使い方目次

基本編

メニュー別活用編

スマートフォン編

携帯編

上級編

参考・リンク

検索
ログイン
ログイン
gooIDに登録
パスワードを忘れた方
XML

goo ブログの使い方

RSS

RSSリーダーで投稿する

■ブログライター機能(XML-RPC)とは
「ブログライター機能」を使うと、編集画面にログインしなくても、「goo RSSリーダー(アプリ版)」(以下「goo RSSリーダー」)から記事の投稿ができるようになります。
「goo RSSリーダー」上で記事を書いて投稿すると、自動的にgooブログにログインし、簡単に記事を投稿できる! という画期的な機能です。
◆エンドポイントについて
「goo RSSリーダー」以外のXML-RPC API対応のアプリケーションをお使いの方は、以下のエンドポイントを設定して下さい。
http://blog.goo.ne.jp/xmlrpc.php

■RSSリーダーから投稿するには
「ブログライター機能」を使うには、あらかじめ編集画面で設定をしておく必要があります。その後、「goo RSSリーダー」で投稿のための設定を行います。

◆RSSリーダーから投稿するには(1)ブログを設定する
(1)編集画面にログインし、[外部サービス連携]をクリックする
「ブログライター機能」を設定するには、編集画面の[外部サービス連携]をクリックします。
[ブログ編集画面]

(2)「ブログライター機能」を使用するかどうかを選択する
「ブログライター(XML-RPC)」の[ブログライターの使用]項目で、[使用する]にチェックが入っていることを確認します。ここで[使用しない]にチェックを入れた場合、「ブログライター機能」を使うことができなくなります。
[外部サービス連携]

(3)パスワードを設定する
「パスワード」に、希望するパスワードを入力します。このパスワードは「goo RSSリーダー」を含む、「サービス連携(XML-RPC)」を使用するすべてのサービス共通です。

※パスワードの文字数は16文字以内、使用できる文字は「半角英数小文字、記号(0~9、a~z、"-", "_")」です。
設定後、パスワードは表示されませんのでご注意ください。
※パスワードは何度でも変更することができます。

(4)設定を保存する
最後に[変更する]ボタンをクリックして、設定を保存します。

※パスワードを変更するには?
パスワードを変更するには、「パスワード」に、新しいパスワードを入力します。入力が終わったら[変更する]ボタンをクリックして、設定を保存すれば完了です。パスワードは何度でも変更することができます。ただし、ここで保存した変更内容は「goo RSSリーダー」には反映されませんので、「goo RSSリーダー」でも「投稿専用パスワード」を再設定する必要があります。

◆RSSリーダーから投稿するには(2)「goo RSSリーダー」を設定する

(1)「goo RSSリーダー」の設定ウィンドウを開く
「goo RSSリーダー」のメニューバーから、[設定]→[goo RSSリーダーの設定]を選択します。すると、「goo RSSリーダー 設定」ウィンドウがポップアップします。
[gooRSSリーダー画面及び設定のポップアップ画面]

(2)「投稿ブログ一覧」画面を表示する
「goo RSSリーダー 設定」ウィンドウ内の、左側のメニューから[投稿ブログ一覧]をクリックします。すると、「投稿ブログ一覧」画面が表示されます。
[gooRSSリーダー設定ポップアップ画面]

(3)ブログを追加する
「投稿ブログ一覧」画面で[追加]ボタンをクリックします。「ブログの追加」ウィンドウがポップアップしますので、「goo ID」と、ブログの編集画面で設定した「投稿専用パスワード」を入力します。
[gooRSSリーダー設定ポップアップ画面]

(4)設定を保存する
[追加!]ボタンをクリックして、設定を保存します。「投稿ブログ一覧」画面に戻りますので、あなたのブログがリストに追加されたことを確認できます。

※ブログの編集画面でパスワードを変更した場合は、同じ手順で「投稿専用パスワード」を再設定することができます。ブログ編集画面でのパスワード設定・変更についてはこちらをご参照ください。 以上で設定は終わりです。

「ブログライター機能」便利なTips
「goo RSSリーダー」のメニューバーから、[設定]→[goo RSSリーダーの設定]を選択します。すると、「goo RSSリーダー 設定」ウィンドウがポップアップします。このウィンドウでは、「goo RSSリーダー」および「goo ブログライター」をWindowsの起動と同時に起動させたり、ショートカットをデスクトップに作成したりすることができます。
[gooRSSリーダー設定ポップアップ画面]


■記事を投稿するには
では、実際に「goo RSSリーダー」から記事を投稿してみましょう。
(1)「ブログライター」を起動する
[ブログに書く]ボタンをクリックして「ブログライター」を起動します。

すると「現在選択中の内容を引用しますか?」というメッセージポップアップが表示されます。

ここで[引用する]をクリックすると、「goo RSSリーダー」で現在表示しているWebページへのリンクを張った新規記事の投稿画面に、自動的にジャンプします。例えば「goo RSSリーダー」で興味のあるニュースを読んでいて、「このニュースの感想を自分のブログに書きたいな」と思ったら、[引用する]をクリックして「ブログライター」を起動すれば、表示しているニュースへのリンクを自動的にブログの記事に張ることができます。[引用しない]をクリックすると、「ブログライター」の新規投稿画面が表示されます。[キャンセル]をクリックすると、「ブログライター」は起動せずに元の画面に戻ります。

(2)新規記事を投稿する

「ブログライター」を起動すると、新規投稿画面が表示されます。基本的な使い方はブログの編集画面と同じです。


【1】タイトル(必須)
記事のタイトルです。
【2】カテゴリー
記事を整理するためのカテゴリーです。
【3】本文
記事の本文です。
【4】ソースで編集
[ソースで編集]をチェックすると、【TEXTエディター】で記事を編集することができます。【TEXTエディター】で記事を編集するには、多少HTMLの知識が必要になります。
【5】トラックバックURL
現在書いている記事からトラックバックを送るときには、ここに送り先のトラックバックURLを記入します。
【6】コメント
コメントを受け付けるときは[許可する]、受け付けたくないときは[許可しない]を選択します。また、[goo IDを持っているユーザーのみ許可]を選択することで、goo ID認証を設定することもできます。
【7】下書き保存
[下書き保存]をクリックすると、記事が「ブログライター」に保存されます。インターネットの接続が切れた状態(オフライン)でも下書きを保存しておくことができます。ただし、gooブログの編集画面には下書き保存した記事は反映されません。
【8】記事を投稿
[公開する]にチェックが入った状態で[記事を投稿]をクリックすると、記事を書き込み、公開することができます。ここで[公開しない]にチェックを入れた状態で投稿すると、gooブログの下書きとして保存することができます。
[ブログライター新規投稿画面]


※関連メニュー
記事を投稿する >>
画像入りの記事を投稿する >>
トラックバックを送る >>
カテゴリー >>


(3)入力した記事を確認する

上部メニューバーの[ブログを確認する]ボタンをクリックすると、ブログのページが「goo RSSリーダー」で開き、書き込んだ記事を確認できます。
[ブログライター画面及び goo RSSリーダー画面]