劇を再現している子どもたちの表情は生き生きしていた。
 公演後、職員の方々と交流。
 夜はFさんの所属する「わらべうたであそぼうの会」のメンバーの方々とも話し合うことができた。
 回収したアンケートに、日頃言えない悩み事が書かれていて、不安を抱えながら子育てをしている様子がうかがえた。
  

    


12月6日(日)
 郡山を7時に出発して石巻へ。神戸事務局としては初めて訪問する地。
 ★子育てひろばスマイル(NPO法人ベビースマイル石巻)10時30分開演 子ども15名・大人13名。
 9月に開所したばかりの公立民営の子育て支援施設。
 職員3名は子育て中の若いお母さんで、地域の母親と一緒に輪を広げている様子が頼もしかった。
 子どもたちの好奇心が強く、親も前向きだった。
   
 その後、女川へ津波被害の復興がどうなっているか訪ねてみる。
 盛り土工事の最中で、道路がナビで探せない状態だった。
 夕方、石巻で兼業農家をしていて公演会場のお世話もしてくださったことのあるAさんを訪ね、震災当時の話や、被災した子どもの心のケアの難しさなどのお話を聞くことができた。
 (石巻泊)

12月7日(月)
 石巻から栃木県鹿沼市へ移動。
 2013年度、一緒に郡山公演を行なった「人形劇団くぐつ」のO夫妻を訪問し、水害の話、被災地に対する想いなどを話し合う時間がを持つことができた。(鹿沼泊)

12月8日(火)
 帰路―8時発、東北道―関越道―上信越道―北陸道を経由して、21時半神戸着。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田県 ゆりほんじょう人形劇フェスティバル に参加します!

2016年01月11日 | 他の活動情報

明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2月14日(日)に 秋田県由利本荘市で開催される

ゆりほんじょう人形劇フェスティバル に

いい顔・笑顔 にんぎょうげきの会が参加します

パネル展示の他 かんたんな人形作り

それと ついでに 和気がパネルシアターも上演します

よろしかったら おいでください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました

2015年12月31日 | いい顔・笑顔 人形劇の会は

「いい顔・笑顔 人形劇の会」の活動は阪神・淡路大震災から20年

そして東日本大震災から はや5年になりました


現地では 目に見えて復興が進んでいるところもありますが

目に見えない被害に まだ苦しんでいる人々も大勢います

私たちにできるのは ほんの小さなことですが

あの日のことを忘れないで

まだまだ 活動を続けていきます

 

2016年のチャリティー公演は

例年より1週間早い4月3日(日)を予定しています

5年という節目でもあるので

報告会もかねた特別プログラムにしようと考えています

会場はプーク人形劇場

 

来年もハンドパペットを

プレゼントする予定です

こちらもまた みなさんにご協力をお願いすることになります

よろしくお願いします

 

2月14日には 

秋田の由利本荘市で開催される人形劇フェスティバルで

いい顔の展示と ワークショップをすることになりました

 

3月5日には

横浜人形の家・あかいくつ劇場で

いい顔の紹介をしていただく企画があります(よね?)

 

事務局がくたびれてて(若くないので)

なかなか事がうまく進まないことも多いですが

どうぞ来年もよろしくお願いいたします

よいお年を!

2015.12.31

 

 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスに人形劇団チトが石巻・仙台・郡山・三春町へ…

2015年12月31日 | 活動情報

人形劇団チトには こんなハンドパペットを託しました

 

12/24 (木) 10:00 宮城県石巻市 おひさま保育園[約60名]

         12:30 宮城県仙台市 朝市センター保育園[約30名]

12/25(金) 10:00 福島県郡山市 市立西田保育所[約60名]

         17:00 福島県三春町 えすぺり[13名]

プレゼントの人形はちいさな袋に2体いれて

メッセージも添えて プレゼントします

どのこがどこへ行ったかな???


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青葉おはなしフェスティバルから 今年もカンパをいただきました

2015年12月31日 | 他の活動情報

11月15日、横浜市青葉区、あざみ野にある山内地区センターで、

青葉おはなしフェスティバルが開かれました。

毎年やっていますが、今年で16回目。

16団体が4つの部屋で、人形劇、紙芝居、パネル、エプロンシアター、語り、など

いろいろな形式でのお話が展開し、

のべ1100人を超す、子ども、大人が集まり、

大変にぎやかな1日となりました。

 

今年も、いい顔への募金箱を用意し、

おはなしフェスのキャラクター、青葉区生まれのおはなしを食べるバク「あおばっくん」でよびかけたところ、

8000円の募金が集まりました。

郵便局から遅らせて頂きました。

お役立てください。

   青葉おはなしフェスティバル実行委員会 委員長 松下ユウ子

                              担当 星野尚美

 

確かにカンパ受け取りました!

いつもありがとうございます!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加