歩道橋探訪

歩道橋の写真集。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020年東京五輪

2015-05-06 16:46:47 | 探訪記録
2020年東京五輪のマラソンコースで歩道橋が何基あるか調べてみた

そうしたら5基あった(歩道橋かどうか微妙なのを1基除く)
折り返しがあるにせよ42.195キロにしてはちょっと少ないとの印象
東京マラソンのコースにはもっと多いんだけど。。。
2012年当時の東京マラソンコースにある歩道橋

歩道橋が徐々に減っていく昨今、5年後のマラソンまでに何基生き残るかを検証する意味を込めて
2015年5月現在の現状報告をしてみようかなと思った。


【一ツ橋高校前】


【水道橋東口】


【芝公園】


【東新橋】


【飯田橋】


(予想)
芝公園、飯田橋は生き残り、その他は撤去するんじゃないかと


【微妙な1基】
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2013年4月

2014-08-04 21:59:03 | 地方
【堀の内町歩道橋】
1966年10月建造、当時の大宮市(現:さいたま市)


屋根の状態はとても50年前の物とは思えないので後付かな


【小仙波跨道橋】川越市
1981年9月建造



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2013年3月

2013-10-19 21:30:44 | 探訪記録
【永代2丁目】





建造:1970年1月
塗装:1990年11月

【茂森橋際】



建造:1971年3月
塗装:1999年3月

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年1月&2月

2013-09-23 11:46:29 | 探訪記録
【雑司ヶ谷】
豊島区

建造:1969年3月
塗装:2012年2月


【みたけばし】
千代田区


建造:不明
塗装:2008年3月
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋根付き歩道橋@室蘭市

2013-06-23 22:37:50 | 地方
こんなブログをやっているのだから歩道橋マニアなのは当然でありますが
その中でも屋根付きタイプに最も興味がある



住んでいる地域によりますが歩道橋は見慣れた建造物
ですけど屋根付きとなるとレア物だと思います。
そんなレアさが興味をそそる理由でもある

存在を知れば可能な限り見に行くをモットーにしていて
所在地の遠近は問いません
因みにここは北海道室蘭市
情報提供ブログ:sempre●●●comodo


羽田から飛行機で新千歳へ
JRのスーパー北斗で東室蘭駅へ

橋歴版を見れば北海道であることが分かるでしょ!!


欄干には植物の絵が描かれている
何かはちょっと判断が付かず家に帰ってから調べてみることに


室蘭市の木がナナカマド、花がツツジであることが分かった
それらが描かれていたんですね

屋根付き歩道橋の醍醐味は屋根の内部に入る事
完成時の1991年のまま時が止まったかのような雰囲気が素晴らしい
路面のタイルや街灯はオシャレさが感じられる
壊れかけた窓がありワイヤーで補強された所もある


減少傾向にある歩道橋なので
もしかしたら数年後、撤去される可能性だって捨てきれない
はるばる東京から見に来た甲斐もあるってわけです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加